第百九十三話『自分をふるい立たせる言葉を持つ』-【福島篇】野口英世-

11:48
 
シェア
 

Manage episode 233138131 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
新しい年号にともない、紙幣の肖像も変わります。
千円札は、北里柴三郎になりますが、現行の千円札の肖像として親しまれているのが、野口英世です。
北里と野口は、長きにわたり、師弟関係にありました。
野口は、1898年4月、北里が所長を務める伝染病研究所に入職し、研究に従事しました。
野口が1900年に渡米留学するときも、便宜をはかり、彼の研究を支えたのです。
野口英世は、福島県三ツ和村、現在の猪苗代町に生まれました。
猪苗代湖の湖畔には、彼の記念館が建てられています。
ノーベル賞の候補にもなった、世界的な医学者の足跡を知ることができる展示も人気ですが、何より目をひくのは、生家の床柱。
そこに、19歳の野口が上京する際に刻んだ文字が、当時のまま保存されているのです。
曰く、「志を得ざれば、再び此地を踏まず」。
自分は、医者になれなければ二度とふるさとには帰ってこない、強い決意を心にしっかりとどめるように、弱い自分に鞭うつように、ナイフで文字を書きました。
大きな火傷を負い、左手をほとんど使えなかった幼年時代。
多くのひとの力を借りて医学者になってからも、苦難の連続でした。
それでも彼は志を全うすべく、努力に努力を重ね、黄熱病と梅毒の研究に邁進したのです。
特に黄熱病との格闘はすさまじく、結局、自身も黄熱病に倒れ、51歳の若さでこの世を去ります。
彼は、こんな言葉を残しています。
「家が貧しくても体が不自由でも、決して失望してはいけない。人の一生の幸いも災いも、自分から作るもの。周りの人間も周りの状況も、自分から作りだした影と知るべきである」
医学に命を捧げた偉人・野口英世が人生でつかんだ明日へのyes!とは?

224 つのエピソード