Museum 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
金沢を拠点にフリーのパーソナリティ、MCとして活躍する前田明日香(Asuka Maeda)のポッドキャスト「前田明日香のキッチン・トーク(Asuka's Kitchen Talk)」は、自宅のキッチンからお届けするような、リラックスしておしゃべりするプログラム。架空のFM局の番組のような感じでお届けします。キッチンは、そこから幸せな香りが広がっていくスペース。そんなふうに、この番組からハッピーが広がっていくように…とお送りします。食の話題から旅、音楽、子育て、日々の出来事、お気に入りのアイテム、話題のトピックスなど色とりどりにトーク。お料理を作ったり、美味しいおやつをを食べながらお送りします。あなたも対面キッチンの向かい側に座っているつもりで聞きながら、一緒に一息付いてください。 This is Japanese Podcast Program presented by Asuka Maeda in Kanazawa, Japan.
 
日本語で話す(あるいは書く)ということはいやおうなくローカルなものになる。なぜならそれは日本語を分かる人たちのために話したり書いたりしているということを意味しているからだ。もちろんそれは翻訳されることもあるだろう。だけれどもほとんどの発話は、そしてほとんどの文章は、翻訳されることもなく日本語のままぼくたちの目の前を流れていく。 それをぼくはネガティヴなものとしてとらえてきていた。でも、しかし、ぼくは日本語で話すし、日本語で考えている。それがたとえローカルな言葉であったとしても、ぼくはそのローカリティのなかで生きている。ならばその言葉の前で、日本語が分かる人たち前で、そのローカリティの中でしかできない会話をすることも必要だろう。そして、ぼくは、自分が話してみたいひとたちと真摯な会話をしてみたいと思う。ときに起こる編集者による不当な修正の手前で、ぼくたちの言葉をそのままのかたちで届けたいと思う。 http://kktnk.com/podcast/ *感想や質問などはこちらまで。kotoba@kktnk.com
 
Loading …
show series
 
7月1日OAのゲストは、世界的舞踏家で俳優の麿赤兒さんです。 麿さん率いる舞踏集団<大駱駝艦 だいらくだかん>は今年創立50周年。 今や「KABUKI」や「NOH」と同様に演劇世界の共通語となった「BUTOH」とは、 一体どんなパフォーマンスなのか? たくさんの映画やテレビ、舞台にも出演されている麿赤兒さんの魅力に迫ります。 大駱駝艦創立50周年記念公演『おわり』7/14-17『はじまり』7/21-24 三軒茶屋「世田谷パブリックシアター」ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Ep191は、金沢を訪れたらぜひ足を運んでいただきたいおすすめスポット「鈴木大拙館」のお話です。鈴木大拙は、世界的な仏教学者であり、欧米に「ZEN(禅)」を広めた金沢出身の仏教哲学者。鈴木大拙館はそんな大拙の思想に触れることができる施設です。そこは来館した人が建物と一体になって感じたり、考えたり、自分と向き合う場所でした。今回初めて行ったのですが、その空間にすっかり魅了された私。掲示されていた大拙のメッセージを読んで、いまここに来た理由が分かったような気がしました。水鏡の庭を眺めながら私が思索したことは…?
 
Ep193は不思議なミステリーの旅。石川県の宝達志水町にある「モーゼの墓」についてのお話です。みなさんはモーゼってご存知でしょうか?ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の最も重要な預言者と言われているモーゼですが、一番有名なのは映画「十戒」で海を割るシーンかもしれません。でもそれは遠い昔の遠い国でのお話…かと思っていたら、そのお墓が日本にある!しかも私の近所の羽咋郡宝達志水町にある!というのです。そこは現在公園として整備されているのですが、一体どんなところなのでしょうか?ミステリーハンターとして足を運んでみました。今回はまずモーゼが登場する旧約聖書の「出エジプト記」を簡潔にご紹介。モーゼについての基礎知識を学んでみましょう。…
 
6月24日OAのゲストは、東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTで始まった企画展「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門"」でグラフィックデザインを担当されていらっしゃる野間真吾さんです。 構想から60年という歳月を経て、昨年秋に実現したクリストとジャンヌ=クロードの悲願のプロジェクト「包まれた凱旋門」。 2人とも作品の完成前に亡くなりながら、パリ市全体を巻き込んだ巨大アートは、どのようにして実現することができたのか? バラカンさんを深く魅了するクリストとジャンヌ=クロードの人生に貫かれたアーティストとしての信念を紐解いていきます。 番組の最後にはチケット・プレゼントのお知らせも! (応募締め切りは2022年7月15日)…
 
Ep192は、もし地震が起こった時に子供と一緒に唱えたい防災の合言葉についてご紹介しました。その言葉とは「おかしもすき」「いかのおすし」「よいこ」の三つ。お子さんがいるご家庭であれば、ぜひその合言葉の意味を話し合って、親子で共有してくださいね。我が家が普段から災害に備えているあれこれや、子供たちと確認し合っていることについてもお話しています。
 
Hakuro Matsuda さんをゲストに迎えて、WWDC, CarPlay, Passkey, M2, MacBook Air, iPad などについて話しました。 Show Notes WWDC22 - Apple inside Apple’s iOS 16 remake of the iPhone’s iconic Lock Screen Private Access Tokens: stepping into the privacy-respecting, CAPTCHA-less future we were promised Apple’s Pay Later installment credit scheme will live under a new lending sub…
 
6月10日OAのゲストは、俳優で映画監督の東盛あいかさんです。 沖縄県与那国島出身の東盛さんは、京都芸大の卒業制作として故郷を舞台に制作した映画『ばちらぬん』がぴあフィルムフェスティバル2021グランプリを受賞(『ばちらぬん』与那国の言葉で“忘れない”を意味)。 ドキュメント的手法を織り交ぜながら、消滅しつつある島言葉「与那国語」や島独自の文化を新鮮に捉えた映像が注目を集めています。今年は沖縄復帰50周年。東盛さんはどのような想いを込めて、この作品を制作していったのでしょうか?ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Naoki Hiroshima さんをゲストに迎えて、WWDC, アプリ内課金、Swift, シミュレーション仮説などについて話しました。 Show Notes Twitter Shutting Down TweetDeck for Mac in July Elon Musk tells Tesla workers that 'remote work is no longer acceptable' The final years of Jony Ive at Apple Google Pixel Tablet Amazon stops selling digital goods in its Android app to escape Google's Play Store tax FDA…
 
Ep190は青空文庫から、アンデルセンによる「いたずらっ子」の朗読をお届けします。19世紀に活躍したデンマークの童話作家アンデルセン。彼の作品はいまでも世界中で愛されて、読みつがれていますよね。「マッチ売りの少女」や「みにくいアヒルの子」「おやゆび姫」など有名なものは多いのですが、今回選んだのはアンデルセンの知られざる作品。大人が楽しめる童話です。もしお子さんと一緒に聞いていただいた際は、あなたの実体験を教えてあげてくださいね(笑)
 
6月3日OAのゲストは、 歴史作家で多摩大学客員教授の河合敦さんです。 技術の進化や新発見によって、学校の授業で教わった日本史から随分変わっているとのこと。河合さんはそんな日本史の面白さを分かりやすくまとめた本を多数執筆されています。 最新刊は徳川15代に渡る将軍の意外なキャラクターや驚きのエピソードがたっぷりの『徳川15代将軍 解体新書』。 大河ドラマの反響で今注目されている「鎌倉時代」にまつわるトークなど、学び直したい日本史を語っていただきます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Ep189は、「世界一、素材本来の味を引き出す鍋」というコンセプトで作られた「バーミキュラ」のお鍋を使って、無水カレーを作ってみたお話です。愛知ドビーという会社が製造している「バーミキュラ」。ずっと気になっていたんですが、「暮らしを変える鍋」「手料理と、生きる」といったメッセージに惹かれ、今回お鍋をゲット。無水カレーを作ってみたら、野菜のうま味、甘みが凄すぎました。気がつけば、娘のお嫁道具にも送りたいほど一生モノのお鍋だと確信。どうして私がバーミキュラを選んだのか?ちょっと気になる点(デメリット)についてもお話しています。
 
5月27日のゲストは、ジャーナリスト/写真家/ドキュメンタリー作家のデコート豊崎アリサさんです。 幼少期から冒険家の父とアフリカを旅する中でサハラ砂漠に出会い、やがて現地トゥアレグ族の男性のみで構成される塩キャラバンの一員に加わってニジェール、マリ、アルジェリアの砂漠を放浪。2016年にはソーラー・パネルを使いながら3000キロを横断する塩キャラバンの日常を描いたドキュメンタリー映画「Caravan to the future」を撮影・監督。今春『トゥアレグ 自由への帰路』を出版したばかりのアリサさんに、様々な砂漠のエピソードをたっぷり語っていただきます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Ep188は、ダイエットや低カロリー、低糖質で注目されているオートミールを使って、お好み焼きと参鶏湯を作ってみたお話です。我が家では今までオートミールをオーバナイトオーツやお菓子作りに使っていましたが、お料理に使ったのは初めて。果たしてそのお味は?やってみて分かった美味しく作るコツや注意点についても触れてしますので、良かったら参考にしてみてくださいね。 <お好み焼き 材料> オートミール30g、水150ml、豚肉100グラム、キャベツ100g、卵1個、和風だしの素小さじ1/2、青のりや鰹節、紅生姜などはお好みで <参鶏湯風スープ 材料> オートミール30g、水180ml、サラダチキン1/2、長ネギ5センチ、白入りごま、ごま油、おろし生姜小さじ1/2とおろしニンニク少々(チューブでもOK)、塩…
 
5月20日のゲストは、最新刊『紛争地のポートレート』を出版されたばかりの白川優子さんです。2010年から「国境なき医師団(略称MSF)」の看護師としてイエメン、シリア、イラク、南スーダン、ネパール、パレスチナ・ガザ地区、アフガニスタンなど、世界各地の紛争・被災地で看護活動に携わり、現在はMSF事務局で採用担当を務めていらっしゃいます。 今回も現地の医療事情や出会った人々との交流など、新刊に記されているエピソードをたっぷりと語っていただきます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Hakuro Matsuda さんをゲストに迎えて、Google I/O, Pixel, メタバースなどについて話しました。 Show Notes Rebuild Podcast Clips - YouTube Google I/O 2022 Google I/O 2022 keynote in 18 minutes Google Brings CTRL+F to Real Life With Phone Camera Search Feature Google AI Blog: Auto-generated Summaries in Google Docs Prime Video X-Ray Improving skin tone representation across Google …
 
Ep187は、気まぐれバンライフ。2022年のGWに旅してきた旅行記の後編です。今回は、福井県大野市の山奥にある麻那姫湖青少年旅行村でキャンプをしたこと、麻那姫にまつわる伝説、RVパークもある道の駅「越前おおの 荒島の郷」で「モンベル」が行っているカヤック体験をしたこと、さらに石川県の白山吉野オートキャンプ場で締めのキャンプ、おすすめの温泉…と盛りだくさんな内容です。旅が終わって長男が言ったひと言が、今回のGWを言い表していました。その言葉とは?
 
5月13日のゲストは、富士登山ガイドの太田安彦さんです。 26歳の時に地元でもある富士山の登山ガイドになり、現在は、富士山の環境保全・安全対策などを目的とした団体「マウントフジトレイルクラブ」を主宰されています。これまでに富士山頂に登った回数は600回以上。そんな太田さんに、改めての富士登山の魅力からコロナ禍における富士山ガイドの在り方やその成果など、世界遺産でもある富士山のエピソード存分に語って頂きます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Ep186は、気まぐれバンライフ。2022年のGWに旅してきた旅行記の前編をお送りします。今回は「近場を大いに楽しもう!」がテーマ。まず向かったのは霊峰・白山の麓にある一里野高原です。そこには大好きな「猫ヶ島の弥四郎の大栗」があって、私にとってのパワースポットなのです。一里野ではゲストハウスで山菜も堪能しましたよ♪ 翌日は子どもたちの恐竜パラダイス、福井県勝山市にある「かつやま恐竜の森」へ。「かつやまディノパーク」で映画「ジュラシック・パーク」の世界に飛び込みました!
 
5月6日のゲストは、音楽家の大友良英さんです。 世界的な即興演奏家であり、映画やテレビ、芝居の劇伴など様々な分野で活躍し続けている大友さん。この4月には東日本大震災の原発事故に見舞われた福島県富岡町に開校した小中学校の校歌を制作し、5月8日(日)には現地で子供たちと一緒にコンサートを開催。また、知的障害のある人たちを含むアーティスト集団「音遊びの会」や、5月末から公開される劇場アニメ「犬王」のサントラなど、本当に大忙しの日々。大友MUSICワールド満載でお届けします。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Mami, Michael をゲストに迎えて、音楽、英語、パンデミック、VR などについて話しました。 Show Notes Logic Pro - Apple Porter Robinson Madeon Simp Cringe 1989 Loma Prieta earthquake Kawasaki presents the pinnacles of its robot developments Photos of Time Before The Invention of That Grossly Antisocial DeviceTatsuhiko Miyagawa による
 
Ep185は青空文庫から、江戸川乱歩「指輪」の朗読をお届けします。この短編小説は、いわゆるト書き(セリフ形式)で書かれています。舞台は列車の中、二人の男AとBの会話によってお話が展開していきます。朗読で男性二人を演じ分けるのは、私にとってちょっとしたチャレンジでした。さて…失くなったダイヤの指輪は一体何処へ?雨のお休みにちょっと一息、日本を代表する推理小説家・江戸川乱歩の世界をお楽しみください。
 
4月29日のゲストは、現在京都で開催されている国際的な写真祭「KYOTO GRAPHIE」の共同ディレクター仲西祐介さんです。京都の街の中の文化財的建築物や寺院、商家の蔵、古い商店街のアーケードなどを展示会場にするユニークな写真祭として世界中から高く評価されています。今年もアービング・ペンや奈良光一といった大御所からアフリカや中東の新進気鋭の写真家まで、まさに五感を通じて写真を体験できるラインナップにバラカンさんも大興奮。5月8日までの開催なので、このゴールデンウィークはぜひ京都へ!ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Ep184は日本海の孤島「舳倉島」を訪れた旅行記のパート3。貴重な“圏外の旅”の最終回をお届けします。ゴツゴツした岩場の海岸を探検していた時、私たちが発見したのは「海の宝石」と言われる生き物「ウミウシ」でした。その生態を観察しながら大興奮!島は子どもたちにとって最高の冒険の場、学びの場だったのです。偶然出会って声を掛けてくれた心優しい海女さんとのやり取りもご紹介しています。※ちなみに、舳倉島は4Gの電波がバリバリつながります。
 
4月22日のゲストは、サントリー美術館主任学芸員の池田芙美さんです。 東京ミッドタウン ガレリア3階のサントリー美術館では、6月12日(日)まで「大英博物館 北斎〜国内の肉筆画の名品とともに」を開催中です。今も世界のアートシーンに影響を与えている稀代の浮世絵師、葛飾北斎。今回は大英博物館が所蔵する貴重な版画や肉筆画を大公開。90歳まで絵を描き続けた北斎とは、一体どんな人物だったのか?作品を読み解きながら、その魅力をたっぷりと伺っていきます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Naoki Hiroshima さんをゲストに迎えて、面接、プログラミング、Netflix, 株、Twitter などについて話しました。 Show Notes US judge throws out Biden mask mandate for planes and trains offsetof SwiftUI Overview Netflix just lost subscribers for the first time in over a decade 'Old Enough!' on Netflix sparks debate over sending very young kids on errands The Tinder Swindler | Netflix Pachink…
 
Ep183は日本海の孤島「舳倉島」を訪れた旅行記のパート2をお届けします。へぐら航路のフェリー「希海(のぞみ)」に乗って輪島港を出航、舳倉島へ向かった私たち。到着してみると、そこは観光色が一切ありませんでした。特別なレジャーがあるわけではないので、のんびりと歩いて島を探検。そこで出会った光景の一つひとつが貴重な体験で、まるで映画の世界でした。舳倉島の魅力と自然の猛威を同時に感じることができました。
 
Ep182は日本海の孤島「舳倉島」へ初めて行った旅行記のパート1をお届けします。野鳥の楽園、海釣り天国、海女の島などと言われる舳倉島は一体、どんなところだったのでしょうか?今回は、我が家のキャンピングカーで輪島へ行き、車中泊。翌朝訪れた輪島岬の突端にある「鴨ヶ浦散歩道」を散策し、フェリーに乗るまでのお話です。舳倉島へ行く際の交通手段は?行く前にチェックしたいこと、気をつけたいこと、準備したいものは?実際に行く時のお役立ち情報についてもお話しています。
 
4月8日のゲストは、今春真打に昇進したばかりの女流落語家、蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)さんです。 春風亭小朝師匠に弟子入りし、前座名ぽっぽ、二つ目名ぴっかり☆で10日連続独演会や全国ツアー、海外公演、さらに大人AKBのオーディション参加など若手として異例づくしの活動を展開。真打昇進を機に高座名も改め、落語界の未来を担うホープと称されています。現在は寄席での披露興行真っ最中という桃花師匠、真打昇進披露に欠かせない3点セットや新高座名の由来など、たっぷり語っていただきます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Ep181は、新企画「明日香前田のとりとめもない話」です。最近はとても深刻なニュースが多くて、気持ちが落ち込みがちではないでしょうか?そこで、私のちょっとしたエピソードトークをお届けします。一本目は「高校時代のバス通学中に」。二本目は「勘違いから子供三人」です。いずれも、くだらないと言えばくだらないお話で(汗)話術の達者な芸人さんたちが話すような面白トークではないのですが、少しだけでもクスッとしていただければ嬉しいです。
 
4月1日のゲストは、グラフィックデザイナーで東京ミッドタウンの21_21デザインサイト館長でもある佐藤卓さんです。 商品のパッケージ・デザインや企業のブランディング、商品企画から著述やNHK Eテレ「デザインあ」のアートディレクションなど、その活動は多岐にわたっています。 21_21デザインサイトで開催されている「Future In-sight」展や6月の「クリフト」展の概要、そしてロサンゼルスで開催中のラーメン丼にフォーカスした「The Art of the Ramen Bowl」や5月にギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催される『佐藤卓TSDO展〈 in LIFE 〉』など、佐藤さんが関わる展覧会の数々をご紹介いただきます。さらに世界情勢が不安になっている中、デザインは何ができるのか?…
 
Rui Ueyama さんをゲストに迎えて、シンガポール、リンカ、夏時間、F1、サプライチェーン攻撃などについて話しました。 Show Notes TraceTogether Covid-19 SMS Contact Tracing in Taiwan Singpass - Your Improved Digital ID The IRS won’t make you verify your identity with facial recognition after all rui314/mold: mold: A Modern Linker HiFive Unmatched - SiFive U.S. Senate approves bill to make daylight savin…
 
Ep180は気まぐれバンライフ。ようやく春がやってきた2022年3月某日、奥能登・穴水町へとラムバンを走らせ、田舎バックパッカーハウスで車中泊。そこのホストであるバンライフの達人、中川生馬さんとお話してきた様子をお届けします。高校、大学をアメリカのオレゴン州で過ごし、大企業で仕事をした後、バックパッカーに転身。日本を旅して穴水町へと移住した中川さん。現在は「田舎バックパッカーハウス」を運営しながら田舎の旅やライフスタイルの素晴らしさを発信しています。自然豊かなオレゴンで得たもの、子育てとバンライフ、田舎バックパッカーハウスってどんなところ?ハウスの台所で楽しいトークをすることができました。中川さんが考える「未来の駐車場」とは?これを聞くと、あなたもきっと車旅したくなるはずです。…
 
3月26日のゲストは、エッセイストの酒井順子さんです。 2004年に『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞と講談社エッセイ賞をダブル受賞で人気を博し、以後も時代を鮮やかに切り取ったエッセイが話題を集め続けています。 最新刊は『うまれることば、しぬことば』。様々なシーンで意味や用法が少しずつおかしくなり始めている日本語の状況を酒井さんはどう捉えているのか? バラカンさんも一気に読み込んだ話題の本をベースに、どんなトークに広がっていくのか?ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login