第百七十六話『理想と現実の両輪で動く』-【東京篇】実業家 渋沢栄一-

13:20
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (14d ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 224921941 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
来年に迫った東京オリンピックに向けて、東京の街が変わりつつあります。
大正11年にできた、世界に誇る社交場『東京會舘』も、今年の1月、生まれ変わりました。
関東大震災や戦火をくぐりぬけ、東京の変貌を見守り続けた老舗のホテルには、数多くの著名人が集いました。
その中のひとり、「日本資本主義の父」と言われたのが、渋沢栄一です。
大手町にある銅像は、日本の未来を案じるかのように、遥か彼方を見据えています。
武士から官僚へ、そして実業家として500余りの会社を設立し、教育者としても名を馳せ、ノーベル平和賞に二度もノミネートされた賢人。
日本の初代銀行や東京証券取引所も、彼の力なくして、設立はかないませんでした。
彼の最大の流儀は、著書『論語と算盤』に集約されています。
かの二刀流大リーガーも熟読したと言われているこの本の趣旨は、道徳と経済の両立です。
すなわち、心の豊かさとお金の豊かさ。
渋沢栄一が最も嫌ったのは、自分の私利私欲だけのために、倫理を無視してお金もうけに走るひとでした。
反対に、道徳に厳しいがあまりに、お金もうけを忌み嫌うひとにも容赦ありません。
その二つは、両輪。
どちらが欠けても、日本という国は豊かにならない。
渋沢は本の中で言っています。
「どんな手段を使っても豊かになって地位を得られれば、それが成功だと信じている者すらいるが、わたしはこのような考え方を決して認めることができない。素晴らしい人格をもとに正義を行い、正しい人生の道を歩み、その結果手にした地位でなければ、完全な成功とは言えないのだ」
それはただの正論だと一蹴できない重みが、彼の言葉から立ち上ってきます。
いかにして彼はそんな境地にたどり着いたのか。
渋沢栄一が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード