Podcast Episodes 公開
[search 0]
もっと
Download the App!
show episodes
 
Artwork

1
鉄板は熱いものもある

鉄板は熱いものもある

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
この番組は今年成人を迎える、ラジオをしてみたくなった大学生男子2人が最近の話題やエピソードをお話しする番組です。 コメント、フォローよろしくお願いします。 This Podcast is talk about recent topics and daily episodes by college students 20years old this year. Please comment and follow us. -出演 Performer- 栖川 SUGAWA (19) 東京都出身 鹿児島県在住 觸澤 FURESAWA (19) 東京都出身 東京都在住 -SNS- Twitter "鉄板は熱いものもある" @Teppan_Atsuiyo https://twitter.com/teppan_atsuiyo -連絡先 Contact Address- teppan.atsuiyo@gmail.com Copyright 2021 鉄板は熱いものもある All rights reserved.
  continue reading
 
Japan Top 10 is a podcast show that focuses on the discovery of Japanese music culture. Various hosts provide entertaining, engaging and educational commentary that help instill Japanese music cultural knowledge into its listeners. Japan Top 10 also openly supports indie artists and bands who create Japanese music, or Japanese-inspired music through on-air and online segments. We have a wide variety of featured shows. Please see our website for more details on the formatting and release date ...
  continue reading
 
★Instagram★ https://www.instagram.com/kaichijapanese/ ★Website★ https://kaichijapanese.wixsite.com/website ★コラボレーション・お仕事依頼★ → Kaichjapanese@gmail.com Hello there! Thank you so much for swinging by my podcast. Are you feeling stuck with your Japanese? I am here to help you relax, have fun, and learn real, natural Japanese. I hope you'll enjoy listening to the episodes. 皆さん、初めまして。 PodcasterのKaichi です。 いつも「Kaichiと学ぶ生の日本語」を聞いてくださり、本当にありがとうございます。 64カ国以上の皆さんが、私のPodcastを聞いてくれているのが、とても嬉しいです!(as of 0 ...
  continue reading
 
金沢を拠点にフリーのパーソナリティ、MCとして活躍する前田明日香(Asuka Maeda)のポッドキャスト「前田明日香のキッチン・トーク(Asuka's Kitchen Talk)」は、自宅のキッチンからお届けするような、リラックスしておしゃべりするプログラム。架空のFM局の番組のような感じでお届けします。キッチンは、そこから幸せな香りが広がっていくスペース。そんなふうに、この番組からハッピーが広がっていくように…とお送りします。食の話題から旅、音楽、子育て、日々の出来事、お気に入りのアイテム、話題のトピックスなど色とりどりにトーク。お料理を作ったり、美味しいおやつをを食べながらお送りします。あなたも対面キッチンの向かい側に座っているつもりで聞きながら、一緒に一息付いてください。 This is Japanese Podcast Program presented by Asuka Maeda in Kanazawa, Japan.
  continue reading
 
「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。 ■産経Podcast おすすめの番組 ①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かず ...
  continue reading
 
「猛虎伝」は阪神タイガースの21年ぶりリーグ優勝(昭和60年)の軌跡を追うドキュメンタリードラマです。甲子園バックスクリーン3連発―感動で身震いしたバース、掛布雅之、岡田彰布。古葉竹識率いる広島との死闘。球団社長が日航ジャンボ機墜落事故で死去するという衝撃…。そしてつかんだ栄冠。「吉田義男監督誕生秘話」から「栄光の瞬間」まで、トラ番記者だった田所龍一の取材の成果を音声ドキュメントとして再構成しました。 【出演】 笑福亭羽光、内田健介、相川由里 【原作】 猛虎伝―昭和60年『奇跡』の軌跡(産経新聞大阪夕刊連載) 【制作】 産経新聞社 ■笑福亭羽光 平成19年4月 笑福亭鶴光に入門。令和2年11月 2020年度NHK新人落語大賞。令和3年5月 真打昇進。特技は漫画原作。 ■内田健介 桐朋学園短期大学演劇専攻科在学中から劇団善人会議(現・扉座)に在籍。初舞台は19 歳。退団後、現代制作舎(現・現代)に25 年間在籍。令和3年1月に退所。現在フリー。テレビドラマ、映画、舞台、CMなどへの出演のほか、NHK―FMのラジオドラマやナレーションなど声の出演も多数。 ■ 田所龍一 昭和31年生 ...
  continue reading
 
Loading …
show series
 
■サムネ画像は:映画「マダム・ウェブ」©&™2024MARVEL ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「落下の解剖学」 人里離れた雪山の山荘で、男が転落死。当初、事故と思われたが不審な点も多く、ベストセラー作家で妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に夫殺しの容疑がかけられる。裁判を通して、仲むつまじいとされた夫婦の間の隠された秘密や噓が暴露されていく。  ヒューマンサスペンス。事故か、自殺か、殺人か。現場に居合わせたのは、視覚障害者の11歳の息子だけ。いつの間にか観客も傍聴者の一人になって裁判の行方を追うとともに、サンドラの言動に翻弄されることになるだろう。 ■「マダム・ウェブ」 マダム・ウェブはスパイダーマンの傍流キャラの一人。予知能力を持つこの女性を主人公に、…
  continue reading
 
Come with us on a journey to the cultural center and historical heart of Japan: The Kansai Region. Join Andy and Brinton as they explore a bit of the history of Kansai’s underground music scene and check out artists that come from all around the region! Scripted & QAed by: Miles Hosted by: Andy and Brinton Audio Edited & Uploaded by: Jonathan Suppo…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「ネクスト・ゴール・ウィンズ」©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「瞳をとじて」 「ミツバチのささやき」のビクトル・エリセ監督による31年ぶりの新作長編。テーマは「記憶」だ。映画監督のミゲル(マノロ・ソロ)は、親友の主演俳優、フリオ(ホセ・コロナド)の失踪で映画製作が頓挫する。22年がたち、映画界から離れたミゲルは、フリオ失踪の謎を追うテレビ番組に出演。すると、「フリオに似た男がいる」との情報が寄せられ… ■「ボーはおそれている」 「ヘレディタリー/継承」「ミッドサマー」と独創的なホラー作品で注目されるアリ・アスター監督の新作。心配性の主人公のシ…
  continue reading
 
Hello everyone and welcome to a new episode of Japan Top 10! We have great new songs to continue the 2024 countdowns. So sit back, relax, and enjoy this episode of Japan Top 10. Scripted & Quality Assured by: Hayley G Hosted by: Miyabi & Luisa Audio Edited & Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — https://redcircle.com/japan-top-10-ri-ben-…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「身代わり忠臣蔵」ⓒ2024「身代わり忠臣蔵」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「カラーパープル」 巨匠、スティーブン・スピルバーグ監督の〝無冠の名作〟が、ミュージカル映画としてリメークされた。娯楽超大作の大ヒットを連発し、時代の人気者となったスピルバーグ監督が、ピュリツァー賞小説を深刻な作風で映画化したのが「カラーパープル」(1985年)だった。アカデミー賞では10部門にノミネートされながら、一つもとれなかった。売れっ子監督への嫉妬や批判が背景にあったなどともいわれたが、この物語は、いまこそ見るにふさわしいだろう‥ ■「身代わり忠臣蔵」 ムロツヨシ主演の忠臣蔵だ。江戸城松の廊下の刃傷沙汰。浅野内匠頭に背後から斬られた吉良上野介…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「レディ加賀」©映画「レディ加賀」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「熱のあとに」 感情に駆られた人物を描く作品は数多いが、本作は激情がさめた後の行動を見つめ、人間性を描き出す。令和元年のホスト殺人未遂事件をヒントに、新鋭・山本英監督が映画化した。沙苗(橋本愛)は、「本当の愛」に異常な執着を持ち、6年前に恋人のホストを殺しかけた。刑期を終えた彼女は、見合いで出会った健太(仲野太賀)と結婚。過去の記憶を胸に、地方都市で静かに暮らしている。だが、突如現れた隣人、足立(木竜麻生)が、沙苗を過去に引き戻す‥ ■「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」 18世紀の仏ベルサイユ宮殿を舞台に、59年間、国王に在位したルイ15世の最後の公妾(…
  continue reading
 
Today’s episode is all about the band QUEEN BEE! Led by the playful and androgynous Avu-chan with infectious growls and a soothing falsetto, their punk rock aesthetic shines in their music videos and fashion, breaking boundaries in Japan’s music scene. Listen to their popular hits featured in anime Tokyo Ghoul:re, Dororo, Chainsaw Man, Undead Unluc…
  continue reading
 
Reminiscing over summer days? Missing the water and sand between your toes? Give this episode a listen and all your sunkissed dreams will come true! Entering the stage: Kuzey and Brinton. Scripted & QAed by: Connor Hosted by: Kuzey and Brinton Audio Edited by: Haru Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — https://redcircle.com/japan-top-10-…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」ⓒ2024「君と世界が終わる日に」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「哀れなるものたち」  自死した不幸な若き女性ベラ(エマ・ストーン)が天才外科医、バクスター博士(ウィレム・デフォー)により奇跡的によみがえる。ベラは未知なる世界を自分の目で見たいという強い欲望に駆られ、放蕩者の弁護士、ダンカン(マーク・ラファロ)と駆け落ちをする。大陸を横断しながら、その時代の偏見などはものともせずに、女性として、人間として成長していく。  体は成熟した女性だが、固定観念も常識も持たない赤ん坊のように真っさらな精神状態で生まれ直したら、果たして人間はどんな行動に出るのだろうか‥ ■「サイレントラブ」 …
  continue reading
 
Happy New Year and welcome everyone to a new episode of Japan Top 10! We have a ton of amazing new songs to kick start the 2024 countdowns. So sit back, relax, and enjoy this episode of Japan Top 10. Scripted & Quality Assured by: Hayley G Hosted by: Shanna & Luisa Audio Edited & Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — https://redcircle.co…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「ゴールデンカムイ」ⓒ野田サトル/集英社ⓒ2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「ゴールデンカムイ」 北海道の大自然を舞台に、アイヌの多大な埋蔵金をめぐり、男たちが争奪戦を繰り広げるアクション巨編。単行本の発行部数が累計2700万部を突破している人気漫画の実写映画化だ。主演は山﨑賢人。「キングダム」シリーズをはじめ、漫画原作の大作の主演といえばこの人だ。実際、山崎は、荒唐無稽な虚構の中に立ったときにこそ、説得力のある存在としてたたずんでみせる。独特の風格がある。今回もそうだ。 ■「サン・セバスチャンへ、ようこそ」 肥大した自尊心と劣等感の間で揺れる主人公を描く恋愛コメディー。ウディ・アレン監督が、得意…
  continue reading
 
Japan Top 10 celebrates our 500th episode! Join our staff as we mark the milestone by discussing bands and songs that we discovered working on the podcast! Thanks for listening, and here’s to 500 more episodes~ Hosted by: Jack, Andy, Hayley, Nola, Shanna, Connor, Fred, Miyabi, Brinton Edited and Uploaded by: Fred QA by: Nola Songlist: 1. Yuzu (ゆず) …
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「アクアマン/失われた王国」 すべての海の生物を操る能力を持つ海の王、アクアマンことアーサー・カリー(ジェイソン・モモア)の活躍を描くスーパーヒーローシリーズの2作目。「スーパーマン」などを擁する米DCコミックスが原作。前作で九死に一生を得た海賊による、アクアマンに対する報復劇が物語の骨格。そこに謎の「失われた王国」の怨念が絡む。前作で対立した異父弟、オーム(パトリック・ウィルソン)との関係も描く。 ■「カラオケ行こ!」 「1秒先の彼」で宮藤官九郎と組んだ山下敦弘監督が、こんどはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの脚本家、野木亜紀子と同名漫画を実写映画化した。暴力団幹部の成田狂児(綾野剛)が組のカラオケ大会で最下位になることを…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「燈火は消えず」 香港といえば、夜空に輝く派手なネオンサインの看板が目に浮かぶ。「100万ドルの夜景」と呼ばれ親しまれてきたが、今や昔日の風景のようだ。2010年の建築法等改正以来、多くのネオンサインが撤去され、20年までに9割もが姿を消したという。  本作は、そんなガラス管ネオンにこだわる昔かたぎのネオン職人、ビル(サイモン・ヤム)とその妻、メイヒョン(シルヴィア・チャン)の夫婦の物語だ… ■「笑いのカイブツ」 人は才能だけでは幸せになれない。注目を浴びながらも自滅し、再起する男を描いたツチヤタカユキの同名私小説を、滝本憲吾監督が映画化した。大阪。人間関係が苦手で、お笑いのネタばかりを考えているツチヤ(岡山天音)は、ついに劇場…
  continue reading
 
UNCHAIN, a Kyoto-based rock band with a diverse musical palette, blending jazz, punk, electronica, and more, achieved critical acclaim with albums like rapture and Hello, Young Souls!!, as well as their popular covers of hits by artists like Tokyo Jihen and Tatsuro Yamashita. Enjoy a mix of rock, funk, and city pop in today’s episode with UNCHAIN! …
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました」 国境で対峙する韓国・北朝鮮兵士の友情物語…というと、ありがちな筋書きを思い浮かべる人もいるだろう。だが、この作品は、欲に駆られた双方が仕方なく共同作戦を行う、ちょっと変わったコメディーだ。 ■「ブルーバック あの海を見ていた」 西オーストラリアの海辺の町を舞台に、若き海洋生物学者のアビーと環境活動家の母親、ドラの絆を描く作品。劇中、重要なキャラクターとして登場する巨大な青い魚はウエスタン・ブルーグローパーというベラ科の一種。好奇心旺盛で人懐っこく、アビーはブルーバックと名付け、かわいがる。 ■「サンクスギビング」 ハロウィンやクリスマスを舞台にしたホラー作品は数多いが、感謝祭(…
  continue reading
 
Welcome to another episode of Japan Top 10! Today we bring you the Top 20 songs of 2023. Pull up a chair, sit back, and enjoy this year's best hits from Japan. Scripted: Nola & Hayley G QAed by: Tadamichi Hosted by: Tassie & Brinton Audio Edited & Uploaded by: Fred Support this podcast at — https://redcircle.com/japan-top-10-ri-ben-nototsupu10-jpop…
  continue reading
 
@YOMOGItanpop さんと一緒に「最近の活動」「病気」「コーディング」について話しました。 Show note 酔っ払っているのと眠いのがあって言葉遣いが荒いです コロナ後の活動、最近の活動 リアル店舗での買い物について、すぐにほしいものがある場合は使うしなくならなそう なくなるお店、なくならないお店 そもそも物を買わない生活になった 今年はよく体調を崩した、難聴と蕁麻疹 ストレスと病気、定期的な運動 これからもコーダーとして頑張るにはどうすればいいか、現場でコードを書き続けることの大切さ 老害にならないようにする、モダンな技術 10年以上エンジニアをやってみた感想 一歩踏み出すことの大切さ できない人ができるようになるためにはどうすればいいのか、ただ教えているだけではダメ 情熱があ…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「ファースト・カウ」©2019 A24 DISTRIBUTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED. ■「PERFECT DAYS」 本当に大切なものとは何だろう。ヴィム・ヴェンダース監督の新作は、劇的な展開も熱い演説もない静かな作品だが、観客に強い問いかけを放ってくる。主人公の平山(役所広司)は、公衆トイレの清掃を仕事にしている。古アパートで早朝に目を覚まし、トイレを丹念に清掃して回る。古いカセットテープの音楽と小説、仕事終わりの銭湯、地下の居酒屋での一杯…。機械仕掛けのような毎日を繰り返している。 ■「ハンガー・ゲーム0」 独裁国家パネムの首都キャピトルの市民(特権階級)は、反乱の抑止を目的に…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「枯れ葉」 現代の片隅で、孤独を抱えながら寄り添おうとする男女を描いたラブストーリーの佳作。今年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。ヘルシンキ。アルコール依存症で仕事が長続きしないホラッパと、賞味期限切れの商品を持ち帰っただけで解雇されたアンサが出会う。2人は引かれ合うが、互いの名前すら知らなかった。 不遇な労働者たちを見つめる作品で知られるアキ・カウリスマキ監督が、引退宣言を撤回して発表した。 ■「ポトフ 美食家と料理人」 トラン・アン・ユン監督が、19世紀の仏を舞台に、極上の料理を生み出すことに懸ける男女の絆を描いた。今年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。美食家のドダンは、自分のアイデアを完璧に再現する料理人、ウージェニ…
  continue reading
 
Hello and welcome everyone to another episode of Japan Top 10! We have a ton of amazing new songs for this month’s countdown. So sit back, relax, and enjoy this month's Japan Top 10 countdown. Scripted & Quality Assured by: Hayley G Hosted by: Brinton Audio Edited & Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — https://redcircle.com/japan-top-10…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「VORTEX ヴォルテックス」© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – GOODFELLAS – LES CINEMAS DE LA ZONE - KNM – ARTEMIS PRODUCTIONS – SRAB FILMS – LES FILMS VELVET – KALLOUCHE CINEMA ■「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」 「チャーリーとチョコレート工場」(ティム・バートン監督、2005年)の前日譚。ジョニー・デップが演じていたウィリー・ウォンカが、チョコレート工場を作るまでを描く。「ハリー・ポッター」シリーズのプロデューサーと「パディントン」シリーズのポール・キング監…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「ナポレオン」 ■「ナポレオン」 英雄と呼ばれたフランスの軍人・政治家・皇帝、ナポレオン・ボナパルト(1769~1821年)の生涯を史実に基づき、多額の製作費をかけて描き出したスペクタクル超大作。アウステルリッツの戦いやワーテルローの戦いなど戦闘シーンは撮影カメラ11台、総勢8000人を超えるエキストラで再現されており圧巻。目の前で戦いが繰り広げられているような臨場感に包まれる。また、戴冠式の様子は画家、ダヴィッドが描いた有名な絵画そのものを見ているようだ。監督は「グラディエーター」の巨匠リドリー・スコット。 ■「隣人X -疑惑の彼女-」 上野樹里の7年ぶり主演映画は、17年ぶりに組む熊澤尚人監督と脚本開発でも…
  continue reading
 
For more than two decades, Chihiro Onitsuka has captivated audiences with her evocative compositions. Delving into her own vulnerabilities and insecurities, Onitsuka crafts introspective ballads and songs of longing that resonate deeply with listeners. This episode showcases a diverse selection of Onitsuka’s music, including rock arrangements, deli…
  continue reading
 
Excited to learn what new music, anime, news, and more has been going on in Japan this past Winter? Join Andy and Kuzey as they brief us with the latest information, all the while playing songs that will surprise and please your ears! --- Script and QA by: Connor Hosted by: Kuzey & Andy Audio Edited & Uploaded by: Fred Support this podcast at — htt…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~」©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会 ■「ほかげ」 今年は戦後78年だが、ここへきてなぜか先の大戦や終戦直後を描いた新作映画を立て続けに見る機会を得ている。これは「野火」「斬」で戦争と人間、生と死というテーマに挑んだ塚本晋也監督の新作で、終戦直後を舞台に先の大戦が人々の心に残した深い傷痕を描いている。第80回ベネチア国際映画祭でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞した。戦争にすべてを奪われ、体を売りながら死んだように生きている女を趣里が熱演。 ■「首」 北野武監督が、本能寺の変をヤクザ映画的解釈で描いた異色作。ビートたけしとして主演も務めている。天下統一を目指す…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「マーベルズ」場面写真©Marvel Studios 2023 Studios 2023 ■「マーベルズ」 米スーパーヒーロー映画「キャプテン・マーベル」の続編で、「アイアンマン」や「アベンジャーズ」など「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの33作目。配信ドラマまで入れると全貌を把握できるのは相当なマニアだけといっていい奥深いシリーズだが、この新作は予備知識なしで映画館に出かけても十分に楽しめるはずだ。なんといってもテンポがいい‥ ■「モナ・リザ アンド ザ ブラッドムーン」 アナ・リリ・アミリプール監督による現代のおとぎ話。社会の制約の外にこそ真の人間性はある、と訴えている。 主人公は、米・ニュー…
  continue reading
 
Hello and welcome everyone to another episode of Japan Top 10! We have a ton of amazing new songs for this month’s countdown. So sit back, relax, and enjoy this month's Japan Top 10 countdown. Scripted & Quality Assured by: Hayley G Hosted by: Brinton & Haru Audio Edited & Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — https://redcircle.com/japan…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「リアリティ」© 2022 Mickey and Mina LLC. All Rights Reserved. ■「正欲」 直木賞作家、朝井リョウが現代社会に問題を提起する同名小説を、「前科者」や「あゝ荒野」などの岸善幸監督が映像化した。5人の人物が登場するが、中心をなすのは新垣結衣が演じる桐生夏月と磯村勇斗による佐々木佳道だ。2人は久々に再会した中学時代の同級生だが、共通点はそれだけではなかった‥ ■「法廷遊戯」 同名のミステリー小説の映画化。法曹の道を目指す久我清義(永瀬廉)と織本美鈴(杉咲花)、既に司法試験に合格した結城馨(北村匠海)。久我と織本の〝過去〟を告発する差出人不明の告発状をきっかけに、不可解な…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は: ■「ゴジラ-1.0」 世界に誇る怪獣映画「ゴジラ」の7年ぶり新作。昭和29年の初作から通算30作目で、来年の70周年を記念した作品でもある。NHK連続テレビ小説「らんまん」で夫婦を演じ感動を呼んだ神木隆之介と浜辺美波が、朝ドラ前にこちらで共演していたのも話題で、安藤サクラ、山田裕貴、佐々木蔵之介ら共演陣も豪華だ。監督は「ALWAYS 3丁目の夕日」などの山崎貴。 ■「理想郷」 前作「おもかげ」で鮮烈な印象を残したロドリゴ・ソロゴイェン監督による、実話を基にした悲劇。東京国際映画祭で東京グランプリなどを獲得した。フランス人夫婦が、田園生活にあこがれてスペインの静かな山村に移住。しかし、夫が風力発電所の誘致に反対した…
  continue reading
 
Paledusk is a Japanese metalcore band from Fukuoka that combines elements of trap, hyper pop, and EDM in highly chaotic yet infectiously fun tracks! Paledusk’s unique take on metal is taking over the world as they tour Australia, Europe, and North America, and work alongside international artists like Bring Me The Horizon, Lil Uzi Vert, and Alpha W…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「SISU/不死身の男」© 2022 FREEZING POINT OY AND IMMORTAL SISU UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.  ■「こいびとのみつけかた」 身の回りの出来事を描くだけだから地味で、しかも、いささか奇妙な物語なのだが、演出、脚本、演技などの歯車がうまくかみ合い、とても新鮮な佳作となった。植木職のトワとコンビニで働く園子。世間から見れば風変わりな2人は、出会ってすぐに意気投合するが… ■「唄う六人の女」 これも独特の奇妙な作品だ。物語は比較的シンプルで、昭和の幻想SFや伝奇SFの雰囲気がある。父が残した山を売るために生家に戻った主人公が、開発業者の下請けの男…
  continue reading
 
Japan is known for its vending machine culture for many reasons, so listen in to this episode where Tassie and Andy introduce some really cool facts (!), as well as some really strange concessions. ------------- Scripted & Quality Assured by: Connor Hosted by: Tassie & Andy Audio Edited by: Shanna Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — ht…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?」ⓒ 2022 le Bureau Films Heimatfilm GmbH + CO KG France 2 Cinéma ■「ザ・クリエイター/創造者」 英出身で「GODZILLA ゴジラ」などを撮ったギャレス・エドワーズ監督が脚本も手掛けた。雰囲気があって、テンポもよい。そのうえ、分かりやすくて、久しぶりに痛快なSF活劇を見た思いだ。人類とAIの戦争が激化する近未来。特殊部隊出身のジョシュアが、ある事情からAIの少女、アルフィーを守って、人類側から追われる身となる‥ ■「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」 「タクシードライバー」などの巨匠、マーティン・スコ…
  continue reading
 
Hello and welcome everyone to another episode of Japan Top 10! We have a ton of amazing new songs for this month’s countdown. So sit back, relax, and enjoy this month's Japan Top 10 countdown. Scripted & Quality Assured by: Hayley G Hosted by: Shanna & Haru Audio Edited & Uploaded by: Tadamichi Support this podcast at — https://redcircle.com/japan-…
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド