Talk Business 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れたイノベーター、起業家、ビジネス研究者たちがその体験や洞察を伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
A freelance journalist Yuzuha Oka picks up trending business news each day from Japanese publications. Yuzuha have produced content for BBC, Reuters, ABC, Japan Times and more. 東大4年、フリーランスジャーナリストの岡ゆづはが、毎日一つ日本発の経済ニュースをピックアップして英語で振り返ります。ロイター通信で為替の記事を書いたり、BBC、東洋経済オンラインなどに執筆したり。取材を通じて日々勉強中です。 https://yuzuhaoka.wordpress.com/ https://yuzuhafood4thought.wordpress.com/
 
Loading …
show series
 
どのようにすれば私たちは敬意を持って、生産的に、お互いに異なる意見を持つことができるだろうか? この示唆に富んだトークの中で、組織でのチーム作りの専門家マット・トロンブリーが、「アゴニズム」(問題に対して融通のきかないスタンスをとる傾向)を考察。「合意すること」の様々な側面を見つけることが問題解決の最初のステップになり得る理由を説明し、「人との共通の基盤がほんの少しでも見つかると、その人のすばらしさ、複雑さ、偉大さを理解することができる」と語ります。マット・トロンブリー による
 
アスリートたちは、より速く走り、もっと高くジャンプし、もっと遠くへ投げることができるよう身体を鍛えます。ならば精神面のコントロールは、何故鍛えないのでしょうか? プロアメリカンフットボールリーグ、NFLチームのシアトル・シーホークスでクォーターバックを務めるラッセル(ラス)・ウィルソンは、「ニュートラル・シンキング(中立思考)」の力について語ります。これのおかげで、フィールドの上でも社会においても、プレッシャーの伴う状況で成功できたのだと彼は説明します。そして私たちもこの考え方を取り入れることで、自分の人生における正しい選択ができると教えてくれます。ラッセル・ウィルソン による
 
自分の財産の管理から手を引くことは ― 自主的にであろうとそうでなかろうと ― 力を失うことに繋がり、場合によっては、虐待の連鎖に閉じ込められてしまいます。この極めて個人的な話の中で、会計士のギブソンは経済的依存から抜け出した自身の体験を語ります。有益で実践的な助言を通じて、自分の財産に責任を持つことによって手にできる自由を望む人々を勇気づけてくれます。エステル・ギブソン による
 
あなたのパッション(心を深く動かされること)は何ですか?社会起業家のノエリン・キラボは、ウガンダで暮らす就学していない若者達が自分のパッションを利益を生むビジネスに変えられるよう支援しています。その彼女が自身の仕事を振り返り、さらにあなたのパッションを収益につなげる一歩を踏み出させてくれる、2つの質問を紹介します。ノエリン・キラボ による
 
平等の専門家サラ・サンフォードは、良識の範囲を超えていく企業を助ける認証済みのマニュアルを作りました。このマニュアルはデータに基づいた指標を使い、人々の意識を変えるだけでなく、職場の行動を変えることによって積極的に無意識のバイアスに対処し、ジェンダー平等を促進しています。サラ・サンフォード による
 
Uber、Airbnb、Amazonのようなオンラインマーケットプレイスの成長は、時としてローカルビジネスを脅かすことがあります。タクシー、ホテル、小売店から仕事を奪ったり、地域社会の収入を減らしてしまいます。しかし、戦略コンサルタントのアマン・デナーニは、それ以外にも道はあると言います。Gojek(インドネシアのバイク版Uber)やJumia(アフリカ版Amazon)を例に挙げ、いくつかのオンラインマーケットプレイスでは、慎重なトレードオフの結果、地域経済における既存の事業従事者のシェアを奪わずに融合することで、長期的に全ての人に恩恵をもたらす方法を説明します。アマン・デナーニ による
 
複雑で変化する世界において、型に嵌らない人とそのアイデアを確実に成功に導くにはどうしたら良いのでしょうか?企業役員のイプシタ・ダスグプタが現状を打破するためにルールを曲げ破る人びとー共謀者ーの概念を紹介し、新しい考え方、新しい動き方、新しい在り方を創り出す方法を示します。イプシタ・ダスグプタ による
 
ヴァロリー・コンドース・フィールドは勝つことについて熟知しています。UCLA女子体操チームで長年コーチを務めた彼女は、チャンピオンシップで優勝に優勝を重ね、そのリーダーシップが広く称えられています。このトークは聴衆の気持ちを奮い立たせ、あまりに率直で、胸がえぐられるようなところもあります。そこで語られるのは、彼女の成功の秘密(実は「勝つこと」とは無関係)です。ヴァロリー・コンドース・フィールド による
 
誰がどこから富を生み出し、何がそれを破壊するのでしょう?世界経済を深く掘り下げるトークで、マリアナ・マッツカートは私達が「価値とは何か」を見失ったこと、そして資本主義が大胆で、イノベーティブで、持続可能な全員のための未来を築くものへと変化するために、現在の金融システムを見直すべき理由を説明します。マリアナ・マッツカート による
 
効率主義への執着は、実は私たちを非効率にしているのでしょうか。作家であり歴史家のエドワード・テナーは、何事もできるかぎり早く済ませようとする効率性が持つ有望性とその危険性について啓示的に議論し、生産性向上のために取りうる「刺激的非効率性」を実践する7つの方法を提示します。エドワード・テナー による
 
自分の能力に疑問を持ち、化けの皮がはがれないかと不安になったことはありませんか? それは「インポスター症候群」と呼ばれ、そう感じているのはあなただけではないと、起業家でCEOのマイク・キャノン=ブルックスは言います。このユーモアがあり共感できる講演で彼は、インポスター症候群が成功につながった経験を語り、どうすればそれをうまく生かせるかを示します。マイク・キャノン=ブルックス による
 
人々に行動を改善させる一番の方法は何でしょう? このユーモアと知恵が詰まった講演では、心理学者のダン・アリエリーが、人がすべきでないと分かっていながらまずい決断をする理由を探り、(間違った理由であれ) 正しい行動を取るように仕向けるための仕掛けについてお話しします。ダン・アリエリー による
 
企業は顧客の選定をする際にターゲットを性別で絞りがちですが、これは時代遅れのステレオタイプを助長するだけでなく、ビジネスにも有害であると、マーケティングのエキスパート、ギャビー・バリオスは言います。性別に基づくマーケティングはなぜ我々が思うような成果をもたらさないのか、また、どうすれば企業は消費者に近づき、自社のブランドを成長させられるのか。明快で、かつ具体的に実践しやすい内容を交えたこのトークで、バリオスが解説します。ギャビー・バリオス による
 
職場をより良くするアイディアをお持ちのあなたへ。労働組合を主催するTEDフェロー、ジェス・カッチが、どうやって行動に移せば良いか教えてくれます。この短いトークでは、同僚どうし力を合わせて職場環境の問題に立ち向かい、改善に働きかけるという「生産的対立」が従業員だけでなく、会社側にも有益なものであると説明します。ジェス・カッチ による
 
長年にわたって誤った経済理論に従ってきたことで不平等の拡大や政情不安の増大を招いたと、起業家ニック・ハノーアーは言います。彼の慧眼は「強欲は善」という考えが道徳的に有害なだけでなく科学的にも間違っていると論駁し、互恵性と協力を原動力とする新しい経済理論の骨子を描きます。ニック・ハノーアー による
 
効率性を目指してテクノロジーに依存すれば、それだけ予測不能な事態に立ち向かうためのスキルを失っていく、作家で起業家のマーガレット・ヘファナンはそう話します。そして予測不能な時代に、企業や政府や人生における課題を解決しようとする時、なぜテクノロジーよりも、想像力や謙虚さ、勇気といった、混沌とした人間的なスキルが必要になるのかを教えてくれます。彼女の言葉です。「私たちには見たこともないものを発明する勇気があります。私たちはどんな未来でも作り上げることができるのです」マーガレット・ヘファナン による
 
ネットワーク理論研究者のバラバーシ・アルベルト・ラースローが、数学的分析を裏付けに、(どんな分野かにかかわらず) 成功の原因となる隠れたメカニズムを探ります。そして、成功するチャンスと年齢の間にある興味深い関連を明らかにします。バラバーシ・アルベルト・ラースロー による
 
ベンチャー投資家のナタリー・フラトーは、スタートアップ企業の創業者の誰を支援するかを決める際、知能やカリスマ性だけでなく、適応能力にも注目しています。洞察力に満ちたトークでフラトーは、「適応指数」を判断する3つの方法をお話しし、変化に対応する能力がいかに大切か伝えます。ナタリー・フラトー による
 
助けを求めるのは簡単ではありません。でも人生を生きていく中で絶えず必要になることです。気分良く頼めるためにはどうすれば良いのでしょう? この実用的なお話では、社会心理学者のハイディ・グラントが、助けてもらうときにそれを自分にも相手にも報われる経験にするための4つのコツをお教えします。ハイディ・グラント による
 
利益、金、株主、それが今日の企業で最優先されるものです。しかし何を代償にしてでしょうか? チョバーニの創業者ハムディ・ウルカヤが、世界の企業のリーダーに向けて古いビジネス戦術論は捨てよと言い、人を利益より優先する新しい「反CEO戦術論」のビジョンを披露します。「これが利益と本当の豊かさの違い」なのだと。ハムディ・ウルカヤ による
 
現代社会に必要なリーダーシップはどうあるべきでしょうか?起業家で、アイスランド大統領候補のハッラ・トーマスドッティルの考えでは、世界中のリーダーがそれぞれ在りかたを変える必要があると言います。そうしないと無意味な存在になるリスクがあるからです。TEDトークのキュレーター、ブリン・フリードマンとの会話を通しながらトーマスドッティルが伝えるのは、たとえまだ力のない立場にいても、向上を目指した変化をもたらすことは誰もが進んでできることです。「全ての人が、リーダーとしての力を秘めています。生涯で一番重要な仕事は、その内なるリーダーを目覚めさせることです」と、彼女は言います。ハッラ・トーマスドッティルとブリン・フリードマン による
 
沈黙の世代、ベビーブーム世代、X世代、ミレニアル世代、Z世代—今や5世代が職場で共存しています。それぞれがお互いに対して持っている既成概念は、生産性やコミュニケーションをどれだけ妨げているのでしょうか? 社会心理学者のリア・ジョージズが、実は世代と世代の間には相違点よりも類似点のほうが多いのだと論じ、多世代の職場の舵取りをするために役立つ戦略を提案します。リア・ジョージズ による
 
Twitter(ツイッター)を救うことはできるのか? TEDのクリス・アンダーソンとウィットニー・ペニントン・ロジャースとともに多岐にわたる話をする中で、Twitterの最高経営責任者であるジャック・ドーシーが、Twitterの未来について語ります。彼は嫌がらせ行為とその調停というTwitterが抱える問題を認めつつ、健全かつ互いを尊重し合う対話を促すような抜本的な変革を提案します。「Twitterは人々が日々価値を見いだせるようなものを提供できているのだろうか?」とドーシーは自問します。ジャック・ドーシー による
 
アメリカ国内で保守派とリベラル派の対立が深刻化する中、議論を呼びがちなトピックについて、どうしたら言葉のニュアンスを汲み取り、相手に対し関心を示し、尊重しながら、上手く会話を成り立たせることができるでしょうか。ベテラン記者のイヴ・パールマンが「ダイアログ(対話型)・ジャーナリズム」について紹介します。これはジャーナリストが社会的・政治的分断のさなかに赴いて、意見が対立する人々の話し合いを支援するプロジェクトです。カリフォルニアに住む25名のリベラル派と、アラバマに住む25名の保守派という、このような機会がなければ接点を持つこともなかった人々が集い、議論を呼ぶテーマについて意見を交換することになります。さて、どんな結果が待っているでしょうか。「主義主張の違いを超えて他者と真に繋がることは、我が…
 
世界で最も創造力のある人たちから、私たちは何を学べるでしょうか? 彼らは複数のプロジェクトに取り組み、そのときの気分で取り組むテーマを変え、それでいて焦ることもない「スローモーション・マルチタスク」をしているのです。作家のティム・ハーフォードが、アインシュタインやダーウィン、トワイラ・サープ、マイケル・クライトンといった革新的な人物がいかにして頭のクロストレーニングをし、ひらめきを得て生産的になったのかを紹介します。ティム・ハーフォード による
 
俊敏さや柔軟性、独創性を兼ね備えたチームを作って、凝り固まった労働文化に挑むには、何が必要でしょうか? 変革を専門とするマーティン・ダノサストロは、全ては1つの問いかけから始まると言います。それは「何を捨てる覚悟があるか」です。どのような組織にすれば、あらゆる階層の人が速やかに意思決定し、変化に対応できるようになるか、イノベーションの先進企業と後進企業から学んだことを紹介します。マーティン・ダノサストロ による
 
将来の会社を担うリーダーには、これまで以上にスピード、柔軟性と信頼感をもったマネジメントが期待されています。でも、中間管理職が今までのやり方に異議を唱えながらも出世の階段を上るには、どうすれば良いのでしょうか? リーダーシップを専門とするエリザベス・ライルが紹介するのは、出世の道を進みながら従来のルールを打破する新たなアプローチ、つまり今までとは異なった形で組織を導いていくのに必要な「場」と「指導」を中間管理職に与える創造的な方法です。エリザベス・ライル による
 
勤勉さ、打たれ強さ、根性が成功へと導く。そうですよね。こんな成功論が私達の考え方に浸透していると経済学者ダリック・ハミルトンは言います。しかし経済保障を獲得できるかどうかは、個人の行動よりも生まれた家庭の経済状況に左右されます。「ベビー信託」というアイデアについて考えてみましょう。家庭の収入に応じて最大6万ドルの信託口座を全ての新生児に与える、というものです。この画期的な提案は、貧富の格差を減らし、大学に行くときや家を購入するときや起業する際の資金となります。「資金がなければ格差は固定するだけです」とハミルトンは言います「経済保障について論ずる時、財産は始まりであり目的でもあります。」ダリック・ハミルトン による
 
職場はしばしば、黙々と一生懸命に働けば成功をつかめるような実力主義の場だと言われます。ウォール街で活躍したカーラ・ハリスは、働き始めて実力主義は幻だと知りました。実際に出世するコツは、スポンサーを得ることなのです。スポンサーは、あなたが(まだ)招待されないトップレベルの非公開人事評価の場で、あなたの代わりに主張してくれる人物です。この率直で力強いトークを聞いて、スポンサーとの生産的な関係を見出し、発展させていく方法を学びましょう。カーラ・ハリス による
 
仕事で一番疲れたのは、どんなときだったでしょう? おそらく遅くまで残業したときでも、出張から帰宅したときでもなく、きっと誰かに肩越しにのぞきこまれて一挙手一投足を見張られたときでしょう。起業家のチェ・ファンは、「マイクロマネジメントがあまり効果的ではないと分かっているのに、なぜやってしまうのか?」と問いかけます。機知と謙虚さに満ちた楽しいトークで、ファンは常軌を逸したマイクロマネジメントへの解決策を紹介し、職場でのイノベーションと幸福度を高める方法を披露します。チェ・ファン による
 
互いに合意できる唯一のことは、何も合意できないということだと思えるときがあります。世界討論大会での優勝経験があるジュリア・ダールが、家族の集まりにも、職場での会議にも、政治論議にも役に立つ、生産的に議論し合意点を見いだすための3つの対話テクニックをお教えします。ジュリア・ダール による
 
もし「いい人」でいようとする執着が、実は「もっといい人」になる妨げになっていたらどうだろう。社会心理学者であるドリー・チューは、謎めいた倫理行動の心理を分かりやすいトークで説明する。自分が持つ偏見に気付き間違いを受け入れることは、なぜこんなにも大変なのか。「もっといい人」になるための道は、間違いを認めることで開ける。「私たちは、人生で『いい人』であろうとする時以外では自らに成長の余地を与えます。『いい人』であろうとする時だけ、最も肝心なこの部分が抜けるんです」とチューは語る。ドリー・チュー による
 
このトークでコンサルタントのビネイ・シャンダルはユーモアを盛り込みながら、切迫した話題を扱います。世界で屈指の「物言う投資家」を例に挙げ、彼らの戦略書から個人や機関投資家がいかに学んで、企業に圧力をかけて前向きな改革を推進できるか説明します。「投資が自分の価値と合致するように管理されることを求めるのはみなさんの権利です。意見を言いましょう。それが重要だと信じて。」とシャンダルは言います。ビネイ・シャンダル による
 
これまでにはありえなかったが、今や1つの職場に5世代が共存している、と起業家チップ・コンリーは言います。もし世代間の隔たりを取り払い、皆が共に働く形を意識したらどうなるでしょうか? このトークでは、社員の年齢に幅のある会社がいかに強力であるか、そして、職場で異なる世代が互いに助言し合い、年配と若者間で知恵が双方向に流れるようにする必要性について、コンリーが分かりやすく説明します。チップ・コンリー による
 
私たちはイノベーションの黄金期を生きている、と起業家のアシュウィニ・アンブラジャンは言います。しかし、ベンチャーキャピタルは変革に対応できるような進化を遂げておらず、スタートアップ企業は成長に必要な資金を調達できていません。彼女はこの短いトークの中で、自分の会社が、他社との提携と暗号通貨の力により、まったく新たな資金調達方法の一端を担うことになった経緯について語ります。アシュウィニ・アンブラジャン による
 
多くのアフリカの国々が貧しい理由は単純だと起業家のマガット・ウェードは言います。政府が、起業と事業経営に対してとてつもなく多くの障害を設けているからだと言うのです。この熱情的な講演において、ウェードは、アフリカ大陸で事業を行う際の課題を切り分けて論じ、彼女自身の取組を提示するとともに、指導者にも自らの役割を果たすことを求めます。マガット・ウェード による
 
私たちは、勤勉で献身的であれば成功すると教わりましたが、必ずしもそうではありません。性別、人種、民族、宗教、障がいの有無、性的指向も私たちのチャンスに影響を及ぼす要因になると、ライターで唱道者のメリンダ・エプラーは言います。差別に直面する人々の味方になれるかは、私たち一人ひとりの判断に任されています。このトークの中でエプラーは、すぐに実践可能であり、職場の少数派を力づける3つの方法を教えてくれます。彼女の言葉です。「多様性と包含性を正すための魔法の杖は存在しません。変化は一人ずつ、一回の行動ごと、一言の言葉ごとに起こるのです」メリンダ・エプラー による
 
買春は、夜の怪しげな地域の街角で行われるだけではありません。勤務中に会社の備品や費用を使って、インターネットを介しても行われます。「これは問題解決のチャンスにもなります」と弁護士のニッキ・クリフトンは言います。「何故ならこの問題は、企業コミュニティがその特別な立場を生かして社員を教育し、力を合わせて性的人身売買と戦うことができることを意味するからです」。クリフトンは、明確な規則設定や性的人身売買を逃れた犠牲者の雇用等、企業ができる支援の仕方の概要を真摯に話します。ニッキ・クリフトン による
 
お金のやりくりや管理に苦労するのはよくあることです。でも、そういうことを率直かつオープンに話す機会はあまりありません。なぜ私たちはお金にまつわる問題を隠そうとするのでしょう?作家タミー・ラリーは、深い洞察と個人的な話を通して、「お金にまつわる羞恥心」から自由になる勇気を私たちに与えてくれます。そして通帳の残高と自分の価値をイコールだと考えるのをやめる方法を伝えます。タミー・ラリー による
 
私たちは創意を生かして成功した勇敢な起業家を称えますが、失敗した人はどうなるのでしょう?彼らは失敗を恥じて、その経験を隠し、貴重な成長の機会を失うのです。これは作家で起業家のレティシア・ガスカの言葉です。このトークでガスカは起業家に、自分の失敗談を人々と分かち合い、「すぐにあきらめる」のではなく「よく考えて失敗する」ことを推奨します。レティシア・ガスカ による
 
こんな職場を想像してみてください。すべての肌の色・人種の人が、出世階段の全ての段を上ることのできる職場。そして、多様性について職場で学んだ事が、職場外での我々の行動、思考、そして言葉に実際に影響を与える職場。どうすればそんな職場が作れるでしょうか。ジャネット・ストーヴァルはこの率直なトークで、人々が安心感を持ち、同化していないありのままの自分になることを期待される職場づくりに関する、3部からなる行動計画について語ります。ジャネット・ストーヴァル による
 
ほとんどの場合、運は落雷のような例外的で劇的なものではありません。どちらかというと、常に吹いている風のようなものです。運気をもっと取り込むのは難しくはありませんが、分かりにくいものです。この洞察力にあふれたトークでは、スタンフォード大学工学部教授であるティナ・シーリグが、運が良くなり、チャンスを見付けて掴み取る力を高められる意外な3つの方法を教えてくれます。ティナ・シーリグ による
 
今こそ従業員が難しい会話を交わす力を身に付けるための対面でのトレーニングに投資する時です、とタミキア・ミズレイディ・スミスは言います。軽妙で刺激的なトークで、スミスは思いやりと敬意をもって会話することを管理職や従業員たちに勧める“I’m G.R.A.C.E.D.” という職場における教育プログラムについて語ります。要点は、彼らの仕事がなぜ大切なのかを常に知ってもらうことです。タミキア・ミズレイディ・スミス による
 
「中国のインターネットは驚異的なペースで成長し、今では米国、英国、ロシア、ドイツ、フランス、カナダの人口を合わせたよりも多くのインターネットユーザーが中国にはいます。 不都合な点はあっても、かつてなおざりにされていた人たちの生活が不可逆的に改善しています」とサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙のCEOゲーリー・リューは語ります。 魅力的なトークの中で、リューはAIで最適化された列車旅行のような革新的なものから、国民に賞罰を与える社会的信用格付けシステムのようなディストピア的なものまで、中国のハイテク産業がどのように発展したかを詳しく説明します。ゲーリー・リュー による
 
ネットフリックスはエンターテイメントの世界を変えてきました。最初は郵送のDVDレンタル、それからストリーミングメディア、その次は『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や『ストレンジャー・シングス』などのセンセーショナルなオリジナル番組へと。しかしいつも相応のリスクを取ってきたのです。TEDキュレーターのクリス・アンダーソンとの対話で、ネットフリックスの共同創業者でCEOのリード・ヘイスティングスが、会社の思い切った社風やレコメンデーション機能を支える強力なアルゴリズム、今年の80億ドル規模のコンテンツへの投資、それから彼の革新的な教育支援への慈善事業などを語ります。リード・ヘイスティングス による
 
私たちのリーダーや組織が期待を裏切っていますが、それは必ずしも無能さや不正のためではないと、ベンチャー投資家のジョン・ドーアは言います。時にそれは、単に間違った目標のためなのだと。この実践的な講演では、GoogleやIntelやボノがその大いなる目標の設定と遂行に使っている「目標と主要成果」(OKR) という目標管理法によって、いかに正しい道を進めるかが示されています。適切な目標設定が成功と失敗を分けうること、OKRによってリーダーや自分自身に責任を持たせられることを知ってください。ジョン・ドーア による
 
ビジネススクールの教授であるエイミー・エドモンドソンは「チーミング」の研究をしています。チーミングとは前例のない緊急の、あるいは非日常的な問題を解決するために、(たいていは一時的に)人々が迅速に集まることです。エドモンドソンが、2010年にチリで地下800メートルに取り残された33名の鉱夫を見事に救出した事例といった即興的なチームワークの在り方を振り返りながら、他人同士の集まりを、速やかかつ的確に考えをまとめ、困難な課題に機敏に対応できるチームに変えるための要素を共有します。エイミー・エドモンドソン による
 
最近、我々はデジタルツールの助けを借りて、乗物や家をはじめあらゆるものを共有しています。しかし作家であるロバート・ニューワースによると、シェアリングエコノミーは現代的でハイテクに見えるものの、何世紀も前からアフリカに存在しているのです。彼は地元で創出されるベンチャーキャピタルのような役目を果たす徒弟制度や、乏しい水を分配するシステムといった興味深い例を示し、もし我々がこれらのモデルを普及し、拡大させることができれば地域社会を下位層から繁栄させていく手助けになり得るだろうと語ります。ロバート・ニューワース による
 
持続可能、普遍的に有益な経済とはどのようなものでしょう?それは「ドーナツのようなものだ」とオックスフォード大の経済学者ケイト・ラワースは語ります。この傑出した開眼させるようなトークで、彼女は人々にとって最低限必要なものが不足している国々を危機から救い出し、この地球の環境的な限界の範囲で、再生的、分配的な経済を作り上げる方法について説明します。ケイト・ラワース による
 
ジャーナリストで劇作家のドゥルー・フィルプは、2009年にデトロイトで廃屋を500ドルで購入しました。それに続く何年もかけて、建物の内部を掻き出し、部屋を埋め尽くしていた山のような量の廃棄物を撤去する間に、彼が学んだのは、家の修繕の方法だけではなく、コミュニティの確立の方法でした。こよなく愛する市に捧げたこのトークの中で、フィルプは「一歩踏み込んだ近所づきあい」について話し、私たちには「政府にやる気のないとき、自分たちだけで力を合わせて世界を新しく作り変える力」があるという信念について述べています。ドゥルー・フィルプ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login