Radio 24 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
ゆるく楽しく言語の話をするラジオです。「springはなぜ春もバネも意味するの?」「『象は鼻が長い』の主語は象?鼻?」などの身近なトピックから、コトバの奥深さを感じましょう!「言語学の二歩くらい手前の知識が身につくラジオ」を目指しています。 YouTubeとPodcastで配信中!
 
台湾と日本の人的往来は今年(2014年)延べ400万人突破が期待されるなど、年々拡大しています。「宝島再発見」では、台湾の最新の観光情報をご紹介しています。台湾旅行のご予定がおありの方は、出発前にぜひチェックしてみて下さい。面白いイベントや出来たばかりの観光スポットなどの最新情報を入手できるかもしれません。
 
Loading …
show series
 
ゆる言語学ラジオが送る初のライブ配信「オレたちのベスト方言グランプリ」のログです。 「この方言、めっちゃいいから標準語に取り入れようぜ」という皆さんの意見を集めて、飲みながらアレコレ話しました。結局グッチーの話が一番盛り上がってしまって不本意でした。 ・方言投稿フォームはこちら→https://forms.gle/UUyrs2ZcXZcC1KsA8 ・お仕事依頼・ファンアート投稿用の新しいメールアドレス →yurugengo@gmail.com ・今回のサムネイルを描いてくれた「ちょろ飯ちゃん」さん →https://twitter.com/re_usgch ・「ちょろ飯ちゃん」さんのTシャツとか売ってるところ →https://suzuri.jp/chrms 【Twitterあるよ!】 ゆ…
 
今回は雑談&コメント返し回。「言語界隈に伝わるおもしろ例文」「常識の範ちゅうって日本語合ってる?」「設計ミスだと思う同音異義語」などの話をしました。 【目次】 00:00 「おもしろ例文」の数々。「頭が赤い魚を食べた猫」とは? 06:41 言語沼の広さと深さ。「やりもらい動詞」 16:48 「熊」はなぜ「れっか」なのか?を考えると人生を感じる 27:29 気になる日本語「担保」「範疇」。あと「確信犯」を使うための画期的な方策 35:47 ラップの歌詞「みんな」の面白さと修辞技術とアリストテレス 46:01 設計ミスだと思う同音異義語「こうてん」と表記ゆれへのいらだち 53:56 英語の「文型」はアセンブリ言語と一緒なのかもしれない 【参考文献のリンク】 ○「頭が赤い魚を食べた猫」例文を考案さ…
 
今週は、先週に引き続き、今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワード、台湾最大の方言、台湾語部門の最優秀男性シンガー賞にノミネートされた歌手とその作品をご紹介いたします。今年のノミネート者は、芸歴数十年のベテラン歌手もいれば、近年頭角を現している新世代の歌手もいます。世代も曲風も違う実力者勢揃いの激しい競争になると予測されていますよ。
 
来週月曜日6月14日は、旧暦の5月5日に当たり、台湾の三大節句の一つである端午の節句で、国定休日です。台湾はきょう6月12日から三連休に入りました。例年なら連休を利用して帰省する人が少なくなかったですが、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、蔡英文・総統を初め、各地方自治体や台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」なども帰省せず、今いるところで端午の節句を過ごすよう呼びかけています。
 
今回も飲みながら長尺雑談回。「タイトルのせいで誤解されてる傑作」「言語学的にアツい映画・小説」「うんちくおじさんのニッチ苦悩」などなど、アレコレ理屈っぽい話をしました。 【目次】 00:00 スタンド・バイ・ミーを超える名作WEBマンガ 14:34 タイトルの功罪-傑作なのに誤解される作品たち 23:04 ゆる言語学ラジオが仕事に役立った話 33:56 『アバター』は言語学者が監修してる-言語アツ作品 46:16 うんちくおじさんのニッチ苦悩-一生憶えられないシリーズ 【Twitterあるよ!】 ゆる言語学ラジオのTwitterアカウントがあるので、是非フォローしてください!面白語源ネタなどが流れてきてあなたの知識欲が満たされます。 →https://twitter.com/yuru_gen…
 
前回に引き続き「音象徴」。四天王のキクコは強そうな名前だし、ビーフストロガノフは悪役っぽい名前。そんな「音の感覚」を音声学的に解説しました! 【目次】 00:00 前回までのおさらい 00:41 阻害音と共鳴音。阻害音はトキントキン 04:25 魅力的な女性の名前とは?音象徴から考えよう 08:58 なぜ阻害音はトキントキンなのか? 10:33 ビーフストロガノフはなぜ悪役なのか? 18:09 音程とサイズ感。目玉おやじは高音で喋る 22:10 今回のまとめ。あと聴覚障害の人にとっての音象徴 26:45 ルソー「言語の起源は擬音語だ」は正しそう 【YouTubeあります!】 https://www.youtube.com/channel/UCmpkIzF3xFzhPez7gXOyhVg ※テ…
 
台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワード、今週から二週間続けて、台湾最大の方言、台湾語部門のシンガー賞にノミネートされた歌手をご紹介いたします。この前にご紹介した、台湾の二番目に大きいエスニックグループ、客家人の言葉、客家語部門と、原住民族部門と違って、台湾語部門は最優秀シンガー賞を、男女別に分けています。今週は台湾語の女性シンガー賞のノミネート歌手をご紹介いたしましょう。そして来週は男性シンガー賞のノミネート作品をご紹介いたします。
 
日本が台湾に無償提供したイギリスのアストラゼネカ製ワクチン124万回分が6月4日に台湾に到着しました。日本が海外に直接ワクチンを提供したのは、初めてです。これらのワクチンは、検査を経て11日にも接種に提供される見通しです。
 
今回のテーマは「音印象」です。「音に意味はない」といったソシュールと、「音に意味がある」といったソクラテス、どちらが正しいのか? 「タケテ・マルマ実験」が切り開いた、言語学の新しい広野へご招待します。 【目次】 00:00 突然のあるなしクイズ 01:12 怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか?なんと原点は「ソクラテス」。 09:22 ソクラテスVSソシュールの軍配は?「タケテ・マルマ実験」で分かる。 15:30 「母音」って何?あと、母音を分ける要素3つについて。 22:56 母音のサイズ感。「お」はデカくて、「い」は小さい 27:42 るろうに剣心のヒロインの名はなぜ違和感があるのか? 【参考文献のリンク】 ○『音とことばのふしぎな世界――メイド声から英語の達人まで 』 →https://a…
 
今回のテーマは「語源辞典ぜんぶ読む」です。 語源辞典を読むと、「ひよこ」と「うんこ」の共通点が見えてきて楽しいらしいよ!どういうこと…? 【目次】 00:00 ひよことうんこの共通点は?「語源辞典全部読むオジサン」登場 02:42 ルソーの主張通り!日本語は擬音語由来の言葉ばっかり! 08:18 がっかりする擬音語・擬態語の続き。あと「がっかりゲーテ」。 12:12 漢字にしちゃったせいで語源分かんなくなったシリーズ 17:13 気の利いたスピーチをしたい人は語源辞典を読むべき? 19:40 「馬(うま)が訓読みだといつから錯覚していた?」 23:37 「心(うら)」の語源としてのパワーがすごすぎる 【備考】 「今回は、『新明解語源辞典』以外にも過去に読んだ複数の本を参考にしてお話ししていま…
 
今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワードの授賞式は、6月26日に行われる予定ですが、最近台湾での新型コロナウイルスの感染状況が深刻化していることにより、ゴールデン・メロディ・アワードの主催機関、文化部は5月26日、授賞式の開催を延期すると発表しました。このコーナーでは引き続き、今年のゴールデン・メロディ・アワードで注目されている部門のノミネート者と作品をご紹介したいと思います。
 
YouTubeチャンネル登録者3万人突破を記念して、「オレたちのベスト方言グランプリ」を開催します! 今日はその告知と、誤りの訂正とお詫び。そしてこれからのスタンスについての動画です。 ちょっと長いですが、最後まで見ていただけたら幸いです。 【目次】 00:00 チャンネル登録者2万人突破!今さら?なぜこんなに機動力がないの? 07:00 ライブ配信やるよ!「オレたちのベスト方言グランプリ」 13:50 ベスト方言の事例①愛知の方言「おぼわる」 18:11 ベスト方言の事例②北海道の方言「おささる」 32:43 「象は鼻が長い」動画の誤りについて、謝罪と訂正 43:15 ゆる言語学ラジオのスタンス「学問の二次創作」「言語学の二歩手前」 56:10 今後のコメント欄の活用について 01:01:…
 
カタルシス英文法「助動詞」の後半です。 「shallの本質は神の運命」「助動詞は設計が割とガバガバ」などを経由して、最後は衝撃の次回予告に繋がります。今回もカタルシス感じちゃって! 前半はこちら→https://radio.ken-horimoto.com/could_mister/ 【目次】 00:00 オープニング録り忘れちゃった☆ 00:13 mayの本質は「50%」 02:20 shallの本質は「神の運命」。突然の中2感。 05:22 mustの本質は「プレッシャー」。なんかツラいのばっかじゃない? 09:02 助動詞の過去形が過去を表さないのはなぜ? 14:40 今回のまとめと、衝撃の次回予告 【参考文献のリンク】 ○大学入試 世界一わかりやすい 英文法・語法の特別講座 (「世界…
 
C-POPの最高栄誉と言われる、台湾のレコード大賞、第32回金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)の授賞式が6月26日に行われます。6月26日までのミュージックステーションでは、ゴールデン・メロディ・アワードで注目されている部門のノミネート歌手の歌をお送りいたします。今週は台湾の2番目に大きいエスニックグループ、客家人の言葉、客家語部門の最優秀シンガー賞にノミネートされた歌手をご紹介いたします。候補者は、五人います。
 
台湾では新型コロナウイルスの感染が広がっています。蔡英文・総統は21日夜、フェイスブックに投稿し、国民に一つお願いをしました。そのお願いとは、「必要がなければ外出しないでください」ということ。
 
カタルシス英文法「助動詞」です。 「昔の英語は助動詞がなかった」「be able toオジサンはいない」など、今回も「そうだったのか!」と気持ちよくなれる英文法の話がいっぱいだよ! 【目次】 00:00 今回は「カタルシス英文法」第2弾「助動詞」。カタルシス感じてね! 02:27 助動詞は「法助動詞」と「疑似法助動詞」に分かれる。聞いたこともない…。 06:55 昔は助動詞が「なかった」!?助動詞の成り立ちについて 10:32 willの本質は「意志」。これで全部を説明できる。 15:03 canの本質も同じ構造。困ったオジサンは「be able toオジサン」ではなく「couldオジサン」になる。 20:24 今回のまとめと、カッコいい法律用語。 【参考文献のリンク】 ○大学入試 世界一わ…
 
今回は雑談&コメント返し回。「こざとへん」と「おおざと」は完全な別物って知ってました? 「みんなの推し部首」「チンチャすごい」などの話をしました。 【目次】 00:00 今回はコメント読む回&質問回 01:43 リスナーから送られてきた推し部首「れっか」。 07:01 「こざとへん」と「おおざと」は完全な別物が似てるだけ 10:49 リスナーからのウィットに富んだコメント「貴様の話」 13:32 「英語は神の視点」の疑義について、リスナーから答えが来た 17:26 (笑)の主役を省略する現象おもしろい 25:43 「ごはん」を代用する表現「ホカン」についての種々の考察 33:31 若い女性が使う謎の表現「チンチャすごい」 36:23 外国人はマンションの名前を見てビビるらしい 【Twitte…
 
今年もいよいよ、C-POPファンが心待ちにしているイベント、台湾のレコード大賞と呼ばれる、金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)が行われる時期がやってきましたね。今年、第32回ゴールデン・メロディ・アワードは、6月26日に台湾北部、台北市の多目的体育館・台北アリーナで行われる予定です。そのノミネートリストは先週に発表されましたので、今週からこのコーナーでは、ゴールデン・メロディ・アワードで特に注目されている部門のノミネート作品、ノミネートされたアーティストをご紹介したいと思います。受賞するのは誰なのでしょうか?ぜひ予測してみてください。
 
台湾における新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、行政院(=内閣)の蘇貞昌・院長(=首相)は15日午前10時45分、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の指揮官を兼務する衛生福利部(日本の厚労省に類似)の陳時中・部長(=大臣)と共に、緊急記者会見を開き、5月15日から5月28日まで、台湾北部・台北市と新北市における感染症警戒レベルを第三級に引き上げることを明らかにしました。
 
前回の続き。「三省堂の辞書を作った2人のドラマ」。 辞書作り、つまり単語の意味を書くことに命を懸けた二人の男が、単語の意味ですれ違って決別してしまったのです。 【目次】 00:00 「用例採集の鬼」見坊豪紀のヤバい生活。家族の会話なんてありえない。 08:20 もう一人の主人公、山田忠雄のイメージは「味にうるさい皮肉家」。 14:12 単語の意味に命を懸ける2人が、単語の意味ですれ違う悲劇 21:25 なぜ、動物園の人がキレる語釈を書いたのか? 27:39 孫が辞書スピリッツを受け継ぐというエモさと「ヒッピー都会派の法則」 30:50 今回のまとめと次回予告。オックスフォード大辞典を作ったのは殺人犯!? 【Twitterあるよ!】 ゆる言語学ラジオのTwitterアカウントがあるので、是非フ…
 
今回のテーマは「三省堂の2つの辞書を作った2人のドラマ」。 辞書は無機質なものかと思いきや、編纂者たちの感情がむき出しになる熱い物語があるんです。 まずは2人の主人公と、辞書界を襲った「暮しの手帖」事件について─。 【目次】 00:00 今回のテーマは「三省堂の辞書に隠されたドラマ」。辞書は無機質じゃない 02:42 全ての始まり「明解国語辞典」と、2人の主人公の関係 06:58 三省堂国語辞典は「ことばの写生」をキャッチコピーにバカ売れした 13:03 辞書界を震撼させた「暮しの手帖事件」。平和な事件名だが…!? 20:01 暮しの手帖事件でブチギレた山田先生は怒りを辞書の中にこめた。 【Twitterあるよ!】 ゆる言語学ラジオのTwitterアカウントがあるので、是非フォローしてくださ…
 
最近は、私個人にとってとても嬉しいニュースがあります。1990年代後半に彗星の如く現れた、大人気の台湾の二人組ロックグループ、「動力火車(Power Station/パワーステーション)」が、なんと今年4月23日、5年ぶりにニューアルバムをリリースしました。
 
ソシュール回の打ち上げで、飲みながら長尺雑談回。 「友だちに情報量を求めてしまう」「コーヒーとビールが同じ進化をたどっていて面白い」「なりたくなかった深読みオジサンになりつつある」などなど、アレコレ理屈っぽい話をしました。 【目次】 00:00 本日はソシュール終わりの酔っぱらい雑談回 02:07 「友だちの情報量」というヤバいパラメータ 12:50 コンテクストがないから情報量を求めてしまうのかも 22:18 最近のコーヒーとビールは両方「注ぎ手」に注目してる。食の一般進化論。 31:05 MOROHAの歌詞を深読みしちゃうオジサンになってきた 40:18 コレラ菌を飲んじゃうオジサンと、「自分の発見を強化しちゃう」話 46:16 ソローは「ニュース要らない」と言ってるけど、ニュースで我々…
 
もうすぐ5月5日、日本のこどもの日になりますね。ご自宅に子供のいる方は、なにかをして祝う予定はありますか?子供の日に向けて、今週は、台湾の子供の歌、つまり「童謡」をご紹介したいと思います。標準中国語の童謡を3つのテーマに分けてご紹介いたします。童謡の曲の長さは、どれもかなり短いですから、今週はいつもより曲を多めにお送りいたします。
 
今ドイツのベルリン在住の日本の著名な現代美術家、塩田千春さんの個展、「塩田千春展:魂がふるえる」が5月1日から8月29日にかけて台北市立美術館で開催されています。塩田千春さんは、2019年6月、25年間の活動を振り返る大規模個展、「塩田千春展:魂がふるえる」を東京の森美術館で初めて開催し、延べ60万人以上をひきつけました。台北市立美術館は、4月30日にこの個展のプロモーション記者会見を開きました。
 
「ソシュール知ったかぶり講座」のラストにあたる第3回。 ソシュールは「言葉の意味を積極的に定義することは不可能」という驚きの主張をしています。 そして、その主張を聞く僕らは赤ちゃんに戻りたくなります。どういうこと??? 【目次】 00:00 今回はソシュール知ったかぶり講座の最終回。 00:43 ソシュールのすごい主張「音素と意味は体系をなす」。どういうこと? 07:58 「名称目録的世界観」をソシュールは否定している。全てのものは「~でない」でしか定義できない 13:17 意味は「集合」である。集合が分かってないと意味が分かってるとは言えない 17:00 「意味は集合」という話、ソシュールは言ってないけど「ラング」の定義から導き出せる。 21:23 文系と理系の違いとは?ソシュールは「文系…
 
「ソシュール知ったかぶり講座」の第2回。 今日扱うソシュールのすごさは「言語学の公理を設定した」こと。数学の証明みたいに、2つの公理から色んなことが論理的に導けるんです。すごい! 【お詫びと訂正】 喋ってる途中で「恣意性がある/ない」の混乱をきたしてしまい、言い間違っている箇所がかなりたくさんあります。 YouTube版には訂正のテロップをたくさん入れましたので、できれば今回は動画版をご覧ください…!申し訳ありません…!! YouTube版→https://youtu.be/Xlvp9rfJ9co 【目次】 00:00 ソシュールのすごさ②「言語学の公理を作った」 03:17 公理①「恣意性」。正しくない気もするけれど…。 11:07 恣意性から導き出せるもの「音素」 17:18 恣意性から…
 
今週は、1980年代から今までに活躍し、今年で晴れてデビュー40周年を迎える台湾の男性シンガーソングライター、沈文程の歌をお届けしたいと思います。
 
今回から、新シリーズ「ソシュール知ったかぶり講座」です。 言語学の祖・ソシュールについて知ったかぶりできる講座を3回連続でお届けするよ! 初回は「ソシュールの講義は超不人気。6人しか出席していなかった」「ソシュール以前は言語学の研究対象が明確じゃなかった」などの話を扱いました。 【目次】 00:00 本日のテーマは「ソシュール知ったかぶり講座」。 02:06 「構造主義」は、6人しか出てない不人気講座から始まった 12:11 ソシュールのすごさ「研究対象をはっきりさせた」 19:10 「これ言語学の研究対象or対象じゃないクイズ」コーナー 21:57 「共時態」って何?なぜソシュールはそれを研究対象に? 【Twitterあるよ!】 ゆる言語学ラジオのTwitterアカウントがあるので、是非フ…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login