Planet 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
2021 年 8 月 16 日 (月) からは、Amazon Exclusive『JAM THE WORLD - UP CLOSE』としてリニューアルし、毎週月曜〜金曜日の 15 時に新エピソードを Amazon Music にて独占配信します。 Amazon Music 番組ホームページ https://amzn.to/3fZzmFl SPINEAR 番組ホームページ https://spinear.com/shows/jam-the-world-up-close/ いま気になるニュース・時代の動きを 4 人のスーパーバイザーが掘り下げる。ニュースから「今」を知り「未来」を見立てる情報プログラム・J-WAVE『JAM THE WORLD』(2021 年 4 月 1 日より『JAM THE PLANET』へリニューアル) で放送されていた、今チェックすべきニュースの特集コーナー『UP CLOSE』。青木理 、堀 潤 、 津田大介、安田菜津紀が週替わりで登場し、ゲストと共にひとつのトピックを重点的に掘り下げる。それぞれの個性と独自の視点、発信力を活かして、ニュースの本質、読み方、 ...
 
Loading …
show series
 
「退職勧奨とはどんなもので、どんな対応を取るべきなのか?」コロナ禍で業績の悪化する企業が増える中、労働者から「退職勧奨」の相談が増えています。「退職勧奨」とは一体どんなもので、自分の身に降りかかった場合、どんな対応を取るべきなのか?労働問題に詳しい弁護士の佐々木亮さんにお話を伺います。
 
「 イベルメクチンを巡る舞台裏」「寄生虫 感染症 治療薬」の「イベルメクチン」が新型コロナの重症化を抑えるのではないか?と期待する声が SNS 上で拡散!しかし「イベルメクチン」に対する過剰な期待に対して、医療の現場では疑問視する声も。「イベルメクチン」を巡る舞台裏を取材されたジャーナリストの岩澤倫彦さんにお話を伺います。
 
「映画『パンケーキを毒見する』監督」菅総理の素顔に迫るドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』(7 月 30 日~ 新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー)なぜ菅総理を題材にした映画は生まれたのか?映画の製作を通じて見えてきた菅総理の素顔とは?権力とメディアの関係に思うことは?監督を務めた内山雄人さんに伺います。
 
「日本の外国人技能実習制度にはどんな問題があるのか?」先日、アメリカ国務省が世界各国の人身売買に関する報告書を発表し、日本の「外国人技能実習制度」について「外国人労働者搾取のために悪用し続けている」と問題視しました。外国人労働者問題に取り組む弁護士の指宿昭一さんにお話を伺います。
 
「水資源の危機」世界的に有名なミネラルウォーターの商品名としてご存じの方も多い、フランス中部ボルヴィックの水源が危機に瀕していると報じられました。私たちが生きていく上でなくてはならない「水」。水源枯渇の原因や背景、同じ問題は日本、そして世界各地で起きているのか?水ジャーナリストの橋本淳司さんに伺います。
 
「ヘイトスピーチ解消法が施行されてから 5 年。さらなる法規制の必要性はないのか?」社会問題化するヘイトスピーチの根絶を目指し、2016 年 6 月 3 日に施行された「ヘイトスピーチ解消法」。その効果と課題について、ヘイトスピーチ問題に詳しい 弁護士の師岡康子さんにお話を伺います。
 
「 不安の感染を防ぐ暮らし方」もともと社会にあった「同調圧力」がコロナ対策によって高まり、精神的に追い詰められ、余裕が無くなった方が増えていませんか?こういう時代こそ、自分を縛り付けるものから解放されて、気持ちや価値観をフラットに保つための「イドコロ」が大事!と提言されている方が今回のゲストです。
 
「メディアのジェンダーバランスについて考える」アメリカの有力紙ワシントン・ポストの編集部門のトップにAP通信のサリー・バズビー編集主幹が 6 月 1 日付で就任。140 年以上の歴史を持つワシントン・ポストの編集部門を女性が率いるのは初めてのことです。メディアのジェンダーバランスはどうあるべきなのか?毎日新聞の記者で、日本新聞労働組合連合の中央執行委員長、吉永磨美さんと考えます。
 
「公共交通のあり方はどうあるべきなのか?」バリアフリー法や障害者差別解消法が定められる中、公共交通のあり方はどうあるべきなのでしょうか?各地で公共交通の課題解決に取り組む名古屋大学大学院教授の加藤博和さんにお話を伺います。
 
「富士山が噴火する可能性と影響について」今年 3 月、国や静岡、山梨、神奈川の3県などでつくる「富士山火山防災対策協議会」が 17 年ぶりに、噴火した際の「ハザードマップ」の見直しを行い、公表しました。それによると…「溶岩」の量はこれまでの 2 倍に増え、到達する範囲も 12 市町が加わっており、各自治体で「避難計画」の見直しが求められています。そこで今回は「防災対応や噴火メカニズム」の研究に従事されている方にお話を伺います。
 
「性犯罪に関する刑法について考える」4 月 12 日、法務省の「性犯罪に関する刑事法検討会」が行われ、これまでの議論をまとめた報告書案が公表されました。議論は 15 回行われたものの、多くの論点で意見が割れています。性犯罪の被害者をこれ以上作らないために刑法をどう見直す必要があるのか?弁護士の寺町東子さんと考えます。
 
「なぜリベラル派の主張が人々の胸を打ちにくくなったのか?」7 年 8 か月に及ぶ安倍政権で、なぜリベラルは負け続けたのか?いま一冊の本が話題となっています。 そのタイトルは「さよなら朝日」。リベラル派の主張が人々の胸を打ちにくくなった背景には「矛盾」や「欺瞞」があったと指摘しているんですが、一体どういうことなのか?今回は著者の石川さんに たっぷりお話を伺います。
 
「入管法改正案について」今年 2 月 19 日「出入国管理及び難民認定法」いわゆる「入管法」の「改正案」が閣議決定され、国会に提出されました。ところが・・・この改正案の内容は「国際法違反」だと 国連の人権理事会と人権の専門家 3 人が、共同で日本政府に対して書簡(手紙)を送付する事態となっています。いったい、どういった点が「国際法違反」に該当するのか?入管法改正案に反対する弁護士お二人と考えます。
 
「クリプトアナーキズムとは」クリプトアナーキズム(暗号無政府主義)とは 一体どんなものか?人類を明るい未来に導くのか、それとも終焉へと導くのか・・・宮台真司と青木理が深堀対談。
 
「ラジオで日々ニュースを伝えること」ラジオで日々、ニュースを伝えていらっしゃいます評論家の荻上チキさんをお迎えして「ラジオで日々ニュースを伝えること」というテーマでお送りします。
 
「ネットの未来はどうなるのか?」先週木曜日の放送で、このコーナーが J-WAVE の音声配信サービス「スピナー」で継続することを発表しましたが… 月曜日の生放送としては今日で最後!今夜は、ドワンゴの創業者で角川ドワンゴ学園の理事などを務める川上量生さんと一緒に「ネットの未来はどうなるのか?」考えていきたいと思います。
 
「月イチ古谷経衡」木曜日の恒例企画「月イチ古谷経衡」!作家の古谷経衡さんが今月起こったトピックを保守の視点から読み解きます。2019 年 9 月からスタートした「月イチ企画」も今夜が最後です。
 
「生活に困る人が増える中、どんな手立てや支援が必要なのか?」先週火曜日、菅総理は新型コロナウイルス感染拡大の影響で生活に困っている人たちへの緊急支援策に関する関係閣僚会議を総理官邸で開きました。ひとり親や所得が低い子育て世帯に対し、子どもひとり当たり 5 万円を給付すると表明しているんですが、子育て世代に限らず、解雇や雇止めなど生活に困る人が増える中、どんな手立てや支援が必要なのか?一般社団法人「つくろい東京ファンド」の小林美穂子さんと一緒に考えます。
 
「今、アメリカで深刻化しているアジア系住民に対するヘイトの問題、LGBT 問題について」今夜のゲストは番組ではお馴染み。元東京新聞ニューヨーク支局長でジャーナリストの北丸雄二さん。今回は、今、アメリカで深刻化しているアジア系住民に対するヘイトの問題。さらに、北丸さんがずっと取材されている LGBT 問題について、じっくりお話を伺います。
 
「小池都知事の舵取りを “元都知事” はどう見ているのか?」東京、埼玉、千葉、神奈川で継続していた緊急事態宣言が昨日をもって、およそ 2 か月半ぶりに解除されました。新型コロナウイルスの感染者数が下げ止まりとなる中、今後、東京に求められる対応は何なのか?また、これまでの小池都知事の舵取りを前の東京都知事で厚生労働大臣も務められた国際政治学者の舛添要一さんはどうご覧になっているのでしょうか?ご本人にお話を伺います。
 
「環境問題について」「SDGs」という言葉を耳にしている方、随分増えたのではないでしょうか?J-WAVE でも SDGs をテーマにした番組を放送中です。SDGs = 国連が設定した「持続可能な開発目標」の中には・・・「クリーンエネルギーの普及」「気候変動への対策」「海や陸の豊かさを守ろう」といった目標が掲げられています。コロナの影響で世界中で人の往来が制限されたことで、大気汚染が激減した! なんて皮肉なデータもあるようですが… 1 都 3 県の緊急事態宣言解除が決定された今夜は、あらためて環境問題について…担当大臣である小泉進次郎さんにお話を伺います。
 
「経済的な権利をめぐる男女格差の調査結果について」先月 23 日、世界銀行が経済的な権利をめぐる男女格差を調査した年次報告書を公表しました。報告書は女性が置かれた不平等の実態を調査していて、190 か国・地域のうち、日本は 80 位でした。なぜ日本の男女格差は改善しないのか?『子育て支援の経済学』の著者で、労働経済学がご専門、東京大学経済学部教授の山口慎太郎さんと考えます。
 
「アメリカと日本、ヨーロッパの死刑制度の現状について」今夜のテーマは「死刑制度」。毎日新聞論説委員の小倉孝保さんをゲストに迎えて、アメリカと日本、ヨーロッパの死刑制度の現状。さらに、なぜ日本は国際的な潮流にのっていないのか?考えたいと思います。
 
「「医療的ケア児」を支援する法案について」新型コロナウイルスへの対応や総務省幹部への接待問題が国会の中心になっていますが… いま、超党派の議員が「医療的ケア児」を支援する法案を議員立法で今国会に提出すべく動いています。「医療的ケア児」とは何なのか?また、その環境をめぐってはどんな問題があるのでしょうか?今夜は「全国医療的ケア児者支援協議会」事務局で NPO 法人フローレンスの森下倫朗さんにお話を伺います。
 
「事故処理と今後の原発行政」東日本大震災から 11 年目が始まりましたが・・・同時に、東京電力福島第一原発の事故も 11 年目に入りました。燃料棒取り出し用のクレーンが取り付けられるなど、外観は大きく様変わりしていますが・・・1 号機 〜 3 号機の原子炉内でメルトダウンした核燃料、1 号機、2 号機の使用済み核燃料はいまもあの時のままです。今夜は「事故処理と今後の原発行政」について、元・原発事故収束担当大臣 衆議院議員 細野豪志さん、「生業を返せ!地域を返せ!」福島原発事故弁護団の弁護士馬奈木厳太郎さんと電話をつないで一緒に考えます。
 
「東日本大震災からの 10 年をどのように過ごし、どんな思いで活動を続けてきたのか?」あす 3 月 11 日で東日本大震災から丸 10 年ということで、各曜日、東日本大震災、そして震災がもたらしたものについて考えています。今夜は福島県大熊町のご出身、木村紀夫さんにお話を伺います。木村紀夫さんは現在 55 歳。震災当時、原発から 3 キロほど離れた福島県大熊町で両親、妻、娘ふたりの 6 人で暮らしていた木村さんは、津波で海沿いにあった自宅が流されてしまい、父親の王太朗さん、妻の深雪さん、そして当時 7 歳だった次女の汐凪ちゃんを亡くされました。王太朗さんと深雪さんの遺体は発見されましたが、汐凪ちゃんは首の骨など、ごく一部を除いて、まだ見つかっておらず、木村さんはいまも汐凪ちゃんを探し続けていま…
 
「まもなく 10 年を迎える東日本大震災を振り返る」今夜は J-WAVE 「HEART TO HEART」のナビゲーターもされていました、政治学者で東京大学名誉教授の姜尚中さんともなく 10 年を迎える東日本大震災を振り返ります。
 
「『ジェンダー不平等が広げる災害リスク』について」今週木曜日で東日本大震災から 10 年を迎えます。この番組でも様々な角度から復興の現状や防災への課題などを取り上げていきたいと思いますが… 3 月 8 日は、女性の権利向上などを目指す「国際女性デー」ということで、今夜は『ジェンダー不平等が広げる災害リスク』について「減災と男女共同参画研修推進センター」共同代表の浅野幸子さんにお話を伺います。
 
「日本のパンデミックに対する危機管理体制の不備について」先月、ファイザーのコロナワクチンが特別に承認され、日本国内の医療従事者を対象にワクチン接種がスタートしました。今年 1 月に示された政府方針では「今年前半までに全国民に提供できる数量の確保を目指す」としていましたが… 十分な数を確保するに至っていません。今後、アストラゼネカとモデルナのワクチンが承認される見込みですが… そういえば… 日本製ワクチンの開発はどうなってしまったのでしょうか?今夜は、「ワクチン確保・承認」の舞台裏から浮き彫りになった、日本のパンデミックに対する危機管理体制の不備について医薬品開発メーカー「窪田製薬ホールディングス」の代表執行役員窪田良さんと考えます。…
 
「コロナ禍で増える自殺に対して、どんな手立てが必要なのか?」先月 15 日、文部科学省は 2020 年に自殺で亡くなった小学生、中学生、高校生は 479 人で、前の年の 339 人から大幅に増え、過去最多となったことを明らかにしました。また警察庁と厚生労働省によると 2020 年に自殺で亡くなった人の数は暫定値で2 万 1,077 人にのぼり、リーマン・ショック直後の 2009 年以来、11 年ぶりに増加に転じています。コロナ禍で増える自殺、これ以上、自殺に追い込まれる人を増やさないためにどんな手立てが必要なのか?自殺対策に取り組む NPO 法人「ライフリンク」の代表清水康之さんと考えます。
 
「災害時にデマが拡散する理由は?」先月 13 日、福島県と宮城県で最大震度 6 強を観測する大きな地震がありました。この時、SNS 上で問題となったのが「福島で外国人が井戸に毒を入れているのを見ました」などとする排外主義的なデマツイートです。災害時に発生するデマやフェイクニュースが一向に減らない背景にはどんなメカニズムがあるのか?今夜は、噂に関する社会心理学を研究する東京女子大学教授の橋元良明さんにお話を伺います
 
「厳罰化に向けた話し合いが進んでいる「少年法」について」先週金曜日、政府は厳罰化を図る少年法改正案を閣議決定しました。事件を起こした 18 歳、19 歳を「特定少年」と位置づけ、起訴された場合は実名報道も可能とする内容となっています。政府は今の国会での成立を目指していますが、厳罰化に賛成、反対、それぞれの立場の方は議論が進む少年法の改正案をどう受け止めているのでしょうか?前半は厳罰化に反対されている弁護士の川村百合さんと後半では「少年犯罪被害当事者の会」代表、武るり子さん考えます。
 
「不買運動などを行う「キャンセルカルチャー」の是非について」ある人や企業の表現や意見などを理由に不買運動などを行う「キャンセルカルチャー」が広がりを見せています。記憶に新しいところでは… アマゾンが「プライムビデオ」の CM に三浦瑠麗さんを起用したところ、ネット上で解約運動が発生。反発を買った理由は三浦さんが日本での徴兵制導入を主張していることだとされています。また、ファミリーマートの「お母さん食堂」に対し、「料理するのはお母さんだけなのか」と批判が噴出。名称変更を求めるネット署名が起きました。こうした「キャンセルカルチャー」の広がりに問題はないのか?今夜は慶應義塾大学法学部教授の大屋雄裕さんにお話を伺います。…
 
「「横浜カジノ構想」について」いま横浜の山下ふ頭に人気アニメ「機動戦士ガンダム」の「動く実物大ガンダム」が展示されています。あの場所に建設が予定されている横浜市のカジノ構想をご存知でしょうか?カジノを含む統合型リゾート移設(IR)の誘致の是非をめぐり、住民投票を求める市民の署名が(19 万筆)集まったものの横浜市議会が「投票の実施」を否決したのが今年 1 月のこと。そして横浜市は今週月曜日、プロジェクトを担当する事業者の 1 社について資格審査が通過したことを公表しました。今年 8 月に行われる横浜市長選でも、争点の一つになることが予想されるこの問題。今夜は、カジノ推進派、反対派 それぞれの立場からゲストをお迎えして、その問題点や解決策は何なのか?考えます。カジノ推進派のお立場から・・・一般…
 
「いとうせいこうが中東の地で感じた事、社会情勢について」災害、紛争など、人の命に関わる問題が起きた時、いち早く現地に駆け付けて、独立、中立、公平な立場で医療・人道援助を行う国際 NGO、「国境なき医師団」。今夜のゲスト、いとうせいこうさんは 5 年前から「国境なき医師団」の活動拠点を訪れていて、先月、パレスチナとヨルダンでの取材をまとめたルポルタージュ、『ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く』が発売になりました。世界の矛盾が凝縮された中東の地で、いとうせいこうさんは何を見て、何を考えたのか?伺いたいと思います。
 
「若い世代は、コロナ禍の状況をどう受け止めているのか? 今の日本の社会をどう見ているのか?」今日は、若い世代は、コロナ禍の状況をどう受け止めているのか?今の日本の社会をどう見ているのか?先日、「令和 GALS の社会学」(主婦の友社)という本を出された J-WAVE「SONAR MUSIC」ナビゲーター、ラッパーの あっこゴリラさんと一緒に考えていきたいと思います。
 
「「ツルツル世界」と「ザラザラ世界」とは?」新型コロナウイルス後の世界はどうあるべきなのか?いま、1 冊の本の提言内容が注目を集めています。タイトルは『ツルツル世界とザラザラ世界・世界二制度のすすめ』。コロナ前から「格差」や「貧困」「民主主義の危機」などが問題となっていましたが… 新型コロナの経験を経て、日本や世界はどのような社会を模索すべきなのでしょうか?今夜は『ツルツル世界とザラザラ世界・世界二制度のすすめ』の著者で、一般社団法人「構想日本」代表の加藤秀樹さんにお話を伺います。
 
「バイデン政権の環境政策で何がどう変わるのか?」先月 20 日、アメリカの大統領に就任したバイデン氏は就任早々、気候変動対策を進める国連のパリ協定に復帰する大統領令に署名。今月 19 日に、パリ協定に戻ることになっています。バイデン政権の誕生によってアメリカの環境政策は大きく変わりはじめていますが、日本、そして世界にどんな影響を与えるのか?環境、開発、エネルギー問題をテーマに取材を続ける共同通信編集委員、井田徹治さんと一緒に考えます。
 
「『東京オリンピック・パラリンピック』 開催のための “必要十分条件” について」東京オリンピック・パラリンピックについての議論の多くは、実施の是非や可能性、経済的な影響などでしたが、今夜は、「どうすれば安全に開催できるのか?」「開催するにはどんな対策が必要なのか?」東京都医師会のトップ、尾崎治夫会長、そしてスポーツライターの小林信也さんと考えてみたいと思います。
 
「これまでの概念を覆す、アナウンサーのセカンドキャリアの作り方とは?」新型コロナウイルスの感染拡大は雇用環境にも大きな打撃を与えていますが… こうした中、正社員の局アナと比べて不安定になりがちなフリーアナウンサーが作った制作会社が注目を集めています。アナウンサーは「喋りのプロ」である一方、なかなか潰しが利かず、セカンドキャリアに失敗することも少なくないんだそうですが… この会社から不安定な職業に就いている人が学べるヒントとは?株式会社カタルチア代表の高橋絵理さんにたっぷりお話を伺います。
 
「「核兵器禁止条約」、「核兵器廃絶」について」先週、作家の古谷経衡さんとお送りした際にも取り上げましたが… 先月 22 日、国連の「核兵器禁止条約」が発効しました。国連加盟 193 の国と地域のうち 86 カ国が署名、52 カ国が批准していますが…常任理事国で核保有国のアメリカ、ロシア、イギリス、中国、フランスは不参加。唯一の「戦争被爆国」でアメリカの「核の傘」にある日本も参加しておらず、その「実効力」を疑問視する声も聞かれます。たしかに…「核兵器廃絶」を目指すからには、それに代わる安全保障のあり方を議論することは大切な課題です。そこで今夜は…現職の防衛副大臣、自民党・衆議院議員の中山泰秀さんをお迎えして・・・リスナーのみなさんからのメッセージもご紹介しながら・・・この問題について、一緒に考…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login