第百九十二話『生まれてきた役割を知る』-【福島篇】大山捨松-

12:03
 
シェア
 

Manage episode 232708551 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
新しい年号、『令和』がスタートしました。
5年後に発行される予定の新五千円札の肖像は、津田梅子。
その津田とともに、初めての海外留学を果たした女性がいます。
大山捨松。
捨松という名から想像できませんが、「鹿鳴館の華」と賞賛を浴びた、見目麗しい才女です。
大河ドラマ『八重の桜』では、モデルの水原希子が演じ、話題になりました。
福島県の会津若松出身の彼女の父は、会津藩の国家老。
国家老とは、主君が参勤交代で江戸にいっている間、留守をあずかる要職です。
何不自由なく育った捨松は、8歳で会津戦争に遭遇。
家族とともに籠城し、負傷兵の手当をしたり、食事の世話を手伝ったりしました。
そんな彼女は、わずか11歳で岩倉具視使節団の留学生募集を受け、女性として初めてのアメリカ留学に参加します。
当時、アメリカは、鬼が棲んでいると噂が飛び交うほど、未知の世界。
年端も行かぬ娘を留学させるのは、本人もさることながら、家族も、並大抵の覚悟では見送ることができない時代でした。
捨松のもともとの名前は、咲子。
母親は、娘をアメリカに送り出すときにこう言いました。
「もうあなたのことは、一度は捨てたと思います。ただ、あとは、必ず帰ってきてくれると心の底から待つだけです」。
捨てて、待つ。そこから、捨松という名前に改名したのです。
なぜ、11歳で留学という道を選んだのか、そして、捨松がアメリカで得たものとはいったい何だったのか?
そこに、新時代を生き抜くヒントが隠されているかもしれません。
会津藩でありながら、西郷隆盛の従兄弟、薩摩藩の大山巌と結婚したことでも物議をかもした時代の寵児、大山捨松が、人生でつかんだ明日へのyes!とは?

223 つのエピソード