Haus 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
テクノロジーに精通しているだけでなく、サブカルチャーやネットカルチャーにも詳しい伊藤穰一。 かつて、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究所メディア・ラボの所長を務め、現在は千葉工業大学の変革センターの所長を務める伊藤穰一がさまざまな人物を巻き込み、「これからのニッポン」を考え、どう変革していくべきなのかを議論する新しいポッドキャストです。 世界中から様々なゲストが出演し、仮想通貨やNFTなどweb3に関する情報のほか、ニューロダイバーシティやコミュニティなどについて英語と日本語を交えてトークを繰り広げます。是非、お楽しみください。 【質問フォーム】 「これって、一体どうなってるの?」「〇〇〇について、よく分からないので解説して欲しい!」など、伊藤穰一本人に直接質問を投げかけることも可能です。もちろん番組の感想やお悩み相談なども大歓迎。ぜひ、お便りをお寄せください。 【DGLAB Haus 】 WEBメディアでも解説していきます。 【JOI ITO’s Blog 】 番組で登場した用語や人物名などをまとめています。 【デジタルガレージ Web3のコア人材募集中】 https: ...
 
Loading …
show series
 
今週のゲストは、クリエイティブ・ディレクターの辻愛沙子さんです。最近では、報道番組でもコメンテイターとして活躍する辻さんですが、普段は広告クリエイティブを通じて女性を取り巻く社会の問題に取り組んでいらっしゃいます。自らをクリエイティブ・アクティビストと呼ぶ彼女に広告の視点から見る女性の社会進出について伺いました。 【編集ノート】 編集ノートには毎回番組で登場した難解な用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひご参照ください。 【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】 番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先…
 
脳神経系の多様性を指す「ニューロダイバーシティ」の機運を国内でも高めたいと、4月24日に「脳の多様性がひらく子ども・子育て・社会の可能性」と題したイベントが開催されました。 イベントには伊藤穰一の他、レッジョ・エミリア教育で知られる「まちの保育園」の松本理寿輝氏と、遊びをベースとした発達支援「フロアタイム」の教育機関である ICDL のジェフ・ガンゼル氏の3人が登壇。ニューロダイバーシティ当事者や、親御さん、そして指導者の方々などが参加し大盛況のまま幕を閉じました。 今週のポッドキャストはそのイベントの模様をお届けいたします。 【編集ノート】 編集ノートには毎回番組で登場した難解な用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まと…
 
今週のJOI ITO’S PODCAST - 変革への道-はメタバース特集です! 大手プラットフォームや有名ブランドだけでなく、トヨタや日産、それに吉本興行まで、日本企業も次々に参入を表明しているメタバース。 このメタバースを舞台に芸術作品を次々に生み出しているアーティストがいます。それが今回ご登場いただいたVR/ARアーティストのせきぐちあいみさんです。 普段からメタバースに慣れ親しんでいる彼女にメタバースという空間が芸術家にとってどのいう影響を与えるのか伺いました。 また、「メタバースって一体どんな所なの?」、「一体、何がすごいの?」と思ってる方もメタバースの楽しさやその重要性がきっと理解できる。そんなエピソードとなっております。是非お楽しみください。 【編集ノート】 編集ノートには毎回…
 
今週は、NFTアートの最前線を走る2人の人物にスポットを当てました。 まず最初のゲストは、昨年1万点の作品を全て手で描き上げ、世界からもラブコールが殺到している日本人アーティストのKawaii SKULLさん。 そして、もう一人は、現代ストリートアーティストのシェパード・フェアリーのNFTコレクションDegenerate/Regenerateを手がけた、NFTコンサルタントのSean Bonnerさんです。シェパード・フェアリーはOBEY GIANTやオバマ元大統領のポスター「HOPE」などで知られており、昨年12月にNFTデビューを果たしました。 世界中から注目される2つのNFTアートコレクションの裏側をお伝えすることで、NFTアートの日米による違いや新旧による違いを感じていただければと思…
 
先週に引き続き、LinkedInの共同創業者でありJoiさんの友人でもあるリード・ホフマン氏にご出演いただきました。リードさんは、ペイパルの創業に関わったほか、2002年にはビジネス系SNSのLinkedInを創業。投資家としても、FacebookやAirbnbといった象徴的な企業の成功に貢献し、AuroraやConvoyといった急成長中の新企業の規模拡大を支援しています。2009年にはベンチャーキャピタルのグレイロックのパートナーに。人気ポッドキャストの「Masters of Scale」のナビゲーターとしても活躍中です。 今回は、経営者としても投資家としても、Web2.0時代を象徴する企業に関わってきたホフマン氏に、web3の到来で何が変わるのかを伺いました。 【編集ノート】 編集ノート…
 
今週は、LinkedInの共同創業者でありJoiさんの友人でもあるリード・ホフマン氏にご出演いただきました。リードさんは、ペイパルの創業に関わったほか、2002年にはビジネス系SNSのLinkedInを創業。投資家としても、FacebookやAirbnbといった象徴的な企業の成功に貢献し、AuroraやConvoyといった急成長中の新企業の規模拡大を支援しています。2009年にはベンチャーキャピタルのグレイロックのパートナーに。人気ポッドキャストの「Master of Scale」のナビゲーターとしても活躍中です。 今回は、自身の創業時のストーリーを伺いつつ、日本の起業家に向けてアドバイスも頂戴しています。 【編集ノート】 編集ノートには毎回番組で登場した難解な用語や固有名詞などの意味や内容…
 
暗号資産の取引量は世界中で拡大している一方で、多くの国では規制を強化する動きが広まっています。暗号資産は規制すべき?それともせざるべき?そんなテーマについて、分散型金融Defiを立ち上げたCegaの豊崎亜里紗さんを迎えて語り合いました。 【編集ノート】 編集ノートには毎回番組で登場した難解な用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひご参照ください。 【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】 番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先日からイーサリアムのアドレス記載欄も設けました。 特に番組に貢献したリスナーに…
 
今週は、web3の金融についてお届けしました。 分散型金融Defiを立ち上げたCegaの豊崎亜里紗さんをお迎えし、スタートアップ立ち上げから資金調達にいたるまでの舞台裏や、日本の規制などさまざまなお話を伺いました。Cegaでは、Solana 上のDeFiアプリケーションとして、オプション取引やスワップ取引などのデリバティブ(金融派生商品)を組み込んだ、より高い金利のリターンを出せる仕組債に近い商品を提供していくそうです。3月8日には、シードラウンドで約5億円の資金調達を行なったことでも話題となりました。 【編集ノート】 編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひご参照ください。 【JOI IT…
 
震災から11年。 今回は、復興に向けて歩みを続ける福島県大熊町を訪れた際のレポートをお届けします。大熊町には福島第一原発の1号機から4号機が建ち、帰還困難地域に指定されている地域も存在しています。そんな地に伊藤穰一が足を運び、実際に地域の人々と触れ合う中で感じた思いなどをお伝えします。 そして、震災直後に伊藤穰一が立ち上げたSAFECASTの共同創業者にインタビュー。震災から11年。12年目を迎えた組織のあり方について伺いました。また、福島での知見を生かして、ロシアによるウクライナの原発の攻撃に関しても調査を行っているそうです。 そして、番組後半ではLinkedInの創業者でベンチャーキャピタリストのリード・ホフマン氏にウクライナ情勢についてインタビューしました。さまざまな企業がロシアから撤…
 
今回は、盛りだくさんでお届けしました。 第一特集は、現在開催中の北京パラリンピックの会場でも使用されているデジタル通貨について、つい先日まで北京オリンピックでソーシャルメディア・マネージャーとして活躍したDaum Kimによるレポート。 そして、続いて番組オリジナルのNFT会員証についての発表。 そして、先日Joiさんが出演した落合陽一さんのNewspicksの番組「Weekly Ochiai」の冒頭部分をお届けしました。フルバージョンは、こちら からご確認いただけます。 【編集ノート】 編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひご参照ください。 【JOI ITO 変革への道 - Opinio…
 
今回の配信は、2月16日午前8時から開催された自民党の「政調、デジタル社会推進本部・NFT政策検討PT合同会議」にて伊藤穰一が行った「WEB3.0とNFTについて」というプレゼンの模様をお届けします。 またニュースのコーナーではロシアによるウクライナ侵攻におけるビットコイン/イーサリアム周りの動き/インドでの暗号取引容認の動き/ツイッターのイーサリアム投げ銭機能導入/アメリカの支持政党の違いによる新型コロナウィルスの感染状況についてなどをお届けしました。 【編集ノート】 編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひご参照ください。 【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】 番組…
 
今回の配信は、先週に引き続きSHE株式会社代表取締役CEO/CCOの福田恵里さんと対談を行いました。テーマは、女性の社会進出とWeb3の親和性について。Web3と言われるブロックチェーンを基盤にした新しい経済圏は、女性の働き方を大きく変える可能性を秘めているように思いました。 さらに、みなさまから寄せられたお便りにも回答いただきました。お便りをお寄せいただいたみなさん、ありがとうございました。 【編集ノート 】 編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひご参照ください。 【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box 】 番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対す…
 
今週は「女性の社会進出」について考えます。SHE株式会社代表取締役CEO/CCOの福田恵里さんをお迎えして、コロナ禍における女性の働き方の変化や、Web3における今後の可能性などについてお話いただきました 【編集ノート 】 編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方法やNFTの確認方法についても、まとめています。ぜひこちら をご参照ください。 【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box 】 番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先日からイーサリアムのアドレス記載欄も設けました。特に番組に貢献したリスナーには番組オリジナルのNFTをプレゼントしていま…
 
昨年、取引総額が4.7兆円を突破し、一大ブームと化しているNFTアートの世界。このブームがひと段落した後、求められているアートのカタチとは一体何なのでしょうか?今週は、メディアアーティストの藤幡正樹さんをお迎えして、NFTアートの未来についてトークを展開しました。 藤幡さんは昨年、自身初となるNFTコレクション「Brave New Commons 」を発表。1000件を超える購入申し込みがあり、大盛況のうちに販売を終えています。 【藤幡正樹さんプロフィール】 メディア・アーティスト。1956年東京生まれ。80年代は主にCGを扱った作品の制作、90年代はインターネットやGPSなどの先端テクノロジーに取り組む。96年には《Global Interior Project #2》でアルス・エレクトロ…
 
今週は、歴史社会学者の池上英子先生をお迎えして、ニューロダイバーシティと日本社会についてお話いただきました。 池上先生はニューヨークを拠点とする歴史社会学者で、日本社会を比較文化の視点からネットワーク論的に見直す研究を行っています。近年は、仮想空間「セカンドライフ」での自閉スペクトラム症の方々と交流を行い、そこから日本の歴史や社会における自閉症スペクトラムの考察などを論文で発表し話題となりました。 今回は、発達障害や自閉症など脳神経の多様性を持つ「ニューロダイバーシティ」な人々が、日本社会でこれまでどのような位置付けにあったのか、そして今後、イノベーションを生み出す上でどんな存在であるのか等さまざまなお話を伺いました。【編集ノート】編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています…
 
#14 京大元総長の山極壽一先生、千葉工大学長の松井孝典先生と、シンギュラリティや日本の教育の未来について考える。今週は、前週に引き続き、霊長類学者で総合地球環境学研究所の所長山極壽一先生と、惑星科学者で千葉工業大学の学長の松井孝典先生のお二人との鼎談をお届けしました。この鼎談はいくつかトピックを立て、そのテーマに沿って議論を展開いただいたもの。シンギュラリティ、ダイバーシティー、教育、コモンズなどさまざまなトピックを議論いただいたのですが、今回は「シンギュラリティ」と「教育」についてお届けしています。山極先生は京都大学の総長を6年間務め、松井先生も現在、千葉工大の学長を務めています。Joiさんも日米で研究所を運営していました。それぞれ、大学の運営に深く関わった経験から「教育」については並々…
 
今週は、霊長類学者で総合地球環境学研究所の所長・山極壽一さんと惑星科学者で千葉工業大学の学長の松井孝典先生をお迎えしてトークを行ないました。今回のトークは、第10回目の配信で登場した松井先生のご紹介で実現したものになります。収録中はどんどんと知識が溢れ出していて、知識の大洪水が起きていました。実際にゴリラの群れに入り、生活することで分かったゴリラの社会学の全容。そして、そこから我々人間が学ぶこととは?さらに、議論はゴリラから宇宙の世界に突入し、テーマも環境問題に。山極先生はゴリラの視点から、松井先生は宇宙・地球科学の視点から、そして伊藤穰一はデジタルの視点からそれぞれ議論を展開しています。【編集ノート】編集ノートには用語や固有名詞などの意味や内容をまとめています。また、ETHアドレスの取得方…
 
今週は、オープンソースの分散型ミドルウェア「Dev Protocol」の開発会社、フレームダブルオー株式会社CEOの原麻由美さんと、CTOのAggreさんにご出演いただきました。Dev ProtocolはDeFiと呼ばれる分散型金融のプロトコルで、オープンソースソフトウエア(OSS)の開発者支援を目的としています。オープンソースソフトウエアはこれまで、ボランティアや僅かな寄付によって支えられてきました。しかし、資金が続かずソフトウエア開発が中断してしまうことも多く、サステナビリティに課題があるとされてきました。Dev Protocolはこの問題を解決する大きな可能性を秘めた画期的なサービスで、いまや全世界から注目を集めている日本発のDefiになります。番組では経済学の要素なども盛り込んでおり…
 
今週は、年末スペシャル企画として森美術館特別顧問で美術キュレータの南條史生氏が運営するYoutubeチャンネル「N&A アートトーク」との特別コラボ企画が実現しました。いつもはインタビュワーとして、質問を投げかける立場のJoiさんですが、今回はインタビューを受ける立場となります。いつもとはちょっと構成が異なりますが、このあたりも楽しんでいただければと思います。NFTはもちろん、ビットコインとイーサリアムの違いやアート市場におけるNFTの現在の立ち位置などさまざまな角度からクロストークを展開しております。NFTアートにちょっと興味があるけど、何が何だか分からない、なんていう人に特におすすめしたい「入門書」的なエピソードとなりました。アーティスト名や用語など様々な固有名詞が登場しますので、ぜひ下…
 
今週は、地球・惑星科学の第一人者である松井孝典先生をお迎えしました。松井教授は、内閣府宇宙政策委員会の委員長代理を務めるほか、千葉工業大学の学長や、惑星探査研究センターや地球学研究センターの所長を務めていらっしゃいます。これまで、宇宙に関するさまざまなプロジェクトを精力的に推し進めてきた松井先生に惑星探査に関する研究内容や現在推し進めているプロジェクトなどについて伺いました。さらに、千葉工業大学で新しく研究所を立ち上げる伊藤穰一が、学長である松井教授と教育論についても激論を交わしました。【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先日からイーサリアムのアドレ…
 
今週は先週に引き続きスプツニ子さんにご出演いただきました。また、アーティストで東京藝大非常勤講師の草野絵美さん、そしてメディア美学者の武邑光裕さんを迎えて、「NFTは単なる流行か?それとも革命的に世の中を変えるツールとなるのか?」をテーマに大激論を交わしました。草野絵美さんは、最近息子さんが小学生NFTアーティスト「Zombie Zoo Keeper」として大きな話題にもなりました。息子さんがNFTデビューした経緯など、NFTに関する様々なアイデアや情報が満載です。NFTの実践的な使い方や楽しみ方、それに人に優しい、地球に優しい「エシカル」な使い方など様々な視点からNFTについてトークセッションを行いました。【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】番組では、リスナーの皆様か…
 
今週は現代アーティストで東京芸術大学デザイン科准教授のスプツニ子!さんにお越しいただきました。スプツニ子さんは今年10月、日本で初めて開催されたNFTアートのオークションに作品を出品し、最高額となる839万5000円で落札されています。そんなNFTアートという分野にも精力的に関わっているスプツニ子さんと、NFTについて考えていきました。題して、トークのテーマは「NFTは単なるバブルに過ぎないのか?それとも、世界を変えるツールとなるのか?」。今回はトークの前編部分をお届けします。【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先日からイーサリアムのアドレス記載欄も…
 
#7 台湾デジタル担当大臣オードリー・タンに伺う、ニッポンのデジタル政策に関するアドバイスとは?今回も、前回に引き続き台湾のデジタル担当大臣であるオードリー・タン(鳳唐)氏をお迎えしました。前回はオードリー・タン氏がこれまで残してきた功績についてお話をうかがいましたが、今回は、主に日本のデジタル政策に関する質問を投げかけています。タン氏には、デジタル庁における調達やプロセスに関連したアドバイスや、「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を推進する上でのヒントとなるような、台湾での経験などをお話いただきました。【JOI ITO 変革への道 - Opinion Box】番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先…
 
今回は、台湾のデジタル担当大臣オードリー・タン(鳳唐)にご出演いただきました。今年の10月でデジタル担当大臣就任から5年を迎えたオードリー・タン氏に、これまでの功績と次世代の人材育成について伺いました。【JOI ITO 変革への道 -Opinion Box】番組では、リスナーの皆様からお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先日からイーサリアムのアドレス記載欄も設けました。伊藤穰一が「これは!」と思った方には本人から直接なにかが届く……かもしれません!アドレスの取得方法などは、下記編集ノートに記載してあります。ぜひチャレンジしてみてください。https://airtable.com/shrKKky5KwIGBoEP0【編集ノート】伊藤穰一…
 
今回は、シビックテック集団として知られるコード・フォー・ジャパンの代表理事、関治之氏に登場いただきました。関さんはこれまで、オープンソースの技術を応用して数多くの社会的課題を解決してきました。関さんが手がけてきた東日本大震災の被災・支援情報を集約するshinsai.infoや、東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトなどももちろんオープンソースによる賜物です。伊藤穰一もこれまで、クリエイティブ・コモンズや、ウェブブラウザーのFirefoxを開発するMozilla、オープン・ソース・イニシアティブ(OSI)で理事を務めるなど、オープンソースを推進する活動を行なってきました。そんなオープンソースをこよなく愛する二人が、日本や世界のオープンソースを取り巻く現状について大激論。これからを見据えた新…
 
今回は、前回に引き続き村井純・慶應義塾大学教授が登場です。村井教授はデジタル政策担当の内閣官房参与であり、デジタル庁では顧問を務め、新設された同庁のグランドデザインを描きました。そんな村井教授にデジタル庁の成果と課題について伺いました。また前回に引き続きリスナーの皆さんからお寄せいただいた質問やご意見に伊藤穰一が答えました。Facebookのメタバースに関する話題やNFTの今後の使い方など、新しい情報が盛りだくさんです。【JOI ITO - 変革への道- Opinion Box】番組では、リスナーからのお便りを募集しています。番組に対する意見はもちろん、伊藤穰一への質問があればぜひ投函ください。先日からイーサリアムのアドレス記載欄も設けました。伊藤穰一が「これは!」と思った方には本人から直接…
 
今回は、デジタル政策担当の内閣官房参与であり、デジタル庁顧問である村井純・慶應義塾大学教授が登場!インターネットの父とも呼ばれる村井純教授は1980年代から伊藤穰一と交流があり、さまざまな議論を交わし、日本にインターネットを浸透させるために共に闘ってきたといいます。ちょうど、今から25年前には2人揃って朝日新聞にも登場し「インターネットの未来」について激論を交わしていました。あれから25年。それぞれ独自の道を歩んできた二人にとって映るニッポンの姿とはどのようなものなのでしょうか?そしてこれから進むべき方向とは?【JOI ITO - 変革への道- Opinion Box】https://airtable.com/shrKKky5KwIGBoEP0今回から、リスナーの皆様から私のPodcastを…
 
米MIT大学メディアラボ元所長の伊藤穰一が、メディア美学者の武邑光裕氏とニッポンのDX推進について徹底討論。「現在DX推進で必要とされるのは技術革新だけじゃなく、社会や文化とDXがどう関係していくかである。」という、ちょっと変わった視点からDX推進に関する白熱した議論が繰り広げられました。また、ドイツから帰国したばかりの武邑氏からは、既にデジタル変革と文化の融合が進んでいるヨーロッパでの実態が明らかに。意外な事例が次々と飛び出しました。ハッカー集団から政治家が誕生!?敵対していたスタートアップと政府が蜜月の仲に!?武邑氏による解説は必聴です。さらに、一部のメンバーを会して行われた「変革会」の模様をダイジェストでお届けします。「変革会」メンバーをリスナーの皆様からも募集する予定です。奮って、ご…
 
マサチューセッツ工科大学の研究所「メディアラボ」で所長を務めた伊藤穰一が、14年ぶりにニッポンに帰国。かつての恩師であるメディア美学者の武邑光裕氏とタッグを組んで、デジタルDXを考える新しいプロジェクトをスタートしました。これから、テクノロジーの側面からだけでなく美学・哲学・文化の視点から、この国のデジタル改革の行く末について考えていきます。プロジェクト創設メンバーの二人が考える「日本のデジタルDX推進で決定的に欠けているもの」は果たして一体なんなのでしょうか…。★JOI ITO’S Podcastではプロジェクトに参加してくれるメンバーを順次拡充していく予定です。応募方法や今後の展開内容については、随時番組内で発表していきますので、是非番組を欠かさずチェックしてくださいね。 番組のスポンサ…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login