Amanda 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れた音楽家や研究者たちが、音楽の力と科学について教えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
Loading …
show series
 
「会話の一つ一つには人の心を開かせ、層の下に隠れた別の層、部屋の奥にある部屋を引き出せる可能性が詰まっている」とポッドキャスト配信者でミュージシャンのフリシケシュ・ヒルウェイは言います。このとても感動的なトークで彼は、奥の深い会話への手引をし、他のことをやめて人の話に耳を傾けるとどんなことを学べるかを掘り下げます。ぜひ最後までご視聴いただき、ヨーヨー・マが参加した彼のオリジナル曲『Between There and Here』をお楽しみください。フリシケシュ・ヒルウェイ による
 
沈黙の中では何が聞こえますか?音の世界を探検してみましょう。ポッドキャスト『Twenty Thousand Hertz(2万ヘルツ)』のホストであるダラス・テイラーが、おそらく史上最も物議を醸し出した楽曲、ジョン・ケージの『4分33秒』について話し、身近にある音風景に耳を傾けるよういざないます。最後までご視聴いただき、『4分33秒』の演奏を経験してみてください。ダラス・テイラー による
 
エッシャ・アルワニは、6歳の時トゥレット症候群だと診断された後すぐに歌を創作し始めました。そして彼女は驚くべき事に気づきました。音楽を演奏する時には、自分の無意識に起こるチックが突然出なくなるのです。アルワニが音楽の力を探求し自身のピアノバラード『I’m not loving you(My Mask)』の神秘的で奥深い演奏で聴衆を楽しませている様子を見てみましょう。エッシャ・アルワニ による
 
インディ・ポップの2人組クラッシュ・クラブと歌手のニッキ・Bがファンク、ハウス、ラテンスタイルをブレンドしてTEDのステージで演奏します。曲目は『私の男』『ボハナ』『私達は踊る』の3曲。クラッシュ・クラブ による
 
ビートボクサーのトム・サムは、まるで口の中でオーケストラを奏でているかのように様々な音を出すことができます。ですが一体どうやっているのでしょうか?喉頭外科医のマシュー・ブロードハーストはトムの喉にカメラを入れ、トムが仰天の音の数々を披露する間、普段は見られない喉の内部の動きを間近で捉えます。最高に面白くて、いささか気持ち悪くなるこちらのトークと実演映像は、神経の細い方には向きません!(生々しい医用映像が出てきます)トム・サムとマシュー・ブロードハースト による
 
手話通訳士のアンバー・ガロウェイ=ガレゴは「音楽というものは耳だけを使って聞く音ではありません」と言います。ミュージシャンと活動家のマダム・ガンディと共に 「お団子に結って盛り上がろう」と「悪い癖」の2曲を披露します。マダム・ガンディの心のこもったパフォーマンスとアンバーガロウェイ・ガレゴの歓喜あふれる手話をお楽しみください。マダム・ガンディとアンバー・ガロウェイ・ガレゴ による
 
多領域にまたがり活躍するアーティストでTEDフェローのポール・ラッカーは、独自のチェロの弾き方を確立しました。弦の間に箸を差したり、チェロをドラムの代わりにしたり、例えばループペダルのようなエレクトロニクスを使った実験的な演奏もします。内省的な語りとパフォーマンスの間を行き来しながら、ラッカーは自分の受けたインスピレーションについて話してくれます。決まりきったバッハなんて弾いたりしません。ポール・ラッカー による
 
ア・トライブ・コールド・レッド (赤と呼ばれる部族)は現代都市に住む先住民族の文化への扉として、多様性と複雑さを讃える音楽を創作する。伝統的な先住民族の楽器と歌をヒップホップや電子音楽と組み合わせ、複数のDJが先住民族の民話を音と映像で伝える — 今回は詩人、音楽家、活動家のジョン・トゥルーデルに影響を受け、「ハルーサ・ネイション」というコンセプトに発展させている。ア・トライブ・コールド・レッド による
 
宇宙の世界とは、よく描写されるように生物の存在しない、静かな場所なのでしょうか? 恐らく違うでしょう。天体物理学者であり音楽家のマット・ルッソが、宇宙に隠されたリズムと、惑星の軌道が奏でるハーモニーの秘密を紐解きながら、私たちを壮大な宇宙の旅へと誘います。「宇宙は音楽で溢れている。私たちはただその聴き方を学べばいいのだ」とルッソは言います。マット・ルッソ による
 
シンガーソングライターのエリース・ルグローが、初期のソウル及びロックの開拓者達に敬意を払い、彼らが送り出したヒット曲を艶っぽく、かつ飾らない表現で歌います。ルグローが、自身が率いるバンドと魂をこめて表現する、チャック・ベリーの「You Never Can Tell(何があるかは分からない)」と、ジョニー&ジョーが歌って有名になった「Over the Mountain, Across the Sea(山を越え、海を渡り)」の2曲をどうぞ。エリース・ルグロー による
 
チェリストかつシンガーのヘレン・ジレットは、クラシックの素養をニューオーリンズに端を発するジャズや自由な即興技術と組み合わせて、様々な要素の混ざり合ったオリジナルの音楽を奏でます。力強くもメロディ豊かなパフォーマンスで、彼女は自作の曲『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』を演奏します。ヘレン・ジレット による
 
シンガーソングライターのReiが、インディ・ロックとブルースをミックスさせたスタイルの音楽を携えて、TEDのステージで『マイ・ママ』と『ブラック・バナナ』の2曲を披露します。Rei による
 
ブルースミュージシャンのティト・デラーが、自分が育ったニューヨークのサウンドと、戦前のミシシッピ・デルタ・ブルースのスタイルとを融合します。デラーが壇上でギターをかき鳴らしながら、オリジナル曲『My Fine Reward(俺の結構なご褒美)』を感動的に歌い上げます。ティト・デラー による
 
ジェイコブ・コリアーは自由な自然児のソロユニット。この躍動的で色鮮やかなパフォーマンスで彼は自分が音楽を生み出すロンドンの自室を再現し、3つの歌を披露します。どれも彼自身が全てのパートを歌い、彼が全ての楽器を演奏し、音に反応し即興で生成する万華鏡のような映像が背景を彩ります。ジェイコブ・コリアー による
 
千年以上もの間、カンボジアのクメール舞踊の踊り手は天と地を結ぶ掛け橋であると考えられてきました。アーティストのプロンソドゥン・アウクは、カンボジア初の全員が男性から成るゲイによるダンスカンパニーの設立者です。アウクは、ダンスを交えた優雅なトークで、古くも錆びることのない使者としての芸術家の役割を果たしながら、豊かなクメール古典舞踊の歴史と現在行われている復興について語ってくれます。プロンソドゥン・アウク による
 
「音楽はどこにでもあり、すべての中にあります」と、音楽家で学生でTED-Edクラブのスターであるアニカ・ポールソンは言います。彼女がギターを手に、音楽がいかに私たちを結びつけ、私たちを私たちたらしめているのかを探求しつつ、彼女の人生のビートを聴かせてくれます。アニカ・ポールソン による
 
リアノン・ギデンズは、アメリカの歴史の感情的な重みを自らの音楽に注ぎ込んでいます。「Waterboy(水を配る少年)」、「Up Above My Head(空の方から)」、そしてシスター・ロゼッタ・サープの「Lonesome Road(寂しげな道)」などの伝統的なフォーク・バラード、そして南北戦争の時代の奴隷制にまつわる物語に想を得て作られた、素晴らしいオリジナル曲「Come Love Come(愛する人よ 来い)」の演奏をお聞きください。リアノン・ギデンズ による
 
無重力状態でダンスしたり、パフォーマンスを超スローモーションで見せたり、工場規模のルーブ・ゴールドバーグ・マシンを組み上げたり。OK Goは奇想天外なミュージックビデオのアイデアをどうやって考え出しているのでしょう? 曲 『This Too Shall Pass』と『The One Moment』のライブ演奏と合わせて、リードボーカルでギタリストのダミアン・クーラッシュが、このバンドの創作プロセスの裏側を案内し、ワクワク・ドキドキの見つけかたを教えてくれます。OK Go による
 
その多彩な才能で歌手、ソングライター、女優として活躍するサラ・ラミレスがマイケル・ペンバートンのギター演奏にのせて、『ローラーコースター』で、可能性、知恵、そして人生の浮き沈みを歌い上げます。サラ・ラミレス による
 
ギターデュオのロドリーゴ・イ・ガブリエーラは、超人的な速弾きのリフと驚異的なリズムを組み合わせ、フラメンコ・ギターとヘビメタを見事に融合させたスタイルを生み出しました。披露された曲目は「サウンドメーカー」です。ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ による
 
歌手リアノン・ギデンズが、音楽集団『シルクロード・アンサンブル』とのコラボレーションで、ルイ・アームストロングが1920年代にヒットさせたアメリカ民謡『聖ジェームズ診療所ブルース』に、ロマ民族の影響を受けた茶目っ気のあるエネルギーを吹き込みます。シルクロード・アンサンブル+リアノン・ギデンズ による
 
音響デザインは嘘でできています ― 映画やテレビ番組を見ているときに、耳にする音のほとんどは偽物なのです。様々な音に溢れたこのトークで、タソス・フランツォラスは、ストーリーテリングにおける音の役割について語るとともに、私たちの脳が、耳にする音によって、いとも容易く騙されるということを実演してくれます。タソス・フランツォラス による
 
ジョン・レジェンドはアメリカの刑事司法制度の改革を使命と負い活動しています。彼が主催する「Free America」キャンペーンを通し、受刑者の刑務所、拘置所、留置所内における罪の償いと社会復帰を促進し、刑期を終えた出所者が希望を持ち更生できるよう支援を訴えています。サン・クエンティン刑務所で服役中のジェームス・カヴィットの生の言葉がプレリュードとなり、レジェンド流にアレンジしたボブ・マーレーの『リデンプション・ソング』の演奏で観客を魅惑します。「一緒に歌ってくれないか、自由の歌を」と。ジョン・レジェンド による
 
ニコール・パリスはビート・ボクサーになるべく育てられました。彼女が小さい頃、父親のエド・ケイジは夜、ビートボックスで彼女を寝付かせていたのです。今ではこのデュオは、クラシックなラップ・ビートとエレクトロニック・ダンス・ミュージックを融合させた、ビートボックス・バトルとジャムセッションで知られています。ヒップ・ホップの歴史のちょっとしたレッスンを受け、ショーを楽しみましょう。ニコール・パリスとエド・ケイジ による
 
彼女自身が独自のジャンルといえる、カキ・キングは今世紀のギターの女神かもしれない。キングは器用に手で弾くことと、デジタルテクノロジー、ギターに色彩を投影するプロジェクションマッピング技術を統合して駆使することで衝撃的なマルチメディア作品『The Neck Is a Bridge to the Body (首は身体への橋)』を作った。ギターのネックをピアノのキーボードのように使い、複雑な音色を奏で、彼女は人々を音楽で光と色の世界に連れて行く。彼女はギターが絵筆だという。カキ・キング による
 
芸術家でTEDフェローのクリスティーン・サン・キムは生まれつき耳が聞こえません。「音」は彼女の人生の一部ではなく、耳が聞こえる人のものだと思うように教えられてきました。作品を作ることで、彼女はアメリカ手話と音楽が似ていることを発見しました。そして音とは耳からしか理解できないものではなく、触れたり見たり概念として経験できるものだということに気づいたのです。このチャーミングなトークの中で彼女は、目を開き、耳を傾けて「目に見える言葉」という豊かな宝物を分かち合おうと呼びかけます。クリスティーン・サン・キム による
 
シンガー・ソングライターのメクリト・ハデロが、鳥の歌声から、日常会話での声の抑揚、鍋の蓋の音まで、様々な例を挙げながら、あらゆる日常の音風景―静寂さえも―が音楽であると語ります。メクリトの言葉では、世界は音楽的表現で溢れており、私たちは既に音楽漬けになっているのです。メクリト・ハデロ による
 
ミュージシャンのタイトゥルにとって、歌うことは自分の一部を他の人たちに贈ること。彼は「もしも人々を感動させたり最後に大きな拍手をもらうのが目的ならば、それは受け取ることで与えることではない」と言います。TED2015のステージ上で演奏される、愛と隔たり、そして故郷についての2曲をお聞きください。タイトゥル による
 
父親の古いレコードを聴いて育ったジョーイ・アレキサンダーは、小学生とは思えないキレのあるモダンジャズピアノを演奏します。セロニアス・モンクのカバー曲でTEDの聴衆を魅了する、11歳の神童の演奏をお聴きくださいジョーイ・アレキサンダー による
 
終身刑に服する9人の女性が、希望や後悔、恐れといった、彼女たちの思いを感動的に歌い上げます。「私は天使ではないけれど、悪魔でもない」という心の声。マンシー州立刑務所内で開催されたTEDxイベントで撮影されたこの合唱を通じて、仮釈放の希望なく刑に服する人たちの世界を垣間見ることができます。ザ・レディー・ライファーズ による
 
フランスの映像作家ヴィンセント・ムーンはリュックとノートパソコンとカメラだけを持って世界中を旅します。彼は、エレベーター内のアーケイド・ファイア、アパートのキッチンのボン・イヴェール、そしてワンテイクで撮ったチェチェンのスーフィーの儀式や、ペルーのアヤワスカの儀式の映像を撮影してきました。ここで彼が説明するのは、人々が映像と音楽によって、自分たちの文化を新たな視点から捉えるようになる様子です。それに続いて、ジャズ界の巨匠ナナ・ヴァスコンセロスがパフォーマンスを披露します。ヴィンセント・ムーン&ナナ・ヴァスコンセロス による
 
ピアニストのダリア・ファン・ベルケンはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのバロック鍵盤音楽に恋をしています。今、彼女は他者の中に、この情熱の火をつけることを目指しています。このトークの中で、彼女はヘンデルの激しい感情の浮き沈みを奏でてくれますー空中を飛び、街角を走り、もちろんステージ上で、ピアノを操りながら。ダリア・ファン・ベルケン による
 
グァ・ワンは、コンピュータ音楽を制作していますが、それは電子信号音を使っての作曲だけではありません。 スタンフォード・ラップトップ・オーケストラと共に、彼は、予想外の材料から(イケアのサラダボールなど)、音楽家が美しくそして表現豊かに演奏できる新しい楽器を作成しています。グァ・ワン による
 
スティングの生い立ちは造船所と共にありました — 彼はこの重労働と工業の世界から逃げ出す事を切望する少年でした。しかし、何年も続くライターズ・ブロックに陥って作曲できなくなった後、彼は昔なじみの造船所の労働者たちの物語を歌い始めました。叙情的な告白の物語と共にスティングは新しいミュージカルの歌を、そしてアンコールで『メッセージ・イン・ア・ボトル』を披露します。スティング による
 
サンプリングは「ノスタルジックな音源をハイジャックしてしまう(昔の音源を全てコピーしてしまう)」こととは違うとマーク・ロンソンは言います。 それは、自分を曲のナラティブ(物語)の中に存在させ、さらにその物語を続けていくことなのです。このDJは15のTEDトークから音と映像をスクランブルしたオムレツ料理を作り上げ、1984年からあらゆる世代によって再現されてきたダグ・E・フレッシュ&スリック・リックのヒット曲『ラ・ディ・ダ・ディ』の進化を紹介します。マーク・ロンソン による
 
デジタル化が進む現在、音楽業界は、自らの新しい姿を見出すべく奮闘しています。このプレゼンテーションでは、ライアン・ホラデイが「位置認識アルバム」と呼ばれる実験的なプロジェクトについて説明します。このプログラミングと音楽的な機能では、数百もの楽曲部分が地理的にタグ付けされ、リスナーがいる実際の場所でしか聴くことのできない音楽が構成されます。(TED@BCGで撮影)ライアン・ホラデイ による
 
3ヶ月半早く未熟児で生まれたデレク・パラヴィチーニは、盲目であり、重度の自閉症です。しかし、絶対音感や生まれつきの才能と多大な努力によって、10歳までに賞賛を受けるコンサートピアニストになりました。このトークでは、彼に長年ピアノを教えてきたアダム・オッケルフォードが、パラヴィチーニの独特な音楽感覚を紹介するとともに、教科書的な『チョップスティックス』という曲をパラヴィチーニがいかにアレンジするか聞かせてくれます。(TEDxWarwickで撮影)デレク・パラヴィチーニ、アダム・オッケルフォード による
 
音楽創造家のビアディーマン(本名:ダレン・フォアマン)は、2つの音程を同時に発声できないことを不満に思い、自分の声をループさせ多重化させるマシンを開発しました。この世にあるほとんどすべての楽器の音をまねるだけでなく、赤ん坊の泣き声からハエの羽音までなんなく発声できる才能を持つ彼にとっても、このマシンで作り出す音は多様性に富んでいます。さあ、リラックスして目くらむような音の波に身を任せてみましょう。ビアディーマン による
 
世界的に有名なバイオリニストになるために模索していたとき、ジヘ・パクは深刻なうつ病を患いました。音楽だけが彼女を再び立ち上がらせ、一流のコンサートホールで演奏することだけが目標ではなく、できるだけ多くの人にバイオリンの素晴らしさを伝えることが目標になりうることを示してくれました。ジヘ・パク による
 
作曲家・指揮者であるエリック・ウィテカーは、たくさんの国々の歌手をビデオの上で結び付けて「バーチャル合唱団」を作り上げ、何百万という人々に感動を与えました。今回、初の試みとして、この体験をリアルタイムで実現します。ステージ上にいる地元の大学から募られた合唱団に、Skypeを使って世界に散らばる32人の歌手が加わり、オクタビオ・パスの詩によるウィテカー作曲の『豪雨』を見事に歌い上げます。エリック・ウィテカー による
 
音楽にお金を出させるのではなく、払いたい人が払えるようにしてあげればいいんだとアマンダ・パーマーは言います。「2メートル半の花嫁 (!)」として帽子にお金を集めていたストリート・パフォーマー時代で始まる情熱的な語りを通して、彼女はアーティストとファンの新しい関係を考察しています。Amanda Palmer による
 
フランスにはロボットが踊る所があります。それはTEDxConcordeという場所です。アルデバラン・ロボティックス社のブルーノ・メゾニエは、小さなヒューマノイドロボットNAOの一団に振り付けを憶えさせ、驚くほど感情に訴えるパフォーマンスを演出します。Bruno Maisonnier による
 
楽器演奏が達者なミゾーニ家の3兄弟、ジョニー、ロビー、トミーは「スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ」として、まばゆいほどの快活さでブルーグラス・ミュージックを演奏します。みんな14歳以下だというのは言いましたっけ?Sleepy Man Banjo Boys による
 
マーク·アプルバウムは、フラワーデザイナーのための協奏曲を作曲したり、ガラクタやそこらへんにある品物を使って楽器を作り上げたりといった、思いがけない方法でルールを打破しながら音楽を制作しています。この一風変わったトークは、創造的な仕事に携わる視聴者にインスピレーションを喚起し、それぞれが持つ"ルール"に揺さぶりをかけるのではないでしょうか。 (TEDxStanfordにて収録)マーク・アプルバウム による
 
デザイナーのジャレド・フィックリンが、音楽を鮮烈に視覚化します。色による表現、さらにはTEDステージに初めて火を持ち込んで、音が私達にどのような感覚を与えるのかを明らかにします。さらにそこからスケートボード場の音の分析に進み、音が私達の創造性をどう高めるかを分析します。ジャレド・フィックリンはフロッグ・デザインでユーザーインターフェースを設計しています。趣味として、光や形や火による音楽の表現を追求しています。Jared Ficklin による
 
21歳の打楽器的ギター演奏の名人ウスマン・リアスは、YouTubeでヒーローたちの演奏を見てその技を覚えました。TEDフェローに選ばれた彼がTEDGlobal 2012のステージで演奏し、つづいて打楽器的ギター演奏の巨匠プレストン・リードが見事な演奏を聞かせてくれます。そしてこの2人のギタリストがまさにその場で即興演奏を生み出す様をご覧ください。Usman Riaz + Preston Reed による
 
クイックソティック・フュージョンは空中アクロバット、ダンス、演劇、映像、音楽、特殊効果を1つに合わせた芸術アンサンブルです。TED2012で披露されたうっとりするような3つのダンス作品をどうぞご覧ください。クイックソティック・フュージョン による
 
レジー・ワッツの刻むビートは、ビートボックスをも凌ぎます。論理をいったんオフにして、彼が詩を織り交ぜながら、音楽のジャンルを飛びこえて、スケールの大きなパフォーマンスを見せてくれるのをご覧ください。レジー・ワッツ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login