dm 公開
[search 0]
もっと
Download the App!
show episodes
 
Artwork

1
チャンネル正論

産経Podcast(産経新聞社)

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー+
 
チャンネル正論では政治部出身ベテラン記者が、他社が報じないニュースに独自の視点で斬り込みます。偏向報道に慣らされている皆さんの目からウロコを落とし、健全な民主主義、偏らない世論の形成に寄与します。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。 ■月刊正論のお求めは 雑誌のオンライン書店 fujisan.co.jp(リンク) ■産経Podcast おすすめの番組 ①『注目の記事から』産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ②『戦後史開封』戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史など様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ■番組SNSでは最新情 ...
  continue reading
 
Artwork

1
産経新聞 注目の記事から(産経Podcast)

産経Podcast(産経新聞社)

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー
 
「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。 ■産経Podcast おすすめの番組 ①『チャンネル正論』政治部出身ベテラン記者が、他社が報じないニュースに独自の視点で斬り込む報道番組。偏向報道に慣らされている皆さんの目からウロコを落とし、健全な民主主義、偏らない世論の形成に寄与します。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ②『夕刊フジ編集局』産経新聞社発行の「夕刊フジ」発のポッドキャスト。国内外のニュースの背景や裏側を、短い記事でコンパクトにお伝えします。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ■番組SNSでは最新情報をお届 ...
  continue reading
 
「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。 ■産経Podcast おすすめの歴史番組 ①『神田蘭の5分で恋する日本史列伝』人気〝講談師〟の神田蘭が語る、日本史に名を残す偉人列伝。教科書が載せてくれない偉業と生い立ち、思わず身の引き締まるお話を、情感豊かにユーモラスに語ります。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ②『歴史の真相―本当はこうだった』学校の授業だけでは分からない歴史の暗部。現代を生きる我々の想像を超える出来事が潜んでいました。歴史上の転換点や人物について、史実を掘り起こしていきます。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Am ...
  continue reading
 
「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。 ■産経Podcast おすすめの番組 ①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。 ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) ②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かず ...
  continue reading
 
「猛虎伝」は阪神タイガースの21年ぶりリーグ優勝(昭和60年)の軌跡を追うドキュメンタリードラマです。甲子園バックスクリーン3連発-感動で身震いしたバース、掛布雅之、岡田彰布。古葉竹識率いる広島との死闘。球団社長が日航ジャンボ機墜落事故で死去するという衝撃…。そしてつかんだ栄冠。「吉田義男監督誕生秘話」から「栄光の瞬間」まで、トラ番記者だった田所龍一の取材の成果を音声ドキュメントとして再構成しました。 【出演】 笑福亭羽光、内田健介、相川由里 【原作】 猛虎伝―昭和60年『奇跡』の軌跡(産経新聞大阪夕刊連載) 【制作】 産経新聞社 ■笑福亭羽光(しょうふくてい・うこう) 平成19年4月 笑福亭鶴光に入門。令和2年11月 2020年度NHK新人落語大賞。令和3年5月 真打昇進。特技は漫画原作。 ■内田健介(うちだ・けんすけ) 桐朋学園短期大学演劇専攻科在学中から劇団善人会議(現・扉座)に在籍。初舞台は19 歳。退団後、現代制作舎(現・現代)に25 年間在籍。令和3年1月に退所。現在フリー。テレビドラマ、映画、舞台、CMなどへの出演のほか、NHK―FMのラジオドラマやナレーションな ...
  continue reading
 
Loading …
show series
 
■『戦後史開封:ゴジラ(東宝) Vs. ガメラ(大映)』昭和29年、東宝は映画 『ゴジラ』を公開、大ヒットさせた。 一方の大映は「空飛ぶカメをテーマに企画を出せ!」という社長命令で、映画ガメラの制作に取り組む。 しかし大映には特撮の技術がなかった‥ ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) 【今回のチャンネル正論は】岸田文雄首相が「共生と人権」をめぐるシンポジウムに寄せたビデオメッセージがSNS上などで批判を浴びている。「残念ながら、我が国においては外国人、障害のある人、アイヌの人々、性的マイノリティーの人々などが、不当な差別を受ける事案を耳にすることも少なくない」と語った。首相発言のどこに問題があるのか。月刊「…
  continue reading
 
■『戦後史開封:ゴジラ(東宝) Vs. ガメラ(大映)』昭和29年、東宝は映画 『ゴジラ』を公開、大ヒットさせた。 一方の大映は「空飛ぶカメをテーマに企画を出せ!」という社長命令で、映画ガメラの制作に取り組む。 しかし大映には特撮の技術がなかった‥ ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) 【今回のチャンネル正論は】最近、阿比留瑠比記者が「X」に「憤りを覚える」と投稿した記事がある。「菅直人氏囲んだ旧内閣の同窓会、『名宰相』『時代が放っておかない』と持ち上げる場面も」という産経新聞の記事だ。阿比留氏が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人有元隆志。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「ネクスト・ゴール・ウィンズ」©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「瞳をとじて」 「ミツバチのささやき」のビクトル・エリセ監督による31年ぶりの新作長編。テーマは「記憶」だ。映画監督のミゲル(マノロ・ソロ)は、親友の主演俳優、フリオ(ホセ・コロナド)の失踪で映画製作が頓挫する。22年がたち、映画界から離れたミゲルは、フリオ失踪の謎を追うテレビ番組に出演。すると、「フリオに似た男がいる」との情報が寄せられ… ■「ボーはおそれている」 「ヘレディタリー/継承」「ミッドサマー」と独創的なホラー作品で注目されるアリ・アスター監督の新作。心配性の主人公のシ…
  continue reading
 
■『戦後史開封:ゴジラ(東宝) Vs. ガメラ(大映)』昭和29年、東宝は映画 『ゴジラ』を公開、大ヒットさせた。 一方の大映は「空飛ぶカメをテーマに企画を出せ!」という社長命令で、映画ガメラの制作に取り組む。 しかし大映には特撮の技術がなかった‥ ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) 【今回のチャンネル正論は】2月17日、18日に実施した産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、岸田文雄内閣の支持率は22.4%と政権発足以来、過去最低となった。岸田首相(自民党総裁)にいつまで首相を続けてほしいか尋ねたところ、自民党総裁選がある9月以降も続けてほしいとの回答はわずか5.8%で、岸田政権に…
  continue reading
 
■大阪府の宗教法人名簿に記載されている宗教団体の代表役員が、60年前に亡くなっていることが分かった。こうした休眠状態の宗教法人が不透明な形で残るケースは各地で散見されている。憲法が定める「信教の自由」を尊重し、宗教法人の解散にも高いハードルを設けている現状に問題はないのか。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:德重翠 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 0️⃣『戦後史開封:ゴジラ(東宝) Vs. ガメラ(大映)』昭和29年、東宝は映画 『ゴ…
  continue reading
 
昭和47年2月、長野県軽井沢町の保養施設「あさま山荘」に過激派「連合赤軍」の5人が押し入り、管理人の妻を人質に取って、10日間にわたって立てこもった。警察官ら3人が死亡、重軽傷者は27人。銃撃戦の模様はテレビで刻々と中継され、全国に異様な興奮を巻き起こした。そして、その後発覚した14人もの凄惨な「同志リンチ殺人」は昭和の世をいっそう震撼させたのである‥ ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの歴史番組 0️⃣『戦後史開封:ゴジラ(東宝) Vs. ガ…
  continue reading
 
■『戦後史開封:ゴジラ(東宝) Vs. ガメラ(大映)』昭和29年、東宝は映画 『ゴジラ』を公開、大ヒットさせた。 一方の大映は「空飛ぶカメをテーマに企画を出せ!」という社長命令で、映画ガメラの制作に取り組む。 しかし大映には特撮の技術がなかった‥ ・Spotifyで聴く(リンク) ・ApplePodcastで聴く(リンク) ・Amazon Musicで聴く(リンク) 【今回のチャンネル正論は】政治資金や旧統一教会で岸田首相に対する追及が止まらない。国会は「裏金」と「接点」に明け暮れており、週刊新潮が「岸田首相のウソ」を暴露した。自分の蒔いた種が自分に及び、延々と抜け出せずにいる岸田首相の苦境を月刊「正論」発行人、有元隆志と編集委員、安藤慶太が考える。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情…
  continue reading
 
■「東洋一の歓楽街」と呼ばれる東京・歌舞伎町。その中心部にある「新宿東宝ビル」の周辺は、通称、「トー横」と呼ばれている。大音量で流れる音楽、つかみ合いのけんか、動画を撮影する外国人観光客…。カオス化した歌舞伎町・トー横の広場には、地べたに座り込む若者らの姿がある。家や学校に居場所を見いだせない若者が、同じ境遇の「仲間」を求めて集っているのだ。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 ①『チャンネル正…
  continue reading
 
旧統一教会の推薦確認書にサインし、2021年の衆院選で教団の応援を受けていながら、党にそのことを届けていなかった盛山正仁文科相。朝日新聞の報道、国会での追及にも「記憶にない」を繰り返し目下炎上中だ。月刊「正論」発行人、有元隆志と編集委員の安藤慶太がこの問題を考える。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:2月29日(木) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事項> ・20歳未満の方は応募できません …
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「身代わり忠臣蔵」ⓒ2024「身代わり忠臣蔵」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「カラーパープル」 巨匠、スティーブン・スピルバーグ監督の〝無冠の名作〟が、ミュージカル映画としてリメークされた。娯楽超大作の大ヒットを連発し、時代の人気者となったスピルバーグ監督が、ピュリツァー賞小説を深刻な作風で映画化したのが「カラーパープル」(1985年)だった。アカデミー賞では10部門にノミネートされながら、一つもとれなかった。売れっ子監督への嫉妬や批判が背景にあったなどともいわれたが、この物語は、いまこそ見るにふさわしいだろう‥ ■「身代わり忠臣蔵」 ムロツヨシ主演の忠臣蔵だ。江戸城松の廊下の刃傷沙汰。浅野内匠頭に背後から斬られた吉良上野介…
  continue reading
 
埼玉県で不可解な動きが起きている。男女別学となっている県立高校について女子差別撤廃条約への違反を理由に是正を求める勧告が県男女共同参画苦情処理委員から出され、OBや現役生徒の間に波紋が広がりつつあるのだ。一体埼玉県で何が起こっているのか。月刊「正論」編集委員、安藤慶太が報告する。聞き手は同誌発行人、有元隆志 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:2月29日(木) seironhanbai@sankei.co.jp <同意…
  continue reading
 
■令和5年の秋、札幌市にある都市型の納骨堂が経営破綻した。破綻の発覚とともに寺の代表役員は雲隠れし、遺族が永代供養のつもりで預けていた数百もの遺骨がビルの中に残されている。宗教法人が運営する納骨堂は、都市部を中心に全国で増えているが、その運営には問題はないのか。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 ①『チャンネル正論』政治部出身ベテラン記者が、他社が報じないニュースに独自の視点で斬り込む報道番組…
  continue reading
 
昭和47年2月‥軽井沢にある「あさま山荘」に過激派「連合赤軍」の5人が押し入り、 人質を取って10日間立てこもった。銃撃戦のすえ、警察官ら3人が死亡、重軽傷者は27人。その模様はテレビで刻々と中継された。 さらに、その後発覚した凄惨な「リンチ殺人」は、日本社会をいっそう震撼させたのである‥ 戦後史開封〝あさま山荘事件〟‥次回より全5話を順次公開。 ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの歴史番組 ①『神田蘭の日本史列伝:樋口季一郎の巻』昭和20年8…
  continue reading
 
自民党の政治資金パーティー券問題をめぐり、岸田文雄首相(総裁)は「宏池会」(岸田派)の解散に踏み切ったが、内閣支持率はその後も低迷している。岸田首相としては当てが外れた格好で、問題は収束の見通しが立っておらず、党全体が漂流している状態だ。産経新聞政治デスクの水内茂幸氏が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人の有元隆志。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:2月29日(木) seironhanbai@sankei.co.j…
  continue reading
 
■自動車のタイヤが脱落する事故が、大型車を中心に相次いでいる。普通車での脱落はタイヤ交換時の作業不備や確認不足などが原因とみられる一方で、大型車では13年前のホイール規格変更がきっかけになったとする指摘もある。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 ①『チャンネル正論』政治部出身ベテラン記者が、他社が報じないニュースに独自の視点で斬り込む報道番組。偏向報道に慣らされている皆さんの目からウロコを落と…
  continue reading
 
「同じ穴のムジナに見られたくない」、「先送りできない優先課題を差し置いて憲法に力を注ぐ状況ではない」。いずれも与党である公明党の山口那津男代表の発言だ。連立相手である自民党をここまで批判、あるいは岸田文雄首相の改憲実現方針に異論を唱えていて与党に居座るのであろうか。改憲に協力しないなら自民党は直ちに公明党との連立を解消すべきだ。月刊「正論」発行人の有元隆志が解説する。聞き手は月刊「正論」編集委員の安藤慶太。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「レディ加賀」©映画「レディ加賀」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「熱のあとに」 感情に駆られた人物を描く作品は数多いが、本作は激情がさめた後の行動を見つめ、人間性を描き出す。令和元年のホスト殺人未遂事件をヒントに、新鋭・山本英監督が映画化した。沙苗(橋本愛)は、「本当の愛」に異常な執着を持ち、6年前に恋人のホストを殺しかけた。刑期を終えた彼女は、見合いで出会った健太(仲野太賀)と結婚。過去の記憶を胸に、地方都市で静かに暮らしている。だが、突如現れた隣人、足立(木竜麻生)が、沙苗を過去に引き戻す‥ ■「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」 18世紀の仏ベルサイユ宮殿を舞台に、59年間、国王に在位したルイ15世の最後の公妾(…
  continue reading
 
自民党派閥の政治資金パーティー問題で、小渕優子選対委員長が安倍派や二階派の議員に聴取している。小渕氏は経産相の時に政治資金収支報告書への虚偽記載が発覚し、その際にドリルで壊されたパソコンのハードディスクが見つかり証拠隠滅を図った疑いが指摘され「ドリル優子」のあだ名が付いた。その小渕氏が聴取する側に回ったことを疑問視する声が自民党内からも出ている。月刊「正論」発行人有元隆志と編集委員の安藤慶太が議論する。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:…
  continue reading
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 【原作】 「戦後史開封」(「戦後史開封」取材班 /産経新聞社・刊)  【語り手】 内田健介 【登場人物の声】真矢 【番組制作】産経新聞社 ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■…
  continue reading
 
■平成30年、あるベトナム人の女性が外国人技能実習生として来日したが、一年後に失踪した。外国人技能実習生の制度では、外国人が最長5年間、日本で働きながら技能を学べる。しかし、厳しい職場環境などが原因で実習生の失踪が相次いだため、政府の有識者会議は昨年、現行の制度を廃止して新しい制度を設ける最終報告書をまとめた。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:德重翠 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 ①『チャンネル正論』政治部出身ベテラン記者が、他社…
  continue reading
 
群馬県の県立公園「群馬の森」(高崎市)に建立された朝鮮人追悼碑が県の行政代執行で撤去されたことをめぐり、メディアが「歴史改ざんに手を貸す」「きわめて危うい事態」などと問題視している。だが、追悼碑に問題はなかったのか。なぜ行政代執行に至ったのか。月刊「正論」編集長、田北真樹子と編集委員、安藤慶太が解説する。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:2月29日(木) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事…
  continue reading
 
■宗教法人が運営する納骨堂をめぐり、財務状況の報告を運営法人に定期的に求める自治体は、わずか3団体であることが産経新聞のアンケートで分かった。調査対象は、全国20の政令市と東京都。都市型の納骨堂が近年増えている一方、経営破綻やトラブルも相次いでいる。国は納骨堂の安定経営に向けた指導と監督の徹底を自治体に求めるが、自治体側の対応は鈍い。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 ①『チャンネル正論』政治…
  continue reading
 
2月1日発売の月刊「正論」3月号の読みどころとして、巻頭特集「ウクライナ情勢と日本」を取り上げる。兼原信克氏、斎藤勉氏と小泉悠氏の対談など盛りだくさん。解説は正論編集長の田北真樹子と編集委員の安藤慶太。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:1月31日(水) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事項> ・20歳未満の方は応募できません ・発表は商品の発送をもってかえさせていただきます ・当選された方…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」ⓒ2024「君と世界が終わる日に」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「哀れなるものたち」  自死した不幸な若き女性ベラ(エマ・ストーン)が天才外科医、バクスター博士(ウィレム・デフォー)により奇跡的によみがえる。ベラは未知なる世界を自分の目で見たいという強い欲望に駆られ、放蕩者の弁護士、ダンカン(マーク・ラファロ)と駆け落ちをする。大陸を横断しながら、その時代の偏見などはものともせずに、女性として、人間として成長していく。  体は成熟した女性だが、固定観念も常識も持たない赤ん坊のように真っさらな精神状態で生まれ直したら、果たして人間はどんな行動に出るのだろうか‥ ■「サイレントラブ」 …
  continue reading
 
日本教職員組合(日教組)が札幌市で開催した教育研究全国集会(教研集会)の社会科教育分科会で、東京電力福島第1原発から放出される処理水を「汚染水」と表現する教材を使った授業実践例のリポートが発表された。実態を無視した誤った用語で政治的主張を教室に持ち込み政府批判や原発不審を煽る恐れすらある。学校教育は正しい理解を手にできるものでなければならない。解説は月刊「正論」編集部編集委員、安藤慶太。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募…
  continue reading
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 【原作】 「戦後史開封」(「戦後史開封」取材班 /産経新聞社・刊)  【語り手】 内田健介 【登場人物の声】真矢 【番組制作】産経新聞社 ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■…
  continue reading
 
■国内の深刻な人材不足を背景に、コンビニで働く外国人が増えている。日本では外国人の単純労働を原則として認めていない。コンビニ業務は「単純労働」に当たる可能性があり、本来は雇用できない。雇用できるのは、就労制限のない「永住者」や「日本人の配偶者等」の在留資格者に限られるが、外国人留学生は週28時間を上限にアルバイトとして許可されている。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:德重翠 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 0️⃣『発掘 太平洋戦争』…
  continue reading
 
自民党の「政治刷新本部」の中間とりまとめ案では、派閥による政治資金パーティーの禁止は盛り込まれたが政治家個人が開く場合の外国人によるパーティー券購入の禁止は入らなかった。これについて産経新聞の阿比留瑠比論説委員兼政治部編集委員は「納得できない」と言う。阿比留氏が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人有元隆志 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:1月31日(水) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事…
  continue reading
 
ロシアのウクライナ侵略をめぐり、これまでウクライナを支援してきた欧米諸国から停戦論が広がってきている。ウクライナは徹底抗戦する構えだが、米国では支援関連予算の成立が難航している。米大統領選予備選で共和党のトランプ前大統領は「自分が大統領になればウクライナ戦争を止める」と明言している。ウクライナは年内にもロシアとの停戦協議に追い込まれるのか。元産経新聞モスクワ特派員でJAPAN Forwardの内藤泰朗編集長が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人有元隆志。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チュ…
  continue reading
 
■サムネ画像は:映画「ゴールデンカムイ」ⓒ野田サトル/集英社ⓒ2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会 ■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「ゴールデンカムイ」 北海道の大自然を舞台に、アイヌの多大な埋蔵金をめぐり、男たちが争奪戦を繰り広げるアクション巨編。単行本の発行部数が累計2700万部を突破している人気漫画の実写映画化だ。主演は山﨑賢人。「キングダム」シリーズをはじめ、漫画原作の大作の主演といえばこの人だ。実際、山崎は、荒唐無稽な虚構の中に立ったときにこそ、説得力のある存在としてたたずんでみせる。独特の風格がある。今回もそうだ。 ■「サン・セバスチャンへ、ようこそ」 肥大した自尊心と劣等感の間で揺れる主人公を描く恋愛コメディー。ウディ・アレン監督が、得意…
  continue reading
 
米大統領選の共和党候補選びはフロリダ州のロン・デサンティス知事が指名争いから撤退すると表明したことで、ドナルド・トランプ前大統領とニッキー・ヘイリー元国連大使の2人に絞り込まれた。初戦のアイオワ州党員投票で大勝したトランプ氏の優位は揺るがない。トランプ氏はなぜ強いのか。英語ニュースオピニオンサイトJAPAN Forwardの内藤泰朗編集長が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人有元隆志。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締…
  continue reading
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 【原作】 「戦後史開封」(「戦後史開封」取材班 /産経新聞社・刊)  【語り手】 内田健介 【登場人物の声】真矢 【番組制作】産経新聞社 ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■…
  continue reading
 
■画像は、昨年9月、日本のEEZ内にある大和堆周辺で確認された中国漁船(水産庁提供) ■東京電力福島第1原発で処理水の海洋放出が開始されたのを受け、昨年8月、中国政府は日本産の水産物を全面的に輸入停止にした。一方で、中国の漁船はそのまま福島や北海道沖の北太平洋でサバなどの漁を続けている。同じ海域で漁をしている日本漁船の「日本産水産物」を禁輸にしつつ、中国漁船による「中国産」は国内で流通させている。また、中国や台湾のSNSでは処理水の放出後、危険性を強調して人々の不安をあおるニセの情報が多数拡散した。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組…
  continue reading
 
自民党内で派閥解消論が広がっている。政治資金パーティー券問題をめぐり世論の厳しい 批判にさらされているなかで、菅義偉前首相らが主張しているが、政権幹部からも同調する 声が出ている。果たして派閥を解消すれば問題は解決するのか。月刊「正論」発行人の有元隆志と編集委員の安藤慶太が解説する。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:1月31日(水) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事項> ・20歳未満の方…
  continue reading
 
共同通信が行った世論調査(1月13日~14日)で、岸田文雄政権の内閣支持率は27.3%と前月(昨年12月16日~17日)よりも5ポイント増えた。自民党の支持率も7.3ポイント増の33.3%となった。政治資金パーティーをめぐる問題で批判を浴びているなかでなぜ上昇に転じたのか。産経新聞政治担当デスク水内茂幸氏が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人有元隆志。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:1月31日(水) seiron…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「アクアマン/失われた王国」 すべての海の生物を操る能力を持つ海の王、アクアマンことアーサー・カリー(ジェイソン・モモア)の活躍を描くスーパーヒーローシリーズの2作目。「スーパーマン」などを擁する米DCコミックスが原作。前作で九死に一生を得た海賊による、アクアマンに対する報復劇が物語の骨格。そこに謎の「失われた王国」の怨念が絡む。前作で対立した異父弟、オーム(パトリック・ウィルソン)との関係も描く。 ■「カラオケ行こ!」 「1秒先の彼」で宮藤官九郎と組んだ山下敦弘監督が、こんどはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの脚本家、野木亜紀子と同名漫画を実写映画化した。暴力団幹部の成田狂児(綾野剛)が組のカラオケ大会で最下位になることを…
  continue reading
 
岸田文雄首相肝煎りで設置された自民党の「政治刷新本部」で、菅義偉前首相はさっそく「派閥の解消」を主張した。初回は外遊中で欠席した麻生太郎副総裁は派閥「為公会」の会長でもあり、派閥解消には反対するとみられている。岸田文雄首相は両者の対立をどうさばくか。産経新聞政治担当デスク水内茂幸氏が解説する。聞き手は月刊「正論」発行人の有元隆志。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:1月31日(水) seironhanbai@sank…
  continue reading
 
■トラック運転手の残業規制が強化され、物流業界の労働力不足が懸念される「2024年問題」がことし4月、いよいよ本格化する。2024年は、日本が外国人政策を根本的に転換した「移民元年」となる可能性がある。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■産経Podcast おすすめの番組 0️⃣『発掘 太平洋戦争』:先の大戦で苛烈な戦闘の最前線に立った人々はどんな体験をし、何を感じたのか。彼らが昭和の時代に書き残した手記を音声化しました。 ・S…
  continue reading
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 【原作】 「戦後史開封」(「戦後史開封」取材班 /産経新聞社・刊)  【語り手】 内田健介 【登場人物の声】真矢 【番組制作】産経新聞社 ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■…
  continue reading
 
政府・与党は通常国会を1月26日に召集する方針を決めた。能登半島地震の復旧・復興を進めるため、令和6年度予算案に計上された予備費を5千億円から1兆円に倍増し、早期成立を図るはずが、例年の20日頃召集よりも遅くなった。大きな影響を及ぼしているのが、自民党派閥の政治資金収入をめぐる事件だ。政治が検察捜査に屈した格好だ。月刊「正論」発行人の有元隆志と編集長の田北真樹子が解説する。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:1月31…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「燈火は消えず」 香港といえば、夜空に輝く派手なネオンサインの看板が目に浮かぶ。「100万ドルの夜景」と呼ばれ親しまれてきたが、今や昔日の風景のようだ。2010年の建築法等改正以来、多くのネオンサインが撤去され、20年までに9割もが姿を消したという。  本作は、そんなガラス管ネオンにこだわる昔かたぎのネオン職人、ビル(サイモン・ヤム)とその妻、メイヒョン(シルヴィア・チャン)の夫婦の物語だ… ■「笑いのカイブツ」 人は才能だけでは幸せになれない。注目を浴びながらも自滅し、再起する男を描いたツチヤタカユキの同名私小説を、滝本憲吾監督が映画化した。大阪。人間関係が苦手で、お笑いのネタばかりを考えているツチヤ(岡山天音)は、ついに劇場…
  continue reading
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 【原作】 「戦後史開封」(「戦後史開封」取材班 /産経新聞社・刊)  【語り手】 内田健介 【登場人物の声】真矢 【番組制作】産経新聞社 ■「戦後史開封」は、戦後日本の政治史、外交史、エンタメ・服飾芸能史などの様々な出来事を再取材、現代の観点で再構成するドキュメンタリー番組。埋もれていた逸話、報道されていない事実にも光を当てて戦後日本を振り返ります。 ■番組のフォロー、評価をお願いします! ■…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■「宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました」 国境で対峙する韓国・北朝鮮兵士の友情物語…というと、ありがちな筋書きを思い浮かべる人もいるだろう。だが、この作品は、欲に駆られた双方が仕方なく共同作戦を行う、ちょっと変わったコメディーだ。 ■「ブルーバック あの海を見ていた」 西オーストラリアの海辺の町を舞台に、若き海洋生物学者のアビーと環境活動家の母親、ドラの絆を描く作品。劇中、重要なキャラクターとして登場する巨大な青い魚はウエスタン・ブルーグローパーというベラ科の一種。好奇心旺盛で人懐っこく、アビーはブルーバックと名付け、かわいがる。 ■「サンクスギビング」 ハロウィンやクリスマスを舞台にしたホラー作品は数多いが、感謝祭(…
  continue reading
 
■画像は:ホストクラブ側に120万円の損害賠償を支払うとした合意書(一部画像処理しています) ■ことし11月の下旬、当時ホストだった佐藤さん、23歳は、東京・歌舞伎町のホストクラブで3人の上司に囲まれ、詰問を受けていた。 「それって爆弾でしょ」 「来てくれなくなったらどう責任とんの」 革靴でテーブルを蹴り上げる音が響く中、次々と浴びせられる言葉が、佐藤さんの耳に威圧的に響く。「爆弾」とは、業界ではタブーとされている、客を不快にさせる言動や、ほかのホストの客を奪うなどの、店に損害を与える行為を指す。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組で…
  continue reading
 
「レイプ」などと虚偽の発言で濡れ衣を着せられた群馬県草津町の黒岩信忠町長。月刊「正論」2月号は、前年2月号で掲載された証言からこの1年の出来事に関する手記を掲載した。解説は正論編集委員の安藤慶太。聞き手は正論編集長の田北真樹子。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:12月31日(日) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事項> ・20歳未満の方は応募できません ・発表は商品の発送をもってかえさせて…
  continue reading
 
産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。 ■サムネ画像は:映画「ファースト・カウ」©2019 A24 DISTRIBUTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED. ■「PERFECT DAYS」 本当に大切なものとは何だろう。ヴィム・ヴェンダース監督の新作は、劇的な展開も熱い演説もない静かな作品だが、観客に強い問いかけを放ってくる。主人公の平山(役所広司)は、公衆トイレの清掃を仕事にしている。古アパートで早朝に目を覚まし、トイレを丹念に清掃して回る。古いカセットテープの音楽と小説、仕事終わりの銭湯、地下の居酒屋での一杯…。機械仕掛けのような毎日を繰り返している。 ■「ハンガー・ゲーム0」 独裁国家パネムの首都キャピトルの市民(特権階級)は、反乱の抑止を目的に…
  continue reading
 
12月25日発売の月刊正論は「新しい時代の戦い方」を特集した。江崎道朗氏と部谷直亮氏の対談など読みどころを月刊「正論」編集長の田北真樹子と編集委員の安藤慶太が解説する。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:12月31日(日) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事項> ・20歳未満の方は応募できません ・発表は商品の発送をもってかえさせていただきます ・当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒…
  continue reading
 
産経新聞紙面に掲載された「話の肖像画」。歌手の加藤登紀子さんが、自らの反省を回顧する、最終話。(代読は加藤さんの次女、 Yae さん) ‥‥「昭和43年の東大卒業式ボイコット闘争で、ジーパン姿で座り込みに加わったときに、加藤登紀子であることから逃れられなくなったと思う。もう一つの転機は(獄中)結婚かな。これはもう、どうしようもない(苦笑)。私のボディーガードを自任する永六輔さんは、芸人というのは元来、お客さんあってのものだから、旗幟鮮明にしないほうがトク、その範囲で自分を発揮すればいいのであって、あまり生身で動いたりするのは心配だなんて、よく忠告してくれました。  ただね、私はあくまでも歌手なんですよ。運動家じゃありません。愛すること、語りつぐこと、旅すること、抱きしめること…詞を語る、スト…
  continue reading
 
■画像は:ホストクラブが集まる東京・歌舞伎町を視察する警察庁の露木康浩長官(左端)=11月27日夜 ■日本国内の治安を預かる警察庁の露木康浩長官が、11月末、日本最大のホスト街と、売春の客待ち女性が居並ぶ東京・歌舞伎町を視察した。視察を終えたあと、「卑劣な営業手法は、あらゆる法令を駆使して取り締まる」と決意を語った露木長官。悪質なホストクラブの問題は全国的な広がりを見せており、全国警察を挙げて一掃する方針を示した。 ▷記事本文はWeb産経ニュースで(リンク) ■ナビゲーター:加藤綾乃 ■「注目の記事から」は、産経新聞社のWEB「産経ニュース」から、アクセスの多かった記事を短くコンパクトに紹介するニュース番組です。[犯罪最前線]や専門家インタビューなど人気企画も随時配信。 ■番組のフォロー、評…
  continue reading
 
自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる問題で、公明党の山口那津男代表が、党の公式TikTokアカウントで「(自民党と)同じ穴のムジナに見られたくない」と発言した。最近の公明党の自民党に対する発言について、月刊「正論」発行人の有元隆志が解説する。聞き手は「正論」編集長の田北真樹子。 ■プレゼント応募要項(当選された方の情報は戸田酒店と共有し、戸田酒店より発送いたします) プレゼントご希望の方は下記メールアドレスに「缶チューハイギフトプレゼント」、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してお送りください。抽選で30名に「缶チューハイギフトセット」をプレゼントいたします。(提供:戸田酒店) 応募締切:12月31日(日) seironhanbai@sankei.co.jp <同意事項> ・20歳未満の方…
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド