Space 公開
[search 0]
もっと
Download the App!
show episodes
 
アートユニットSpace_(すぺーすあんだーばー)のラジオ配信です。 Space_は高校の演劇部に所属していた5人で2018年春に福岡で結成したアートユニットです。 現在は東京で大学生、社会人生活を送る2名、福岡在住の1名で活動を続けています。 ■Space_ホームページ ☞ https://spaceunderbar.themedia.jp/ ■Space_Twitter ☞ https://twitter.com/Space__Underbar
  continue reading
 
Artwork

1
流行りモノ通信簿

ハヤツウ運営部(こへいとホネスト)

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー
 
【毎週日曜0時配信】 ポッドキャスト番組「流行りモノ通信簿」(#ハヤツウ)はこへいとホネストがお届けするゆるくてあさめの情報バラエティポッドキャスト番組です。 番組HPは https://kohehone.com/ 番組宛のメッセージは番組HPのおたよりフォームにてお待ちしております。 ◎JAPAN PODCAST AWARDS 2019 推薦作品(60作品)に選出されました。 ◎JAPAN PODCAST AWARDS 2020 リスナーズチョイス第9位を受賞しました。
  continue reading
 
Artwork

1
藤本友己と寺山リウジの大脱走2

藤本友己と寺山リウジの大脱走

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
月曜日から金曜日まで毎日配信しております。 神戸、SPACE DOG! RECORD(お店)より、 シンガーソングライター藤本友己とフォークシンガー寺山リウジ、神戸のフィクサーTaku Kawaharaの3人でお送りします ポッドキャスト、音楽を基調にしますが、ジャンルに囚われず様々な謎や疑問に切り込んでいきます。 【mail】 teradinosaur@gmail.com 【twitter】 https://twitter.com/teradinosaur 【寺山リウジHP】 https://terayama-riuji.jimdo.com 【藤本友己HP】 http://the-fujimoto.wixsite.com/official 【大脱走シーズン①】http://dinosaur1112.seesaa.net Proudly presented by SPACE DOG! Records
  continue reading
 
Artwork

1
Misreading Chat

Hajime Morrita, Jun Mukai

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
会社員プログラマの森田と向井がコンピュータサイエンス周辺の論文を雑に読んで感心する Podcast です。就業後に会議室からこっそりお送りします。
  continue reading
 
宇宙と素粒子について、ちょっと考えてみるポッドキャストです。堅苦しくならないようにがんばります。バックナンバーはこちらから http://cosmo.space-podcast.net/
  continue reading
 
Artwork

1
『WIRED』日本版

『WIRED』日本版

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー+
 
聴く『WIRED』。好評サブスクリプションサービス「SZ MEMBERSHIP」で公開した記事のなかから、厳選のストーリーを編集長が読み解くSNEAK PEEKS at SZ MEMBERSHIP(毎週土曜日に配信)のほか、雑誌の編集後記、SF作家やフードイノベーションのスペシャリスト、クリエイターなど、さまざまなゲストを交えたトークをポッドキャストでお届けします。 ◼︎ ︎️️『WIRED』日本版 『WIRED』は"未来"を実装するメディアです。この絶え間なく変化し続ける世界を理解するために必要な情報とアイデアの源泉であり、カルチャーからビジネス、科学、デザインに至るまで、生活のあらゆる側面をテクノロジーがいかに変えていくのかに光を当てます。わたしたちが"発見"するブレイクスルーやイノベーションが、新たな思考や人と人とのつながり、そして新しい産業を生み出すのです。
  continue reading
 
Artwork
 
大学院で人類学を学んだ/学んでいるわたしたちが、人類学のおもしろさをのんびり楽しく発信するチャンネルです。 フィールドワークのおもしろさ。 研究や調査を通して/とともに学んだこと。 人類学の視点を通して生きてみると、世界がどう違ってみえるのか、どんな世界があるのか。 論文や書籍からはこぼれてしまいがちな、でも面白いものごとについて、のんびり語っていきます。 これから大学院を志す方、大学で人類学を学んだ方、人類学に興味がある方。この企画を通して、いろんな方々に人類学のおもしろさを伝えていきたいです。 【とくいな分野】 文化人類学、人類学、人文学 【You Tube】 https://www.youtube.com/channel/UCmkPv9tAw7txZyuuqPfHyow 【Twitter】 https://twitter.com/anthro_nnbr 【チャンネルへのご感想、お便りはこちら】 https://docs.google.com/forms/d/15hA5JFR3du_XXWbDYqfZHrqUrMk4PTBX_o9qhn4x6s4/edit
  continue reading
 
Loading …
show series
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した2月WEEK#2の記事テーマは[SPACE]。太陽系に存在する隠れた海のミステリーに関する記事を起点に、宇宙ビジネスのいま、そしてこれからに迫る。 ◼︎ ︎️️2024年2月WEEK#2のSZ記事 「天の川銀河の新たな観測結果は、その特殊な成り立ちの再定義を迫る」 「⁠ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が初期の宇宙のあちこちに巨大ブラックホールを発見⁠」 「太陽系に存在する隠れた海のミステリーを解明する科学者たち」 「北朝鮮SFの奇妙で謎めいた世界」 「テクノロジーをデザインする人のための技術哲学入門【第5回】:テクノロジーへの自由と応答」 *SPACEの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎️️SZ N…
  continue reading
 
第251回放送 -------------------------------- ▼流行りモノ通信簿(#ハヤツウ)ではみなさまからのおたより&SNS投稿を募集しております。 WEB|https://kohehone.com/ X|@hayatsu_podcast --------------------------------
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第13回は、2月4日に札幌文化芸術交流センター SCARTSで実施した都市と自然をめぐるトークイベントの内容をお届けする。(※音声の一部を編集し、長さも調整しています) ◼︎ 目次 00:00:40 ゲスト紹介 00:28:00 さっぽろ雪まつりの起源 00:38:00 アートと社会実験 00:41:35 雪×大都市の可視化 00:48:50 概観効果(…
  continue reading
 
第250回放送 -------------------------------- ▼流行りモノ通信簿(#ハヤツウ)ではみなさまからのおたより&SNS投稿を募集しております。 WEB|https://kohehone.com/ X|@hayatsu_podcast --------------------------------
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した2月WEEK#1の記事テーマは[AI]。映画『her/世界でひとつの彼女』に関するセレクト記事と、POSTS代表の梶谷健人による新著『生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方』の接点から、生成AIの本質に迫る。 ◼︎ ︎️️2024年2月WEEK#1のSZ記事 「「OpenAIはナンバーワンにはなれない」ヤン・ルカンが語る“オープンソース”となったAIの未来」 「⁠ベッドで子どもたちを寝かしつける物語生成AIの“実力”⁠」 「わたしたちはいまや映画『her/世界でひとつの彼女』の時代を生きているのか?」 「映画『her/世界でひとつの彼女』はいまやファンタジーだ──ただしAI以外の部分で」 …
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第12回のゲストは、マルチメディアデザインスタジオ「ENESS」のクリエイティブディレクターである、アーティストのニムロッド・ウェイス。さっぽろ雪まつり 大通2丁目会場で展示中の「AIRSHIP ORCHESTRA」について訊いた。 ◼︎ 目次(※通訳あり) 01:10 ゲスト紹介 03:40 AIRSHIP ORCHESTRAについて 11:10 都市…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、SIAF2024のキーパーソンや出演アーティストたちをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第11回のゲストは、アーティスト集団「h.o」の千明 裕、ジョン・ブルマリー。架空のAIラジオ番組「SIAFラジオ」や、AIと手紙をやりとりしながら未来を構想するウェブアプリケーション「Writing the Futures」について訊いた。 ◼︎ 目次 01:10 ゲスト紹介 05:30 目に見えないものを感じとる 08:25 SIAFラジオとは? 1…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、出演アーティストやキーパーソンをゲストに迎え、未来を拡張するツールとしてのアートやテクノロジーの可能性に迫る。第10回のゲストは、マルチメディアアーティストの岡 碧幸。SIAF2024連携プロジェクトである、アートマテリアルのリサイクルセンター『周活(しゅうかつ)』について訊いた。 ◼︎ 目次 01:10 ゲスト紹介 02:50 農学部からアートへ 05:30 WIRED CREATIVE HACK AWARD 2021 グランプリ 10:30 treibgutとの出会い、周活へ 1…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第9回のゲストは、SIAF2024のイニシアティブ・パートナーであり、さっぽろ雪まつり(2024年2月4日〜2月25日)の大通2丁目会場で繰り広げられる「未来の雪のまち」を担当するパノラマティクス主宰の齋藤精一。「とある未来の雪のまち」最新情報を訊いた。 ◼︎ 目次 01:45 「とある未来の雪のまち」見どころ 04:30 都市論、技術多様性 13:50 試みのオープンソース化 20:00 予測不…
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した1月WEEK#5の記事テーマは[HEALTH]。住まいと健康に関するセレクト記事と、柳瀬博一による新著『カワセミ都市トーキョー』の接点から、ウェルビーイングな都市のヒントに迫る。 ◼︎ ︎️️2024年1月WEEK#5のSZ記事 「どこに住むかは何を食べるかと同程度に健康に影響する」 「⁠若者の自殺抑制にインターネットとゲームは役立つか⁠」 「がん予防に効果の高いHPVワクチンは、なぜ男児への接種が進まないのか」 「パーソナライズされた栄養管理デバイスが食事への不安を煽っている」 「意識をめぐるふたつの有力理論が「敵対的コラボレーション」を経て証明したもの」 *HEALTHの記事はこちら。 ◼…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第8回のゲストは、札幌拠点のコレクティブ「SIAFラボ」の小町谷圭、石田勝也、船戸大輔。 ◼︎ ︎️️スピーカー SIAFラボ | SIAF LAB. 2015年、生まれて間もない札幌国際芸術祭のもと、多種多様なプロジェクトの集合体として誕生して以来、トライ&エラーを繰り返しながら、ジャンルの垣根を超えた、オープンで実験的なプラットフォームとして活動を続けています。北国・札幌ならではのクリエイティ…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第7回のゲストはSCARTS事業統括ディレクターの木ノ下智恵子。 ◼︎ ︎️️スピーカー 木ノ下智恵子 | CHIEKO KINOSHITA 大阪大学21世紀懐徳堂准教授。専門は現代芸術、事業企画制作、文化政策など。神戸アートビレッジセンター美術プロデューサー、大阪大学CSCD特任講師・准教授等を経て現職。展覧会やアートプロジェクト、近代産業遺産の活用や震災復興・まちづくりなどに関する文化事業を手…
  continue reading
 
AI 流行りで台頭中な Vector DB のサーベイを向井が眺めました。ご意見感想などは Reddit やおたより投書箱にお寄せください。iTunes のレビューや星もよろしくね。 [2309.11322] Vector database management systems: Fundamental concepts, use-cases, and current challenges [2310.11703] A Comprehensive Survey on Vector Database: Storage and Retrieval Technique, Challenge [2310.14021] Survey of Vector Database Management Syst…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第6回のゲストはソニーグループ クリエイティブセンター長 石井大輔とデザインテクノロジストの大木嘉人。国内初公開となる新たなメディアプラットフォームの実験的な展示《INTO SIGHT》について訊いた。 ◼︎ ︎️️スピーカー 石井大輔 | DAISUKE ISHII ソニーグループ クリエイティブセンター センター長。1992年ソニー入社。ハンディカム、ウォークマン®、AIBOなどのプロダクトデ…
  continue reading
 
第248回放送 -------------------------------- ▼流行りモノ通信簿(#ハヤツウ)ではみなさまからのおたより&SNS投稿を募集しております。 WEB|https://kohehone.com/ X|@hayatsu_podcast --------------------------------
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した1月WEEK#4の記事テーマは[CLIMATE CRISIS]。そのハイライトを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2024年1月WEEK#4のSZ記事 「大規模な気象災害によって破壊される文明と生き延びる文明の違いは何か」 「⁠ザ・大統領戦2024:〈戦争〉のバイデン、〈裁判〉のトランプ、競い合う〈老人〉二人/ポスト・レーガンのアメリカを探して:#25⁠」 「激甚化する気象に苦闘する世界の水力発電ダム」 「耕作放棄地や劣化森林が、生物多様性の回復を導く」 「防潮壁は人類を救えるだろうか?」 「活動初期のクリエイターを支える、新たなる仕組みを模索するプレイヤーたち:連載「For Crea…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第5回のゲストは、未来劇場参加アーティストの長谷川 愛。 ◼︎ ︎️️スピーカー 長谷川 愛 | AI HASEGAWA 静岡県出身。アーティスト、デザイナー。慶應義塾大学准教授。バイオアートやスペキュラティブ・デザイン、デザイン・フィクションなどの手法で、 生物学的な課題や科学技術の進歩をモチーフに、現代社会に潜む諸問題を掘り出す作品を発表。国内外で展示を行なう。著書に『20XX年の革命家になる…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第4回のゲストは、未来劇場参加アーティストのシン・リウ。(※通訳あり) ◼︎ ︎️️スピーカー シン・リウ | XIN LIU 1991年、中国・新疆生まれ。アーティスト、エンジニア。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボにてメディアアート・サイエンスの修士号を取得。現在同ラボの宇宙研究プロジェクトのアートキュレーターを務める。また、地球外生命の発見を目的とした非営利組織SETI研究所に…
  continue reading
 
Intel の CPU にやってきたニューラルなんとかの出自を森田がたどりました。ご意見感想などは Reddit やおたより投書箱にお寄せください。iTunes のレビューや星もよろしくね。 Always-on Vision Processing Unit for Mobile Applications | IEEE Journals & Magazine | IEEE Xplore (Google Scholar) Intel Core Ultra Ushers in the Age of the AI PC Intel® Movidius Vision Processing Units (VPUs) Amazon.com: Intel NCS2 Movidius Neural Compu…
  continue reading
 
札幌国際芸術祭(Sapporo International Art Festival, SIAF)2024のイニシアティブパートナーである『WIRED』日本版のポッドキャスト「SIAF AS A TOOL」では、未来を拡張するツールとしてのアートの可能性に迫り、SIAF2024の魅力を発信していく。第3回のゲストは、未来劇場参加アーティストのエイミー・カール。(※通訳あり) ◼︎ ︎️️スピーカー エイミー・カール | AMY KARLE テクノロジーとバイオテクノロジーが、健康、人間性、社会、 未来にどのような影響を与えるかに焦点を当てた作品を制作している。未来をかたちづくるテクノロジーの可能性を垣間見せるカールの作品は、世界中の主要な美術館や博物館で展示されている。これまでに米国務省を通…
  continue reading
 
第247回放送 -------------------------------- ▼流行りモノ通信簿(#ハヤツウ)ではみなさまからのおたより&SNS投稿を募集しております。 WEB|https://kohehone.com/ X|@hayatsu_podcast --------------------------------
  continue reading
 
未来を実装するメディア『WIRED』日本版の実験区である「SZメンバーシップ」で、会員向けに公開した1月WEEK#3の記事テーマは[STARTUP]。そのハイライトを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2024年1月WEEK#3のSZ記事 「ストックホルムの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「ヘルシンキの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「ダブリンの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「リスボンの最注目スタートアップ10選[2024年版]」 「テクノロジーをデザインする人のための技術哲学入門【第4回】:文字以前からAI以後を考える」 *STARTUPの記事はこちら。 ◼︎ ︎️️︎️️SZ Newsletter VOL.219[STARTUP] 202…
  continue reading
 
雑談回です。寒い冬の夜空を見ながらぼんやり考えていたことです。厳密な考証は行なっておりません。 ↓ご感想はこちらまで↓https://docs.google.com/forms/d/15hA5JFR3du_XXWbDYqfZHrqUrMk4PTBX_o9qhn4x6s4/edit [素材提供元] DOVA-SYNDROME Mus-Mus
  continue reading
 
年に一度のテクノロジー見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」から見えてきたこととは? 現地にいる松島編集長と、フードイノベーションを牽引するUnlocXの田中宏隆、岡田亜希子がその様相をレポート。 ◼︎ ︎️️スピーカー 田中宏隆|HIROTAKA TANAKA UnlocX代表。SKS JAPANファウンダー。SPACE FOODSPHERE理事/ベースフード 社外取締役/クックパッド 社外取締役 。パナソニック、マッキンゼーを経て、2017年にシグマクシスに参画し、グローバルフードテックサミット「SKS JAPAN」を立ち上げた。食にかかわる事業開発に伴走し、コミュニティづくりに取り組むなかで、食のエコシステムづくりを目指し、23年10月にUnlocXを創設。共著に…
  continue reading
 
第245回放送 -------------------------------- ▼流行りモノ通信簿(#ハヤツウ)ではみなさまからのおたより&SNS投稿を募集しております。 WEB|https://kohehone.com/ X|@hayatsu_podcast --------------------------------
  continue reading
 
【PR】ポータブル電源ブランド「Jackery」12/22~1/3までの期間、Jackery公式サイトで最大35%オフとなる年末特別セールが開催!当番組リスナー限定のプロモーションコードを利用してお得にジャクリを手に入れよう。 ▼年末特別セールページ https://bit.ly/3NxdEJA ▼プロモーションコード pdhayari *割引:上記のプロモーションコードのご利用で2024円OFF。年末セールとの併用可能。 *対象製品:Jackeryポータブル電源とソーラーパネル *使用期間:2024年1月31日まで -------------------------------- 第244回放送 -------------------------------- ▼流行りモノ通信簿(#ハヤツ…
  continue reading
 
「心を読む」ニューラルデコーダーに関する考察を中心に、12月WEEK#3のテーマ[THE WORLD IN 2024]の読みどころを編集長の松島倫明が読み解く。 ◼︎ ︎️️2023年12月WEEK#3のSZ記事 「AIが人の頭の中を解読するとき、本当に人の心を“読んでいる”のか?」 「ファンダムを巻き込むセクシーなAIチャットボットの厄介な問題」 「中国で失速するAIブーム、その独自の理由をAIスタートアップに訊く」 「AI時代にラッダイト運動を再考する」 「もし世界を征服するAIボットがとてもいいやつだったら」 *THE WORLD IN 2024の記事はこちら。 ◼︎ ︎️️SZ Newsletter VOL.217[THE WORLD IN 2024] ニューラルデコーディングから考…
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド