Gem 公開
[search 0]
×
最高の Gem ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の Gem ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
Gem Stone Records代表の稲田大介の演奏を聴くことが出来ます。 ちなみに、Inadaは、ロック。Dice Kは、デジタル系やHIP-HOP系を中心に制作活動をする際の名前です。 全ての作品は、ページの下にあるアーカイブからお探しください。
 
Loading …
show series
 
Inada 愛という名 実は、この曲・・・・・・・。前回通常Versionを載せた際に「特に明記することはない。」と書いているのですが、「愛という名」というアルバムの最初に通常Versionそして、最後にこの今回載せたPure Versionが入ってるという何だか特別な扱いの曲でした。曲調は、高校生の頃に作っていた様なちょっとフォークっぽい感じ。でも、メロディーラインなんかは、結構良いですよね。私個人的には、実は好きな曲です。ただ、重いかなと・・・・・・・。想いが重いかなと・・・・・・。そう思いまして・・・・・・。何となく前回載せた際には、コメントを控えました。ところが、この曲結構色々な方から良い曲ですね。と言われるようになり、「あれ?そういうもの?」って驚いてます。この曲のように深く誰かを…
 
Inada 瞳の中の宇宙 この曲は、8年程前に同じ職場にいた同僚が、一年目の途中で、突然亡くなってしまい・・・・・・。私は、月命日の度に彼のお墓に顔を出していたのですが、いつ行っても彼のお墓は、花で溢れていて、こんなに愛されていたんだなと思うと同時に、なぜ彼は亡くなったのだろうとか、色々な事を考えてしまって、彼のように多くの人から愛されている人間がなぜだろう?って・・・・・。すごく理不尽で、儚い世界だって・・・・・・。そうして出来た曲です。
 
Inada Love&Truth この曲は、いわゆるロックが作りた〜いみたいな気持ちで作った曲ですね。こういう曲が作りたくて仕方なくなる時があるんですよね。思いっきりインチキギターソロ全開の一曲ですが、お気に入りです。また、こういう曲が書きたいなぁって思う今日この頃です。
 
Inada four leaf clover グレーテルという曲は、私の中でもすごくお気に入りの曲で、前から載せているものもすごくお気に入りですが、いつか録り直したいと思っている曲の一つです。実は、グレーテルの所にも書いたかもしれないですが、この曲は、元々、単純なドラムトラックの上に、ギターを弾きながら適当に歌を歌いながら曲を作っていたら出来てしまったという・・・・・・そんな曲です。その後、何となく録り直す事もなく・・・・・・・・。ずるずると来てしまいました。何度も録り直そうとするのですが、最初に録ったものを何となく越える事が出来ない・・・・・・・。実際には最初に録ったものは、およそ3時間であの状態まで仕上がった作品なので、集中度と言うか思い入れみたいなものがあるのかもしれないですね。このV…
 
Inada 瞳の中の宇宙 この曲を作詞作曲したのは、高校一年生の時です。つまり15才の頃ですね。当時、フォークソングやパンクロックが大好きで、良く聞いていました。一番最初にカセットデッキで、録音した際には、ハープなんかも弾いていてめちゃくちゃフォークチックな曲でした。その後、2000年にアルバムを作る際に「この曲良いから入れたら?」と知人に言われて、録り直したものがこのテイクとなっています。高校生の頃に録ったものは、音も荒くとても聞けたものではありませんが、実際は、そっちの方が、勢いと言うかなにか魂の底から歌っている感じがして、個人的には好きだったりします。しかしながら、あまりにも下手な上、ハープはめちゃくちゃという有様でとても聞けたものではない・・・・・・・・。と言う事で今回は、2000年…
 
Inada 瞳の中の宇宙 この曲は、元々2000年に作成した「RPM」というアルバムに収録した曲です。作詞作曲をしたのは、更に前で、1996〜1997年頃に作成したようです。あまりにも前の出来事で、うろ覚えですいません。実は、この曲やたらと長い間奏部分があるのですが、2000年に行ったライブの際にこの部分で何か色々話した記憶があります。ライブは、弟がベースを担当してくれ、その他の音は、この音源からギターやベース、ヴォーカルを取り除いた形で流して使いました、半カラオケ状態のライブでしたが、それまでは、ギター1本で弾き語りという形が多かったので、それなりに楽しんだ気がします。ちなみにその時のライブでは最後にこの曲をやりました。当時すごく思い入れがあった曲の一つです。…
 
Inada 瞳の中の宇宙 この曲は、物語「白い窓」を作った際に、その物語におまけで付けられていた「瞳の中の宇宙」というCDに収録した曲です。物語同様、SIONの「12号室」という曲からヒントを得て作られています。物語「白い窓」は、Storyに、縮小版が公開されています。
 
Inada 愛という名 この曲は、ミニアルバム「愛という名」に収録されていたものです。特に明記する事もありませんが、こういう曲も作っていたってことで・・・・・。 追記 この曲は、すごく多くの方(女性)から良い曲ですねって言われます。こんなふうに思われたいとか・・・・・・。う〜んと、そういうものなんですかね?私は、重過ぎるかな?って思ったのですが・・・・・・。実際、私はこんなふうに思える女性と出会いたいってそう思います。でも、重過ぎるかな?って思っていたので、特に明記せずに来ました。でも、こんなふうに誰かを愛したいなぁって、そう思います。はははははははは!!恥ずかしい!!
 
Inada 桜の季節 この曲は、実にアルバム、「桜の季節」に収録したものです。元々、アルバム「Love & Truth」にシークレットで入れた曲を再レコーディングし直したものです。この曲は、卒業生の為に作られた曲ですが、実は、作成期間が2日しかなくて、違う曲用に作曲したものに、詞だけを書き直したものです。その為、出来が今一つで、気に入らず、ずっと封印してきました。しかし、「新しい風」が出来た今、こういうのも書いたんだよって出しても良いかなぁと思い今回放出する事にしました。
 
Inada デモ この曲は、「瞳」の一番最初に作ったヴァージョンになります。この曲は、前にも書きましたが、作るのにとても時間と労力がかかりました。最初にこのヴァージョンが出来た時はすごく良いものが出来たと思ったのですが、同じアルバムに入れようと思っていた「白詰草」と曲調がかぶってしまい、良さが出せなくなってしまった為に、このヴァ ージョンは、ボツにしてしまいました。詞の一部と構成、曲調が、違っています。今聞いてもこのヴァージョンは、結構良いなぁと思います。
 
Inada&Dice K Best この曲は、「あの海に」の別ヴァージョンです。ギターや、リズムトラック等を作り直したものになります。ギターは単純なリフの繰り返しになっており、リフレインの様にしています。「あの海に」は、再活動後直ぐに出来た曲の内の一つで、個人的にはすごく大切にしている曲の一つです。でも、詩が暗いし、多くの方は、あまり聴きたいタイプの曲ではないと思います。でも、少しでも聴いて頂けたらと思い、このヴァージョンを作りました。
 
Inada デモ この曲は、16歳か17歳位の時に作ったものです。このヴァージョンは、その後20歳位の時にカセットタイプのMTRを使い行いました。詞の中に出てくる、ボタンは、私の好きな詩人である中原中也の有名な詩の中の一説を使っています。中原中也は、小学校の授業で習った後、中学生の時に「汚れちまった悲しみに」という詩を改めて読む機会があり、それ以来ずっと愛読しています。彼の残した詩は、私に「生と死」「ささやかな幸せ」「世界の孤独と美しさ」等を考えるきっかけを与えてくれました。私が、最も好きな詩人です。
 
Inada four leaf clover この曲は、アルバム「four leaf clover」に収録された曲で、いわゆるラップっぽい曲です。このアルバムには、「未来の鍵」や、この曲で分かる様にHI-SENSEの影響を強く受けた曲が入っています。このトラックもHI-SENSE用に書いたものですが、使われる充てが無い為に、自分で使ってしまいました。 HI-SENSE用に作られた曲は、まだまだあり、今後それらの曲が使用されない場合は、自分用に回して新たな曲を作る事が有りそうです。
 
Inada はじまりの詩 ずっと卒業生の為にしっかりとした曲を作りたいと思っていました。しかし、なかなか時間に余裕が無く、実際に書いても良い曲が出来なかったりと今まで諦めていました。しかし、この度、曲を作る機会が与えられわずかな製作時間ながらも、このようなとても気に入った楽曲の製作を行う事が出来ました。今まで関わった全ての卒業生とこれからの卒業生に送る曲です。製作過程で、今回はアレンジに悩み、悩んだ末、5ヴァージョンを製作しました。正直、とても気に入っています。実は、この曲は前回のアルバム制作から実に1年6ヶ月ぶりの音楽活動となっています。この間もけして音楽活動をしていなかった訳ではありませんでしたが、音楽の製作を今までのMTRのような物からパソコン(Mac)に移行したりするのに手間取ってし…
 
Inada はじまりの詩 この曲は、「新しい風」のいわゆるパンクヴァージョンです。実は、ドラム等がまだ未完成ですが、時間的な猶予がなく、このまま発表してしまっています。もう少し時間に余裕ができたら、もう一度トライしようと思っています。
 
Inada Love & Truth この曲は、ミニアルバム「愛という名」に初収録後、気に入っていなかったものをアルバム「Love & Truth」様に新たに録音をし直して収録をしたものになります。この頃の曲は、愛の歌が多いのですが、理由は、この当時製作していた「白い窓」という物語が、愛の物語だったからです。実は、再活動前は、殆ど愛の歌を作る事がなく、いわゆるLoveSongは、あまり手掛けてきませんでした。そういう歌を作ると彼女の為に書いた曲でしょうって思われるのも嫌だったし、何だか格好悪いって思っていたんです。再活動後は、色々な曲を作ろうと思う様になって、このような曲も書く様にしてきました。今は、むしろ愛の歌が多くなった様に思います。こういう曲も、有りなのかなって今は思えます。それに、今…
 
Inada 愛という名 この曲は、カバー曲です。とても有名な曲ですが、U2のカバーヴァージョンを聞いて、かっこいいと思い作成してみました。発音等のことを言ったらきりがないのでしょうが、結構気に入ったアレンジが出来たと、自分では満足しています。ちなみに、U2のカバーヴァージョンは、必聴です。めちゃくちゃかっこいいので、是非機会があったら聞いてみて下さい。
 
Inada 白詰草 Promotional Disk この曲は、アルバム「four leaf clover」の製作前に作られたPromotional Diskに収録された曲になります。その後アルバムにも収録されましたが、マスタリングが若干違いこちらのヴァージョンの方が、後になって好きだったんだなぁと気付きました。ずっと同じ感じの曲調で、単調過ぎてしまいつまらない反面その分、詞を聞いてもらえるんじゃないかと思い単調なままにしています。実は、「瞳」等の曲も同じような理由から、単調なままにしています。しかし、実際には、長いときついものがありますね。
 
Inada 瞳の中の宇宙 「瞳の中の宇宙」は、物語「白い窓」におまけとして付けられていたCDのタイトルです。この曲は、1999年年末から2000年年始にかけて製作した活動停止前に作られた最後のアルバムに収録されていたものになります。カセットタイプのMTRを使用して製作されています。当時、色々なタイプの曲を作りたいと思い、こんなラップもどきの曲も作っていました。ベースは、弟が弾いてくれています。
 
Inada 愛という名 この曲は、物語「白い窓」におまけで付けられていたCDに収録後、再活動一作目に作成したミニアルバム「愛という名」にヴァージョン違いで収録されたものです。曲の中に出てくるドロップは、佐久間ドロップです。あの缶に入った飴です。あの缶の質感といい懐かしい味といい、今でも良く購入する好きなドロップです。でも、実は、ハッカとチョコレートがあんまり好きじゃなくて、いつも缶の中に残っちゃうんですよね。あの缶から、何が出るかなぁってワクワクする感じ・・・・・分かるかなぁ?
 
Inada Love & Truth この曲も、浅井健一に触発されて作った曲です。タイトル、歌詞、曲、全てが浅井健一よりです。技術は足下にも寄りませんが・・・・・ この当時は、まだ、再活動直後の手探りな感じで、こんな曲を作りたいなぁって思ったら、まず好きな曲を聴いて、まねてみるって感じで、最初に音楽を始めた時にかなり近かった様に思います。
 
Inada four leaf clover この曲は、「Love & Truth」に収録の同曲をアレンジし直したものとなっています。はっきり言って最初に作ったものは、駄作でひどいものでした。このヴァージョンも苦肉の作で、別の曲のトラックをそのまま使い回しています。この「新しい国」は、詞がとても気に入っていて、コンセプトは、なかなか面白いと思います。しかし、この詞を聴かせる曲が出来ない。未だ後悔の多い曲です。
 
Inada 桜の季節 QueenのWe Will Rock Youが大好きで、自分が日本語で歌うならこんな感じかなと詞を付けてみました。実は、このトラックは元々「Love & Truth」に収録の「新しい国」のトラックをそのまま使い回しています。We Will Rock Youは名曲ですよね。あんな曲を作りたいと思ったけど、イメージが強すぎて出来ない。結局、じゃああの素晴らしいメロディーラインと曲の感じをそのまま使ちゃえってことで、こんな感じです。
 
Inada four leaf Clover この曲は、未来を作っていく子ども達への応援歌です。 共に活動をするHI-SENSEの影響でHip-Hopばかりを聞いていた時に出来た曲です。ラップは好きでしたが、やるのはとても無理と思っていたのですが、やってみたくてやってみました。まぁ、にわかラッパー剥き出しですね。本気でラップをしている人に怒られそうで怖いです。でも、本気で作ったから許してやって下さい。
 
Inada 桜の季節 2008年4月に制作したミニアルバム「桜の季節」に収録したタイトル曲です。桜をテーマに曲を作ろうと思い作られたものです。爽やかな感じを出そうと思い作ったら、こんな感じの曲になりました。曲は、当時聴きまくっていたスペースカウボーイに影響されています。っていうかまんまですね・・・・・
 
Inada Love & Truth この曲は、「愛してる」の別ヴァージョンとなっています。「愛してる」が出来て直ぐにロックがしたいと思い立ち、作ったものになっています。実は、アルバム収録以前に表現活動一発目として2007年12月に作った本「白い窓」のおまけとして付けたものが、最初の発表になります。ちなみに、「白い窓」は、50冊程作った時点で、印刷、製本等の大変さから、作るのを止めてしまい、現在は、製作していません。自費出版ならぬ、事故出版の限界を感じました。ちなみにアルバムは、頼まれると製作していますが、こちらも、完全自己出版の為、製作枚数が限られており、バックオーダーに追われる感じです。こんな事やってる暇があったら早く作れよって怒ってる人がいるんじゃないでしょうか?もう暫くお待ち下さい。…
 
Inada Love & Truth 活動を停止していた2000年2月から2007年の8年間の間に唯一作られた曲です。部屋で、ギターを久しぶりに弾いていた際に、ふと浮かんだメロディーと詞を口ずさんでいたら出来た曲で、その後すぐにHDDタイプのレコーディング機材を購入し録音したものです。それまで、曲を作ろうなんて思いもしなかったのに、作り始めたら、どんどんと出来ていって、久しぶりに歌いたいなぁって感じた想い出の曲です。この曲がきっかけで、現在の再活動がスタートしました。自分には、伝えたい言葉があってメロディーがあると再認識させてくれた大切な曲です。
 
Inada Best この曲は、高校生の時に、知り合いが亡くなった事を期に書いたものになっています。最初は、アコースティックギターのみのシンプルな曲でしたが、活動を停止する前の2000年にレコーディングをし、この曲は完成しました。 当時は、まだ、カセットタイプのMTRを使用して曲作りをしていました。この曲も同様にYAMAHAのカセットタイプのMTRを使用して作られています。今から、15年以上前に作った曲ですが、今でも好きな曲の一つです。先日、インディーズ活動をしている知り合いが、曲を作り直して、カバーしCDにして発売を始めました。全国のレコード屋で販売されています。クレジットには、私の名前も、もちろん入っていて、ちょっと驚いています。 (BC 5AMの 「4REAL」というアルバムに入ってい…
 
Inada Love & Truth この曲は、アルバム「Love & Truth」に収録された曲です。この曲は、大好きな浅井健一の曲に触発されて作ったものです。浅井健一の作る曲は、激しさの中にある、美しいメロディーラインや、綺麗な言葉と激しい言葉のコントラストがとても好きです。彼の曲は、純粋さがにじみ出ているのも、好きな理由の一つです。あんな曲が書けたら良いのにっていつも思います。
 
Inada Best この曲は、元々「Love & Truth」というアルバムに収録していた曲をアコースティックヴァージョンにしてみたものです。キーボードを使い、ストリングスなんかも入れてみましたが、出来は、微妙ですね。結構気に入っていますが、技術的なことを言うと今一つ、う〜んって感じです。
 
Inada デモ この曲は、以前に卒業生に向けて曲を作った際に、はじめに出来た曲ですがボツにした曲です。(実は、本職は、教育関係で仕事をしています。)結局、この曲は、暗いし、うっとうしい内容かなと思いただのデモのまま改めて、曲にする事無く、お蔵入りしてしまいました。でも、結構好きなんですよね。こういう暗くて訴える感じの曲って・・ ・・・
 
Inada デモ この曲は、詞が出来ていたものに取り敢えず曲を付けてみたら予想以上に気に入ってしまってそのまま発表してしまった曲です。聞くと気付くと思いますが、演奏はかなりいい加減で、ミストーンはあるし、ドラムパターンはワンパターンだしで、ひどい感じです。しかし、なぜかとても気に入っていて、好きな曲です。いつかしっかりと録り直したい曲です。
 
Inada four leaf clover ZOOMのMRS1266を使用して作成。 2009年に作成したアルバム「four leaf clover」に収録。 この曲は、葉山のよつば写真さんをイメージして作った曲です。とっても良い写真を撮ってくれる写真屋さんです。 素晴らしい写真に感謝してこの曲を作り、プレゼントさせてもらいました。
 
Inada four leaf clover MRS1266を使用して作成。 2009年に作成したアルバム「four leaf clover」に収録。この曲は、プロのフォトグラファーの方に書いた曲です。 誰かをイメージして曲を作ることは殆どないので、苦労しました。自分の好きなことや、信じる道を生きる人って良いですよね。そんな輝きを持った曲だと思います。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login