Code 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
パズル感覚でキャラクターをつなげながら、iPadで楽しく簡単にプログラミングとロジカルシンキングを学ぶ「Logical 9」。 アプリケーションを開発した小嶋秀徳氏が、Macやプログラミングとの出会い、子どもが楽しくプログラミング学べるiOSアプリケーション開発に込めた想いを、Swiftでのデモンストレーションを交えて紹介します。
 
t
texta.fm

1
texta.fm

Design and Engineering team at PIXTA

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
texta.fmは、ピクスタで働くデザイナー・エンジニアによる技術ブログ「てくすた」のポッドキャスト版です。 本ポッドキャストに関するご意見・ご感想は、ハッシュタグ #textafm にお寄せください。
 
Loading …
show series
 
技術顧問の和田卓人さんと、ECMAScriptの検討中の仕様、サーバーサイドJavaScriptにおける技術選定について話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 8. Class-based Programming tc39/proposal-call-this (Stage 1) Function.prototype.call() tc39/proposal-bind-operator (Stage 0) JavaScript Primer ECMAScript Holistic JavaScript dataflow proposals v2 JavaScriptを大きく変えうる Dataflow Prop…
 
-Code for Japanみたいな組織は他にもあるので、紹介していくためもあって、イベントを沢山やってる -山形さんが今度出す「OPEN」も、オープンにするほうが社会は進化するんだけど、いうのは簡単だけどついつい理想主義者ほど規制を作ってポリコレクローズドにしてしまう -Joi Itoとメディアラボ、「ハードウェアハッカー」は、見事なオープンイノベーションだった -できる範囲で、そういう活動を色んな人にアピールすると、世の中がいい方向に向かうんじゃないか -僕自身もクローズドにしてたところがいろいろあるので、それを変えていけると良い --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message…
 
・なんでこの本を翻訳しようと思ったんですか? -コミュニティの話が盛り上がると良いと思った -高須は「やりたいと思った人がいつでもコミットできること」が世の中の生産性を上げると思ってる -コミットすることそのものが楽しいし、成果が大きくなるとお金で返ってくることもある ・日本にとってコミュニティは必要なんでしょうか? -日本ではこういうオープンイノベーションがどうもつらい -いろんなところで、社員だけとか事前に決めたメンバーだけになる -中国がそもそもクローズドに疎いところで、Googleとかのやりかたをちゃんとマネしてオープンイノベーションに真面目に取り組んでる ・例外的成功例としてのCode for Japan -国の問題でなくて組織の問題 ではうまく言ってるので、解説を書いてもらったし…
 
・オープンなコミュニティというと、なんかゆるさを想像しますけど、本書ではかなり具体的にミッションや目標、KPIの設定や、定期的な意思統一といったかっちりした手法を紹介しているのが意外でした。以前にShao0155さんから、「アジャイル開発はきっちりしたすりあわせのルールやツールが不可欠で、実は難しい」という話を聞いたのを思い出しましたが。 → -会社がコミュニティやろうとして失敗する例をうまく潰してる たとえば? -ほっておくとうまくいかないので、自覚的に目標作ったりするのがだいじ --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message…
 
*コミュニティの本「遠くへ行きたければ みんなで行け」テーマは何? 著者はどういう人? ・「コミュニティ」ってよく聞くようになりましたが、会社にコミュニティ作りの専門家ポジションがあるってどういうことでしょう? イメージがつきづらいので、コミュニティを使ってビジネスを回している有名な事例などあれば。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
技術顧問の和田卓人さんに、普段どのようにTDDを実践しているのかを伺いました。 Show Notes: 守破離 CheckingとTesting(cf. Michael Boltonによるブログエントリ) 付録C = テスト駆動開発(Kent Beck 著、和田 卓人 訳)収録の訳者解説 今回のSoftware Design = Software Design 2022年3月号 UNIX哲学 REPL さっき未知と既知の話をした = 9. The 20th Anniversary of TDD JUnit Learning Test(cf. テスト駆動開発の14章、26章) 内部品質(cf. 質とスピード) プログラマーは怠惰で傲慢で短気 = Larry Wall氏が提唱したプログラマーの三…
 
高須が早稲田ビジネススクールでお世話になっている牧兼充先生が、イノベーションについての新著を出します。 サイエンスとテクノロジーについての一般書なので、「プロトタイプシティ」と重なる部分もあります。 書籍の内容について紹介いただきます。 ■今回のテーマ:「イノベーターのためのサイエンスとテクノロジーの経営学」牧先生の新著 amazonにて予約受付中 現在、米国を中心に世界では「イノベーションの経済学・経営学」に関する研究が盛んである。起業家はいかにしてどこから生まれるのか、なぜ起業家は特定の地域に集積するのか、科学技術はベンチャー企業の育成にいかにして役立つのか、といった実務に役立つ疑問について、さまざまな研究成果が生まれている。本書では、特に科学技術による新事業創造について多く扱うが、それ…
 
技術顧問の和田卓人さんと、Software Design 2022年3月号の第2特集「そろそろはじめるテスト駆動開発」について話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 「自動テストとテスト駆動開発、その全体像」を執筆しました(Software Design 2022年3月号) Software Design 2005年2月号 CVS - Concurrent Versions System TDDの勉強会に参加したらSoftware Designに寄稿することになった話 テスト駆動開発(TDD)とは何か。コードで実践方法を解説します テスト駆動開発の過去・現在・未来 Kent Beck Erich Gamma …
 
1年半ぶりに日本滞在をした藤岡CEO。今は深圳にて隔離中です。日本/中国のこの1年での変化、DXの状況などについて語ってもらいました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
技術顧問の和田卓人さんと、内部DSL、2010年代のプログラミング言語について話しました。 Show Notes: Put chubby models on a diet with concerns メタプログラミングRuby 第2版 InternalDslStyle 普通のやつらの上を行け(「ハッカーと画家」に収録されているエッセイの1つ) Annotation(Java) Decorators(Python) Cross-cutting concern Aspect-oriented programming Robert Griesemer, Rob Pike, Ken Thompson(Go言語の作者たち) Law of Demeter Structural type system N…
 
バブル経済でありイノベーション大国である中国では冒険的な機能のスマホがたくさん出てきています。 深圳在住の高須はメイン機がXiaomiの折りたたみスマホ、サブがHisenseの電子ペーパースマホ。 同じくたくさんスマホを持っている @Shaoさんと、ガジェット好きの高口と一緒に「キワモノスマホの普段遣いはどうよ」について語りました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
技術顧問の和田卓人さんと、Observerパターン、オブジェクト指向プログラミングにおけるクラスについて話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 チームトポロジー 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計 module Math ActiveSupport::Concern ActiveSupport::Callbacks::ClassMethods#set_callback Rails 7.0: Fulfilling a vision(収録後リリースされた) rails/rails-observers Observer pattern Publish–subscribe pattern The No…
 
■今回のテーマ:高口さんの新刊:『中国「コロナ封じ」 の虚実』 高口さんの新刊『中国「コロナ封じ」 の虚実』が12/9に発売になります。テクノロジーと政府規制だけでなく、マルチ商法やアイドルなど、市民生活から商習慣、変わる庶民の文化などの様々な側面に現在の中国の姿が現れる快著です。 発売を記念して、山形浩生さんをゲストにこの本についてトークします。 ■今回のゲスト:山形浩生さん 翻訳家、評論家。歯切れのいい明快な訳文には定評があり、ファンも多い。近年の代表作はピケティ『21世紀の資本』(共訳、みすず書房)。アトキンソン『21世紀の不平等』(東洋経済新報社)など。 ■高口康太/高須正和によるポッドキャスト番組 「なんとなく音声メディア、Podcastとかやってみたいねえ」「いいすねえ、やってみ…
 
お便り的な質問を、匿名質問サービス「マシュマロ」で募集してます! 今日のゲストは中国輸入のプロ、和田太郎さん。 和田太郎さん 埼玉県熊谷市出身。 上海復旦大学卒業。浙江省義烏市在住。 ゴールドバッハ株式会社 義烏市購覇貿易有限公司など複数社経営。タオタロウ運営 イーウー市日本サービスセンター主任。中国輸出、中国輸入など中国ビジネス全般。#中国輸入の閃き も見てくれ! http://www.yiwutaorui.com/ ■中国の景気の話 日本の大手からの発注は順調、 一方で中国国内の原価が上がってきているので、利幅は微妙 特にコロナ渦で、実際に中国に来ての輸入が難しくなっているところから、他の大手からも和田さんのところに発注がくることも増えている なので、一般貿易で見るとそんなにコロナの影響…
 
今回のテーマ:「中国:最近の規制どうよ」 市場経済ばんざいイケイケドンドンの時代から、最近の中国では大企業の横暴に対する規制や、貧富の格差解消など、社会の洗練を狙う政策が目立ちます。製造業に比べると目の敵にされやすいゲーム産業で働く高橋さんを招いて、最近の規制から中国が目指すものについて話します。 ■今回のゲスト:高橋玲央奈さん 97年からゲームソフト開発・販売を手掛ける元中学生起業家。NTTデータグループ、エムティーアイ、アプリカを経て株式会社グラティーク創業。日中市場向けにゲームアプリ、HTML5ゲーム、ゲームプラットフォームの制作・運営、日中ゲームの海外パブリッシング、日中各社へのコンサルティングなどを幅広く行う。2017年から中国福建省に移住し、各都市のゲーム関連イベント企画や講演を…
 
エンジニアで著書も多く出されているからあげさん @karaage0703 をゲストにした今回、執筆環境について語るのはこれで三度目になりますが、どうやら今は、パソコンも速くなって執筆環境は良くなってきてるので、「どうやってテンションを上げて書ける状態に持っていくか」とか、フィードバックをどうやって受け付けて全体のクオリティをアップしていくか、に話が移ってきたことがわかる回になりました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
技術顧問の和田卓人さんと、Data Transfer ObjectとDomain Payload Objectについて話しました。 Show Notes: 本編 = 7. Fat Controllers and Models DTO (Data Transfer Object) DPO (Domain Payload Object) LocalDTO Remote Method Invocation Metaprogramming Reflection DDD_Aggregate drapergem/draper: Decorators/View-Models for Rails Applications Forwarding DAO (Data Access Object) Express…
 
もともと収録予定だった執筆環境の話は高須が録音を失敗してしまい幻の回に。 追加収録として、ZUNDA株式会社の澤田翔CEOをゲストに、コロナ渦と社内システムをどう整える、みたいな話をしました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
技術顧問の和田卓人さんと、Fat Controller/Model問題とその向き合い方について話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 Team Topologies book translated to Japanese 4. Not Just ORM 48. GoFデザインパターンとDI (前編) w/ twada Pattern-Oriented Software Architecture, Volume 1, A System of Patterns Service-oriented architecture PresentationDomainDataLayering Patterns of Ente…
 
新型コロナによるICT端末需要の増大、コンテナ不足による原材料輸送の障害、米中貿易摩擦でファーウェイが台湾MediaTekのSoCを大量に購入したこと、価格高騰による業者の買い占めやニセモノの横行など、複数の原因で始まった半導体不足。 深圳の製造業は部品の高騰、製造期間の延長に伴うキャッシュフローの悪化、設計の変更(これまでマイナーだったため手に入れやすいUniSOC,GDなどの中国メーカー)、などの対応を迫られている。 不足を招いている現状と、新設の半導体工場が稼働し始めてモノ不足が解消される来年以降でまた価格の乱高下が予想され、多くの小規模製造業が廃業するだろう。 それは、スタートアップやメイカーにとって苦しい時代を招きそうだ。 プロトタイプシティ・ラジオ(高口康太/高須正和) • A …
 
高口さんのNewsPicks記事「中国経営者は紅いのか?」をきっかけに、共産党が企業活動に対してどういうことをしてるのか、 また党(ご都合主義)が法律に優先する形で発展してきた中国で、上場企業への会計監査を含めた資本主義に必要な法治がどのぐらい通用するのか?についてのトーク --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
高口:中国で流行する、お見合いアプリの体裁になっているダラダラ音声メディア ー未来を実装する 馬田さん ー日本のコロナワクチン&マイナンバーと、中国の郵便全然届かない問題 ー深圳って一段落した? 高須: ーイケてるベンチャーとそうじゃないベンチャー、世間の反応見てる ー年々自分で考えなくなって、SNSにだして反応見て決めてる ー一回動き出すとあとは「勢い」みたいなのでなんとかなる --- Send in a voice message: https://anchor.fm/takasu-masakazu/message
 
技術顧問の和田卓人さんと、Four key metricsの計測、技術と経営の接続、Team Topologiesなどについて話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 LeanとDevOpsの科学 2020 State of DevOps Report CTOとして招聘されて1年でDX Criteriaを大幅改善するために追求した唯一の成果指標 Agile & Lean Metrics: Cycle Time Backlog Pivotal Tracker Jira Software DORA joins Google Cloud https://cloud.google.com/devops Nicole F…
 
技術顧問の和田卓人さんと、LeanとDevOpsの科学(原題: Accelerate)について話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 LeanとDevOpsの科学 Accelerate Nicole Forsgren Jez Humble(「Continuous Delivery」「The DevOps Handbook」などの著者) Gene Kim(「The DevOps Handbook」などの著者) The Lean Startup ヘロヘロScrum Jolt Awards Jolt Awards の 22年(受賞本リスト) Dr. Dobb's Journal ITエンジニア本大賞2021 DOR…
 
技術顧問の和田卓人さんと、次世代のフルスタックフレームワーク、2020年のピクスタにおける技術的な取り組みについて話しました。 Show Notes: Next.js PIXTAオンデマンド RailsのAPIモード GraphQL Prisma(謎のDSL、差分マイグレーション) Railsのマイグレーション Is Prisma an ORM? Data Mapper Table Data Gateway Domain Model Prisma ClientにおけるCRUD操作 本編 = 4. Not Just ORM 過去を知り、未来に備える。技術選定の審美眼 2019 edition Lisp: Good News, Bad News, How to Win Big(Worse is …
 
技術顧問の和田卓人さんと、Ruby on RailsのActive Recordについて話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 レイヤードアーキテクチャ - kawasima Pattern-Oriented Software Architecture, Volume 1, A System of Patterns Design Patterns: Elements of Reusable Object-Oriented Software Hexagonal architecture Clean Architecture OSI参照モデル Alistair Cockburn(「アジャイルソフトウェア開発宣言」…
 
技術顧問の和田卓人さんと、サービスオブジェクト、イミュータブルデータモデルなどについて話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 Service Layer Web Applicationを綺麗に設計するためのMVACという考え方 Domain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software Patterns of Enterprise Application Architecture Transaction Script Remote Facade Inversion of Control Containers and the Depend…
 
技術顧問の和田卓人さんと、表明(Assertion)と例外(Exception)の違いと重複について話しました。 Show Notes: Assertive Programming Design by contract precondition(_:_:file:line:) Programming With Assertions Effective Java 第3版 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 unassert-js/unassert power-assert-js/power-assert Mean time to repair Mean time between failures Fail-fast PHP7 で堅牢なコードを書く - 例外処理、表明プログラミ…
 
技術顧問の和田卓人さんと、Value Object、Immutability、契約による設計、バリデーションなどについて話しました。 Show Notes: ピクスタ技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 ValueObject ActiveRecord::Aggregations::ClassMethods テスト駆動開発(Kent Beck 著、和田 卓人 訳) Functional programming 世代別ガベージコレクション Understanding Clojure's Persistent Vectors, pt. 1 過去を知り、未来に備える。技術選定の審美眼 2019 edition Design by contract PHP7 …
 
技術顧問の和田卓人さんと、DDDとRDBの距離について話しました。 Show Notes: データベース設計論 T字形ER―関係モデルとオジブェクト指向の統合をめざして データ中心アプローチ Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 Object-relational impedance mismatch Object database
 
技術顧問の和田卓人さんと、DDD、データソースのアーキテクチャに関するパターンなどについて話しました。 Show Notes: PIXTA技術ブログ「てくすた」 パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】 Domain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 Rails 1.0: Party like it's one oh oh! Extreme Programming Explained: Embrace Change Manifesto for Agile Software Development Analysis paralysis What is Con…
 
Community Drive、第6回目のゲストは、Code for Japan 、ファウンダーの関治之さん(@hal_sk)。行政や地域とエンジニアを結びつけ、課題を解決する活動を続けていらっしゃる関さん。シビックテックへの期待が高まる中で、Code for Japanの活動の現在とこれからについてお話を伺いました。。 iTunesへのリンクはこちらから。 Show Notes Code for Japan Code for Japan Summit Special Thanks 収録サポート:オトバンク様
 
Community Drive、第5回目のゲストは、WordPress日本語コミュニティなどの運営に携わられている高野直子さん(@naokomc)。WordPress.com レンタルブログサービスを行う Automattic 社で働くかたわら、WordPressの日本語コミュニティの運営に関わられたり、書籍・記事・ブログを執筆&翻訳なさっています。高野さんに今変化のときを迎えたWordPress日本語コミュニティについての現状と、その奥深さの秘密を伺いました。 iTunesへのリンクはこちらから。 Show Notes Automattic WordPress日本語 Japanease Team WordPress への参加・貢献 Make WordPress WordCamp Japan…
 
Community Drive、第4回目のゲストは、Amazon JapanでのJAWS-UG(AWS Users Group – Japan)の立ち上げや、CMC_Meetup (Community Marketing Community)の運営でおなじみの小島英揮さん(@hide69oz)。現在は、さまざまなIT企業にパラレルワーカーとしてコミットしています。日本のコミュニティマーケティングのキーパーソンである小島さんに、JAWS-UGの立ち上げの背景や成長の秘訣、CMC_Meetupの目指すものなどについて伺いました。 iTunesへのリンクはこちらから。 Show Notes JAWS-UG CMC_Meetupに関する小島さんのブログ記事 Special Thanks 収録会場提供…
 
Community Drive、第3回目のゲストは、デイリーポータルZの石川大樹さん(@ishikawa_daiju)。技術力の低い人限定ロボコン「ヘボコン」を2014年7月にスタート。動くものを作って戦わせるというシンプルなルールで、大人から子供まで楽しむことができるこの「ヘボコン」。面白さ、奥深さにたくさんの人が共感し、国内のみならず海外20カ国以上でも開催され、グローバルな広がりを見せています。石川さんにヘボコンという文化の広がりの背景を伺いました。みんな大好きデイリーポータルZの読者コミュニティについてもお話を聞いています。 iTunesへのリンクはこちらから。 Show Notes デイリーポータルZ ヘボコン(デイリーポータルZ公式) ヘボコンfacebookオフィシャル 石川さ…
 
Community Drive、第2回目のゲストは、BASE株式会社取締役CTOの藤川真一さんことえふしんさん( @fshin2000 )さん。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)にて博士号を取得したばかりのえふしんさんに、公開収録のかたちでコミュニティについての思いをお話いただきました。普通のコミュニティとしての「WebSig24/7」、分散型コミュニティとしての「ゴールデン街」と「マストドン」、Webサービスとしての「モバツイ」…といろいろなテーマで語りつくしていただきました。 iTunesへのリンクはこちらから。 Show Notes BASE 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD) WebSig 24/7 mstdn.jp mstdn.fm…
 
Community Drive、第1回目のゲストは、達人出版会の高橋征義(@takahashim)さん。一般社団法人日本Rubyの会の代表理事として、Rubyの利用者・開発者支援をしつつ、最近ではTechBoosterのmhidakaさんとIT技術書の即売会、技術書典も立ち上げられました。fjからコミュニティ活動(?)がスタートしたという高橋さんに、ご自身のコミュニティに関する考え方や、RubyKaigi、技術書典等人気イベント運営の裏側についてお話を伺いました。 iTunesへのリンクはこちらから。 Show Notes 一般社団法人日本Rubyの会 Rubyist Magazine 第28号 巻頭言 Rubyist Magazine 第17号 巻頭言 技術書典 青空文庫 Special …
 
パズル感覚でキャラクターをつなげながら、iPadで楽しく簡単にプログラミングとロジカルシンキングを学ぶ「Logical 9」。アプリケーションを開発した小嶋秀徳氏が、Macやプログラミングとの出会い、子どもが楽しくプログラミング学べるiOSアプリケーション開発に込めた想いを、Swiftでのデモンストレーションを交えて紹介します。Apple による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login