Chapter Book 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
Loading …
show series
 
皆様こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。 最近、YouTubeとiTunesにチャンネルを開設しました。いろいろ試行錯誤しています。良かったら覗いてみてください。 こちらのサイトの更新はしばらくお休みするつもりです。 なお Patreon の会員制クラブ 「南風舎」では毎週更新中です。わたしの小さな文学クラブへ、良かったらご参加ください。 どうぞ宜しくお願いします。 Dear listeners of Japanese classical literature, I hope you are well. Recently I have created YouTube and iTunes channels. If you get a chance, please visit the lin…
 
Become a Patreon member of the club 南風舎 to support my reading Text from Aozora bunko 萩原朔太郎 芥川君との交際について  芥川君と僕との交際は、死前わづか二三年位であつたが、質的には可なり深いところまで突つ込んだ交際だつた。「君と早く、もつと前から知り合ひになればよかつた。」と、芥川君も度々言つた。僕の方でも、同じやうな感想を抱いて居たので、突然自殺の報告に接した時は、裏切られたやうな怒と寂しさを感じた。  芥川君の性格には、一面社交的の素質があつたので、友人が非常に多かつた。しかし本當の打ちとけた親友といふものは、意外にすくないやうであつた。「僕の過去の悔恨は、友人が惡かつたことだ。」といふやうな意味の言…
 
This recording was made possible by the support at Patreon, where you'll find my short introduction to this essay. 谷崎潤一郎の描く特殊な愛欲の型を、正宗白鳥が解説します。 この朗読を可能にしてくれたPatreonのサポーターの皆様に感謝の意を表します。 Transcript - text from Aozora Bunko 武州公秘話 跋 正宗白鳥 「蓼喰う蟲」以後の谷崎君の作品は、残りなく通読しているつもりでいたが、この「武州公秘話」だけにはまだ目を触れていないのであった。谷崎好みの題材を谷崎式手法で活写しているだけで、この怪異な物語に私は驚かされはしなかったが、この老作家の…
 
This recording was made possible by the support from my club 南風舎 at Patreon. このエピソードは、私の私的文学クラブの皆様の応援によります。ここに感謝の意を表します。 Transcript 皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。 「その発祥から屍臭の漂う学問であった」、と三島由紀夫が言う学問は何かご存知ですか。シシュウと言うのは、ここでは死んだ人の身体、屍の臭いの事です。答えは民俗学です。今回は、日本人の魂を追ったフィールドワーカー、民俗学の父と呼ばれる柳田國男を紹介したいと思います。 柳田國男は1875年に兵庫県に生まれました。泉鏡花より二歳、年下です。子供の頃、医者で文学好きな親戚がいて森鴎外と友人だったので、…
 
This recording was made possible by the supporters at my private club. 雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル 一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ 東ニ病氣ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ 西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稻ノ朿ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ 北ニケンクヮヤソショウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロア…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login