第百九十五話『悔しさを信念に変える』-【福島篇】第九代若松市長 松江豊寿-

11:33
 
シェア
 

Manage episode 234517405 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
松江豊寿(まつえ・とよひさ)。
彼は、福島県若松市、現在の会津若松市の第九代市長として、上水道の敷設に尽力し、白虎隊の墓がある飯盛山の整備にも力を注ぎました。
いわば、会津若松市の土台を築いた偉人です。
しかし、彼を崇めてやまない、もうひとつの場所があります。松江が陸軍の軍人だった頃、俘虜収容所の所長を勤めた赴任先。徳島県鳴門市です。
鳴門市の坂東俘虜収容所には、千人にも及ぶドイツ人が収容されていました。
松江は、当時ではおよそ考えられないことをやり遂げました。
彼等ドイツ人に人道的な対応をしたのです。
彼はある収容所を見学した際、ひもでつながれ、同じ粗末な服を着せられた俘虜たちを見て、心を痛めました。
「いまは、ただ、このような立場であるが、いつなんどき、その立場が入れ替わるやもしれん。そのとき、どう思うか。常に相手の立場になって考え、己の義に背くようなことはしないこと。それこそ、会津藩の魂である」
彼が俘虜たちに自由を与えた結果、ベートーヴェンの交響曲第九番合唱付き、いわゆる『第九(だいく)』が、日本で初めてフル演奏されるという歴史をつくったのです。
昨年、その演奏会から、ちょうど100年でした。
その記念コンサート。『よみがえる「第九」演奏会』では、ドイツ人と日本人が一緒に『歓喜の歌』を歌いました。
その中には、当時俘虜だったドイツ人のお孫さんもいたのです。
俘虜たちは、松江のことを忘れませんでした。
100年の間、交流は途絶えることなく、続いたのです。
今、もし松江がその演奏会を見たら…。
涙を流し、『歓喜の歌』を歌うひとたちを見たら、どう思うでしょうか。
数々の悔しさを信念に変えた会津の偉人、松江豊寿が人生でつかんだ明日へのyes!とは?

223 つのエピソード