Regenerative 公開
[search 0]
もっと
Download the App!
show episodes
 
Artwork

1
『WIRED』日本版

『WIRED』日本版

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー+
 
聴く『WIRED』。好評サブスクリプションサービス「SZ MEMBERSHIP」で公開した記事のなかから、厳選のストーリーを編集長が読み解くSNEAK PEEKS at SZ MEMBERSHIP(毎週土曜日に配信)のほか、雑誌の編集後記、SF作家やフードイノベーションのスペシャリスト、クリエイターなど、さまざまなゲストを交えたトークをポッドキャストでお届けします。 ◼︎ ︎️️『WIRED』日本版 『WIRED』は"未来"を実装するメディアです。この絶え間なく変化し続ける世界を理解するために必要な情報とアイデアの源泉であり、カルチャーからビジネス、科学、デザインに至るまで、生活のあらゆる側面をテクノロジーがいかに変えていくのかに光を当てます。わたしたちが"発見"するブレイクスルーやイノベーションが、新たな思考や人と人とのつながり、そして新しい産業を生み出すのです。
  continue reading
 
Loading …
show series
 
テーマは「空間コンピューティング」。ゲストはTOKYO NODE LABの茂谷一輝。 茂谷一輝|KAZUKI MOTANI 2020年に森ビル入社後、新領域事業部にて虎ノ門ヒルズの情報発信拠点「TOKYO NODE」の企画と開業に従事後、研究開発機能「TOKYO NODE LAB」のプロデューサーを務め、新たな都市体験を創出するさまざまなプロジェクトを推進。都市の偶発性と再現不可能性を最大化することがミッション。 ◼︎ ︎️️関連記事 ・「現実はどこまで完璧にシミュレートできるのか?」 https://wired.jp/article/sz-can-the-world-be-simulated/ ・「摩天楼で“自分の居場所”がわからない? 都市空間で失われた“身体性”をデジタルツインで取り戻…
  continue reading
 
Apple Intelligenceはクリエイティブのため?それともビジネスのため?編集長の松島倫明が、アップルの開発者会議「WWDC 2024」で発表されたことを軸に、AIの行く末を思索する。 ◼︎ ︎️️関連記事 ・「生成AIの(退屈な)未来は企業向けアプリにある」 https://wired.jp/article/sz-unsexy-future-generative-ai-enterprise-apps/ ・「AIツールの安全性とは? 新たな“仕事の相棒”にまつわるセキュリティリスク」 https://wired.jp/article/ai-workplace-privacy-security/ ・「AIで刷新されたSiriから進化した新OSまで、アップルが「WWDC 2024」で発…
  continue reading
 
6月25日(火)発売の雑誌『WIRED』日本版 VOL.53 「Spatial × Computing:空間コンピューティグの“可能性”」の制作を、特集担当の小谷知也、アートディレクターの富塚亮、エディターの川鍋明日香が振り返ります。 ◼︎ ︎️️ ︎️️雑誌最新号 「Spatial × Computing:空間コンピューティグの“可能性”」(6月25日発売!) 実空間とデジタル情報をシームレスに統合することで、情報をインタラクティブに制御できる「体験空間」を生み出す技術。または、あらゆるクリエイティビティに2次元(2D)から3次元(3D)へのパラダイムシフトを要請するトリガー。あるいは、ヒトと空間の間に“コンピューター”が介在することによって拡がる、すべての可能性──。それが『WIRED』…
  continue reading
 
今回のポッドキャストでは、編集長の松島倫明が、AI脅威論の主唱者ニック・ボストロムへのインタビュー記事を軸に、彼が新著で論じるあらゆる問題がアルゴリズムによって解決された世界、“ディープユートピア”についてひもとく。 ◼︎ ︎️️関連記事 ・AI脅威論の主唱者ニック・ボストロムが新著で問う“ディープユートピア” https://wired.jp/article/sz-nick-bostrom-fear-ai-fix-everything/ ・AIはブラックボックス? Anthropicの研究チームがその仕組みの解明に挑む https://wired.jp/article/sz-anthropic-black-box-ai-research-neurons-features/ ・WIRED F…
  continue reading
 
今回のポッドキャストでは、編集長の松島倫明が、斎藤幸平の『人新世の「資本論」』について言及している脱成長の実効性に関する記事を軸に、SDGsが目指す成長や、リジェネラティブな成長との違いをひもとく。 ◼︎ ︎️️関連記事 ・「脱成長」は地球を救えるか? https://wired.jp/article/sz-can-slowing-down-save-the-planet/ ・経済の成長なき繁栄は可能か──脱成長を模索する動きがいよいよ本格化した https://wired.jp/membership/2020/06/22/can-we-prosperity-without-growth/ ・GAFAによる独占からコーポラティヴな共有地へ:斎藤幸平──雑誌特集「THE WORLD IN 20…
  continue reading
 
今回のポッドキャストでは、編集長の松島倫明とデジタル副編集長の瀧本大輔が、グーグルの開発者会議「Google I/O」で発表されたことを軸に、検索の未来を思索する。 ◼︎ ︎️️関連記事 「AI検索がもたらす“世界秩序の変化”と、「Google 検索」の終焉」 https://wired.jp/article/google-io-end-of-google-search/ 「AIが検索結果の概要を自動生成、Google 検索の「AI Overviews」について知っておくべきこと」 https://wired.jp/article/google-ai-overviews-how-to-use-how-to-turn-off/ 「マルチモーダルなチャットボットからAI検索、Google Wor…
  continue reading
 
今回のポッドキャストでは、編集長の松島倫明が、慈善行為の効率やインパクトの最大化を目指す効果的利他主義を体現する非営利団体代表へのインタビュー記事と、その負のインパクトを指摘する論考を比較しながら、その前途を思索する。 ◼︎ ︎️️関連記事 「80万円で人ひとりを救えるなら儲けもの:効果的利他主義を体現するGiveWellインタビュー」 https://wired.jp/article/sz-elie-hassenfeld-givewell-ea/ 「効果的利他主義の死」 https://wired.jp/article/sz-deaths-of-effective-altruism/ 「それは誰のための未来なのか? ──新年に寄せて編集長から読者の皆さんへ」 https://wired.j…
  continue reading
 
今回は、元ギリシャ財務大臣で経済学者のヤニス・バルファキスへのインタビュー記事を取り上げる。彼は最新刊『Technofeudalism』で、アップルやメタといった大手テック企業が資本主義を崩壊させ、ユーザーを中世の農奴のように扱っていると指摘している。 ◼︎ ︎️️関連記事 「テクノ封建制の時代へようこそ──クラウド農奴と現代の封建領主たち」 「武邑光裕【特別講義】!:Web3の課題と個人主義の再解釈」 「デジタル・デモクラシーは多元的テクノロジーによって実現する── 経済学者グレン・ワイル来日セッションから」 「世界最強のオープンソース型AIモデル誕生の内側」 「【先着で試写会ご招待】「美しいパリ」の裏にある怒りと一筋の希望を描く:『バティモン5 望まれざる者』監督インタビュー」 *Web…
  continue reading
 
『WIRED』日本版は、年に4冊刊行している雑誌発売に合わせ、数々のイベントを実施しています。今回のポッドキャストでは、山道具メイカー「山と道」の夏目 彰さんと、『WIRED』日本版 編集長の松島倫明が『WIRED』の最新号「FASHION FUTURE AH!」の発売を記念して、4月に湘南T-SITEで実施したトークイベントをお送りします。「本当に必要な道具とは何か」というタイトルを掲げたこのトークでは、ULと呼ばれるウルトラライトハイキングのカルチャーを日本で広め、いまや絶大な人気を誇る「山と道」の哲学と道具づくりの実践について話しながら、ファッションや衣服とわたしたちとの豊かな関係性を、「つくる」というキーワードから改めて捉え直すものとなりました。https://wired.jp/ar…
  continue reading
 
食を起点に、未来をかたちづくる新しいムーブメントの可能性や実践を紹介していく「Tokyo Regenerative Food Lab」のポッドキャスト。#12の後編では、Future Food Instituteが主催するイタリア・ポリカで「Regenerative Food System」を学ぶプログラムを振り返る。 ◼︎ ︎️️スピーカー 田中宏隆|HIROTAKA TANAKA UnlocX代表。SKS JAPANファウンダー。SPACE FOODSPHERE理事/ベースフード 社外取締役/テックマジック社外取締役。パナソニック、マッキンゼーを経て、2017年にシグマクシスに参画し、グローバルフードテックサミット「SKS JAPAN」を立ち上げた。食にかかわる事業開発に伴走し、コミュニ…
  continue reading
 
食を起点に、未来をかたちづくる新しいムーブメントの可能性や実践を紹介していく「Tokyo Regenerative Food Lab」のポッドキャスト。#12の前編では、スペインのビルバオで開催されたグローバル・フードテックカンファレンス「FOOD 4 FUTURE」を振り返る。 ◼︎ ︎️️スピーカー 田中宏隆|HIROTAKA TANAKA UnlocX代表。SKS JAPANファウンダー。SPACE FOODSPHERE理事/ベースフード 社外取締役/テックマジック社外取締役。パナソニック、マッキンゼーを経て、2017年にシグマクシスに参画し、グローバルフードテックサミット「SKS JAPAN」を立ち上げた。食にかかわる事業開発に伴走し、コミュニティづくりに取り組むなかで、食のエコシス…
  continue reading
 
今回取り上げるのは、Perplexityを創業したアラヴィンド・スリニヴァスへのインタビュー。AIを取り入れた“回答する”検索エンジンの会社を起業し、業界の大物たちから注目を浴びる彼は、インド出身であるグーグルCEOのスンダー・ピチャイと同じ町で育ち、ピチャイに憧れていたという。ゲストはデジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長の橋本大也。トークテーマは、新著『頭がいい人のChatGPT&Copilotの使い方』、生成AIとの向き合い方、データとジャーナリズムなど。 ◼︎ ︎️️ゲスト 橋本大也|DAIYA HASHIMOTO デジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長。多摩大学大学院客員教授。早稲田情報技術研究所取締役。ビッグデータと人工知能の技術ベンチャー企業データセ…
  continue reading
 
今回取り上げるのは、3月29日に日本での公開がスタートした映画『オッペンハイマー』。クリストファー・ノーラン監督の最新作『オッペンハイマー』は米国では23年7月に公開されて、日本では8ヵ月後にようやく公開。今年のアカデミー賞で作品賞や監督賞を含む最多7部門を受賞し、実在の人物を描く伝記映画としては歴代1位の興行収入に。原爆の父と呼ばれた理論物理学者を描いた本作を、編集長の松島倫明とエディター・アット・ラージの小谷知也が振り返る。 ◼︎ ︎️️関連記事 「映画『オッペンハイマー』では描かれないもうひとつの闇の歴史、黒人鉱夫たち」 「オッペンハイマー、68年後の名誉回復──その知られざる舞台裏」 「クリストファー・ノーランの発言から読み解く、映画『オッペンハイマー』に内包された「核分裂」と「核融…
  continue reading
 
『WIRED』日本版は、年に4冊刊行している雑誌発売に合わせ、数々のイベントを実施しています。今回はそのなかから、2024年のパラダイムシフトを読み解く「THE WORLD IN 2024」特集の発売を記念して、1月にSPBS渋谷本店で実施したビブリオトークの模様をポッドキャストでお届けします。スピーカーはTakram コンテクストデザイナーの渡邉康太郎と『WIRED』日本版 編集長の松島倫明。https://wired.jp/article/vol51-bibliotalk/(※音声の一部を編集し、長さも調整しています) ◼︎ ︎️️スピーカー 渡邉康太郎|KOTARO WATANABE Takram コンテクストデザイナー。慶應義塾大学SFC特別招聘教授。使い手が作り手に、消費者が表現者…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した3月WEEK#4の記事テーマは[CREATIVITY]。このテーマは、3月28日発売の最新号「FASHION FUTURE AH!」の重要キーワードでもある。 ◼︎ ︎️️2024年3月WEEK#4のSZ記事 「現代に復活するラッダイト、その運動が本当に壊したいものとは」 「クリエイティビティの起源」 「1,500通りのネクタイの結び目を発明した男」 「チリの砂漠に出現した古着の山が、今日も黒煙を上げている」 「そのTシャツの黒色は環境にも身体にも悪い──カーボンブラックに代わる染料の挑戦」 *CREATIVITYの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎️️SZ Newsletter VOL.229[…
  continue reading
 
食を起点に、未来をかたちづくる新しいムーブメントの可能性や実践を紹介していく「Tokyo Regenerative Food Lab」のポッドキャスト。特別編というかたちで、UnlocXが主催し、『WIRED』日本版が企画協力に名を連ねる新プログラムを紹介する。 ◼︎ ︎️️スピーカー 田中宏隆|HIROTAKA TANAKA UnlocX代表。SKS JAPANファウンダー。SPACE FOODSPHERE理事/ベースフード 社外取締役/クックパッド 社外取締役 。パナソニック、マッキンゼーを経て、2017年にシグマクシスに参画し、グローバルフードテックサミット「SKS JAPAN」を立ち上げた。食にかかわる事業開発に伴走し、コミュニティづくりに取り組むなかで、食のエコシステムづくりを目指…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した3月WEEK#3の記事テーマは[HEALTH]。そのハイライトを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2024年3月WEEK#3のSZ記事 「夢の万能インフルエンザワクチン、その実現への道筋が見えてきた」 「プラセボ(偽薬)だとわかっていても効いてしまうのはなぜか」 「すべての見えない発がん物質:変異細胞はいかにしてがんになるのか」 「自分のゲノムの塩基配列を解析してもらう前に知っておくべきこと」 「中間層のクリエイターを支えてくれる、「多元的な資産としてのファンダム」:連載「For Creators」第10回」 *HEALTHの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎️️SZ Newsletter…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。SIAFを振り返る最終回のゲストは、SIAF2024ディレクターの小川秀明と、SIAF事務局 統括マネージャーの細川麻沙美。 ◼︎ 目次 01:10 ゲスト紹介 04:40 ディレクターとキュレーター 09:00 ビジョンから実装まで 14:40 鑑賞者から「演者」になる 28:20 タイトル/キーワードの重要性 32:40 自分たちが創造性を発揮できる…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した3月WEEK#2の記事テーマは[INTERNET]。ゲストを交えたトークテーマは、テクノロジーをデザインする人のための技術哲学について。 ◼︎ ︎️️2024年3月WEEK#2のSZ記事 「なぜインターネットはつまらなくなってしまったのか」 「オンラインでは誰もが「girl」になる」 「出会い系アプリのモデレーターが直面するメンタルの崩壊、ユーザー(と自分自身)を守れるか」 「ツイッターの信頼・安全について「不可能だが努力すべき」:沈黙を破った元責任者インタビュー」 「テクノロジーをデザインする人のための技術哲学入門【第6回】:ハイデガーの悲観的技術決定論を乗り越える」 *INTERNETの記…
  continue reading
 
2024年3月16日(土)公開の『燃えるドレスを紡いで』は、ファッションデザイナーの中里唯馬が“衣服の墓場”とも呼ばれるケニアのゴミ集積場に足を運び、その強烈な体験にインスピレーションを得てコレクションを発表する過程に迫ったドキュメンタリー映画だ。その一般公開に先駆けて、3月11日に『WIRED』読者を対象に試写会とトークショーを開催した。トークショーでは、ゲストとして中里のほか監督の関根光才、エシカルファッションに造詣の深い鎌田安里紗が登壇。企画の立ち上がりからファッションの未来に関する視座まで、さまざまな議論が繰り広げられた。 ◼︎ ︎️️スピーカー 中里唯馬|YUIMA NAKAZATO 2008年にベルギー・アントワープ王立芸術アカデミーを卒業し、09年自身の名を冠したブランド「YU…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第17回は、行政×アートの視点から考える「芸術祭の終わりとはじまり」について。 ◼︎ 目次 01:30 ゲスト紹介 02:00 SIAFの振り返り 17:00 Art for Society 22:30 場所の力に引っ張られること 24:30 行政の役割 28:20 イニシアティブ・パートナー・モデル 42:30 市の創造戦略、文化ドリブンの教育 48:…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第16回のゲストは、アーティストでサイエンティスト、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)の教授である脇田玲。展示作品や産官学連携について。 ◼︎ 目次 00:50 ゲスト紹介 01:40 《Over Billions of Years》について 09:45 モエレ沼公園だから 15:00 膨大な自然を“かじる”ためのツール 17:30 デジタル、フィジカル…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第15回のゲストは、マルチメディアアーティストの岡 碧幸、パノラマティクス リサーチャーの河村佳祐、札幌国際芸術祭 事務局メンバーである佐野和哉。SIAF2024に携わった90年代生まれのメンバーが考える、芸術祭の現在地・未来について。 ◼︎ 目次 01:00 ゲスト紹介 12:30 市民のエンゲージメント 22:30 札幌×アートの歴史、芸術祭の未来 …
  continue reading
 
現地時間の3月10日(日)、日本では11日(月)の午前中に開催される第96回アカデミー賞の見どころや、今後の映画産業のゆくえ、これから公開される注目作品などを、映画ジャーナリストの立田敦子が語る。 ■ スピーカー 立田敦子 | ATSUKO TATSUTA 映画ジャーナリスト/評論家。批評の執筆やインタビュー、テレビ、ラジオ出演の一方、カンヌ、べネチアなど国際映画祭の取材活動もフィールドワークとしている。文学、ファッション、ビューティ、アート、食、クルマなどクロスカルチャーの記事を、雑誌や新聞、ウェブサイトなどで執筆。エンターテインメントのエキスパートとして、イべント企画、テレビや企業のアドバイザーとしても活動する。著書に『どっちのスター・ウォーズ』、『おしゃれも人生も映画から』(共に中央公…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した3月WEEK#1の記事テーマは[FOOD]。そのハイライトを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2024年3月WEEK#1のSZ記事 「「気候料理本」があなたの食生活を変える」 「すべての見えない魚たち:中深海の魚類研究が握る地球の未来」 「制御不能のエナジードリンク。地獄への道はインフルエンサーたちで敷き詰められている」 「『動物の解放』から半世紀──人間はいつか動物を平等に扱うことができるだろうか?」 「“100人の忠実なファン”はクリエイターの活動をどのように変えるのか? ファンダムの功罪を考える:連載「For Creators」第9回」 *FOODの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第14回ゲストは、SIAF2024のコミュニケーター「◯さん」のイラストを手がけた、アーティストの小川絵美子。 ◼︎ 目次 01:40 ゲスト紹介 02:50 「◯さん」の役割 11:15 増えるコラボレーション型プロジェクト 13:20 アルスエレクトロニカとSIAF 17:10 社会課題とアート 25:00 “わたしのフェスティバル”と言えるか ◼︎…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した2月WEEK#4の記事テーマは[WOMAN IN SCIENCE]。トークテーマはジェンダーとサイエンス、そして不老長寿テックスタートアップの現在地について。(ゲスト:ジーンクエスト創業者 高橋祥子) ◼︎ ︎️️2024年2月WEEK#4のSZ記事 「スキンケアの科学をSNSで届ける──Woman in Science:ミシェル・ウォン」 「プラネットハンターによる太陽系外惑星の発見を後押しする──Woman in Science:ジェシー・クリスチャンセン」 「天体ホログラフィー説で宇宙の常識を揺さぶる──Woman in Science:サブリナ・ゴンザレス・パスタースキー」 「科学デー…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した2月WEEK#3の記事テーマは[EV]。中国EVの躍進と、西側諸国の動向について。 ◼︎ ︎️️2024年2月WEEK#3のSZ記事 「マニュアル車を再現したトヨタのEVは「運転する楽しみ」を取り戻せるか」 「⁠中国のEVブームは西側自動車メーカーが居眠り運転していたことを証明した⁠」 「大破したテスラ車がウクライナで次々と生まれ変わっている:追跡レポート」 「EVバッテリーの第二のキャリア、ソーラーファームでの再利用は成功するか」 「契約形態の変革から、ロイヤリティ配分の透明化まで──クリエイターを支える中間プレイヤーの次なる役割:連載「For Creators」第8回」 *EVの記事はこち…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した2月WEEK#2の記事テーマは[SPACE]。太陽系に存在する隠れた海のミステリーに関する記事を起点に、宇宙ビジネスのいま、そしてこれからに迫る。 ◼︎ ︎️️2024年2月WEEK#2のSZ記事 「天の川銀河の新たな観測結果は、その特殊な成り立ちの再定義を迫る」 「⁠ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が初期の宇宙のあちこちに巨大ブラックホールを発見⁠」 「太陽系に存在する隠れた海のミステリーを解明する科学者たち」 「北朝鮮SFの奇妙で謎めいた世界」 「テクノロジーをデザインする人のための技術哲学入門【第5回】:テクノロジーへの自由と応答」 *SPACEの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎️️SZ N…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第13回は、2月4日に札幌文化芸術交流センター SCARTSで実施した都市と自然をめぐるトークイベントの内容をお届けする。(※音声の一部を編集し、長さも調整しています) ◼︎ 目次 00:00:40 ゲスト紹介 00:28:00 さっぽろ雪まつりの起源 00:38:00 アートと社会実験 00:41:35 雪×大都市の可視化 00:48:50 概観効果(…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した2月WEEK#1の記事テーマは[AI]。映画『her/世界でひとつの彼女』に関するセレクト記事と、POSTS代表の梶谷健人による新著『生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方』の接点から、生成AIの本質に迫る。 ◼︎ ︎️️2024年2月WEEK#1のSZ記事 「「OpenAIはナンバーワンにはなれない」ヤン・ルカンが語る“オープンソース”となったAIの未来」 「⁠ベッドで子どもたちを寝かしつける物語生成AIの“実力”⁠」 「わたしたちはいまや映画『her/世界でひとつの彼女』の時代を生きているのか?」 「映画『her/世界でひとつの彼女』はいまやファンタジーだ──ただしAI以外の部分で」 …
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第12回のゲストは、マルチメディアデザインスタジオ「ENESS」のクリエイティブディレクターである、アーティストのニムロッド・ウェイス。さっぽろ雪まつり 大通2丁目会場で展示中の「AIRSHIP ORCHESTRA」について訊いた。 ◼︎ 目次(※通訳あり) 01:10 ゲスト紹介 03:40 AIRSHIP ORCHESTRAについて 11:10 都市…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第11回のゲストは、アーティスト集団「h.o」の千明 裕、ジョン・ブルマリー。架空のAIラジオ番組「SIAFラジオ」や、AIと手紙をやりとりしながら未来を構想するウェブアプリケーション「Writing the Futures」について訊いた。 ◼︎ 目次 01:10 ゲスト紹介 05:30 目に見えないものを感じとる 08:25 SIAFラジオとは? 1…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、出演アーティストやキーパーソンをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第10回のゲストは、マルチメディアアーティストの岡 碧幸。SIAF2024連携プロジェクトである、アートマテリアルのリサイクルセンター『周活(しゅうかつ)』について訊いた。 ◼︎ 目次 01:10 ゲスト紹介 02:50 農学部からアートへ 05:30 WIRED CREATIVE HACK AWARD 2021 グランプリ 10:30 treibgutとの出会い、周活へ 1…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第9回のゲストは、SIAF2024のイニシアティブ・パートナーであり、さっぽろ雪まつり(2024年2月4日〜2月25日)の大通2丁目会場で繰り広げられる「未来の雪のまち」を担当するパノラマティクス主宰の齋藤精一。「とある未来の雪のまち」最新情報を訊いた。 ◼︎ 目次 01:45 「とある未来の雪のまち」見どころ 04:30 都市論、技術多様性 13:50 試みのオープンソース化 20:00 予測不…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した1月WEEK#5の記事テーマは[HEALTH]。住まいと健康に関するセレクト記事と、柳瀬博一による新著『カワセミ都市トーキョー』の接点から、ウェルビーイングな都市のヒントに迫る。 ◼︎ ︎️️2024年1月WEEK#5のSZ記事 「どこに住むかは何を食べるかと同程度に健康に影響する」 「⁠若者の自殺抑制にインターネットとゲームは役立つか⁠」 「がん予防に効果の高いHPVワクチンは、なぜ男児への接種が進まないのか」 「パーソナライズされた栄養管理デバイスが食事への不安を煽っている」 「意識をめぐるふたつの有力理論が「敵対的コラボレーション」を経て証明したもの」 *HEALTHの記事はこちら。 ◼…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第8回のゲストは、札幌拠点のコレクティブ「SIAFラボ」の小町谷圭、石田勝也、船戸大輔。 ◼︎ ︎️️スピーカー SIAFラボ | SIAF LAB. 2015年、生まれて間もない札幌国際芸術祭のもと、多種多様なプロジェクトの集合体として誕生して以来、トライ&エラーを繰り返しながら、ジャンルの垣根を超えた、オープンで実験的なプラットフォームとして活動を続けています。北国・札幌ならではのクリエイティ…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第7回のゲストはSCARTS事業統括ディレクターの木ノ下智恵子。 ◼︎ ︎️️スピーカー 木ノ下智恵子 | CHIEKO KINOSHITA 大阪大学21世紀懐徳堂准教授。専門は現代芸術、事業企画制作、文化政策など。神戸アートビレッジセンター美術プロデューサー、大阪大学CSCD特任講師・准教授等を経て現職。展覧会やアートプロジェクト、近代産業遺産の活用や震災復興・まちづくりなどに関する文化事業を手…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第6回のゲストはソニーグループ クリエイティブセンター長 石井大輔とデザインテクノロジストの大木嘉人。国内初公開となる新たなメディアプラットフォームの実験的な展示《INTO SIGHT》について訊いた。 ◼︎ ︎️️スピーカー 石井大輔 | DAISUKE ISHII ソニーグループ クリエイティブセンター センター長。1992年ソニー入社。ハンディカム、ウォークマン®、AIBOなどのプロダクトデ…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した1月WEEK#4の記事テーマは[CLIMATE CRISIS]。そのハイライトを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2024年1月WEEK#4のSZ記事 「大規模な気象災害によって破壊される文明と生き延びる文明の違いは何か」 「⁠ザ・大統領戦2024:〈戦争〉のバイデン、〈裁判〉のトランプ、競い合う〈老人〉二人/ポスト・レーガンのアメリカを探して:#25⁠」 「激甚化する気象に苦闘する世界の水力発電ダム」 「耕作放棄地や劣化森林が、生物多様性の回復を導く」 「防潮壁は人類を救えるだろうか?」 「活動初期のクリエイターを支える、新たなる仕組みを模索するプレイヤーたち:連載「For Crea…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第5回のゲストは、未来劇場参加アーティストの長谷川 愛。 ◼︎ ︎️️スピーカー 長谷川 愛 | AI HASEGAWA 静岡県出身。アーティスト、デザイナー。慶應義塾大学准教授。バイオアートやスペキュラティブ・デザイン、デザイン・フィクションなどの手法で、 生物学的な課題や科学技術の進歩をモチーフに、現代社会に潜む諸問題を掘り出す作品を発表。国内外で展示を行なう。著書に『20XX年の革命家になる…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第4回のゲストは、未来劇場参加アーティストのシン・リウ。(※通訳あり) ◼︎ ︎️️スピーカー シン・リウ | XIN LIU 1991年、中国・新疆生まれ。アーティスト、エンジニア。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボにてメディアアート・サイエンスの修士号を取得。現在同ラボの宇宙研究プロジェクトのアートキュレーターを務める。また、地球外生命の発見を目的とした非営利組織SETI研究所に…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第3回のゲストは、未来劇場参加アーティストのエイミー・カール。(※通訳あり) ◼︎ ︎️️スピーカー エイミー・カール | AMY KARLE テクノロジーとバイオテクノロジーが、健康、人間性、社会、 未来にどのような影響を与えるかに焦点を当てた作品を制作している。未来をかたちづくるテクノロジーの可能性を垣間見せるカールの作品は、世界中の主要な美術館や博物館で展示されている。これまでに米国務省を通…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した1月WEEK#3の記事テーマは[STARTUP]。そのハイライトを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2024年1月WEEK#3のSZ記事 「ストックホルムの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「ヘルシンキの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「ダブリンの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「リスボンの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「テクノロジーをデザインする人のための技術哲学入門【第4回】:文字以前からAI以後を考える」 *STARTUPの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎️️SZ Newsletter VOL.219[STARTUP] 202…
  continue reading
 
年に一度のテクノロジー見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」から見えてきたこととは? 現地にいる松島編集長と、フードイノベーションを牽引するUnlocXの田中宏隆、岡田亜希子がその様相をレポート。 ◼︎ ︎️️スピーカー 田中宏隆|HIROTAKA TANAKA UnlocX代表。SKS JAPANファウンダー。SPACE FOODSPHERE理事/ベースフード 社外取締役/クックパッド 社外取締役 。パナソニック、マッキンゼーを経て、2017年にシグマクシスに参画し、グローバルフードテックサミット「SKS JAPAN」を立ち上げた。食にかかわる事業開発に伴走し、コミュニティづくりに取り組むなかで、食のエコシステムづくりを目指し、23年10月にUnlocXを創設。共著に…
  continue reading
 
「心を読む」ニューラルデコーダーに関する考察を中心に、12月WEEK#3のテーマ[THE WORLD IN 2024]の読みどころを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2023年12月WEEK#3のSZ記事 「AIが人の頭の中を解読するとき、本当に人の心を“読んでいる”のか?」 「ファンダムを巻き込むセクシーなAIチャットボットの厄介な問題」 「中国で失速するAIブーム、その独自の理由をAIスタートアップに訊く」 「AI時代にラッダイト運動を再考する」 「もし世界を征服するAIボットがとてもいいやつだったら」 *THE WORLD IN 2024の記事はこちら。 ◼︎ ︎️️SZ Newsletter VOL.217[THE WORLD IN 2024] ニューラルデコーディングから考…
  continue reading
 
食を起点に、未来をかたちづくる新しいムーブメントの可能性や実践を紹介していく「Tokyo Regenerative Food Lab」のポッドキャスト。前編に引き続き、ゲストはロスキレ大学准教授/北欧研究所主宰の安岡美佳。リジェネラティブな暮らし、社会、都市へと向かうNext Stepを模索した。 ◼︎ ︎️️スピーカー 安岡美佳|MIKA YASUOKA ロスキレ大学准教授/北欧研究所主宰/一橋大学客員研究員/メンバーズ社外取締役。専門は社会におけるITシステム。ITシステム構築手法としての北欧型参加型デザインやリビングラボの理論と実践に関心がある。近年では、IoTやICTが人々のよりよい生活にどのように貢献できるかという課題に、参加型デザインやリビングラボの知見を応用するスマートシティプ…
  continue reading
 
ジェニファー・ダウドナの新たな挑戦や動物のセンシエンス研究を中心に、12月WEEK#2のテーマ[THE WORLD IN 2024]の読みどころを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2023年12月WEEK#2のSZ記事 「マイクロバイオーム内のゲノム編集が人体と地球を救う? ジェニファー・ダウドナの新たな挑戦」 「タコに痛みの感覚はあるか? 進むセンシエンス研究と人道的保護の議論」 「都市に生物多様性をもたらす動物たちの4つの特徴」 「お気に入りの曲の一部を所有する著作権シェアをめぐる投資とファンダムの関係」 「結局、トランプに振り回された2023年/ポスト・レーガンのアメリカを探して:#24」 「クリエイターやファンがプラットフォームを“所有”する時代がやってくる:連載「For C…
  continue reading
 
食を起点に、未来をかたちづくる新しいムーブメントの可能性や実践を紹介していく「Tokyo Regenerative Food Lab」のポッドキャスト。ゲストはロスキレ大学准教授/北欧研究所主宰の安岡美佳。 ◼︎ ︎️️スピーカー 安岡美佳|MIKA YASUOKA ロスキレ大学准教授/北欧研究所主宰/一橋大学客員研究員/メンバーズ社外取締役。専門は社会におけるITシステム。ITシステム構築手法としての北欧型参加型デザインやリビングラボの理論と実践に関心がある。近年では、IoTやICTが人々のよりよい生活にどのように貢献できるかという課題に、参加型デザインやリビングラボの知見を応用するスマートシティプロジェクトに取り組んでいる。著書に『北欧のリビングラボ』『リビングラボの手引き──実践家の経…
  continue reading
 
スンダー・ピチャイが語るAIの未来を中心に、12月WEEK#1のテーマ[FUTURES]の読みどころを編集長の松島倫明が読み解く。※収録日は日本時間の12月5日。最新ニュースはこちらで随時配信中。 ◼︎ ︎️️2023年12月WEEK#1のSZ記事 「モーツァルトからハンナ・ダイアモンドまで、音楽をアルゴリズムで生成するアーティストたち」 「バーチャル・スクールが、学校選択制運動の次の時代を切り拓く」 「第二のセラノス? 注目の培養肉スタートアップUpside Foodsの裏側」 「AIを使って書いた小説でブレイクしたライターの告白」 「グーグルはマイクロソフトに踊らされた? CEOスンダー・ピチャイが語るAIの未来」 *FUTURESの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️SZ Newsletter…
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド