Artes 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
アート・トゥルー・チャンネル。 Art True Film (劇場公開映画製作)を中心に、Staying Alive (短編映像やプロデュース作品)、Art-true EXIT (アート作品)の予告編やサンプルを公開しています。全ての著作権は ART TRUE LLC に帰属します。 公式ページ art-true.com
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れたデザイナー、写真家、建築家たちが自らの作品やビジョンを披露しています。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
I am a Japanese Metal Head. Drinks, food, pets, guitars, tech, art. お酒飲みながら楽しみまショウ!メタルを聞きながら色々な雑談。中森明菜とYngwieを聞ける番組はここしか無いです。ホスト 日野原千明
 
日本語で話す(あるいは書く)ということはいやおうなくローカルなものになる。なぜならそれは日本語を分かる人たちのために話したり書いたりしているということを意味しているからだ。もちろんそれは翻訳されることもあるだろう。だけれどもほとんどの発話は、そしてほとんどの文章は、翻訳されることもなく日本語のままぼくたちの目の前を流れていく。 それをぼくはネガティヴなものとしてとらえてきていた。でも、しかし、ぼくは日本語で話すし、日本語で考えている。それがたとえローカルな言葉であったとしても、ぼくはそのローカリティのなかで生きている。ならばその言葉の前で、日本語が分かる人たち前で、そのローカリティの中でしかできない会話をすることも必要だろう。そして、ぼくは、自分が話してみたいひとたちと真摯な会話をしてみたいと思う。ときに起こる編集者による不当な修正の手前で、ぼくたちの言葉をそのままのかたちで届けたいと思う。 http://kktnk.com/podcast/ *感想や質問などはこちらまで。kotoba@kktnk.com
 
Loading …
show series
 
東日本大震災から10年 色々時を振り返っての雑談。 Featured Tracks: King’s X: Goldilox (Out of the Silent Planet – 1988) Candlebox: My Weakness (2021) Gears used today: – Adobe Audition CC – Heil PR-40 – Roland UA-55 Quad Capture USB 2.0 Audio Interface – Pop Filter – Audio-Technica ATH-M50x Professional Studio Monitor Headphones – Asahi Beer Let Your Voice Be Heard on the…
 
飲みながら音楽鑑賞 Featured Tracks: Primal Fear: In Memory (Seven Seals – 2005) Pretty Maids: Will You Still Kiss Me (Undress Your Madness – 2019) Gears used today: – Adobe Audition CC – Heil PR-40 – Roland UA-55 Quad Capture USB 2.0 Audio Interface – Pop Filter – Audio-Technica ATH-M50x Professional Studio Monitor Headphones – Asahi Beer Let Your Voice Be …
 
人工知能の心の中はどんな風なのでしょう?映画『ブレードランナー』に描かれた近未来のロサンゼルスの建築のビジョンにひらめきを得たメディアアーティストのレフィック・アナドルは、自身が開いたスタジオで、建築家、データ科学者、脳科学者、音楽家らと協力して、アートと人工知能を融合させています。テクノロジーと創造性の未来について考えを一新させる異世界のような作品の数々をご覧ください。レフィック・アナドル による
 
俳優イーサン・ホークは自分の人生に影響を与えた瞬間を思い起こしながら、思い切った表現がいかに癒しを与え、人同士の繋がりを促すかを考えます。そして物怖じせず自分の中に創造性を見出すことを私たちに勧めて、こう言います。「自分で歩いてみて初めて、そこに道ができるのです」イーサン・ホーク による
 
話の結末をどうするのか?「ラジオラボ」のホストであるジャド・アブムラドは、この質問の答えを探すうちに、テネシーの山間の家に導かれたと言います。そこで、識者のドリー・パートンと出会いました。ジャド・アブムラド による
 
伝説的なヒップホップのプロデューサーであるスウィズ・ビーツは、アーティストのビジネスのやり方を本格的に革新すべく、力を尽くしています。この素晴らしいトークでは、自身と同じくクリエイティブな人々が力を発揮できるようにどうやって支援しているのかを語ります。例えば、売り上げの100%をアーティストに渡すアートフェアを世界中で展開していること、生存するビジュアル・アーティストの資金源をもたらす新しい手数料制度、そして、ファンを楽しませ、ミュージシャンに売上をもたらすオンラインの音楽祝賀祭Verzuz。「アートを守らなければ、将来を守ることが出来ない」とスウィズは語ります。スウィズ・ビーツ による
 
「自分は何者か?」この疑問に答えるべく、アーティストのシャンテル・マーティンはペンが導く先へと赴きます。この素晴らしく視覚に訴えるトークでは、タイムズスクエアの大型ビジョンから、ニューヨーク・シティ・バレエ団の踊り子たちの体まで、あらゆるものを横断して描くマーティン特有のフリースタイルの線描画を取り上げながら、彼女がアートを通じ、どのように自由や新たなものの見方を発見したのかについて語っていきます。絵を描くことで、どのように手と心を繋げ、世界との繋がりを深められるのか見てみましょう。シャンテル・マーティン による
 
サーフボードの上でフィットネスをする「Surf Fit(サーフフィット)」が人気だ。背中やデコルテ周りなど、通常のフィットネスではなかなか鍛えられない部分にも効果があるという。今回はスタジオを訪れ、インストラクターのNatsumiさんに、サーフフィットの魅力と効果を聞いた。
 
東京・恵比寿の閑静な住宅街に店舗を構える書店「POST」。アート、写真、建築、デザインなどさまざまなジャンルの本を取り扱うこの書店の特徴は、出版社というくくりでセレクトし、一定期間で本を入れ替えるスタイルにある。代表の中島佑介氏に話を聞き、その魅力に迫った。
 
オンライン上で自分好みの木工家具をデザインし、自分の手で組み立てることができるカスタムメイド家具のプラットフォームサービス「EMARF(エマーフ)」が、個人ユーザーから大手メーカー、自治体まで幅広い注目を集めている。家具を販売するだけでなく、モノづくり体験として提供する革新的なサービスは、いかにして生まれ、住まいの未来をどう変えていくのか。
 
2018年、瀬戸内海に位置する香川県の小さな島、豊島に一軒の宿「ウミトタ」が誕生した。自然との共存を実現するそのデザインから、2019年には瀬戸内国際芸術祭の作品として選出。作品と宿泊施設の2つの顔を持つこととなったこの宿は、アートと自然に満たされた豊島へ訪れる人たちにどのような体験を提供しているのだろうか。
 
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市。この地を会場にして、2017年より隔年で開催されているアートフェスティバルが「Reborn-Art Festival」だ。実行委員長を務める音楽プロデューサーの小林武史氏に、同フェスティバルへの想いやアートが復興の地で果たす役割について聞いた。
 
雪と氷に覆われる冬の北海道の地で、アクセル全開で楽しめるモータースポーツ、それがスノーモービルだ。そのスノーモービルで満月の下をライドする、エクスクルーシブな遊び方がある。
 
イギリスをはじめとして、世界中でムーブメントを巻き起こしているクラフトジン。近年、日本でも国産の銘柄が国内外で注目を集めている。ジンに加え、さまざまなお酒の情報を発信しているウェブメディア「LiquorPage」を運営する小針真悟氏と、2018年の初回から大盛況を博しているGIN FESTIVAL TOKYOの代表 三浦武明氏に、その魅力を聞いた。
 
長野県伊那市にある「美篶堂(みすずどう)」は、現在では珍しい職人の手仕事で製本を行う会社だ。その技術を活かし、独創的なオリジナル商品も展開している。「本づくり学校」で技術を伝えたり、手製本に親しんでもらうために行っている事業に込めた思いを聞いた。
 
東日本大震災から9年 宮城県南三陸町で命の呼びかけを最後まで続けた危機管理監の遠藤未希さん。当時彼女は二十四歳でした。マイクの前で最後の最後まで地元の市民へ呼びかけていました。彼女は津波に飲み込まれてしまいました。でも、彼女のおかげで何千人もの命が救われました。神様から与えられた時間をどう生きるか。 Topics: COVID-19 Social Distancing ON-NOMI Featured Tracks: King’s X: Goldilox (Out of the Silent Planet – 1988) Funky Monkey Babys: 涙 Gears used today: – Adobe Audition CC – Heil PR-40 – Roland UA-5…
 
皆さんのものの見方を変えてしまうかもしれないトークで、デザイナーでありアーティストでもあるジャーバオ・リーは、デジタルメディア固有の偏りを明らかにするような自身のコンセプチュアル・アート作品を紹介します。赤という色に「アレルギー反応」を起こさせるヘルメットから、予想外の方法でネット上のコンテンツをふるいにかけるブラウザのプラグインまで、リーの作品は私たちが現実を知覚する上で、いかにテクノロジーが介在しているかを明らかにします。ジャーバオ・リー による
 
久しぶりに日本語でTALK. 舌の筋肉。コロナウイルス。 Featured Tracks: Babylon Shakes: Making a Million (HighVolMusic – 2019) Pretty Maids: Serpentine (Undress Your Madness – 2019) Gears used today: – Adobe Audition CC – Heil PR-40 – Roland UA-55 Quad Capture USB 2.0 Audio Interface – Pop Filter – Audio-Technica ATH-M50x Professional Studio Monitor Headphones – Sapporo Bee…
 
「ブランディングには人間の精神性が深く表れています」と、デザイナーでありポッドキャストのホストでもあるデビー・ミルマンは言います。自らイラストレーションを手掛けた歴史絵巻を紐解く中で、ミルマンは洞窟壁画や旗、ビールのラベルなど、様々な例を通じてブランディングの進化の歴史をたどります。彼女はシンボルの持つ、人々を結び付ける力について語ります。先史時代の共同体では信仰を表現し、自らの所属を明らかにするためにシンボルが使われた一方で、現代の企業では商品を宣伝するためにロゴや商標が使われています。彼女はこうしたブランディングに人間性が現れていると語ります。デビー・ミルマン による
 
TEDフェロー、アリーシャ・エガートが私たちを彼女の作品を巡る視覚的な旅へと誘います。メイン州の無人島に建てられた巨大な彫刻から、人間が手をつなぐと電流が流れ、その時だけ膨らむインタラクティブなインスタレーションへまで様々です。彼女の作品は、失意の時に感銘を与え、希望を育むようなアートの力を追求しています。エガートは、こう言葉にしています。「もっと明るく、持続可能で、平等な未来が実現されるかどうかは、まず私たち自身がそんな未来を想像できるかどうかにかかっているのです」アリーシャ・エガート による
 
素晴らしいものを目にすると、多くの人は無意識に携帯電話を取り出して写真を撮ります。これは体験に影響を及ぼしたすべての事象を写真に撮ることに拘っているからでしょうか?瞑想的なトークの中で、エリン・サリヴァンはレンズをより意図的に使うことで、その瞬間を楽しむ力がどう増えたかを検証します。そして、あなたも同じように楽しめるよう手助けしてくれるでしょう。エリン・サリヴァン による
 
小さな唸りを上げる飛行機械を操ってテクノ・マジシャンのマルコ・テンペストが作り出すサイバー・イルージョンは、あなたを思い惑わせるでしょう。「これは科学なのか、それとも魔法なのか?」マルコ・テンペスト による
 
日清食品初の“完全栄養食”となる「All-in PASTA」が、2019年3月の発売以来、好評を博している。「チキンラーメン」に代表される即席麺を、現代の日本人が求める形にアップデートしたものだ。栄養価だけでなくおいしさにもこだわったという同商品の、誕生の秘密に迫る。
 
世界的建築設計事務所OMA(Office for Metropolitan Architecture)のパートナーであり、ニューヨーク事務所の代表を務める重松象平氏。アメリカを拠点としてグローバルに活動する重松氏は、次世代を担う全世界のクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD」のメンターという顔をももつ。今回は、その重松氏に建築への想いや、LEXUS DESIGN AWARD が若手クリエイターのキャリアに与える意義について聞いた。
 
アーティストであるコーネリア・ゲッペルトによる、視覚的にすばらしいビデオゲーム『Sea of Solitude(孤独の海)』の世界に足を踏み入れましょう。このゲームは、孤独や自己懐疑といった「モンスターたち」と戦うことで、いかにメンタルヘルスというものの複雑さや心の不調に、私たちがもっとうまく向き合える助けになりうるのかを探究しています。コーネリア・ゲッペルト による
 
アレハンドロ・デュランはアートを使って、進行中の海洋エコシステムの破壊にスポットライトを当てています。このはっとさせるようなトークで、彼は世界中からメキシコのカリブ海沿岸に流れ着いた、ペットボトルから義肢に至るまで様々なプラスチックゴミを、注意深く並べて再利用する方法について語ります。それらを用いて、彼は人々を魅了し驚かせるような色鮮やかな環境アート作品を制作しているのです。アレハンドロ・デュラン による
 
魅力的な被写体との出合いを求め、世界中を飛び回り続けている写真家、在本彌生。彼女が印象深い出合いを自らの作品と文章で綴る連載。今回は、イギリスの大英博物館に作品が所蔵されるなど、世界的に活躍するセラミックアーティスト、細野仁美氏に会うべくロンドンに赴いた。
 
地上波放送の機会が減少している日本のプロ野球だが、観客動員数は年々増え続けている。特に目覚ましい伸び率を示しているのが横浜DeNAベイスターズだ。同球団でデータ分析によるマーケティング施策を担う経営・IT戦略部の林 裕幸部長にその秘密を聞いた。
 
人間とロボットが一緒に芸術作品を作ると、何が起こるでしょう?この圧倒的なトークで、芸術家スグウェン・チャンはどうやって自分のスタイルを機械に「教えた」かを見せてくれます。そして、ロボットも間違うという予期せぬ発見をした後の協働の結果を教えてくれます。「人間と機械システムが持つ美しさの一部は、両者に共通する誤りやすさにあるのかもしれない」と彼女は言います。スグウェン・チャン による
 
東京・銀座の歴史的建造物「鈴木ビル」に居を構える「森岡書店」。“1冊の本を売る本屋”というコンセプトは、海外メディアからも注目を集めている。店主の森岡督行氏に話を聞き、その秘密に迫った。
 
ファッション好きにとって、自分の美意識に合ったスーツやジャケットを誂えるのは、究極の楽しみといえるだろう。そもそも服は、社会に対し自らを表現するうえで重要なアイテムだからだ。車がライフスタイルアイテムとして捉えられるようになった昨今、車にも同様のことを求める人が多いのではないか。そこで今回は、広告や雑誌で活躍し、車好きでもあるファッションディレクターの森岡弘氏に、自らの感性や価値観に合った1台を仕上げることの魅力について語ってもらった。
 
建築家のマ・ヤンソンは、自然から着想を得て、箱型で対称的な現代都市とは異なる、驚くべき建物を設計しています。一緒に踊っているような曲線的な高層建築や、雪山に似たオペラハウスなど、優雅で活気にあふれる彼の作品は、規範に囚われない建築の美を示しています。マ・ヤンソン による
 
スニーカーに革靴の要素を取り入れたユニークなカスタマイズがSNSで話題となり、国内外から注文が殺到する東京・青山のスニーカー・カスタム・ショップ「RECOUTURE(リクチュール)」。オリジナルのフォルムはそのままに、パーツの素材を変えるというカスタマイズの手法はいかにして生まれたのか。人気の理由に迫る。
 
日本を代表するセレクトショップ「BEAMS」において長年バイイングに携わり、現在はドレス部門の統括ディレクターとして活躍する吉田周平氏。本物を知り尽くした氏の愛用品とは、どのようなアイテムなのだろうか? その理由から、モノ選びのヒントをひも解く。
 
神経科学者のボー・ロットはシルク・ドゥ・ソレイユとともに、感銘という感情の心理的および行動上の恩恵を探る野心的な研究を行いました。このライブパフォーマンス付きの講演では、ボーがそこでの発見を紹介し、シルク・ドゥ・ソレイユのダンサーたちが感銘を呼び起こすパフォーマンスをお見せします。ボー・ロット&シルク・ドゥ・ソレイユ による
 
富士スピードウェイをはじめとする世界有数のサーキットで走りを鍛え上げられ、サーキット走行から日常でのドライブまでシームレスにこなす性能を備えた、レクサスのハイパフォーマンスモデル F 。同シリーズの最新モデル、新型レクサス「RC F」を、モータージャーナリストの島下泰久氏が富士スピードウェイで試乗。その真価に迫った。
 
「LEXUS DESIGN AWARD」の初代受賞者であるデザイン・エンジニアの吉本英樹氏。その受賞作品である「INAHO」が2018年にレクサスから販売されるようになっただけでなく、世界の名だたるブランドとコラボレーションするなど活動の地平を広げている。INAHOを作るきっかけとなったLEXUS DESIGN AWARDへの想いなど、世界を舞台に活躍する吉本氏に話を聞いた。
 
映画『クレイジーリッチ!』の最近の大ヒットを経て、映画監督のジョン・M・チュウが自身を創作へと突き動かすエネルギーの源について振り返ります。そして結びつきの持つ力と、映画に描かれることによって生まれる力について力強く主張します。ジョン・M・チュウ による
 
ファッションデザイナーには文化を変える力がある ― ベッカ・マキャレン-トランは、デザイナーとしての自分の立場を利用して、ファッション産業における狭い美の定義を広げようとしています。代表作を紹介しながら、マキャレン-トランは規範を打ち破るようなデザインの背景にあるインスピレーションについて語り、彼女がいかにしてあらゆる体型に宿る美を称えているかを教えてくれます。「消費者に伝えたいのは、変わる必要があるのはあなたの体型ではなく、服の方なのだということです」と、彼女は言います。ベッカ・マキャレン-トラン による
 
芸術家のサラ・ズィーが彼女の作品を巡る万華鏡のような体験へとお連れします。建物くらいに高く、壁一面に迸り、ギャラリーを周回する没入的なインスタレーション作品の数々では、時間と記憶と空間の境目が曖昧になっています。ズィーの実験的なマルチメディア作品の素晴らしい旅を通して、私たちが物にどう意味を与えているのかを探りましょう。サラ・ズィー による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login