第百九十七話『自分だけの眼を持つ』−【岐阜篇】画家 オディロン・ルドン−

11:22
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (13d ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 235620944 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今年の秋、大規模な改修工事を終え、リニューアルオープンする岐阜県美術館は、ある画家の有数なコレクションで知られています。
その画家の名前は、オディロン・ルドン。
ルドンの代表的な作品は、幻想的で奇妙。
黒を基調としたキャンバスには、大きな眼が描かれています。
水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』で有名な「目玉おやじ」は、ルドンから着想を得たとされていたり、人気漫画『寄生獣』を描いた岩明均にも、多大な影響を与えたと言われています。
ルドンは、1840年生まれ。
印象派の巨匠、クロード・モネと同じ年に生まれました。
モネが、見たままをいかに表現するかに命を削った一方で、ルドンは、いかに目に見えないものを創造するかに心を砕いたのです。
モネは光を求め、ルドンは暗闇を描きました。
岐阜県美術館のコレクションには、見るひとを異次元にいざなうような、いくつかの石版画があります。
『おそらく花の中に最初の視覚が試みられた』という作品では、植物の花にあたる部分に大きな目玉が描かれています。
上目づかいの瞳は、いったい何を見つめているのか…。
幼くして里子に出されたルドンのやすらぎは、暗闇の中にありました。
闇に身をあずけ、膝をかかえ、いつも上目づかいに世界を眺める。
そんな時間を持つことで彼が手に入れたのは、「見えない世界にこそ、真実がある」という世界のしくみへの入り口でした。
彼の絵は、見るものに問いかけます。
「あなたは、ちゃんと世界を、人間を、見ていますか? まさしく今、隣にいるひとの心が、見えていますか? ほんとうの眼を持っていない人間は、しょせん何も見えてはいないんですよ」。
ひとと同じに生きることを拒み続けた孤高の画家、オディロン・ルドンが人生でつかんだ明日へのyes!とは?

252 つのエピソード