第百八十五話『ひとの歩かない道を行く』-【埼玉篇】医師 荻野吟子-

12:48
 
シェア
 

Manage episode 229398379 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
埼玉県が生んだ、三大偉人。
「日本資本主義の父」渋沢栄一、「全盲の国学者」塙 保己一、そしてもうひとりが、熊谷市出身で、日本で初めて女性医師になった荻野吟子です。
彼女の生涯が、今年、映画になります。
メガホンをとるのは、86歳の山田火砂子監督。
女性を正当に評価しない医学部入試のあり方などを受けて、今こそ、荻野吟子が何と闘い、何を後進に伝えたかったかを問いたいと、映画化を切望したのです。
女性に学問は必要ないとされた明治初期。
荻野はある屈辱を受けて一念発起、まだ女性で誰もとったことのない、医師の国家試験に挑戦します。
そこにはさまざまな軋轢や障壁がありました。
しかし、彼女は一歩も引きませんでした。
荻野は、壮絶な人生を振り返り、こんな言葉を残しています。
「人と同じような生活や心を求めて、人々と違うことを成し遂げられるわけはない。これでいいのだ」
作家・渡辺淳一が荻野吟子の生涯を描いた小説『花埋み』。小説の中に吟子の心情をうかがう一節があります。
「正直なところ、彼等の学才が吟子より優れていたとは思えない。成績だけならむしろ吟子の方が上であった。それが男というだけで堂々と開業を許されている。学識の差による結果なら諦めもつくが、男と女という性の違いだけの差別だけに、吟子は口惜しく耐えられそうにもなかった。いつになったら女も男と同じに扱われる時代が来るのであろうか」
苦難にもめげず、己の道を切り開いた、日本で最初の女医・荻野吟子が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

223 つのエピソード