Billboard Japan 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
Billboard JAPANのスタッフが、毎週更新されるBillboard JAPANのチャートや国内外で日々生まれる音楽ニュースなどをトークでお届けするポッドキャストです。エピソードは毎週更新予定。 ホスト:礒﨑誠二 ※#128まで:生武まり子・太田明宏
 
Loading …
show series
 
10年以上続き、いよいよフィナーレを迎えた某TVシリーズから、なぜ最終回にモヤっとするのか、その原因を考えます。また、22年度最終週となる当週のヒットチャートからは、ロングセールス中のKing & PrinceやSnow Manらの数字から見えてくるコアファンのアクティビティや、ワールドカップが与える影響など、色々なトピックについてお話しします。
 
最近の紅白やジャニーズ、AKB48などのニュースから考えた、『音楽ジャンル』について語ります。もちろん当週のヒットチャートのトピックについても色々と、盛り沢山でお送りします。
 
まずは本日発表されたNHK『紅白歌合戦』の出演アーティストから、後日発表されるだろう隠し玉を予想。続いて総合ソングチャートとアルバムの両チャートを席巻するKing & Princeのチャートアクションを深掘りして、「ツキヨミ」がJAPAN HOT100総合首位を獲得した理由を探ります。
 
ジャニーズのニュースが驚きをもって駆け巡った前週を振り返り、その功績と今後について考えます。そして、JAPAN HOT100では、独走状態のOfficial髭男dism「Subtitle」と米津玄師「KICK BACK」は今後も上位を守るのか、などなど深掘りして今週もお届けします。
 
今週も激動のヒットチャート、Official髭男dism「Subtitle」、米津玄師「KICK BACK」、日向坂46「月と星が踊るMidnight」、Travis Japan「JUST DANCE!」、なとり「Overdose」などをピックアップ。3位以下に大差をつける「Subtitle」と「KICK BACK」の強さについて深掘りします。
 
総合ソングチャートJAPAN HOT100からTwitterとLOOK UPデータ、総合アルバムチャートHOT ALBUMSからLOOK UPデータの加算を22年12月7日公表回から廃止することが発表されました。それによってチャートがどう変わるのか、当週結果からそのヒントを探ります。また、前週初登場した楽曲に早くもカラオケポイントが加算開始、この影響は? などなど、今週もヒットチャートを深掘りします。
 
前週の予想通り、米津玄師、JO1、Official髭男dism、藤井風、超特急がトップ10にランクイン、大きく様変わりしたJAPAN HOT100を深掘り。これらの楽曲を抑え動画再生指標で1位を獲得した楽曲や、12月から公表予定の新チャートについてなど、盛りだくさんでお送りします。
 
次週のヒットチャートを賑わせるだろう、米津玄師、Official髭男dism、藤井風、Adoなど新規リリースの話題から、当週のJAPAN HOT100、HOT ALBUMSの話題に。松任谷由実『ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~』の取り組みや、山下達郎との対比、そして今につながるものは何なのか、今回も語り倒します。
 
Adoの躍進はいよいよYOASOBI「夜に駆ける」に並ぶまでに至りました。それに続くように、今秋のアニメタイアップ楽曲は、強力なラインナップが出揃い、ヒットチャートでも激戦が予想されています。そもそも、これほどの楽曲がこぞってアニメタイアップをする理由は何か、考察します。
 
新たに腰を据えて始めるプロジェクト、『Billboard JAPAN WOMEN IN MUSIC』について語ります。また、ちょうど来日中のUSビルボードと話したこと、注目の新人アーティスト“なとり”、アルバムチャートでダントツの1位となったSnow Manのアルバムで思ったことなど、トピック満載でお送りします。
 
満喫した連休を始まりに、チャート解析サービス『CHART insight』の今後の改修したい箇所について話します。そこから展開して、UGCチャートからみえてくるヒットの伝播の変化や、ストーリーと共鳴するタイアップソングなどなど、楽しく働くために必要なことを考えます。
 
前回に引き続き、今夏のライブで印象的なアーティストを挙げたり、Adoの快進撃から年末の音楽特番について考えます。そして、あるトピックから、ひとつのジャンルにおけるファンの絶対数の増減について深掘りが展開します。
 
今夏の印象的なライブを振り返りつつ、圧巻のAdo「新時代」のJAPAN HOT 100総合首位奪還と、BE:FIRSTファーストアルバム『BE:1』のHOT Albums総合首位獲得について語ります。そして、「新時代」は残すところ3ヶ月を切った今年度年間チャートでどこまで駆け上がるのか、鍵となる指標について深掘りします。
 
来日アーティストも増え、平常に戻りつつある弊社運営のクラブ&レストラン、ビルボードライブは今年15周年を迎えました。同じくアニバーサリーイヤーとなるHey! Say! JUMPのアルバム『FILMUSIC!』をトピックに、LDHの戦略の変化や、INIとBLACK PINKの楽曲についても深掘りします。
 
前週に引き続きAdoが席巻したJAPAN HOT100とHOT ALBUMS。早くも今年度のイヤーエンドチャートについて予想しながら色々心配します。知られざる相方の過去からAdoの表現力の凄さについて考察したり、HOT ALBUMS総合首位のNEWSに参画するクリエイターの話題などなど、今週も盛りだくさんでお送りします。
 
当週はAdoがチャートを席巻、今期初や史上初の記録を打ち立てました。その結果について深堀りします。また、フジとロッキン、2つのフェスを乗り越えた相方による感想も。コロナ禍で何が変わって、何が変わらないのか。まだまだ話題は尽きません。
 
今回の相方によるYOASOBIのライブの様子から始まり、JAPAN HOT100のAdoの快進撃をピックアップ。他にも、当週チャートで興味深い動きを掘り下げ、新しく組み上がりつつあるマーケティングサイクルについてお話しします。
 
大型音楽フェスの一翼を担うフジロックを終えての感想から、ライブシーンは変わったのか、について語ります。今週のJAPAN HOT 100とHOT ALBUMSでのチャートトピックももちろんフォロー。歳をとり疑い深くなったMCによる深掘りがいつものように展開します。
 
前週の土曜日から始まった『エンタメデータアナリスト講座』。第一回の顛末と、これから2週間でやりたいことについて語ります。もちろん、当週のチャートトピックスも取り上げながら、暑い夏を乗り切るスタッフたちについてお話しします。
 
JAPAN HOT 100にて、2週連続で総合首位を獲得したOfficial髭男dism。当週もSEKAI NO OWARIとの激闘が続きます。一方、注目の楽曲が続々ランクアップ。それらを話題に四方山話が展開します。HOT ALBUMSではフィジカルとダウンロード、ルックアップのランキングの違いに着目、リスニング行動の変化について考察します。
 
当週のHOT ALBUMSは、ベテランのアーティストがズラリと並ぶ、特別な週になりました。彼らが創った作品から感じることとは? ヒットチャートを賑わせるアーティストを取り上げながら、今週も色々な話を繰り広げます。
 
15周年を迎えるビルボードライブの四方山話に始まり、当週JAPAN HOT 100の頂上決戦となったSEKAI NO OWARIとOfficial髭男dismの今後の展開予想、そして前週JAPAN HOT 100とHOT ALBUMSを制したBTSのチャートアクションなどを語ります。なぜ当番組MCが推す楽曲はランクダウンしてしまうのか、その答えはあなた次第なのかもしれません。
 
JAPAN HOT100とHOT ALBUMSを制したBTS。日本だけではなく世界レベルの人気を誇るBTSと、日本発のシティーポップが世界的に注目を集めるなか、本日ニューアルバムをリリースした山下達郎について深掘りします。そこから、アルバムを購入する動機と、アーティストがアルバムを創る理由について、などなど、いつものように脱線しつつお送りします。
 
前週金曜日に発表した上半期チャートのトピックをまとめてお話しします。そこからみえてきたファンダムの今後の有り様とは? いつもの公開チャートからはBTSのビッグニュースについて、などなど盛りだくさんでお送りします。
 
上半期チャートの発表を2日後に控え、疲労困憊のチャートチーム。坂道と48グループのポイント占有指標の違いや、ダウンロードとストリーミングのどちらでポイントを上げるかで分かるファン層の違い、テレビの露出効果でみえるもの、Sexy Zoneの意欲作『ザ・ハイライト』から分かるジャニーズの試行錯誤などなど、いつものように脱線を繰り返しながらヒットチャートを深掘りします。
 
前週『ミュージックステーション』にて、早出し上半期チャート解説をした植田くんを相方に、今週チャートを賑わせたHey! Say! JUMPやOfficial髭男dism、SEKAI NO OWARI、桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎、JO1などのチャートアクションを深掘りします。そこからなぜか話題はバンドTシャツとTikTokからみえる音楽の楽しみかたに展開していくのでした。
 
複数の指標から成る複合チャートは、一つの指標だけではなく、その指標が他指標とどのような関係にあるか、という点に着目すると、もっと面白くなります。今週はダウンロードや動画再生、ルックアップの指標に着目して、そこからみえるユーザーのアクティビティを取り上げています。いつものように脱線を繰り広げながら、ヒットにまつわる四方山話をお楽しみ下さい。
 
久しぶりにフェスに行って外タレを観た話から始まり、『シン・ウルトラマン』と『ちむどんどん』、SEKAI NO OWARI「Habit」やケツメイシ、Mr.Childrenベストのワン・ツー・フィニッシュ、TikTokとのオーディションなどなど、ヒットチャートに絡めた四方山話をいつものように展開します。
 
長期休暇から戻ってきたビルボードジャパン編集長とお届けする今回は、休暇を経て眺めるヒットチャートは様変わりしてみえるのか、というお話です。今週のヒットチャートから、今年の大きなトレンドについても語ります。(番組内で明らかになる事情により、お聞き苦しい点がございます。何卒ご了承下さい。)
 
当週JAPAN HOT100を賑わせた、なにわ男子、BE:FIRST、INIのアプローチの違いに始まり、アイドルの離合集散や、宇多田ヒカルのアナログの話まで、いつものように脱線しながら今週も色々なトピックをお送りします。
 
前週行ったストリーミング指標の計算方法の変更に始まり、ヒットチャートの意味や課題について語ります。今週の“JAPAN HOT 100”についても色々な方向から分析、裏話も少々、と、盛りだくさんで今回もお送りします。
 
最新総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では、自身初のドームツアーを開催中のKing & Princeがトップに。日本人アクトが話題を呼んだ米最大級フェスやスタッフがプライべートで参戦したライブの感想などを交えながら、今週のチャートを振り返ります。
 
ITZY、IVE、Red Velvetなど、JAPAN HOT100やHOT ALBUMSを賑わせるK-POPガールズグループのヒット曲やアルバムに着目して、去年とは趣が変わった新たなトレンドを掘り下げます。その途中では、欅坂と櫻坂、トリガーであるTikTokで起きている変化や、ジャニーズグループにおけるルックアップ指標の変化など、道草話もあちらこちらに。
 
いつものように、FM J-WAVE『TOKIO HOT100』でのビルボードジャパンチャートデータの使用開始にて新しいチャートを作るときに感じた“ヒット観“の違いに始まり、今週のJAPAN HOT100で総合首位を獲得したSnow Manの首位獲得までのアプローチの変化から、典型的なアーティスト起因型ファンダムと共にあったジャニーズのデジタル領域での戦略の変容にまで、話がどんどん広がります。
 
今週のチャートを大いに賑わせた藤井風のニューアルバムについて語りながら、同時期にシーンに現れた中村佳穂のニューアルバムとの共通点を深掘りします。そして、ヒットチャートとキャンペーンの関係まで話はどんどん進み、あるプロデューサーの名言で終わります。
 
退職した太田に変わり、当週からチャートディレクターの礒崎が週替わりの相方とともにお送りすることとなった当ポッドキャスト。幕開けのJAPAN HOT100は四つ巴の戦いとなり、波乱の結果となりました。それらの楽曲のポイントやヒットの形について思うことを色々な視点から盛りだくさんでお話しします。
 
JAPAN HOT100の8指標のうち、なんと5指標で1位を獲得したBE:FIRSTについて語ります。そしてRADWIMPSや「3月9日」や森口博子やまたまた宇多田ヒカルなどなど今週も話題は尽きません。そして重要なご報告をお話しします。
 
ちょうど第一四半期の折り返しとなった当週。ロングヒットが多数現れた第一四半期を振り返りながら特徴を語ります。第二四半期最初の週はSixTONESとKing Gnuが激突。チャートの指標から両アーティストの違いが明らかに。アルバム1位のTREASUREの楽曲アレンジのアプローチやスピルバーグ映画などなど、今週も盛りだくさんでビルボードジャパンチャートの中の人がお送りしています。
 
本エピソードでは、2022年3月2日公開されたチャート(集計期間:同年2月21日〜2月27日)をもとにトークを展開しています。最近観た映画からミュージカル映画をイントロダクションに、いよいよ星野源「恋」記録タイに到達したAimerはもちろん、Tani Yuukiの躍進、まだまだ語れる宇多田ヒカル『BADモード』などなど、今回も様々なお話をしています。そして今週金曜日生放送のTikTok Live『NEXT FIRE』に出演する、にしなの耳寄り情報まで、ビルボードジャパンの中の人ならではの深掘りトークをお楽しみ下さい。
 
本エピソードでは、2022年2月23日公開(集計期間:2022年2月14日~2月20日)のチャートを基にトークを展開しています。「夜好性」という括りについて、YOASOBI「ミスター」は“軽い”楽曲?、対照的にずっと真夜中でいいのに。は“軽くない”?、などなど、今週も様々な話をしています。また、星野源が出演したNHK Eテレ『星野源のおんがくこうろん』についても話しています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年2月16日公開(集計期間:2022年2月7日~2月13日)のチャートを基にトークを展開しています。米津玄師「POP SONG」初登場1位になるか?、優里の楽曲が軒並み上昇中?、INIに続いてOCTPATHはどうだった?、などなど、今週も様々な話をしています。また、2月15日に発表された【SUMMER SONIC 2022】の第一弾アーティスト発表についてもトピックスに。THE 1975やポスト・マローンのほか、CL、MÅNESKINなどについて言及しています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年2月9日公開(集計期間:2022年1月31日~2月6日)のチャートを基にトークを展開しています。Aimerの楽曲が今週も躍進して今年はAimerの年になりそう?、BE:FIRST「Brave Generation」の作詞・作曲・プロデュースも注目の布陣?、優里『壱』がチャートイン4週目で初めて1位を記録した指標は?、などなど今週も様々な話をしています。また、少し話からそれてアカデミー賞やグラミー賞といったアワードの話もしています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年2月2日公開(集計期間:2022年1月24日~1月30日)のチャートを基にトークを展開しています。Aimer「残響散歌」に注目が集まる中、「カタオモイ」やBサイド集『星の消えた夜に』にも注目? 日本を取り巻くバンドの状況はどうなっている? Ado『狂言』から感じられるAdoの歌い手のとしての凄みとアティチュードとは?、などなど、今週も様々な話をしています。また、今週も生武さんのピンチヒッターとしてBillboardスタッフの植田さんが登場しています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のチャートを基にトークを展開しています。Saucy Dog「シンデレラボーイ」が上昇中、木村拓哉「I'll be there」のMAN WITH A MISSIONらしさ、宇多田ヒカル「BADモード」の音の良さ、などなど今週も様々な話をしています。また、今週は生武さんのピンチヒッターとしてBillboardスタッフの田浪さんが初登場。田浪さん注目のアーティストの話もしています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年1月19日公開(集計期間:2022年1月10日~1月16日)のチャートを基にトークを展開しています。おなじみのトップ3に変化はあったか?、2022年1月になってどんどんと新作が出るアルバムのチャートは?、米ビルボードでのアルバム・チャートはどうなっている?、などなど今週も様々な話をしています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年1月12日公開(集計期間:2022年1月3日~1月9日)のチャートを基にトークを展開しています。前週に引き続き上昇しているアーティストは?、今週初登場で総合20位に「WA DA DA」を送り込んだKep1erとは何者?、SixTONESの2ndアルバム『CITY』の初週結果は?、などなど今週も様々な話をしています。1月はこれからも話題のアーティストたちが新アルバムをリリース予定。今後のチャートも注目です。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2022年1月5日公開(集計期間:2021年12月27日~2022年1月2日)のチャートを基にトークを展開しています。年末年始の音楽番組の影響はどうチャートに表れた?、そんななか総合ソング・チャートで初めてKing Gnuが首位を獲得、などなど、今週も様々な話をしています。また、『第72回NHK紅白歌合戦』などの番組のほかにも、韓国の音楽特番の話題にまで言及しています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2021年12月29日公開(集計期間:2021年12月20日~12月26日)のチャートを基にトークを展開しています。今週首位に返り咲いた楽曲とは?、ラジオ指標の2位から9位に関連するキーワードは?、BUMP OF CHICKENってどんな存在?、などなど、今週も様々な話をしています。また、2021年の年末に行われた【COUNTDOWN JAPAN】かを基に、現在の、そして将来のフェスに関する話もしています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
本エピソードでは、2021年にビルボードスタッフが面白い、興味深いと思ったコンテンツについてお話しています。コンテンツは音楽のみならず映画・本・漫画・テレビなど様々。とにかくおすすめのコンテンツを並べていくエピソードとなっていますので、ビルボードスタッフが普段何に触れているのかも垣間見えます。また、2021年のビルボードの記事・チャート・『NEXT FIRE』の配信・ビルボードライブなどについても合間で言及。今年ビルボードがやってきたこと、そして今後やっていくべきことについても話しています。(※オンラインでの収録上、少し聴きづらいところがございます。ご了承ください)
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login