第二百話『ひとと違うことをする』-【岐阜篇】茶人 古田織部-

11:16
 
シェア
 

Manage episode 237086785 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
岐阜県出身と言われている戦国武将に、一世を風靡した茶人がいます。
古田織部(ふるた・おりべ)。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、千利休の愛弟子として茶の湯を学んだ才人。
最近では、漫画『へうげもの』が話題になり、にわかに脚光を浴びています。
へうげもの、とは、「ひょうきんなひと」「わくにとらわれない、変り者」「ひしゃげたもの」という意味。
その言葉どおり、織部は独特の感性で、庭園や焼き物、建築に新しい息吹を与えました。
深い緑色が特徴の織部焼。
その形はいびつで、大胆。
ときに、一度焼きあがったものを割ってしまい、それをつなぎ合わせることで、わびさびを表現しました。
縄文時代の土器を思わせるフォルムと模様。
当時のひとたちに与えた衝撃は、はかりしれません。
岐阜県本巣市の道の駅「織部の里もとす」は、文字通り、古田織部ゆかりの場所です。
施設の向かいにあった山口城で生まれたとされる織部。
この道の駅の織部展示室では、彼の人となりをさまざまな角度から紹介し、織部焼や、織部風の茶室や茶道を知ることができます。
彼が破天荒な道に進むきっかけは、師匠である千利休のこんな言葉でした。
「ひとと違うことをしなさい」
整然として、静かで落ちついている。
そんな茶の湯を説いた、千利休。
それを継承しながらも、織部が向かった道は、誰も歩いたことのない、いばらの道でした。
大坂夏の陣で、豊臣側への内通を疑われ、徳川幕府に切腹を命じられた男、古田織部。
彼が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード