show episodes
 
Minatomachi Art Table, Nagoya(MAT, Nagoya)は名古屋市港区エリアにて、創造性をもって活動する人びとを歓迎し、制作・実践の場をつくることで、創造的なアイディアをまちで活かすプログラムを行っています。5回目となるスタジオプロジェクトでは3名のクリエイターが参加し、2019年6月22日-8月24日の期間中、普段見ることのできない制作現場や滞在中に制作された作品などを公開するオープンスタジオ、トークイベント、ワークショップなどを開催します。ポッドキャストでは、参加者のひとりであるデザイナーの阿部航太が、プロジェクトに関わる人たちに話を聞きながら、スタジオの様子を伝えていきます。
 
My Favorites with Music / Japanese Podcasting by thin-p (Tsuyoshi Adachi) since 2005好きな事を、好きな音楽と共に、世界中のみんなとシェアして、世界中のいろんな人たちとつながっていけたら、なんてなことを思ってやってます。よ。
 
Loading …
show series
 
世界での知名度をもっとあげたい!そんな課題を持つ名大に、2022年4月、国際広報室が開設しました。室長のマシュー・リンリ―さんが目指すのは、データ分析に基づいた効果的な国際広報。名大での留学を含め名大歴15年のマシューさんに、今の仕事の原点となる政治学の研究のことや名大の国際化の未来など、伺いました。 /////////////////////// ◯Matthew Linley|マシュー・リンリ―(研究者データベース) ◯国際広報室(名古屋大学 国際本部) ◯Nagoya University Research Information ◯国際広報室SNS:Twitter, Instagram /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 …
 
毒がコワイというイメージをまといつつも、日本人にとって馴染み深い魚、フグ。フグ毒そっくりの物質の「匂い」にまつわる新発見を紹介します。 /////////////////////// ◯阿部秀樹准教授(名古屋大学大学院 生命農学研究科) ◯水圏動物学研究室 神経生理学研究グループ(名古屋大学大学院 生命農学研究科) /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
スポーツで勝つために必要な”戦術”。実は、個人の”スキル”ともチームの”戦略”とも違うんです。スポーツ戦術を数値で伝える技術の開発に取り組む藤井慶輔准教授(情報学研究科)にお話を伺いました。 /////////////////////// ◯藤井慶輔准教授HP ◯Sports Behavior Group(名古屋大学 情報学研究科 Behavior Signal Processing Lab) /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部…
 
大好きな工作で幼い頃から試行錯誤をたっぷり経験してきた名大生と名大卒業生が、その喜びやパワーを今の子ども達にも伝えたい!という激アツな想いでつくったおもちゃについて、お話を伺いました。 /////////////////////// ◯株式会社エドギフト ◯TEGUMII(テグミー) ◯松坂屋小学校 第18回キッズサイエンス(動画概要欄から、実施レポートもご覧いただけます) /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部…
 
「生活を豊かにするために植物をデザインする」研究について、生命農学研究科の白武勝裕(しらたけかつひろ)准教授お話を伺いました。 /////////////////////// ◯名古屋大学大学院 生命農学研究科 園芸科学研究室|白武グループ ◯名古屋大学農学部「研究トピックス」|白武勝裕准教授 ◯名古屋大学「Reseachers' VOICE」|No.32 白武勝裕准教授 ◯NHK World|Editing Genomes to Improve Food Production ◯キッズサイエンス「科学捜査に挑戦!みて、ふれて、ことばを超えて伝えよう」 /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしてい…
 
森の生態系と深くつながる、川の中の窒素の研究です。 (サムネイル画像:s-hoshino.com) /////////////////////// ◯角皆 潤 教授(研究者情報) ◯生物地球科学グループ(名古屋大学大学院環境学研究科) /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
日本で初めて国際開発学を提供した大学院「名古屋大学大学院国際開発研究科(GSID)」で、留学生支援を担当するスネート・カンピラバーブ准教授にお話を伺いました。国際広報室とのコラボ企画です。 /////////////////////// ◯スネート・カンピラバーブ准教授(研究者情報) ◯名古屋大学大学院国際開発研究科(GSID) /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
「KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。 4回目の今回は、高エネルギー宇宙物理学が専門の市來 淨與(いちき きよとも)さん(KMI准教授)をお招きし、お話を伺いました。 02:24 CMBで初期宇宙の何がわかる? 06:02 「なんで人間っているの?なんで宇宙があるの?」中学生のころからずっと頭に残る純粋な疑問とインフレーション 14:44 ビックバンの残光・CMBとは?宇宙暗黒時代からのシグナル・21cm宇宙線とは? 18:56 理論屋と観測屋は何が違う?研究スタイルそれぞれの役割 26:28 天…
 
名古屋の歴史に惚れ込んだニューヨーク州出身のDylan McGee(ディラン・ミギー)さんにお話を伺いました。 ミギーさんの関心は、江戸時代、名古屋人はどんな本をどのように読んでいたのか。当時、日本一の蔵書数を誇っていた貸本屋「大惣」から、全国に散らばった蔵書を探し歩き、1ページ1ページ調べ上げた文学研究のお話です。 ミギーさんの、ヤンキースとドラゴンズ好きな一面にもご注目ください。 /////////////////////// ◯Dylan McGee(研究者情報) ◯論文 Book Refurbishment Practices of the Daisō Lending Library Reader Graffiti in the Daisō Rental Books|大惣本の落書. …
 
薬剤スクリーニングのジレンマ「染色」を、AIの画像解析で代替する技術開発について紹介します。 /////////////////////// ◯プレスリリース(2022/6/17) 「細胞の形」治療薬を超効率滴に予測〜AI判定によって高度に選別する解析技術開発に成功〜 ◯加藤竜司准教授(名古屋大学大学院 創薬科学研究科)  ◯細胞分子情報学分野研究室(名古屋大学大学院 創薬科学研究科) /////////////////////// ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部…
 
中澤 知洋(なかざわ かずひろ)さん(KMI准教授)をゲストに迎えた第4回の後編です。 00:47 よくある一日~仕事の日 03:19 よくある一日~オフの日 09:15 「別の道へ進んだときに、絶対他人の芝が青く見えると思った」―研究者になろうと決意したきっかけ、衛星の打ち上げ失敗の経験 20:11 研究者、あらゆる新発見に貪欲であれ! 22:55 これから大学院へ進む皆様へ、メッセージ /////////////////////////////// アンケートからみなさまのご意見をお聞かせください。 https://forms.gle/KJ953vFApxEDws8E9 /////////////////////////////// ◯関連リンク ・KMISCTウェブサイト ・U研高エネ…
 
「KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。 4回目の今回は、高エネルギー宇宙物理学が専門の中澤 知洋(なかざわ かずひろ)さん(KMI准教授)をお招きし、お話を伺いました。 前編、後編の2回に分けてお送りします。 02:34 高エネルギー宇宙物理学・実験分野の研究とは? 05:45 研究をはじめたきっかけ。スペースコロニーを作りたい!相対性理論を覆したい!好きこそ研究の原動力! 13:01 雷の研究が宇宙につながる!?雷に隠された壮大な謎とは 33:41 中澤さんが関わる注目の人工衛星!2023年・X…
 
日本のタンポポが外来種に置き換わってしまう…そんな話を耳にしたことはありませんか? これって外来種のタンポポが強いから?強いってどういうことでしょうか? ////////////////////////////// ◯ 西田佐知子研究室 ◯ 名古屋大学博物館 野外観察園 ◯ 研究成果(2013/9/24)「セイヨウタンポポはなぜ強い?ー在来植物が外来種に追いやられるメカニズムを発見ー」 ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 https://note.com/nagoya_ura/n/nd3c596672283 ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! https://twitter.com/Frontline758 ///////////////////////// 制作…
 
「KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。 3回目の今回は、修正重力理論を研究する野尻伸一教授(KMI)をお招きし、お話を伺いました。 01:44 研究内容 07:00 野尻さんの研究変遷 10:08 他分野からみた重力理論 12:50 高次元の考え方 16:19 研究における式の見方 19:49 たくさんの重力理論モデルの捉え方 21:45 研究者の道に進むことについて 24:05 研究テーマに物理を選んだきっかけ 25:40 野尻さんのリアルな研究者ライフ 30:47 修正重力理論研究の現状 36…
 
大昔の地球で何が起きて今の地球があるのか、そんなロマン溢れる疑問を追求した研究です。 ////////////////////////////// ◯ 束田和弘准教授 http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/tsukada/index.html ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 https://note.com/nagoya_ura/n/n0083abc0613e ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! https://twitter.com/Frontline758 ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 http://www.aip.nagoya-u.a…
 
オランダ出身で、天体物理学のポスドク研究員のTom Bakx(トム バックス)さんに、研究や日本での生活についてお話を伺いました。 ////////////////////////////// 関連リンク ・Tom Bakx(トムさんホームページ) ・天体物理学教室(名古屋大学大学院 理学研究科) ・DESHIMA ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
絶滅した巨大翼竜の飛行方法の意外な事実が、計算によって見えてきました。実は彼らは空を飛ばなかった!? /////////////////////////// プレスリリース(2022/5/12):巨大翼竜はほとんど飛ばなかった〜絶滅巨大飛行生物と現生鳥類のソアリング能力の比較〜 依田憲研究室/YODA lab http://yoda-ken.sakura.ne.jp/yoda_lab/Home.html 後藤佑介特任助教 https://research-er.jp/researchers/view/895572 ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 サムネイル画像:Warpaint/Shutterstock…
 
宇宙誕生直後、10のマイナス34乗秒の間に、宇宙は数十桁も膨張したと考えられています。 初期宇宙を知る観測方法としての「原始重力波検出」の研究を紹介します。 ////////////////////////// 川村静児のページ DECIGOホームページ ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
怖い、悲しい、仕方ない、考えたくない… そのように思われがちな老化や死について、先日の名大カフェ「1ミリの虫に問う 仕組まれた老化と死のシナリオ」で、野間健太郎准教授(理学研究科)にお話を伺いました。 /////////////////////////// ◯名大研究フロントラインnote(ブログ) 線虫の顕微鏡映像や画像をご覧いただけます ◯Noma Worm Lab ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
硬くて重いイメージの「鉄」ですが…。 鉄の意外な姿や環境問題への関与について、地球規模で考える研究です。 ///////////////////////// ◯プレスリリース(2022/04/15):人間活動によって放出される大気微粒子が南大洋域への主要な鉄供給源となることを解明 ~地球温暖化予測の高度化に期待~ ◯Matsui Laboratory(名古屋大学 環境学研究科) ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
「KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。 番組趣旨を語った第一回に続き、初めて研究者ゲストを迎える今回は、風間慎吾さん(KMI/宇宙地球環境研究所 准教授)と奥村暁さん(宇宙地球環境研究所/KMI 講師)をお招きし、オンラインでお話を伺いました。 01:49 風間さんの研究 10:07 奥村さんの研究 21:41 アプローチは違うけれど、活発に情報交換 23:41 研究のきっかけ&モチベーション 32:11 フロントラインメンバー石橋の岩石研究との意外な接点!? 34:30 KMISCT近藤さん&長…
 
お風呂のダイエット効果を、皮膚にある体内時計からひも解く研究です。 /////////////////////// ■ 今回の研究紹介記事:「入浴で脂肪が落ちる」 皮膚時計が関与(note) ■ 以前の研究紹介記事:朝食論争最前線 ―食べるべきか、抜くべきか―(note) ■ 小田裕昭准教授(生命農学研究科) /////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
名古屋大学には、海外から来て活躍されている研究者がたくさんいます。今回は、その一人、Katinka Wondergem(カティンカ・ヲンダルゲム)さんにインタビューしました。 ///////////////////////// ◯note記事 ◯Laboratory of Inorganic Chemistry | 無機化学研究室 ///////////////////////// 和訳文の内容確認に際して、理学研究科博士課程1年の白井そらさんにご協力いただきました。
 
体内時計はどのように動いているのでしょうか。 そのカギとなる時計タンパク質の複雑な仕組みに迫る研究です。 /////////////////////// ◯プレスリリース(2022/4/18):概日リズムを奏でる時計タンパク質の内部で「2つの歯車」が噛み合う仕組み ◯自然科学研究機構 分子科学研究所 協奏分子システム研究センター 階層分子システム解析研究部門 秋山グループ ◯名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻 時計機構グループ 近藤孝男研究室 /////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login