第三百四十話『決して諦めない』-【宮城篇】仙台藩士 支倉常長-

13:25
 
シェア
 

Manage episode 321949501 series 2870054
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今から409年前、宮城県石巻市からサン・ファン・バウティスタ号でヨーロッパに船出した武将がいます。
支倉常長(はせくら・つねなが)。
仙台藩藩主・伊達政宗公の命を受けた常長は、大使として、エスパーニャ、現在のスペインとの貿易を独自に開くため、海を渡りました。
いわゆる「伊達の黒船」、慶長遣欧使節団です。
当時は、満足な地図もなく、海流に乗るだけの船旅は危険極まりないものでした。
それでも伊達政宗公は、どうしてもヨーロッパとの交易を望み、常長はその願いを実現させるべく、およそ7年にも及ぶ航海を果たしたのです。
なぜ、仙台藩にとって、海外との貿易が必要だったか。
徳川家康を滅ぼす討幕のための戦略、という説もありますが、数々の文書や手紙から、これが真実ではないかと継承されている説が存在します。
1611年、慶長16年、12月2日、大きな地震が東北地方を襲いました。
その地震によって、大津波が発生。
「慶長の大津波」は、沿岸部の村々をのみこみ、5000人ともいわれる犠牲者を出しました。
壊滅的となった、仙台藩。
そのとき、伊達政宗公は、海外との貿易で我が藩に富をもたらすことを考えたのです。
「徳川も頼れない、自力で復興するには時間がかかりすぎる。エスパーニャとの貿易は、きっと多大な富を約束してくれるに違いない」
政宗公は、自分の城に天守閣を築くことをやめ、全てのお金を船づくりに注いだといわれています。
では、その大事な使命を誰に託すか…。
支倉常長の実の父は、罪を犯し、死罪になりました。
フツウであれば、常長を登用することはないのかもしれません。
でも、政宗公は、常長の「諦めない心」に賭けてみようと思ったのです。
慶長遣欧使節団を率いた伝説の男・支倉常長が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

363 つのエピソード