第百九十一話『信念を曲げない』-【宮崎篇】医師 高木兼寛-

12:21
 
シェア
 

Manage episode 232212179 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
宮崎県宮崎市高岡町の道の駅は、「ビタミン館」と呼ばれています。
この町出身の偉人、「ビタミンの父」と言われる、高木兼寛を記念して名付けられたのです。
高木の銅像は、宮崎県総合文化公園の中にもあります。
日本から、脚気という病を消し去った男は、「ビタミンの父」と呼ばれました。
脚気とは、末梢神経に障害を与え、足にしびれや麻痺を引き起こし、悪化すれば命まで落としてしまう病気。
明治時代初期から後期まで、毎年1万人の命を奪った、原因のわからない不治の病でした。
当時の医学の主流は、ドイツ医学。
陸軍はこれを採用し、脚気は伝染病だという説を信じて疑いませんでした。
その医師の中には、かの森鴎外もいたのです。
高木はドイツではなく、イギリスで医学を学び、海軍の軍医に任命されます。
彼は、脚気は伝染病ではなく、栄養不足からくるものだという説を論じました。
論争は、陸軍対海軍の争いと重なり、両者一歩も譲らぬまま、日清戦争を迎えてしまいます。
結果、日清・日露戦争での陸軍の脚気患者数は、およそ24万5千人、亡くなった兵士は3万人を超えました。
一方、海軍は、患者数がおよそ40人で、死に至った兵士はひとりでした。
高木が、軍艦での食事をパンから麦飯に変え、野菜を積極的にとるように進言した結果です。
そして彼の栄養説のおかげでビタミンが発見され、脚気がビタミンBの欠乏で発生することが証明されたのです。
彼は後輩や部下たちに、いつもこう言っていました。
「病気を診ずして、病人を診よ!」
大切なのは、自分の立場がどうなるかではない。
ひとの役に立てるかどうかだ。
そのためには、いっさい自説を曲げなかった反骨精神が、ときに彼を窮地に追い込みます。
それでも、前に進む。
それでも、信念を曲げない。
日本の医療界に多大なる功績を残した賢人・高木兼寛が人生でつかんだ明日へのyes!とは?

224 つのエピソード