第三百四十二話『道を探し続ける』-【宮城篇】作曲家 早坂文雄-

13:53
 
シェア
 

Manage episode 323175214 series 2870054
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
黒澤明の映画『羅生門』や『七人の侍』の映画音楽で知られる、宮城県仙台市出身の作曲家がいます。
早坂文雄(はやさか・ふみお)。
41歳の若さで亡くなった彼は、亡くなる直前まで作曲を続けました。
亡くなる1年前に公開された『七人の侍』は、肺結核だった早坂の病床に録音編集機が持ち込まれての作曲。
容赦ない黒澤監督の要望に、命の限界まで応えようとする早坂とのやりとりは、周りの人間がはらはらするほど、熾烈で過酷なものだったと言われています。
黒澤と早坂の間には、絶大なる尊敬と信頼関係がありました。
早坂が、一度はボツになった音楽を再構成して提案すると、「それだ! それだよ! 早坂さん!」と黒澤は大声をあげました。
よりよいものを創るために、決して妥協しない。
二人の芸術家は、常に道を探し続けたのです。
病いに苦しむ中、早坂が音楽を担当した溝口健二監督の『雨月物語』が、「ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した」という知らせが届きます。
黒澤監督の『羅生門』での金獅子賞に次ぐ、早坂音楽の快挙でした。
早坂文雄が目指した音楽は、汎東洋音楽、すなわち、パン・エイシアニズムです。
西洋的な音楽の合理的なリズムを真っ向から否定し、日本人の感性に根差した、無調、無限形式を採用しました。
日本人とは、何か。
民族のアイデンティティは、どこにあるのか。
早坂が探求してたどり着いた方法論です。
雅楽の雰囲気を多く入れ込んだ、飛鳥や奈良、平安朝のイメージを醸し出す日本的な楽曲は、多くの音楽家に影響を与え、弟子ともいえる武満徹は、『弦楽のためのレクイエム』という曲を早坂に捧げています。
早坂文雄は、幼い頃から英才教育を受けた、選ばれた神童だったのでしょうか。
親に養ってもらえず、妹や弟を育てるため、高校進学を諦めざるを得ない、境遇でした。
それでも彼は、自分の道を探し続けたのです。
日本の音楽を世界に知らしめたレジェンド・早坂文雄が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

363 つのエピソード