第百九十八話『自分の人生にけじめをつける』−【岐阜篇】明智光秀−

11:37
 
シェア
 

Manage episode 236168071 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
来年の大河ドラマの主人公は「本能寺の変」で有名な、明智光秀です。
大河ドラマ59作目にして、初めての主役。
光秀は、天下の謀反人と言われながら、実はその多くが謎に包まれています。
今回再び、脚光を浴び、新しい史実や研究の成果が次々と発表されました。
その多くが、謀反を起こした理由についてです。
最近発見された『石谷家文書(いしがいけ・もんじょ)』によって、織田信長は四国攻めを計画しており、それを阻止するために、明智光秀が変を起こしたのではないかという説も浮上しました。
謀反を起こした悪人としてのみ印象づけられた光秀ですが、たとえば、京都の福知山市では、御霊神社に光秀が祀られています。
由良川の堤防をつくり、ひとびとを水害から救い、町を守ったことを、地元のひとは忘れなかったのです。
岐阜県可児市は、光秀が生まれ、およそ30年過ごしたとされる、彼の故郷です。
北を流れる木曽川。中央には可児川。
豊かな自然と、名古屋エリアのベッドタウンとしての利便性を併せ持つ、可児市。
いまも戦国時代の名残をとどめるように、リクリエーションとしてのチャンバラ合戦が多く開催され、大人から子どもまで笑顔で参加しています。
その平和な景色を眺めたら、光秀はどう思うでしょうか?
もしかしたら、彼ほど戦を嫌い、平和を望んだひとはいないかもしれません。
幼い頃から古今東西の書物に触れ、また、自らの足で諸国を巡り歩き見識を広めた才人としての一面は、あまり知られていません。
城を築く才覚は、並外れたものがあったといわれています。
「天王山」で秀吉に負け、「三日天下」と揶揄(やゆ)された謀反人、光秀は、何を思い、何を考え、50年あまりの生涯を終えたのでしょうか。
彼が私たちに問いかけるものとは…。
そして、明智光秀が人生でつかんだ明日へのyes!とは?

223 つのエピソード