第三百五十話『鈍く平凡であることから始める』-【山口篇】経済学者 河上肇-

12:46
 
シェア
 

Manage episode 328427288 series 2870054
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
大正デモクラシーの最中にあって、いち早く格差社会、貧困について論じた経済学者がいます。
河上肇(かわかみ・はじめ)。
彼が書いた大ベストセラー『貧乏物語』を題材にした舞台が、先月、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演されました。
このこまつ座の公演は、劇作家・井上ひさしが24年前に書いた戯曲の再演。
河上肇をめぐる、妻、娘、女中など、6人の女性の生きざまを描いた秀作です。
大正5年、第一次世界大戦の好景気に沸く日本に、少しずつ、でも確実に押し寄せる貧富の差に翻弄される人々。
河上は、「貧富のない世界は、実現できないのか」、それでいて、「頑張ったものには、頑張っただけ富がもたらされる社会」は、存在しえないのか。
悩み、苦しみ、その答えをマルクス経済学や無我の愛、利他主義に求めたのです。
いま、なぜ河上肇なのか。
いま、なぜ『貧乏物語』なのか。
あらためて、時代や作品を繙くと、今、私たちが直面している問題に重なるものが見えてきます。
全てのひとが公平に扱われる平等な社会。
その持続の背景にある、経済の発展。
そのために必要な開発という名の欲望。
河上肇は、さまざまな先人の影響を受けつつ、人類永遠の命題ともいえる「貧困」を、生涯のテーマにしました。
戦争の渦の中、危険分子のリーダーと目され、検挙、投獄。
牢獄の中でも、経済や哲学を学び、真理を追い求める姿勢を崩すことはありませんでした。
彼は、最初から頭脳明晰、才気煥発な人物だったのでしょうか。
自叙伝では、自らを、鈍い根っこと書く、「鈍根の私」と称しています。
「鈍く、平凡だから、私は誰よりも時間をかけるしかないと悟りました。私は優秀でも天才でもないところからスタートしたのです」
山口県岩国市出身の唯一無二の経済学者・河上肇が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

363 つのエピソード