show episodes
 
NBAを中心にバスケ全般についてダブドリ編集長の大柴壮平、グリズリーズファンのカズマ、バスケライター・通訳の大西玲央、ロケッツファンの右利きのハーデン、NBAファンタジーマスターのにゃおの5人でワイワイ駄話するバスケポッドキャスト。
 
バイリンガルの礼拝メッセージです。You can hear message.(English-Japnese)教会に行ったことがない人も、気軽に聞いてみませんか?ipodをお持ちの方はこのボタンからも聞けます。If you have ipod, please click this button. (iTunesが立ち上がります。iTunes starts.)IBFサイトはこちら
 
Takramは、東京・ロンドン・ニューヨークを拠点に様々なプロジェクトに取り組むデザイン・イノベーション・ファームです。 このポッドキャストでは、Takramのメンバーが、デザイン・テクノロジー・ビジネス・文化などの話題を幅広く展開しています。毎週月曜日に2本のペースで公開。ぜひご登録ください!
 
Loading …
show series
 
今週、というか先週はなんだかんだで全員集合。ニュースはNBAオールスター先発、ライアン・ソーンダーズ解任など。そしてカズンズの話からロケッツの現状がどうなのか右利きさんがぶった切ります。ピックアップゲームはWAS対POR。Mark Tonight NTR による
 
Takramの組織の中での効果的な学びを加速させるペア学習・グループ学習の仕組みである「T2T」。日々様々なジャンルのT2Tが開催されています。今回は、先日開催された「色空間とカラーキャリブレーション」のT2Tをピックアップして、その内容をデザインエンジニアの松田聖大から少しご紹介します!(聞き手 嶽澤)Takram による
 
今回は、「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」(へブル11:6)からの3回目のメッセージです。今まで、この11章6節のみことばに視点をおきながら、何人かの旧約聖書の偉人の信仰を取り上げて学んできました。彼らは、試練や困難な中でも、神の言葉を握りながら、ゴールを見失わない生き方を目指した者たちです。前回はアブラハムの信仰を取り上げました。彼は、自分の愛する子をささげる試練に打ち勝った者です。実際には、愛する子イサクを殺すことはありませんでしたが、「神には人を死者の中からよみがえらせることもできる」との信仰を持った方です(19節)。神を求める者には報いてくださる方、神様はそのような方です。そのことを、アブラハムは、アドナイ・イルエとの信仰を通して告白しています。その意味は、主は備えて…
 
今回は、「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」(へブル11:6)からの2回目のメッセージです。既に、11章全体は信仰にテーマを置いていますが、目標を目指して、忍耐を持って生きるようにとの勧めの文脈の中で書かれていることを指摘しました。10章19節から始まるいくつかの勧めのなかで、その模範となる方々を旧約聖書から選んで、私たちを励まそうとしているのです。私たちもこれらの信仰の偉人にならって、試練や困難な中でも、神の言葉を握りながら、ゴールを見失わない生き方を目指して行きたいと思っています。今回は、旧約聖書の中でも信仰の父と呼ばれるアブラハムを取り上げてみます。それでは、へブル11章6-19節を読んでみてください。 11章6節には、「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に…
 
今週は途中から全員集合。ニュースはNBAオールスターが割とてんこ盛りになりそう、ドラモンドとブレイクが移籍に向けて欠場に、アジアカップ予選のゴタゴタ、大倉颯太選手の怪我など。ピックアップゲームは馬場雄大所属のメルボルン・ユナイテッド対イラワラ・ホークス。Mark Tonight NTR による
 
今週はカズマがいたりいなかったり。ニュースはやる方向で動き始めたNBAオールスターを疑問視、ローズがニックス移籍、日本代表アジアカップ予選候補選手など。ピックアップゲームはキングス対クリッパーズ。グッズのお知らせも。Mark Tonight NTR による
 
今週はトニトニ不在でゲストにレイカーズファンのケント。ニュースはトロント・ラプターズの渡邊雄太選手大活躍、NBAオールスター投票開始、東京オリンピックの予選組み合わせ発表など。ピックアップゲームはレイカーズ対セルティックスです。Mark Tonight NTR による
 
今回は、「わたしの義人は信仰によって生きる。」(へブル10:38)からのメッセージです。前回指摘しましたが、この聖句はハバクク書2章4節からの引用です。キリストを信じて義とされた者は、信仰を持って生きる歩みをスタートします。試練や困難な中でも、神の言葉を握りながら、天国への信仰をもって、ゴールを見失わない生き方を目指して行きたいと思っています。信仰、この言葉を今日は、私たちの生活を踏まえて考えて行きたいと願っています。それでは、へブル10章37-11章7節を読んでみてください。 前回は、「約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。」とのテーマでメッセージを語りました。大きな報いがあることを信じて、忍耐と信仰を持って生きる。そのように、大きな試練の中にある初代教会の信仰者に向かって、ヘブ…
 
今週は右利きくんがおやすみ。ニュースはネッツのビッグ3デビュー、ステフィン・カリー3P成功数歴代2位、コロナ検査に犬など。ピックアップゲームはヒート対ネッツ。教えてにゃお先生もあるよ!Mark Tonight NTR による
 
DIG THE LINE is a bottle shop & bar in Kyoto featuring a meticulously curated collection of emerging craft beers from around the world. Takram worked on DIG THE LINE's branding, offering a subdued yet iconic visual style representing how the shop connects Kyoto to the world. In this episode, we reflect on the final brand design in comparison to oth…
 
保険の請求漏れという隠れたペインを解消する保険証券管理アプリ「保険簿」を展開する株式会社IBの井藤さんをゲストに、Takram 谷口が保険ビジネスの仕組みや起業の経緯をインタビュー。今特にデザインの力を必要としているという井藤さんとデザインで解決したい課題やどんなデザイナーと仕事がしたいかなど、ざっくばらんに語りました。Takram による
 
今回は、「約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。」(へブル10:36)からのメッセージです。忍耐と信仰、これらの言葉が今日のメッセージの中心的な言葉となります。以前に指摘したように、初代教会は大きな迫害を経験することになります。そのような環境下で、キリストへの信仰を捨てて、ユダヤ教に戻ろうとする方々も多く起こってきたようです。そのような、彼らに、厳しい警告の言葉が語られてまいります。厳しい警告の言葉とともに、確信、大きな報い、そして忍耐との言葉を用いて、困難な環境の中で生きていく信仰者を励ましている、それが今日の箇所です。それでは、へブル10章26-39節を読んでみてください。 まず、26節から31節まで、ユダヤ教に戻ろうと考えている信仰者に向けて、厳しい警告の言葉が語られています…
 
今週はパラパラと全員集合。ニュースはジェームズ・ハーデンのトレード、NBAのワクチン事情、Bリーグオールスターコンテストなどなど。ピックアップゲームはバックス対マーベリックスです。Mark Tonight NTR による
 
エネルギーの色が見えるのを武器にNTRのファンタジーリーグを席巻中のゆまさんと、自分で企画を発案して賞品を全部かっさらっていったで有名なNTR投稿クイーンのすそさんをゲストに迎え、メンバーのエネルギーを見てもらいました! ※注 - 終盤推しチームの状態を見てもらうなどしましたが、ほぼバスケ関係ないです。Mark Tonight NTR による
 
ソフトウェアエンジニアリングとグラフィックデザイン、異なる背景を持つTakramの野見山と半澤が緒方とともにVRを用いた新しい表現方法について議論します。体験の非対称性/身体の非対称性/スケールとアフォーダンス/レンズによる空間感覚の歪み/質感を用いたコミュニケーションなど、VR表現の可能性について幅広く話します。Takram による
 
今回は、「真心から神に近づこうではありませんか」(へブル10:22)からのメッセージです。前回は「私たちは聖なるものとされているのです。」(へブル10:10)とのテーマでメッセージを語りました。あなたも、私もキリストの十字架を通して、罪の赦しを得ているのです。神は信仰を持つ私たちを聖い者と認めてくださり、私たちは大胆に神の前に出て行くことができるのです。そのような内容を語ってまいりました。前回までで、実は、5章からスタートした大祭司キリスト論の学びを終えたのです。今回の箇所は、いままでの教えに基づいた、具体的で大切な勧めの箇所であると言えます。それでは、へブル10章19-25節を読んでみてください。 19節は、こういうわけですからと書き始めています。大祭司であるイエスがおられるのだからと、今…
 
今週はにゃお不在。ニュースはコロナでとにかく大変なNBA、カイリーが個人的な理由で離脱の真相追求、Bリーグオールスター中止など。ピックアップゲームはボール兄弟初対決のホーネッツ対ペリカンズ!Mark Tonight NTR による
 
There are some passages in the bible that are hard to explain theologically. Like Jesus getting baptized in the River Jordan by John. It just doesn’t make sense theologically. After all, John’s baptism was a baptism of repentance and forgiveness. But our theology maintains that Jesus was without sin. So why would Jesus receive this baptism? Theolog…
 
今週はパラパラと全員集合。ニュースはバグリーの父ちゃん、シャックとゴベアのビーフなど。教えてにゃお先生ではわかりにくいウェイバーシステムを説明。ピックアップゲームはマジック対76ers。そして右利きのシャア最終回が大作登場!Mark Tonight NTR による
 
2020年ラスト放送!かずまがおやすみ。ニュースはNBA開幕、Gリーグのバブル開催、ウィンターカップ で明成が優勝、大学生がたくさん特別指定などなど。そしてリスナーのカズイチさん調査によるリスナー総投稿数発表!良いお年を!Mark Tonight NTR による
 
遅れてすみません、開幕直前に収録したもので、今季のシーズン前予想など盛り沢山です。あとNTRファンタジーの今季のチームのおさらいなど。Mark Tonight NTR による
 
今回は、「キリストは新しい契約の仲介者です。」(へブル9:15)からのメッセージです。前回は、クリスマス礼拝で、神の絶妙な選びのタイミングでイエスの誕生が起こったことを語りました。マタイ1章17節には、「それで、アブラハムからダビデまでの代が全部で十四代、ダビデからバビロン移住までが十四代、バビロン移住からキリストまでが十四代になる。」と書かれています。三区分にまとめられている、各区分の最初の人名または出来事は、神の契約と関係があります。それらの契約はキリストにおいて成就したのです。そのように前回は、指摘いたしました。そのことを簡単に見てみましょう。神とアブラハムとの契約が最初のものですが、創世記12章3節には、「地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」と約束されています。地上のす…
 
Takramのニューヨークと東京、ニつの拠点を繋いで隔週でお届けするシリーズ、Takram Cast New York の26回目は、Instagram Live で生配信しながら収録を行いました。今回は、リスナーの皆さまからInstagramでいただいた質問に答えるかたちで、今年と来年のチャンレンジ/ナラティブとストーリーテリング、について語りました。Instagramアカウントでは収録内容を動画でご覧いただけます。●InstagramTakram Cast New York のInstagramアカウントでは、エピソードで取り上げた内容に関連する写真や、Instagram Live のアーカイブをご覧いただけます。https://instagram.com/takramcastnewyo…
 
「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。」(マタイ1:20) メリークリスマスとご挨拶をいたします。今日は、クリスマス礼拝を皆さんとささげています。クリスマス、英語でChristmasと書きますが、ChristとMasでその意味は、キリスト(の誕生)をお祝いする、またはキリストを礼拝する、そのような意味を持つ言葉です。キリストとはギリシャ語で救い主の意味を持ち、ヘブル語ではメシアのことです。このメシアが生まれる、それは旧約聖書の中心的な預言です。今年のアドベントの期間、私は旧約のイザヤの預言の言葉を読んでまいりました。もう一度、そのいくつかを振り返ってみます。イザヤはイエスが生まれる約700年前に生きて活躍した預言者です。まず、この救い主は、ダビデの子孫として生まれます(…
 
今週は大柴遅刻&玲央不在です。ニュースは多分NBAプレシーズン開始、ジェームズ・ハーデンがチームとようやく合流などの話をしていると思います!Mark Tonight NTR による
 
主にある兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。前回から「交わり」をテーマにお話ししています。「交わり」はとても広いテーマです。先月、交わりは神との繋がり、そして他の信徒との繋がりでもあることをお話ししました。今日は、別の視点から、交わりの二つの側面についてお話しします。第一にパートナーシップとしての交わり、第二に他の信徒の必要を満たすために物で支援する交わりについてです。お祈りします。 交わりはパートナーシップ 聖書の「交わり」という言葉にはパートナーシップ(共同、協力関係)という意味があります。新約聖書ではコイノニア(koinonia)とメトコス(metocos)という二つのギリシャ語が使われています。この二つのギリシャ語は、交わりの意味の他に三つの違ったタイプのパートナーシップの意味があ…
 
今週はにゃお不在。冒頭でNTRFantasyの抽選を行ないました。ニュースはラスとウォールのトレード、いないジェームズ・ハーデン、カイリーのメディアボイコット、京都の未払い報酬など。ピックアップゲームは2006年のPHX vs LACです。Mark Tonight NTR による
 
新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を可視化するウェブサイト「V-RESAS」。Takram田川・松田・櫻井・河原が、そのコンセプトについて語ります。Takram による
 
Takramのニューヨークと東京、ニつの拠点を繋いで隔週でお届けするシリーズ、Takram Cast New York の25回目です。今回は、Airbnbのグロース担当だった Lenny Rachitsky さんのニュースレターを取り上げ、サービスの指数関数的な成長を生む Magical growth loops と、その4つの視点について語りました。1. Demand driving demand - 需要が需要を牽引2. Demand driving supply - 需要が供給を牽引3. Supply driving demand - 供給が需要を牽引4. Supply driving supply - 供給が供給を牽引●Related LinkMagical growth loop…
 
今回は、「キリストは変わることのない祭司の務めを持っておられます。」(へブル7:24)からのメッセージです。前回のメッセージと同様に7章24節からのメッセージです。24節と25節は、とても大切なみことばであると私は思います。キリストは永遠に存在され、変わることのない祭司として私たちのために、とりなしの働きをされておられる。この神様の約束を信仰を持って受け取って行きたいと願っています。今まで、イエスは天の至聖所に私たちの先駆けとして入り、永遠にメルキゼデクの位に等しい大祭司となられたことを学びました。メルキゼデクの位に等しい大祭司との表現を通して、レビ族の祭司ではない新しい祭司が神によって立てられ、旧約の律法からの解放が起こってきました。新しい大祭司を立てることは、神のご計画であり、旧約聖書が…
 
今週は右くんとカズマ不在で3人でお届け。ニュースは渡邊雄太がExhibit-10契約でラプターズのトレーニングキャンプ入り、その他FA情報、マリーク・ビーズリーがヤバイ、Bリーグオールスター投票の中間発表など。ピックアップゲームは2009年のHOU vs LALでした。Mark Tonight NTR による
 
今回は、「キリストは永遠に存在される」(へブル7:24)からのメッセージです。24節と25節は、とても大切なみことばであると私は思います。キリストは永遠に存在され、祭司の務めを持っておられ、私たちのために、とりなしの働きをされておられる、この神様の約束をすなおに、信仰を持って、受け取って行きたいと願っています。6章の最後で、へブル書の作者は、イエスは天の至聖所に私たちの先駆けとして入り、永遠にメルキゼデクの位に等しい大祭司となられました。と書いています。7章から、メルキゼデクはどのような方であったのか、そして、メルキゼデクはレビ族の祭司よりも優れていることを語り始めます。旧約のメルキゼデクが指し示す、私たちの救い主、イエスに対する信仰を益々深めて行きたいと願っています。それでは、へブル書7章…
 
今週はパラパラと最終的に全員集合。ニュースはNBAドラフト2020と動きの激しいFAとトレード情報をたんまりと!日本方面は日本代表合宿とか。ピックアップゲームは2011年のMEM vs SAS。右シャアもあるよ!Mark Tonight NTR による
 
1週間遅れですみません!ニュースはドラフト前のものなので話半分に聞いてください。クリス・ポールのトレード、ジェームズ・ハーデンがネッツへのトレードを要求、さいたまブロンコス、などなど。ピックアップゲームは島根vs三河。右シャアもあります。Mark Tonight NTR による
 
Takramのニューヨークと東京、ニつの拠点を繋いでほぼ毎週お届けするシリーズ、Takram Cast New York の24回目です。今回は、Plant-based meat がメインストリームへ/強い意思が伝わってくるブランドコミュニケーション/CEOがデータサイエンティストのフードテックスタートアップ、などについて語りました。●Related LinkTakram Cast: Food Tech体験記 - Impossible Burgerを食べてみたhttps://cast.takram.com/podcast/foodetech●InstagramTakram Cast New York のInstagramアカウントでは、エピソードで取り上げた内容に関連する写真や、Instag…
 
今回は、「信仰と忍耐によって約束のものを相続する」(へブル6:12)からのメッセージです。神様の約束は変わらなくても、私たちは、状況に左右されて、目標を見失いやすい者です。このヘブル書の受け取り人も、ローマ帝国内で起こっていった迫害を恐れて、信仰を失う危険性があったようです。しかし、神の約束は変わりません。救われた者を神は見捨てることはなさいません。困難と共に脱出の道を備えておられます。第一コリント10章13節を、ぜひ読んでみてください。「試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。」と書かれています。これは、神の約束です。多くの場合、試練は人を成長させるものです。神の約束を信じて、信仰と忍耐によって約束のものを相続する者とさせて頂きたいと思います。それでは、へブル書6章9-20節を読んでい…
 
Takramのニューヨークと東京、ニつの拠点を繋いでほぼ毎週お届けするシリーズ、Takram Cast New York の23回目です。今回は、スイス発のランニングシューズブランド On が発表したサブスクリプションサービスを取り上げ、パンデミックで見直され始めた「モノのサブスク」/企業フィロソフィーとしてのサブスク/ブランドのパーソナリティが表現されたストーリーライティング、などについて語りました。●InstagramTakram Cast New York のInstagramアカウントでは、エピソードで取り上げた内容に関連する写真や、Instagram Live のアーカイブをご覧いただけます。https://instagram.com/takramcastnewyork●Speak…
 
主にある兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。新型コロナの感染が出始めてから約1年がたとうとしています。新型コロナは経済にも、また私たちのメンタルの部分においても打撃を与えています。孤独を感じ、気分が落ち込む人、自殺も増えているようです。 人との繋がりが絶たれ、孤独になる時に人間は辛さ、苦しみを覚えるということが、この新型コロナを通して見えてきます。私たちが健康に生きていくには人との繋がりがとても大切なのです。繋がりという言葉は、聖書では「交わり」という言葉でよく表されていると思います。「交わり」は非常に大きなテーマとなるので、2回に渡ってお話ししたいと思います。今日は交わりを「関係、繋がり」という観点からお話します。来月は、パートナーシップ、具体的なもので支え合うという観点からお話します。…
 
今週はかずま不在。ニュースはNBAの2020-21シーズンが12月22日開幕決定!とそれに伴って出てきた色々とFAやドラフト周りの情報。そしてBリーグではフィリピンのホープであるサーディ・ラベナ選手がデビュー!ピックアップゲームは2004年のSAC vs MINの第7戦。Mark Tonight NTR による
 
Takramのニューヨークと東京、ニつの拠点を繋いでほぼ毎週お届けするシリーズ、Takram Cast New York の22回目です。今回は、米国で月間1,000人が利用するまでに成長したニュースアプリ SmartNews の US Edition を取り上げ、大統領選前後のニューヨークの様子/SmartNewsはなぜ米国で支持されているか/CEOのロードトリップ/SmartNewsのコンセプトの裏にあるCEOの原体験/トランプの選挙集会、について語りました。●InstagramTakram Cast New York のInstagramアカウントでは、エピソードで取り上げた内容に関連する写真や、Instagram Live のアーカイブをご覧いただけます。https://instag…
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する"Making of Takram"シリーズ第7弾。今回は、制度デザインを行なっている田川と嶽澤で、最近本格的に始動したVisiting Member制度について語りました。この制度はVisiting Fellow、Visiting Professional、Visiting Mentorの3種類から構成されます。それぞれの取り組みにはどのような意図があるのか、TakramのCore Valueに絡めてご紹介します。Takram による
 
今週は大柴が欠席で4人でお届け。ニュースはNBA開幕に向けて交渉、ダリル・モーリーが76ers、スティーブン・サイラスがロケッツのHC就任、島根のHC退任などなど。マンスリーディズニーもあります。Mark Tonight NTR による
 
今回は、「成熟を目ざして進もうではありませんか。」(へブル6:1)からのメッセージです。へブル書の作者は、5章から、大祭司としてのイエスの働きを詳しく述べ始めます。それも、イエスは、アロンの子孫以上の者、メルキゼデクの位に等しい祭司であることを語って行きます。しかし、その内容がどんなに素晴らしいものであったとしても、それを聞く者の姿勢がとても大切で、正しい姿勢で、聞く必要があります。神のことばを正しい姿勢で聞く時に、みことばはその人を変える力があるからです。逆もしかりです。正しい姿勢で聞かないと、岩地にまかれた種のように、芽が出ても枯れてしまいます(マタイ13:5,6)。もう一度、信仰者として成長する人生がある、そのことに気付いて行きたいと願っています。成熟を目ざす人生をご一緒に求めて行きま…
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する“Making of Takram”シリーズ第6弾。今回は、Takramへの問い合わせデータ分析、1on1やコーチング研修の実施、カルチャーづくりなどなど、TakramをつくるOrg. Designの最近の取り組みについて紹介します。Takram による
 
ハードウェア・ソフトウェア・ブランド、様々な対象についてデザインクオリティというものが、どのような形で存在しているのか。どのようなアプローチでクオリティに迫るのか。Takramのディレクターの田川と松田による探索的会話です。Takram による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login