Hickory Sound Excursion 公開
[search 0]

Download the App!

show episodes
 
Hickory Sound Excursion - FMまつもと(79.1Mhz) 毎週木曜日PM7:30オンエア。さまざまな方の旅のエピソードと、それにまつわる楽曲(「旅のサウンドトラック」)を紹介しています。 *ポッドキャスト・エピソードは一定期間経過後、配信終了となります。 エピソードをご自身の端末にダウンロードし保存すると、配信期間に関わらずお聴きいただけます。
 
Loading …
show series
 
11月15日に待望の7インチシングルがリリースされた、木村孝之さん(The Laundries)と小野剛志さん(Alvysinger )によるデュオDiogenes Club 。そんなふたりの紳士会談が、木曜の夜、とある秘密の部屋で執り行われます。メンバー以外決して立ち入ることができないこの秘密の部屋へ、番組をお聴きの皆さまを特別にご招待。7インチ全曲解説、英国文化への憧憬、互いに贈り合う極上の一曲…。彼らのウィットに富んだ楽しい語らいに、ゆっくりと聞き耳を立てる30分です。Illustration: nee さん※ポッドキャストでは一部楽曲音源がオフとなっています。PODCAST Tracklisting1.The Diogenes Club - Count On Me (analog)2…
 
イケミズマユミさん(ex.BRIDGE etc)のソロ・ユニット、Three Berry Icecreamをまるごと特集!Q&A形式で収録していただいたイケミズさんのボイスメッセージを、11月3日にリリースされたLP『The Selection of Three Berry Icecream』からの音源を交えてお届けします。ニューLPについての話題はもちろん、台湾ツアーの思い出、海外ミュージシャン(Tom Ardolino / NRBQ、The Softies)との交流、旅先で作った1曲など、20年以上にも及ぶ活動の歴史の中から、旅を感じさせるエピソードを選りすぐってお話しいただきました。PODCAST Tracklisting1.Three Berry Icecream - Funny H…
 
今こそ聴くべきJ-POPの隠れた名曲を斎藤知康さん(mini kyute)にご紹介していただくシリーズ、『rebirth of the pops』。今回は洋楽の日本語カバーをテーマにセレクトしていただきました。※ポッドキャストでは楽曲音源は収録されておりませんが、曲解説はお聴きいただけます。さらに現在進行中のプロジェクト、Sorry, We’re Geniusの最新音源が到着!鈴木恵さんの弾き語りデモを受け、斎藤さんが制作したばかりのバックトラック(オケ)を30秒間特別公開します。お聴きのがしなく!* *☆トラベラー(リスナー)の皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひとことメッセージなど、お気軽にどうぞ♪メッセージフォーム https://se.hic…
 
新潟在住のミュージシャン・鈴木恵TRIOのおふたりとお送りする、お土産交換企画「SWEET SOUL FOOD REVIEW」第2弾。「予算2000円以内」「3アイテム」という厳格ルールのもと、新潟と松本、それぞれの街から選りすぐりの秋の味覚を紹介&実食レビューします!さらに、水面下で制作が進められていた、鈴木恵TRIOと番組のコラボレーション・ジングルが完成!新潟の海岸と松本の山々を20秒で一気に繋ぐ渾身のラジオ・ジングルを世界初公開します。☆ポッドキャストではジングル制作エピソードを追加収録。さらに、鈴木さんの参加するユニットSorry, We're Geniusの話題をお伝えする「ソリジェニ通信」も エンディング後にお聴きいただけます!…
 
10月1日にリリースされた藍田理緒さんのニューシングル『通り雨』を、ステレオとモノラル、それぞれのミックスで聴き比べます。曲紹介を担当してくださったのは、藍田理緒さんご本人とFLY HIGH RECORDSの土橋一夫さん。細部に渡るヴォーカル表現への取り組みや、モノラルミックスがもたらす音楽的/音響的魅力など、おふたりの解説コメントを聴きながら、楽曲『通り雨』の世界を一段と深くお楽しみいただける特集です。モノラル・ミックスはリリース前の貴重な未発表音源!さらに、理緒さんには旅にまつわるトークも寄せていただきました。お気に入りのヘッドフォンやスピーカーをご用意のうえ、ぜひラジオの前にお集まりください!※アーティスト、レーベルのご厚意により、ポッドキャストでもステレオ/モノラル、それぞれの60秒…
 
その質実剛健な造りと機能美あふれるフォルムで多くのドライバーを魅了してきた軽の名車、スバル・サンバー。そんなサンバーをこよなく愛するミュージシャン、 Jennifer Juniper こと神崎さんが、愛車サンバーのカセットデッキで聴く音楽をイメージしたDJ ミックスを制作してくださいました。ミックスの音楽的キーワードはロックンロール。揺るぎない安定感を保ちつつ悪路をも軽快に走破するサンバーのフィーリングを、神崎さんの考える「ロックンロール」のサウンドに投影していただきました。サンバー愛あふれる神崎さんのトークと併せてお楽しみください!※ポッドキャストは残念ながらDJ Mix未収録ですが、ラジオでオンエアできなかったトーク音源をたっぷり追加した別ミックスとなっています。traveller:je…
 
新潟の鈴木恵さん(鈴木恵TRIO)、札幌の斎藤知康さん(mini kyute)、松本の久納。この3地点を結ぶ「北の大三角形」(by 鈴木恵さん)から皆さまの街へ、楽しい音楽談義をお届けします。そして、後半には嬉しいお知らせも!Traveller:鈴木恵さん(鈴木恵TRIO) 鈴木恵TRIO(スズキサトシトリオ): 日本のパワーポップバンEXTENSION58(KOGA Records)のギターボーカル/作詞/作曲を担当するシンガーソングライター鈴木のソロプロジェクトとして結成。地元・新潟のみならず、東京をはじめ全国を舞台に活動する3声コーラスグループ。 https://suzukisatoshi.jimdofree.com/斎藤知康さん(mini kyute) mini kyute : 斎藤…
 
今こそ聴くべきJ-POPの隠れた名曲を斎藤知康さん(mini kyute)にご紹介していただくシリーズ、『rebirth of the pops』。今回は、戸田誠司さんを中心に活動していた2組のユニット、Shi-Shonen とFAIRCHILDの作品をピックアップします!Traveller:斎藤知康さん(mini kyute) mini kyute : 斎藤知康(All Instruments)とリオ(Vocal)により1998年結成。 札幌を拠点に活動し、アメリカでのアナログ盤EPリリース、日本やドイツのレーベルのコンピレーションCD参加を経て、2006年にアルバム「Souvenir」リリース。 収録曲がテレビアニメーションの主題歌や情報番組のエンディングテーマに起用されるなど高評価を得…
 
地元・松本在住のシンガー・ソングライター、sugar meのニューアルバム『Wild Flowers』が10月7日にリリース。そんな待望の新作からのナンバーを、30分まるごと、sugar meこと寺岡歩美さんのボイスメッセージと併せてお届けします。メッセージでは、寺岡さんの故郷である北海道・砂川と、現在暮らす街・松本についてのお話も。さらに、それぞれのエピソードに紐付ける形でアルバムの楽曲をご紹介いただきました。※ポッドキャストに楽曲音源は収録されておりません。Traveller:sugar me シンガーソングライター寺岡歩美のソロ・プロジェクト。英語・日本語・フランス語を歌い分け、 ポップでアコースティックなサウンドと、自在に変化する澄んだヴォーカルが各方面から好評…
 
今週のトラベラーは、メルボルン(オーストラリア)在住のミュージシャン、Foreign Correspondent のMarcus Campbell さん。流暢な日本語(!)で語ってくださったボイス・メッセージとともに、この秋リリースのデビューEP『The First One』全収録曲を、いち早くオンエアします!さらに、番組中盤にはブルーベリー・レーベルのオーナー、中村慶さんも登場。『The First One』を同レーベルからリリースするに至ったいきさつや、中村さんの考えるForeign Correspondentの魅力についてお伺いしました。マーカスさんのメッセージでは、地元・メルボルンの街や「旅のサウンドトラック」にまつわるプチ・エピソードもご紹介。作品の音楽的魅力はもちろん、真摯でフレ…
 
札幌在住のミュージシャン、mini kyuteの斎藤知康さんとお喋りをお届けするシリーズ『TOMOYASU SAITO “I’m Alive!"』。今回からは、新コーナーがスタートです。『rebirth of the pops』と題して、90年代以前のJ-POP隠れた名曲を、斎藤さんの膨大なライブラリーの中からご紹介していただきます。高いクオリティーと豊かな背景を持った作品にも関わらず、それに見合う十分な音楽的評価を得られぬまま、時代の趨勢に取りこぼされてしまっている不遇な名曲たち。そんな名曲のひとつひとつを斎藤さんが丁寧に拾い上げ、今なお聴くべき価値があるものとして、皆さんにご提案していきます!Traveller斎藤知康さん(mini kyute) mini kyute : 斎藤知康(Al…
 
新潟在住のミュージシャン、鈴木恵さんとお送りするシリーズ第2回。今回は、新潟と松本、それぞれ自慢のお土産を贈り合い実食レビューをする特別企画、「SWEET SOUL FOOD REVIEW」をお届けします。ピックアップするのは、予算2000円以内でアイテム3品、という厳格ルールのもとに選びぬかれたお土産品の数々。思い入れたっぷりの紹介と賑やかなレビューを通して、それぞれの街の魅力をぜひラジオから感じ取ってください!Traveller:鈴木恵TRIO(鈴木 恵さん、青木宏美さん)鈴木恵TRIO(スズキサトシトリオ):日本のパワーポップバンEXTENSION58(KOGA Records)のギターボーカル/作詞/作曲を担当するシンガーソングライター鈴木のソロプロジェクトとして結成。地元・新潟のみ…
 
Traveller:中村 慶さん(DISQUES BLUE VERY)http://blue-very.com/ *blue-very label* New Release アーティスト:ディオゲネス・クラブ (Diogenes Club) タイトル:カウント・オン・ミー (Count On Me) レーベル:*ブルーベリーレーベル* (*blue-very label*) フォーマット:7インチ (7") アナログ盤 売価:1,600円+税 リリース日:2020年 10月 14日 (水) トレイラー: https://youtu.be/Q9qETicSkII* *☆トラベラー(リスナー)の皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひとことメッセージなど、お…
 
コロナ禍で日常が一変した2020年5月に、いろいろな場所で暮らす10人が書いた日常のエッセイ集(フリーペーパー)、『まどをあける』。こちらの冊子の企画・編集を担当され、ご自身も寄稿されている、佐藤友理さんと中田幸乃さんのエッセイを、著者ご本人による朗読でお届けします。さらに、それぞれの作品にリンクする音楽をおふたりがセレクトした、「旅のサウンドトラック」もご紹介。『まどをあける』の世界観を耳で読んでイメージを広げる、ひとときのラジオ読書会にお付き合いください。Traveller:※出演順中田幸乃さん佐藤友理さん『まどをあける』ウェブサイトhttp://madowoakeru.com/* *☆トラベラー(リスナー)の皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひ…
 
札幌在住のミュージシャン・斎藤知康さん(mini kyute)とのおしゃべりをお届けするシリーズ。第3回・8月編のテーマは、「サマータイム・プレイリスト」です。斎藤さんセレクトによる夏にぴったりなナンバーを聴きながら、その曲について語り合ったり、斎藤さんの夏の思い出エピソードもお伺いします。札幌の爽やかな夏をプレイリストから感じつつ、ふたりののんびりとした会話に参加する気分でお楽しみください。※ポッドキャストでは各曲の解説/トーク部分と、mini kyute『Sweet Sweet Summertime』の抜粋(60秒フェイドアウト)をお聴きいただけます。Traveller斎藤知康さん(mini kyute) mini kyute : 斎藤知康(All Instruments)とリオ(Voc…
 
今週のTraveller’s Songbookのコーナーでは、8月1日より茅野市・アノニムギャラリーで開催される『山田展 FAMILY LAND』を特集。松本市と塩尻市に在住する山田さんご一家、総勢13名(+1名)の作品を集めたこの展覧会について、daboraboこと「Mh Yamada」さんと、玉屋こと「Tmhr Ymada」さんのおふたりからボイスメッセージをいただきました。さらに、この展示に併せて制作されたオリジナルCDからも、イベントに先駆けて2曲特別にオンエアいたします!※ポッドキャストでも曲音源の短縮版(60秒フェイドアウト)をお聴きいただけます。【Tracklist】1. yamada family - session 2 (BGM)2.Yamada Family - 森の音楽…
 
新潟市在住のミュージシャン、鈴木 恵さんと回線をつないでお送りする新シリーズ、『サンシャイン・ポップ・ワンダーズ!』。60年代アメリカ西海岸を発祥とする夢見心地なポップ・ミュージックをこよなく愛し、海岸線に夕日が沈む新潟の風景を「日本の西海岸」と称する鈴木さんに、サンシャイン・ポップの魅力を熱く語っていただきます。第1回目となる今回の放送では、「サンシャイン・ポップって、何?」「バブルガムガム・ポップとの違いは?」「サンシャイン・ポップのバンドはなぜ長続きしないの?」など、気になるトピックの数々をお届け。鈴木さんならではの愉快でポップな音楽トークをぜひお楽しみください!※放送内で告知された内容はすべて6月収録時点での情報です。今後の状況により変更となる可能性もございますので、ライブ等は最新の…
 
⠀今週は藍田理緒さんの1stアルバム『 森のスピカ(MONO Mix)』を特集。土橋一夫さん(FLY HIGH RECORDS)と藍田理緒さん、おふたりからのボイスメッセージを交えてお届けします。⠀土橋さんのメッセージでは、モノミックス制作にいたった経緯とそのサウンド面での特徴を解説。そして、藍田さんのメッセージでは、ご自身の旅エピソードとその情景にマッチする『 森のスピカ(MONO Mix)』収録曲をご紹介いただきました。※著作権保護のためポッドキャストに楽曲音源は収録されておりませんTraveller:※出演順土橋 一夫 さんFLY HIGH RECORDS/Surf’s Up Design代表/ラジオ・パーソナリティ/原盤制作ディレクター/フォトグラファー/アート・ディレクター/選曲・…
 
番組サブレギュラー、斎藤知康さん(mini kyute) と「北海道」をテーマにお喋りします。 秋田県出身の斎藤さんが、なぜ札幌を自らのホームタウンとして選んだのか。その理由をお聞きしながら、北海道の魅力について考える特集です。☆Traveller斎藤知康さん(mini kyute) mini kyute : 斎藤知康(All Instruments)とリオ(Vocal)により1998年結成。 札幌を拠点に活動し、アメリカでのアナログ盤EPリリース、日本やドイツのレーベルのコンピレーションCD参加を経て、2006年にアルバム「Souvenir」リリース。 収録曲がテレビアニメーションの主題歌や情報番組のエンディングテーマに起用されるなど高評価を得る。 2015年、二代目ボーカリストにシホを迎…
 
今週のトラベラーは、宅録インディー・ポップ・ユニット”jennifer juniper”の神崎さん。6月9日にリリースされたニューアルバム『Automatic Thinking …』 について、たっぷりとお話をお伺いしました。さらに、アルバム収録曲から「Sound Excursion version」として今回の特集のために特別にリマスタリングされた1曲もオンエア!『Automatic Thinking…』の世界をより深く楽しめるスペシャル・エディションです。☆ポッドキャストでも楽曲音源の短縮版を試聴いただけます。また、トークは一部を少し長めに収録した別編集となっていますので、こちらも併せてお楽しみください!Travellerjennifer juniper : 93年〜96年に活動した宅録…
 
新型コロナウイルス感染拡大防止のための制限措置が、段階を経て徐々に解除されつつあるアイルランド。今回は、首都ダブリンに在住の山下直子さんとSkypeでつなぎ、この数ヶ月にわたるパンデミック下だからこそ起きえた、アイルランドにおけるグッド・ストーリーの数々をご紹介いただきました。Traveller:山下直子さんアイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。ブログ:『ナオコガイドのアイルランド日記』http://naokoguide.com/PODCAST BGM:mini kyute - Metropolis 10:54-17:52山下直子さんセレクト曲:E…
 
番組ではおなじみ、窓コンシェルジュ・林 博政さんとの電話トークをお届けします。今回の旅の舞台は、林さんにとって社会人一年目の赴任先となった、四国・高知。慣れない仕事に悪戦苦闘しながらも、龍馬好きでグルメな林さんにとって魅力いっぱいだった町の思い出、そして、現地の人との出会いについてお話しいただきました。Traveller: 林博政 さん(窓コンシェルジュ) 愛知県稲沢市出身。 大学在籍中に渡英を経験。語学やライフスタイルなど英国文化に感銘を受ける。 現在は、「窓コンシェルジュ」をライフワークに掲げ、建材メーカー、建材流通店、サッシ職人、などで培った豊富な現場経験を活かし、暮らしに役立つ窓の魅力を発信・提案している。PODCAST BGM:M1. mini kyute - Metropolis…
 
当番組おなじみ、mini kyuteの斎藤さんと電話を繋いで、渋谷系をテーマにゆるりとした音楽談義をお届けします。mini kyuteの楽曲と斎藤さん制作のインスト・トラックをバックに聴きながらお楽しみください!※ポッドキャストにはmini kyute "Pinkish Heart”等のオンエア曲は収録されておりません。何卒ご了承ください。mini kyute : 斎藤知康(All Instruments)とリオ(Vocal)により1998年結成。 札幌を拠点に活動し、アメリカでのアナログ盤EPリリース、日本やドイツのレーベルのコンピレーションCD参加を経て、2006年にアルバム「Souvenir」リリース。 収録曲がテレビアニメーションの主題歌や情報番組のエンディングテーマに起用されるなど…
 
ニューヨーク・シティからロサンゼルスまで、アメリカ大陸を車で横断。旅好きなら一度は夢見るそんなロードトリップの思い出を、安曇野市在住のトラベラー、江原まゆみさんにじっくりとお話をお伺いします。2017年に番組内で3回にわたってお送りしていたものの、未完となっていたこのシリーズ。これまでにご紹介した道のりを振り返りつつ、まだ語られていなかったネバダ〜カリフォルニアのエピソードも加えてお送りします。PROFILE:江原まゆみさん 安曇野市在住。旅と音楽とラジオをこよなく愛するトラベラー。 地元ラジオ番組の出演経験も多数。* *☆トラベラーの皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひとことメッセージなど、お気軽にどうぞ♪メッセージフォーム https://se.…
 
今週のSound Excursionは、2001年にリリースされた小川倫生さんのアルバム、『Spring Signs』をピックアップ。アルバム制作時のエピソードや、アイルランド音楽との出会い、さらに、英米インディー・ポップからの影響など、小川さんがこれまでに巡ってきた「音の旅」について、たっぷりとお話をお伺いしました。PROFILE:小川倫生(おがわ みちお)さん ギタリスト、作曲家。 90年代から音楽活動を開始し、現在までに7タイトルのアコースティック・ギター・ソロのアルバムを発表。 ギターの可能性を広げるテクニックとオリジナリティー溢れる楽曲が注目を集めている。 その音楽はジャズ、ロック、現代音楽、民俗音楽、アンビエントと幅広いルーツを持つ。 映像的で聴く者のイマジネーションを掻き立てる…
 
松本を中心に活動するインディー・ポップ・ユニット、ナントカズのホーム・ライブ音源をお届けします。リヴィングルームで奏でられる、柔らかく、面白く、少し不思議な音世界を、ご自宅のスペシャルシートでゆっくりとお楽しみください!Profile:ナントカズ yamada ギター・電子楽器 nagomi 歌・打楽器 https://soundcloud.com/nantokasTracklisting:1. ナントカズ - 夜明け2.ナントカズ - ヴェネツィア3.ナントカズ - 北京の水夫* *☆トラベラーの皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひとことメッセージなど、お気軽にどうぞ♪メッセージフォーム https://se.hickory.jp/entryメール…
 
ミレニアム前後の東京で活動していたバンド、ハーモニー・ハッチ。屋根裏の宝物のようにそれぞれの胸にしまわれてきた時間を、そっと紐解きます。20年をひとっ飛び。エバーグリーンなハッチに、もういちど出逢う旅へ。Travellers:ボイスメッセージ:小林しの さんコメント寄稿:宮腰智子 さん協力: Bobbyさん (chocolate and lemonade) Profile: Harmony Hatch(ハーモニー・ハッチ)は1999年から2002年まで、東京を中心に活動していたバンド。メンバーは小林しの(ギターボーカル)、宮腰智子(みやごしともこ・ベースコーラス)、松本武士(まつもとたけし・ギター)、福本明日香(ふくもとあすか・ドラム、キーボード)を中心に活動し、入れ替わりで高木聡一(たかぎ…
 
2019年の台風19号で千曲川の堤防が決壊し、甚大な被害を受けた長野市・長沼地区。水害に見舞われてきたこの地区の歴史を題材にした創作劇の中で、子供たちが歌った1曲の歌が、今ふたたび、注目を集めています。曲の名は『桜づつみ』。作詞/作曲を手がけた竹内優美さんに、この曲が生まれた背景、そして、昨年の災害を経た現在の想いなどをお話しいただきました。※アーティストのご厚意により、Rose Cafeの楽曲『桜づつみ』をポッドキャスト内でも1コーラスお聴きいただけます。* *☆トラベラーの皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひとことメッセージなど、お気軽にどうぞ♪メッセージフォーム https://se.hickory.jp/entryメール hickory.jp…
 
今週のトラベラーは、『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』(リトルモア刊)の著者、鈴木伸子さん。高度成長期の意匠や粋が、激動の時代を経て、よりその輝きを増す一方、再開発の波により次第に街から姿を消しつつある、愛おしいビルたちの魅力についてお話いただきました。PROFILE 鈴木伸子(すずき のぶこ): 東京生まれ。 東京女子大学卒業後、都市出版「東京人」編集室に勤務。 1997年より副編集長。2010年退社。 現在は、都市、建築、鉄道、食べ歩き、などをテーマに執筆・編集を行う。 著書に『グッとくる鉄道 見て 乗って 感じる、胸騒ぎポイントガイド』(リトルモア)、『地下鉄で「昭和」の街をゆく大人の東京散歩』(河出文庫)、『わたしの東京風景』(港の人)、共著に『ひょうたんブック』(平…
 
今週のトラベラーは、パリ×東京発のフレンチポップ・ジャズユニット、Momocurly。制作のインスピレーションとなった、長野、スペイン、フランスでの旅のエピソードを、初のフルアルバム『Cosmic Lips』からのナンバーと併せてお届けします!【PROFILE】 Momocurlyは2018年にパリと東京のジャズミュージシャンで結成されたフレンチポップ、ジャズユニット。 メンバーはギタリストChristophe Pannekoucke、ピアニスト大谷桃。 東京のジャズクラブで知り合い意気投合したこの二人のユニットは、フランスと日本のポップ要素、ジャズの醍醐味である即興演奏を絶妙に折り込み、折衷的なバンドサウンドとなっている。 ユニークなオリジナルソングは、インストルメンタルに加えボイスも加わ…
 
今週は、窓コンシェルジュ・林博政さんとSKYPEトーク。1995年に旅をしたロンドンとリバプールについて、じっくりとお話しします!【Traveller(ご出演)】 林博政 さん(窓コンシェルジュ)愛知県稲沢市出身。大学在籍中に渡英を経験。語学やライフスタイルなど英国文化に感銘を受ける。現在は、「窓コンシェルジュ」をライフワークに掲げ、建材メーカー、建材流通店、サッシ職人、などで培った豊富な現場経験を活かし、暮らしに役立つ窓の魅力を発信・提案している。* *☆トラベラーの皆さまからのメッセージをお待ちしています!番組の感想、リクエスト、旅のお話、ひとことメッセージなど、お気軽にどうぞ♪メッセージフォーム se.hickory.jp/entryメール hickory.jp (at) gmail.…
 
週はスペシャルエディションです。IVORY PASTと小林しのさんをフィーチャーしたブルーベリー・レーベル人気シリーズ最新作の聴きどころを、アーティスト本人による曲解説を交え、ぎゅっと凝縮。爽やかな早春の季節にふさわしい新作カセットをラジオ越しに一緒に楽しみましょう!【Traveller(出演)】 岡人史さん(Ivory Past) 小林しのさん+ 高口大輔さん【Information】 レーベル:*blue-very label* 型番:blvd-010 リリース日:2020/3/25 初回限定特典:未発表音源CDR付き (100本の超限定) 価格:1,000円+税 (1,000 yen+tax) 詳細 http://blue-very.com/?pid=148625190 * *☆トラベ…
 
その年にリリースされたナイスな音楽ベスト5をお届けする年末恒例企画。今年も高円寺のレコードショップ・ディスクブルーベリーを訪ね、店主の中村慶さんに、海外と国内、それぞれの年間ベスト5をご紹介していただきました。中村さんならではのこだわりセレクトと解説を楽しみながら、新しいお気に入りを旅のプレイリストに追加していきましょう。今週は国内編をオンエア。さらに、オーストラリア・メルボルンへの買い付け旅についてもお話を伺っています。* *【Nakamura's Best of 2019 (domestic)】 1. Naive Super - White And Blue 2.ウワノソラ - マーヴィンかけて 3. The Acoustics - The Nightbirds 4. Belinda M…
 
その年にリリースされたナイスな音楽ベスト5をお届けする年末恒例企画。今年も高円寺のレコードショップ・ディスクブルーベリーを訪ね、店主の中村慶さんに、海外と国内、それぞれの年間ベスト5をご紹介していただきました。中村さんならではのこだわりセレクトと解説を楽しみながら、新しいお気に入りを旅のプレイリストに追加していきましょう。今週は海外編です。【Nakamura's select】 1. Swimming Tapes - It Gets Old 2. The Loch Ness Mouse - Dirty Realism 3. Agent Bla - Child’s Play 4. Friedrich Sunlight - Wenn du mich suchst… 5. Gangway - Do…
 
今週はクノーのひとり喋り編。北海道・小樽についてお話しします。小樽運河沿いを歩き、目をひきつけてやまないのは、今もなお、そこかしこに息づくノスタルジックな近代遺構の数々。歩くスピードを落として、音楽を聴き、「北のウォール街」とも称された華やかなりし時代の面影を辿りましょう。* *Hickory Sound Excursion ヒッコリー・サウンド・エクスカーションFMまつもと(長野県松本市)79.1Mhz毎週木曜日 夜7時30分オンエアhttp://se.hickory.jpHisashi Kuno / Hickory / rovakk musikk による
 
今週はスペシャル・エディション。11月16日(土)に青木村で行われたイベント、『義民太鼓保存会こまゆみ会 アイルランド文化交流事業 報告会』の様子をお届けします。この日のステージで行われたのは、今年8月、初のアイルランド公演を実現させた「義民太鼓保存会こまゆみ会」メンバーの皆さんと、現地コーディネートを担当されたアイルランド公認ガイド山下直子さんによるトークショー。番組では、そんな貴重な体験を振り返ったトークショーの中から、選りすぐりのシーンをご紹介。さらに、アイルランド現地録音も含む、義民太鼓のライブ音源もオンエアします!青木村を発ち、海を越え、遥かアイルランドの地で演奏された義民太鼓。その音色は、アイルランドの人々、演奏者、関係者、それぞれの心にどのように響き渡ったのか。信州とアイルラン…
 
長い戦いの幕を閉じたラグビー・ワールドカップ2019。東北から九州まで、日本各地の試合会場に駆けつけ、熱い声援を送リ続けてきた「ようはっぱ」さんの旅も、ついにフィナーレを迎えました。今週は、そんな筋金入りのファン・ようはっぱさんが、延べ25泊にも及んだラグビーをめぐる長い旅をあらためて総括。心に残る場面・ベスト5をご紹介いただきました。熱狂と感動の余韻に満ちたメッセージを、ぜひお聴きください!【訂正】冒頭の久納コメント内に誤ったアナウンスがありました。謹んでお詫び申し上げますとともに、下記のとおり訂正させていただきます。(誤)「九州の熊本」⇒(正)「九州の大分」※ポッドキャストに楽曲音源は収録されていません* *Hickory Sound Excursion ヒッコリー・サウンド・エクスカー…
 
オールディーズ・ポップスの無垢なフィーリングを2000年代の日本に蘇らせたルラルの名曲が、2019年冬、装い新たに7インチとなってリリース!そんなスペシャルなタイミングに、メンバーのリカさんとカナコさんから番組にメッセージを寄せていただきました。さらに、メンバー自身の選曲による、今回リリースの2曲を含む、ルラルのベスト的セレクション4曲をオンエア。ポップでエバーグリーンなルラルの世界を、ぜひラジオで体験してください!【rural(ルラル)・プロフィール】 金沢出身の女性4人のバンド。 編成はVoアイ、AGとChoリカ、Bヨウコ、Gカナコ。 1994年の11月3日に結成して今年25周年を迎えた。 2000年〜2004年ごろに東京を活動拠点としてライブ活動をおこなっていた。【リリース・インフォメ…
 
旅の途中で立ち寄った札幌の街で、地元在住のミュージシャン・斎藤知康さん(mini kyute) にお会いすることができました。斎藤さんに影響をあたえた音楽や、Rio Kyute時代の貴重な音源、さらに、北海道ならではの味覚もご紹介しつつ、尽きることのない音楽談義のひとかけらをお届けします!【Mini Kyute プロフィール】 斎藤知康(All Instruments)とリオ(Vocal)により1998年結成。 札幌を拠点に活動し、アメリカでのアナログ盤EPリリース、日本やドイツのレーベルのコンピレーションCD参加を経て、2006年にアルバム「Souvenir」リリース。 収録曲がテレビアニメーションの主題歌や情報番組のエンディングテーマに起用されるなど高評価を得る。 2015年、二代目ボー…
 
当番組でもおなじみブルーベリー・レーベルから新作カセットが到着!スプリットEPシリーズ第2弾となる今回は、h-shallowsとSputnik Sweetheartの2組をフィーチャー。今週のsound excursionでは、そんな新作EPの収録曲を、アーティスト本人によるメッセージを交えて一気にお届けします!秋の情景にぴったり寄り添う美しく繊細なギターとボーカル。A面からB面まで、ゆっくりとお楽しみください!☆Hickory Sound Excursion PODCAST限定 エクストラ・コンテンツポッドキャスト版では、EP収録のカバー2曲をカット、残る4曲のスタジオ音源も短縮しての収録となりますが、代わりに、アーティストの御厚意により4曲のライブ音源が追加収録されています。最後までゆっ…
 
今週のトラベラーは、2019年注目のバンド・Happy Amphibians (ハッピー・アンフィビアンズ)!ツアー経験豊富なメンバーの皆さんから、海外の音楽事情を演奏者目線で語っていただきました。【Happy Amphibians (ハッピー・アンフィビアンズ)・プロフィール】 RIE (ex. The Suzan、Final Frash) のボーカル・プロジェクトとして 2019年に活動開始。 バンド名は「しあわせな両生類」の意。 「自然」と「社会」に挟まれた両生類として”Happy”を探す旅を続ける。 メンバー: RIE (Vo,Key), KJI (Gt), HRN (Dr), HJM(Bs)☆2019.10.14 UPDATEアーティストの御厚意により本ポッ…
 
今週のトラベラーは、多方面で活躍されているミュージシャン、sugar meこと寺岡歩美さん。今年から移住された松本の街について、そして、心に残る旅の思い出として、アラスカでのエピソードをお話しいただきました。【sugar me プロフィール】 寺岡歩美のソロ・プロジェクト。英語・日本語・フランス語を歌い分け、ポップでアコースティックなサウンドと、自在に変化する澄んだヴォーカルが各方面から好評を得ている。2010年頃よりSSWとして活動を開始。2013年のデビュー・アルバム『Why White Y?』から3枚のアルバムをリリース。FUJI ROCK FESTIVALなどの大型フェス、フランスでのツアーを成功させるなど、ライブ活動を積極的に行う。音楽活動の他にもCMや映画・アニメーションへの楽曲…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login