Summary 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
著者の2冊目の童話集、自分の子供に語りかける形で記述している。その為、著者の父は、お祖父さん、母は、お祖母さんになっている。著者が9歳まで暮らした馬籠の様子が描かれている。馬、鳥、木などが擬人化され、著者と話をする。最後は、9歳の時に、中山道を東京に向かったことが書かれている。 The author's second collection of children's stories. Fiction & Non fiction are included. He tells about his childhood at Magome in Nagano province. At the age of nine he left Magome and moved to Tokyo to study there. (Summary by ekzemplaro)
 
英文科の学生、俊介は、小雨の中に、若い女を見かける。一週間後、同人誌「城」の音楽会で、その女性と再会する。俊介の友人、野村のフィアンセ、初子のいとこで辰子と紹介される。そして、また数日後、電車の中で再会する。更に、野村の代役として、初子、辰子と3人で、精神病棟を見に行く。This is a romance between Syunnsuke (a university student) & Tatsuko. He saw her in the rain for the first time. In a week he met her again at a concert. They were introduced there.(Summary by ekzemplaro)
 
信州の高原で、作家を志す青年と、絵を描く少女が出会った。やがて、二人は婚約する。しかし、少は、肺の病に落ちる。療養の為に、少女と青年は、信州のサナトリウムに行く。しかし、少女は帰らぬ人となってしまう。そして、一年後、青年は少女と出会った村で、冬を過ごす。 A love story between a young man and a young lady. They are engaged but the heroine becomes sick. They go to a sanatorium, but she passes away. After a year he goes to the small village where they met, and he lives there during the winter. (Summary by ekzemplaro)
 
『二百十日』は夏目漱石の小説である。明治39年10月、雑誌『中央公論』に発表され、その年12月、『鶉籠』に収録されて出版された。阿蘇山に登る、2人の青年、圭さんと碌さんの2人の会話体で終始する小説である。語られるのはビールや半熟卵を知らない宿の女とのやり取りや、道すがらの鍛冶屋の様子などの瑣末な話題の中に、チャールズ・ディケンズの『二都物語』などに唐突に言及しながら華族や金持ちに対する圭さんの慷慨が語られる。漱石の小説としてはあまり論じられることのない小品である。熊本の教師時代に夏目漱石は友人の山川信次郎と阿蘇に登山した経験があり、圭さんは漱石自身がモデルであるとされる。 Nihyakutouka (210 Days) is a novel by Natsume Soseki. It was published in Chyuoukouron Magazine on Oct/1906. It was included in Uzurakago and published on Dec/1906. This is a novel consisted by conversation ...
 
Loading …
show series
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login