CA 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
オンラインフランス語学校 Ensmeble en Français 提供「A la Cafet'」へようこそ。 この番組は、フランス語を勉強中の方やフランス語に興味があるという方に向けて、フランス語学習を楽しく効率よく続けるための秘訣などを、様々な角度からお伝えする番組です。 オンラインフランス語学校 Ensmeble en Français https://alacafet.ensemblefr.com/
 
Loading …
show series
 
c’est pour ça という表現の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。今回は「c’est pour ça」という表現をご紹介します!直訳すれば「そのためです」という意味になりますが、本当の意味は少し違います。この表現をマスターすることはそれほど難しくないですし、より自然に話しているようにみえますよ。 FRANCE 365 サイトについてご紹介 第2部では、当校が運営しているフランス情報サイト、FRANCE 365についてご紹介いたします。 FRANCE 365は、日本ではあまり報道される機会の少ないフランスの今、をお届けする「フランス最新ニュース」や、フランス語を勉強する上でとっても役に立つ「フランス語学習」、また、フランスの文化などを紹介する記事など、幅広い情報をお届…
 
リエゾンのルールを覚えよう〜しない場合〜 アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。今回はフランス語学習者を悩ませる「リエゾン」について、いくつかのルールを明確にしたいと思います。リエゾンとは何か、そして、リエゾンをしない場合をお話しします。 フランス語学習、中級者〜上級者のための学習方法をご紹介 今回は第2部では、アンサンブルアンフランセが推奨する学習方法をご紹介します。 日常会話ができ自分の意思を伝えられる、一通り文法は学習されたという中級から上級者の皆さんへの学習方法です。アンサンブルは皆さんのフランス語学習を全力で応援しています。 YouTube
 
foirer(動詞)の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。「foirer(動詞)」は「博覧会、お祭り騒ぎ」を意味する「une foire」にスペルが似ていますが、意味は全然違い、「失敗する、しくじる」という意味です。今回はこの「foirer(動詞)」を例文を挙げてご紹介します。 フランス語学習、初級者のための学習方法をご紹介 今回はアンサンブルアンフランセが推奨する、フランス語学習を始められて、少したった初級者の皆さんへの学習方法をご紹介します。アンサンブルは皆さんのフランス語学習を全力で応援しています。 YouTube
 
「顔」にまつわるフランス語表現 アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。今回は「顔」にまつわる表現をご紹介します。「顔をつき合わせて」「向かい合って」はフランス語ではどのように言うのでしょうか。日常的に使用頻度が高い表現ですので、ぜひ、覚えて使ってみてください。 Julie先生をご紹介 第2部では、10月4日にデビューされたJulie先生の魅力をご紹介します。 プロのイラストレーターで、絵本作家としても活躍するJulie先生は、これまでに、自作のイラスト付きの、フランス語の絵本を多数出版されています。フランス語講師としては2014年から活動されており、テキパキと効率の良い指導が持ち味です。シンプルに噛み砕いて話してくれるため、フランス語だけの説明でもわかりやすいと評判です。 アーティ…
 
「se serrer la ceinture( 自分のベルトをしめる)」という表現の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。今回は「se serrer la ceinture( 自分のベルトをしめる)」という表現をご紹介します!ちょっと痩せたときにはベルトをしめますが、この表現には別の意味があります。 無料グループレッスンについてご紹介 第2部ではアンサンブルの「無料グループレッスン」についてご紹介します。 アンサンブルでは、発音、ディクテ、会話、翻訳、という4種類のグループレッスンを、「Zoomウェビナー」という、オンラインでセミナーを行うためのソフトを使い、それぞれ月2回、無料で開講しています。 詳しくは、毎月25日から最終日までに、アンサンブルメイト様に配信される、「…
 
「サナリヤナヴォワ―」耳にするけど、どういう意味? アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。今回は多分皆さんもフランス語のレッスンの時や、フランス人と会話している時に、一度は耳にしたことがあると思われる、「サナリヤナヴォワ―」をご紹介したいと思います。 オンラインサロンついてご紹介 第2部では、アンサンブルのオンラインサロンについてご紹介します。Facebookのライブ配信機能を使って、アンサンブルのフランス語講師Yasko先生やMiwa先生が生徒様の学習相談に答えたり、また、Hibiki先生をはじめとするアンサンブルの日本人講師や、ネィティブ講師、さらに、フランス語にかかわる業界で活躍されている、外部の方をゲストにお招きして、対談を行ったりします。 フランス語学習に役立つ情報の共…
 
フランス語学習者がよく出会う問題、bienとbonの違い アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。今回もフランス語を勉強している人がよく出会う問題を解決しましょう !それは« bien » と« bon »の違いです !この二つの単語は基本的で基本的な意味を持っているのですが、それらを区別することになると混乱することがあります。例文を用いて説明しますので、違いをしっかり学びましょう。 FRANCE 365 についてご紹介 第2部では、当校が運営しているフランス情報サイト、FRANCE 365についてご紹介いたします。 FRANCE 365は、日本ではあまり報道される機会の少ないフランスの今、をお届けする「フランス最新ニュース」や、フランス語を勉強する上でとっても役に立つ「フランス語学習」…
 
ワクチンにまつわるフランス語 アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。今回はワクチンにまつわるフランス語表現をご紹介します。 翻訳強化グループレッスンについてご紹介 第2部では、Hibiki先生が担当している翻訳強化グループレッスンについてご紹介します。 アンサンブルでは、発音のスペシャリストとして知られているHibiki先生ですが、翻訳にもたいへん関心が深く、気に入った小説を丸ごと一冊和訳してしまうほど、翻訳に力を入れていらっしゃいます。 そんなHibiki先生による「翻訳強化グループレッスン」は、Zoomウェビナーを用いて、最大6名の参加者に開講され、アンサンブルの生徒様であればどなたでも、無料で参加することができます! 詳しくはこちらをご覧ください。 YouTube
 
フランス語で良く使う2つの表現「〇〇している最中」「〇〇している所」 アンサンブルアンフランセ講師のJosephです。今回はフランス語で良く使う表現「〇〇している最中」「〇〇している所」をご紹介します。それぞれの使い方のポイントをおさえて、実際に使ってみてください。 「アンサンブルアンフランセ」についてご紹介 第2部ではA la Cafet’をお届けしています、当校、アンサンブルアンフランセのご紹介をさせていただきます。 アンサンブルアンフランセは、2010年2月1日に開校した、無料ビデオチャットツールSkypeを用いたオンラインのフランス語学校です。開校以来、日本をはじめ、世界中にお住まいの生徒様にレッスンを提供しています。 ご興味を持たれましたら、無料でレッスンを体験することができますの…
 
混同しがちな mieux と meilleur の使い分け方 アンサンブルアンフランセ講師のRémyです。今回はたくさんの生徒さんが混同してしまっている « mieux »と « meilleur »の使い分けについて話したいと思います。 「ワンポイントフランス語レッスン」についてご紹介 本日は、アンサンブルのYouTubeチャンネル、「TVフランス語」にてお届けしている、当校の講師による「ワンポイントフランス語レッスン」についてご紹介します! YouTube
 
フランス語でよく使う時間の表現 、区別するポイント アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。今回もフランス語でよく使う時間の表現を勉強したいと思います。これまでに「en / depuis/ il y a / dans / pendant / durant」そして「pour」について学びました。まだまだありますが、今回は「 jusqu’à / dès / désormais 」についてご紹介します。 アンサンブルのオンラインサロンについてご紹介 今回は、アンサンブルのオンラインサロンについてご紹介します! Facebookのライブ配信機能を使って、アンサンブルのフランス語講師Yasko先生やMiwa先生が生徒様の学習相談に答えたり、 また、Hibiki先生をはじめとするアンサンブルの日…
 
フランス人がよく使う「quand même 」って、どう使うの アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。今回は、レッスンでよく「フランス人と話していると凄くよく耳にする言葉なんだけど、実際、どういう時に使えばいいか分からない」と言われるある表現をご紹介したいと思います。 その表現とは「 quand même 」。これを日本語にすると「それでもやはり」という意味ですがなかなかどういう時に使えばいいか、イメージしにくいですよね。 ということで、今日は「やっぱり」という意味を持つ表現をいくつかご紹介して、それぞれどういう風に使い分けるのかを一緒に見ていこうと思います! Daphné先生をご紹介 今回は7月20日にデビューした新しい講師、とはいえすでにベテランの落ち着きがある、Daphné…
 
食べ物に関する単語を自然に使い分けるポイント アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。今回は食べ物に関する単語で、初心者から上級者までの多くの方が自然に使い分けるのに苦労している「 une cuisine / la cuisine / un plat / un aliment / la nourriture」という言葉を取り上げます。より自然で正しい使い方を一緒に学びましょう。 無料メールレッスンのご紹介 今回はアンサンブルがお届けしている、無料メールレッスンのご紹介です。 毎回、A la Cafet’ では、担当講師が「無料メールレッスンに是非ご登録ください」とご紹介していますが、この無料メールレッスン、とっても役に立つんです。 「ネイティブが自然に使う会話の表現」や「覚えておくと現地…
 
「瓶を海に投げる」ってどういう意味、その使い方 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。梅雨があけるといよいよ夏ですね。夏といえば、海!今回は“lancer une bouteille à la mer”、直訳すると「瓶を海に投げる」と言うフランス語の表現をご紹介します。 Mathilde先生をご紹介 第2部では7月5日にデビューしたフレッシュな講師、Mathilde先生の魅力をお伝えします! 大学では「法律」を専門に学んだというMathilde先生は、明快かつテンポの良い教え方で、生徒を上手にリードし、発言を促してくれます。 間違いを指摘して、説明するだけでなく、生徒がちゃんと理解して使えるよう、即興で応用問題を提案します。質問文を作る練習も積極的に行うので、会話力を伸ばしたい方…
 
雨にまつわるフランス語の慣用句・表現 アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。今回は雨の多いこの季節にちなみ、フランス語には雨にまつわる慣用句、表現も多くありますので、その一部をご紹介します。 Antoine先生をご紹介 第2部では6月21日にデビューされた、Antoine先生の魅力をご紹介します! 現在日本語の学校に通いながら、フランス語を教えているAntoine先生。文章を書くことが大好きで、フランス語の小説を出したこともあるそうです。そんなAntoine先生は、レッスン中に生徒が本当に言いたいことを、自然で綺麗なフランス語に表現できるようになるまで、しっかり丁寧にサポートします。 発音の指導にも工夫があり、日本人にとって発音しやすい単語から出発してステップアップさせてくれます。…
 
時間の前置詞「 pendant / durant / pour」の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。前回、6月に担当した第379回ではフランス語でよく使われる時間表現の中から、「en / depuis / il y a / dans」を取り上げました。今回は「 pendant / durant / pour」について学びましょう。 Camille先生をご紹介 第2部では6月21日にデビューされた、笑顔が素敵な新人講師、Camille先生をご紹介します! フランスではなんと、内務省で勤務していたというCamille先生は、とても責任感が強く、生徒思いで、隅々まで行き届いたレッスンが魅力です。間違いを単に直すだけでなく、より自然で、気持ちのこもった表現の仕方を、優しく提案し…
 
関係代名詞 lequel / laquelleの使い方 アンサンブルアンフランセ講師のJosephです。今回の私の担当回でも引き続き、関係代名詞について取り上げます。lequel / laquelleも苦手だという生徒様は多いです。でも、それほど難しくないので、ぜひ、一緒に勉強しましょう。 Anaelle先生をご紹介 第2部では、6月14日にデビューされたAnaelle先生の魅力をご紹介します! 2014年から子供や大人にフランス語を教えているAnaelle先生。 日本語がとにかく堪能で、読み書きも得意、日仏翻訳サポートも行っているため、フランス語を「きちんと」丁寧に教えることを大切にしています。 そのためにも、FLE(外国語としてのフランス語教授法)の知識が必要だと実感し、通信教育で資格を…
 
よく使われる時間の表現「en / depuis / il y a / dans」の使い分け方 アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。今回はフランス語でよく使われる時間の表現を勉強したいと思います。それらは数が多く、それぞれの用途を区別するのが難しいです。2回に分けてお届けします。まずは、「en / depuis / il y a / dans」という前置詞や表現をご紹介します。 レッスン風景動画についてご紹介 本日は、アンサンブルのYouTubeチャンネル、「フランス語TV」にてお届けしている、講師の「レッスン風景動画」についてご紹介します! アンサンブルでは、Skypeを用いて、50分のマンツーマンフランス語レッスンを受講いただけますが、 実際に、どのような雰囲気で当校のオンライ…
 
「種を蒔く・発芽する・伸びる・収穫する」という動詞を使った使える表現 アンサンブルアンフランセ講師のRemyです。先月バルコニーでキュウリとトマトの種を蒔きました。発芽して、毎日すくすくと伸びています。収穫するのが今から楽しみです。「 semer 種を蒔く・ germer 発芽する・ pousser 伸びる・récolter 収穫する」という動詞はフランス語でも日本語のようにガーデニング以外でも使えます。今回はそれらの使える表現をご紹介します。 FRANCE 365 をご紹介 今回は、アンサンブルアンフランセが運営しているフランス情報サイト、FRANCE 365についてご紹介いたします。 FRANCE 365は、日本ではあまり報道される機会の少ないフランスの今をお届けする「フランス最新ニュー…
 
フランス人の友人を家に招待したときに使うフレーズ アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。フランスでは、よく人を家に招いて食事会やパーティをすることがあります。フランスに滞在している人は、フランス人のお宅に招かれたことがある、という人も多いのではないでしょうか。 今回は、フランス人の友人を家に招いた時に使うフレーズをご紹介しますね! 今のところ家にフランス人を招く予定はないという人も、招かれたときによく耳にするフレーズばかりですので、是非参考になさってください。 Fabrice先生をご紹介 第2部では、5月24日にデビューされたフランス語講師歴20年のベテラン、Fabrice先生をご紹介します! フランス文学の博士号を取得しているFabrice先生は、文学と言語を愛し、オーストラリ…
 
もうすぐフランスは母の日、「歓迎する」という表現を覚えましょう♪ アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。フランスでは5月の最後の日曜日に母の日を祝います。今年は5月30日ですね。そこで今回は「歓迎する」「人に親切にする」という表現をご紹介します。この表現は、特に、飼い主が帰った時に犬が喜ぶ様子を表すときに使いますよ^ ^ Margot先生をご紹介 第2部では、5月14日デビューしたMargot先生をご紹介します。 2015年にフランス語を教え始めたというMargot先生。フリーの翻訳家としても活動しており、個人で、好きな日本語の小説を、フランス語に翻訳することができるほど、日本語がとても堪能です。 そのため、幅広いテーマについての作文や、添削のレッスンを、的確に行うことができます…
 
« an » と « année »の違いを知って、使いこなそう アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。年(ねん)という意味の« an »の話をすると、レッスンで« an » と « année »がどう違うのかとよく聞かれます。基本的な単語であっても多くの人にとっては使い分けが難しいですね。だから今回は« an » と « année »の違いと自然で簡単な使い方を詳しく説明します。 Delphine先生をご紹介 第2部では、5月10日デビューしたフレッシュな新人講師、Delphine先生の魅力をご紹介します! 明るい笑顔が印象的なDelphine先生は、小さい子供向けに英語を教えていた経験があるので、天真爛漫で、とてもポジティブな講師です。生徒が問題を乗り越えられるよう、一緒に並走…
 
値段やお金に関するフランス語表現 アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。私は古いものを探すのが好きで骨董市、蚤の市を見て回るのが楽しみです。そこで今回はものの値段やお金について話すときに使うフランス語表現を色々とご紹介します。 アンサンブルアンフランセのご紹介 今回は、A la Cafet’をお届けしています、当校、アンサンブルアンフランセのご紹介をさせていただきます。 アンサンブルアンフランセは、2010年2月1日に開校した、無料ビデオチャットツールSkypeを用いたオンラインのフランス語学校です。 開校以来、日本をはじめ、世界中にお住まいの生徒様にレッスンを提供しています。 お陰様で、定期的に実施している生徒様へのアンケートでは、ほぼ全員の方からフランス語が上達したという 嬉し…
 
会話上手に!さりげなく話題を導入する表現 アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。今回は、会話の中でさりげなく話題を導入するために使える表現を学びたいと思います。ワンクッション置くのに使える表現を知って、会話上手になりましょう。 翻訳強化グループレッスンについて 第2部では、Hibiki先生が担当している翻訳強化グループレッスンについてご紹介します。 アンサンブルでは、発音のスペシャリストとして知られているHibiki先生ですが、翻訳にもたいへん関心が深く、気に入った小説を丸ごと一冊和訳してしまうほど、翻訳に力を入れていらっしゃいます。 そんなHibiki先生による「翻訳強化グループレッスン」は、Zoomウェビナーを用いて、最大6名の参加者に開講され、アンサンブルの生徒様であればどな…
 
仏おふくろレシピで学ぶ、料理でよく使う単語 アンサンブルアンフランセ講師のJosephです。今回はお約束通り、アッシュパルマンティエのレシピをお伝えしますね。私のママンが教えてくれたレシピです。そして一緒に、料理でよく使う動詞「faire+不定詞」についても学びましょう。 Nathalie先生ご紹介 今回は、4月10日デビューされた講師、Nathalie先生の魅力をご紹介します! 2008年よりフランス語を教えているNathalie先生は、ご自宅で10年近く、フランス語教室を開いていたこともあるので、豊富な指導経験と、自身のメソッドをお持ちです。そして日本語もたいへん流暢なので、いざという時、日本語での文法説明も、お手の物です。包容力のある、優しく落ち着いた人柄で、フランス語の初心者でも、安…
 
「地に足がついている」フランス語でどう言うの? アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。来週の4月22日は「地球の日、アースディ」って、知っていましたか?毎年行われている世界的なイベントですよ。もちろんフランスも他の192カ国とともに、参加しています。そこで、今回は「地に足がついている」という表現をご紹介しますね。 Marie先生ご紹介 第2部では4月2日にアンサンブルデビューされたMarie先生をご紹介します! 2019年からフランス語を教えているマリー先生は、 幼いころから語学に関心が深く、現在は、ご自身も学生として、日本語を熱心に勉強中です。 そのため、フランス語を教える際にも、自然と生徒の立場に立って考えることができるので、 文法の説明がとてもわかりやすく、どんな質問にも明…
 
花や花の名前を使ったフランス語表現いろいろ アンサンブルアンフランセ講師のRémyです。4月に入りましたがこの季節は三寒四温で、風邪を引きやすいですが、花の季節でもあります。そこで今回は花や花の名前を使ったフランス語の表現をいろいろと、ご紹介したいと思います。 Leina先生ご紹介 第2部では3月29日にアンサンブルデビューされた日仏バイリンガル講師の、Leina先生をご紹介します! ”franco-japonaise”としてフランスで生まれ、幼い頃からフランスと日本を行き来しながら育ったので、両国の学校教育も経験している、完璧な日仏バイリンガルです。溢れ出る元気と笑顔、褒め上手でテンポの良いレッスン運びが持ち味で、話しているだけで自然とポジティブな気持ちになります。 Leina先生は日本人…
 
フランス語の発音にカタカナを振っていませんか アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。今回はフランス語が上手く発音できていない理由、その第3弾です。「上手く発音できていない」原因は、主に次の6つに当てはまります。おさらいしておきましょう。 1.日本語にない「曖昧な」音が上手く発音できていない 2.余計な所に母音が入っている 3.Rの発音が上手くできていない 4.V、Fの発音が上手くできていない 5.RとLがごちゃごちゃになっている 6.鼻母音[ɑ̃]が[ɛ̃]になっている 第1弾では、1と2をご紹介しました。第2弾では、3と4をご紹介しました。第3弾の今回は、5と6について詳しくお話いたします。 ※パリマラソンの公式HP ※A la Cafet’第269回「鼻母音[ɑ̃]習得のコツ…
 
代名詞「en」の使い方のポイント アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。前回は代名詞「y」について取り上げました。今回は代名詞「en」についてお話します。代名詞の 「en」が使えるかどうかを調べるには…では、しっかり最後まで聞いてください。 Jade先生ご紹介 第2部では3月15日にデビューされたJade先生をご紹介します。2019年から日本人にフランス語を教えているJade先生は、柔らかく落ち着いた雰囲気が印象的で、教え方も同様に丁寧でしっかりしています。 そのため、ゆったりとした安心感の中で、着実にステップアップできるレッスンが魅力です。文法も発音も、生徒の弱いところを見逃さず、確認から応用まで、生徒に話させ、考えさせながらサポートしてくれます。 レッスン開始時間の、3時間前ま…
 
代名詞「y」の使い方のポイント 初めまして、アンサンブルアンフランセ講師のAdrienです。今回から私もA la Cafet’を担当しますので、どうぞよろしくお願いします。皆さんは代名詞「y」を使いこなせていますか?非常に使用頻度が高いので、今回は「y」について勉強しましょう。 Cindy先生ご紹介 第2部では3月7日にデビューされたCindy先生をご紹介します。 語学というものにたいへん関心があり、日本語や英語が流暢なだけでなく、スペイン語やイタリア語など、なんと11カ国語を学ばれたというCindy先生は、とにかく「語学好き」が伝わる、前向きで楽しいレッスンが魅力です。どんなテーマで会話を行っても、しっかりと「その日から使える」実用的なフランスを教えてくれます。 マルセイユ出身で、南フラン…
 
指示代名詞“celui”を便利に使おう アンサンブルアンフランセ、フランス語講師のHibikiです。今回はボルドー発祥の卵を使った生地の食感とラム酒の風味が特徴的なお菓子「カヌレ」を例に用いて、指示代名詞“celui”の使い方を勉強してみましょう。 Lucile先生をご紹介 本日は、2月23日にデビューされた、Lucile先生をご紹介します。 2015年からフランス語を教えている、Lucile先生ですが、大学時代はFLE(外国語としてのフランス語教授法)の修士号を取得され、これまでに、ベトナムやブラジルなどの外国でフランス語を教えた経験が豊富にあります。 DELF・DALFや、TCFなどの試験対策にも対応できるため、受験を控えていらっしゃる方にもおすすめしたい講師です。 レッスン開始時間の6…
 
フランス語の「R」「V」「F」を上手く発音するコツ アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。今回はフランス語が上手く発音できていない理由、その第2弾です。「上手く発音できていない」原因は、主に次の6つに当てはまります。おさらいしておきましょう。 1.日本語にない「曖昧な」音が上手く発音できていない 2.余計な所に母音が入っている 3.Rの発音が上手くできていない 4.V、Fの発音が上手くできていない 5.RとLがごちゃごちゃになっている 6.鼻母音[ɑ̃]が[ɛ̃]になっている 第1弾では、1と2をご紹介しました。気になる人は、第一弾もご覧ください!第2弾の今日は、3、と4、を詳しくご紹介します! Mireille先生をご紹介 今回は、2月22日にデビューされたMireille先生…
 
数字が入った面白い表現 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。今回はよく使われる機会がある面白い表現「 se mettre sur son trente et un」をご紹介します。「31」という数字が入っていますが、その由来について、二つ説があるそうですので、お話しますね。 新しくなった!無料〈グループレッスン〉紹介 今回は、アンサンブルの大人気イベント、無料グループレッスンが、この2月にリニューアルされましたので、こちらでご紹介いたします。 アンサンブルでは、発音、ディクテ、会話、翻訳、という4種類のグループレッスンを、それぞれ月2回、無料で開講しています。 以前は「ズーム」を使い、最大6名の生徒様にご参加いただいておりましたが、たいへんな人気のため、スケジュールの公開から3…
 
関係代名詞「ce dont」の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のJosephです。前回私が担当したA la Cafet’では関係代名詞「ce qui」について、勉強しましたね。今回は関係代名詞シリーズのしめくくりとして「ce dont」についてお話したいと思います。 Johann先生ご紹介 第2部では1月25日よりアンサンブルでレッスンを開始した、Johann先生について、講師の特徴や魅力をお知らせします! 2014年からフランス語を教えているJohann先生ですが、学生時代は、パリのINALCO、国立東洋言語・文化学院で日本語を専攻したため、たいへん流暢な日本語を話します。 フランス語講師としてはもちろん、日本語の講師としても豊富な経験を持つJohann先生は、ふたつの言語の相違点を熟…
 
bienの色々な使い方 アンサンブルアンフランセ講師のRémyです。今回のフランス語レッスンでは、皆さんがよく知る「bien」のいろいろな使い方をご紹介します。たくさん例文を挙げましたので、覚えてすぐに使ってください。 Naoko先生ご紹介 本日は、1月22日にデビューされた、久しぶりの日本人講師、Naoko先生の魅力をご紹介します!2012年からフランス語を教えているNaoko先生ですが、以前はフランスのパリで 15年近くを過ごし、ファッション業界で働いていたそうです。 そのため、フランス文化やモードにたいへん詳しく、デザイン用語から商談や翻訳まで、ビジネスの様々なシーンに応じたレッスン提供が可能です。日本人学習者にわかりやすい板書と解説を行い、文法・発音・聞き取りなどが、バランス良く入っ…
 
勇気を与えるフランス語のことわざ5つ アンサンブルアンフランセ講師のCyrilです。今回のフランス語レッスンでは、勇気を与えるための諺(ことわざ)を5つ、紹介します。フランス語を学ぶには、かなり勇気が必要だと思います!紹介した諺が今年、フランス語を勉強するモチベーションUPになることを願っています。 Yuriko先生ご紹介 今回は、1月20日に講師デビューされた、Yuriko先生をご紹介いたします!お名前はいかにも、日本人らしい「ユリコ」先生ですが、 フランスに生まれ育った”franco-japonaise”で、フランス語がネイティブの講師です。 Yuriko先生は、明るくハツラツとした雰囲気で元気を与え、なおかつ、穏やかに、辛抱強く、生徒の話に耳を傾けてくれます。日本文化にも精通しているの…
 
フランス語の発音がうまく出来ない原因6つ アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。正しい文法と正しい読み方でフランス語を話しているはずなのに、フランス人に通じない、よく聞き返される、見当違いな返事が返ってくる、と言う経験をしたことはないでしょうか?今回は「上手く発音できていない」原因6つのうち、2つを取り上げたいと思います。 Julien先生ご紹介 今回は、1月18日にデビューしたばかりの、Julien先生をご紹介します。パティスリー、ソムリエ、スポーツなど、様々な分野に詳しく話題が豊富なJulien先生は、明るい笑顔が印象的で、柔らかく穏やかな性格なので、とても話しやすい先生です。 基本的にフランス語だけでレッスンを行いますが、生徒のレベルにぴったり合う速度と単語を使って話し、例…
 
se retrouver の教科書にほとんど載っていない意味とは? アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。今回ご紹介したい表現は« se retrouver »です。「 待ち合わせる」という意味でご存知かと思いますが、« se retrouver »には、あまり知られていないけれどフランス人がよく使うもう一つの意味があります。教科書にもほとんど載っていませんので、ぜひ、覚えてくださいね。 Adrien先生ご紹介 本日は、2020年の大晦日、12月31日に講師デビューされた、Adrien先生の魅力をお伝えいたします! 日本人とフランス人、両方の血を受け継ぐ”franco-japonaise”として、パリで生まれ育ったAdrien先生は、日仏バインリンガルなうえに英語も話せるため、生徒様の…
 
寒さについてフランス語でいろいろな言い方 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。今回は「読書の夕べ」というイベントにちなんで、本にまつわるフランス語の表現をご紹介します。 Nicolas先生ご紹介 去年の12月24日、クリスマスイブにデビューされた新人講師、Nicolas先生の魅力をご紹介します! Nicolas先生は、日本語の学習を始めてわずか3年ほどで、とても流暢に話せるレベルに達しただけあり、フランス語を教える時もその類稀な才能を生かして、「痒いところに手が届く」レッスンを行います。また、Nicolas先生は、生徒が望んでいることを察知する能力が非常に長けており、知識や話題が豊富なので、効果的で内容の深いレッスンが魅力です。 人との新しい出会いと交流が大好きで、生徒様とお会…
 
どういう時に使う?身近に使える接続法 アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。今回は苦手意識が強い方も多いと思う「接続法」について、こんな時にも使う一例を挙げてお話したいと思います。 Timothy先生ご紹介 昨年12月18日にデビューされた講師、Timothy先生についてご紹介します。 2016年からフランス語を教えているTimothy先生は、言語をはじめ、様々な分野に興味関心が深いため、豊富に話題を提供することができます。明るい笑顔が印象的で、生徒への思いやりが伝わる、優しく楽しいレッスンが魅力です。 とにかく感情表現が豊かで、ロールプレイを駆使した会話レッスンが得意なため、会話が上達するだけでなく、元気やバイタリティをもらえます。 会話上手になりたい方、ロールプレイのレッスンに…
 
寒さについてフランス語でいろいろな言い方 アンサンブルアンフランセ講師のRemyです。私の故郷レユニオン島ではクリスマスは夏真っ盛りにやってきます。でも、フランスや日本はとても寒いクリスマスです。そこで今回はすぐに使える寒さに関する表現とfroidという言葉を使った表現ご紹介します。 Élodie先生ご紹介 第2部では、12月18日に講師デビューされたばかりのÉlodie先生をご紹介します。語学やピアノなど「教えること」が大好きなÉlodie先生は、生徒様の上達に必要なことや、生徒様が苦手なポイントを瞬時に見抜き、的確な文法説明と発音矯正を、優しく丁寧に行います。絶えず明るい笑顔で、とにかく前向きなので、モチベーションが上がり、レッスン後は確実に理解し、上達した!という手応えを得られます。 …
 
関係代名詞「ce qui」の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のJpsephです。A la Cafet'[♯347]では、関係代名詞「ce que」についてお話しましたので、今回は「ce qui」の使い方について例文を挙げながらお話したいと思います。 Manon先生ご紹介 第2部では、12月4日に講師デビューされたばかりの、フレッシュなManon先生の魅力をご紹介します。 2016年からフランス語を教えているManon先生。パリのINALCOで日本語を専攻し、日本語をたいへん流暢に話すため、入門者から上級者まで、どんな質問にも的確なフランス語と日本語で答えることができます。 小さい子供相手のレッスンも得意なManon先生は、明るい笑顔と柔らかい雰囲気で、相手をすぐにリラックスさせます。レッ…
 
« d’habitude »と « comme d’habitude »をクリスマスの例文で覚えよう アンサンブルアンフランセ講師のMarineです。もうすぐクリスマス!そこで今回は2つの表現« d’habitude »と « comme d’habitude »をクリスマスの例文を使って覚えましょう。 アンサンブル〈オンラインサロン〉について 第2部では、この11月より新しく始まったアンサンブルの〈オンラインサロン〉についてご紹介します。Facebookのライブ配信機能を使って、アンサンブルのフランス語講師Yasko先生やMiwa先生が生徒様の学習相談に答えたり、また、アンサンブルのネィティブ講師や外部の方をゲストにお招きして対談を行ったりします。 フランス語学習に役立つ情報の共有と、モチ…
 
何かをすすめるときに使うフランス語の表現 アンサンブルアンフランセ講師のCyrilです。早いもので、もう12月ですね。クリスマスプレゼントの準備を始めましたか?今回のフランス語レッスンでは、何かをすすめる時に使う表現をいくつかご紹介します。状況に応じて、使い分けてくださいね。 アンサンブルメイト様のためのコミュニティサイト、CLUB ENSEMBLEをご紹介 第2部では、効率的にフランス語を学習するための秘訣や、フランス語学習が楽しくなる情報が盛りだくさんのコミュニティサイト、CLUB ENSEMBLEをご紹介します。 CLUB ENSEMBLEでは、当校の生徒様が取り組んでいらっしゃる学習方法や、役に立った学習方法、また役に立たなかった学習方法などの、生徒様目線での学習に対する情報をたくさ…
 
会話ですぐに使える短く簡単で覚えやすく、一気にネイティヴっぽくなるテクニック3つ アンサンブルアンフランセ講師のDaiです。A la Cafet’を担当するのは初めてですので、今後ともどうぞよろしくお願いします。 今回ご紹介する表現は、9月からアンサンブルでレッスンを開始してから、多くの生徒様と接していて気がついたことの中から、皆さんにもお伝えしたい内容です。このテクニックが使えると、一気にネイティヴっぽく会話がなりますので、早速取り入れてみてください。 学習方法紹介〜フランス語レベルをキープするために〜 第2部では、アンサンブルが推奨する学習方法についてご紹介します。今回は留学や仕事などでフランス語圏で生活していて、帰国してからもフランス語のレベルをキープしたいと言う方に向けた学習方法です…
 
「思っていたよりも〇〇だ」をフランス語で アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。話すこと、そして物事を比較することが大好きなフランス人がよく使う表現を紹介します。生徒さんからもどのように言えばいいかよく質問されるので、ぜひ、覚えて使ってみてください。 学習方法紹介〜フランス語圏への旅行に向けて〜 第2部では、アンサンブルが推奨する学習方法についてご紹介します。今回はフランス語圏への旅行を目的に、フランス語を学習している皆さんへの学習方法です。せっかくフランス語圏の国に旅行に行くのだから、レストランやお店で フランス語を話したいですよね!旅行先で困らないように色々なシチュエーションを想定して、楽しく学習しましょう。 アンサンブルアンフランセは皆さんのフランス語学習を全力で応援しています。…
 
「慌てないで」「落ち着いて」をフランス語で アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。先日、自身が注意散漫だったがために起きた出来事から、その時の自分に言ってあげたいフランス語の一言をご紹介します。「落ち着いて」「慌てないで」…時間ギリギリで急いでいる方が周りにいたら、ぜひ、声をかけてくださいね。 学習方法ご紹介〜留学に向けて〜 第2部ではアンサンブルが推奨する学習方法についてご紹介します。今回は、留学に向けてフランス語を学ばれている方への学習方法です。 留学生活を送るうえで困らないフランス語力を身に付けましょう。 授業について行くことが出来る様に、そして、研究、論文作成、発表が行えるように、フランス語力の底上げと、専門用語を知っておくことが、とても重要です。ポイントは4つ。ぜひ。お聞…
 
「なんとかするしかない」をフランス語で アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。11月11日はフランスは祝日ですが、なんの日か知っていますか?第一次世界大戦の停戦協定の日です。今回はそれに関連した表現をご紹介します。大変な状況に陥ったとき、頑張って受け入れてこの表現を使ってみてくださいね。 Carole先生ご紹介 第2部では10月24日にデビューされたCarole先生の魅力をご紹介します。 ブルターニュ地方の街、レンヌ出身のCarole先生は、落ち着いた雰囲気ときれいなフランス語の発音で、聞き取りやすい声が一番の魅力です。レッスンでは発音矯正を得意とし、細かいミスも見逃さずに直してくれます。それでいて褒め上手で、生徒の良いところをしっかり伸ばしてくれるので、話しやすいばかりか、50…
 
フランス人の名前、男女の見分け方 アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。今回は、視聴者さまから、フランス人の名前の男女の見分け方について知りたい、とリクエストをいただきましたので、一緒に確認して行きたいと思います。リクエストありがとうございました! Amanda先生ご紹介 今回は、10月22日にデビューを果たしたばかりのAmanda先生をご紹介します! フランスの海外県で、マダガスカルの近くにある「レユ二オン島」出身のAmanda先生は、太陽のように明るい笑顔と、大らかな雰囲気が魅力の講師です。 アクセントのない綺麗なフランス語を話し、パリにも仕事で住んだことがあるため、フランス本土の生活やアート、文化にも詳しく、話題が豊富です。持ち前の明るさと、相手に寄り添う懐の深さで、初回の…
 
関係代名詞「ce que 」の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のJosephです。関係代名詞と聞くと…なんだか苦手意識があるかもしれませんが、そんなに難しくありません。今回は関係代名詞「ce que 」の使い方をみてみましょう! 学習方法紹介〜趣味でフランス語を学ばれている場合〜 今回は、アンサンブルが推奨する学習方法についてご紹介いたします。 趣味でフランス語を学ばれている皆さんへの学習方法です。 楽しくフランス語の学習を続けていくためには、講師と一緒に フランス語学習そのものを楽しむことが大切です。 その1 先ずは、自分の興味があることを講師に伝えて、 興味がある題材を使って、講師と一緒にフランス語学習を楽しみましょう。 その2 せっかく趣味で続けているフランス語学習ですから、それが…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login