第百七十七話『進化することをやめない』-【東京篇】フレディ・マーキュリー-

13:34
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (16d ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 225364024 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
昨年公開された大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、いまだに上映され続けています。
映画を観たひとの中には、5回、8回など、複数回鑑賞者が多く、年代もさまざま。
伝説のバンド「クイーン」を知らない世代にも支持されています。
通算レコードセールス3億枚。ベストアルバムが全英チャート、842週チャートイン。
ベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』は、イギリス史上最も売れたアルバムという金字塔を打ち立てています。
クイーンは、イギリスやアメリカに先駆けて日本でブレイクしたこともあり、かなりの日本びいきでした。
初来日は、1975年4月。羽田空港には、およそ3000人のファンが殺到しました。
武道館でのライブでは着物を着て演奏するなど、日本文化にも関心を示し、メンバーと日本の硬い絆は今も続いています。
クイーンのボーカルは、フレディ・マーキュリー。
HIV感染合併症により、45歳でこの世を去った天才ミュージシャンは、奇抜なファッションに折れたスタンドマイクを振りかざし、奇跡のパフォーマンスで観客を魅了しました。
言うまでもなく、その歌唱力は唯一無二。
音域の豊かさと魂に響く声は、色あせることはありません。
そんなフレディは、ステージの華やかさとは裏腹に、シャイで人見知り。
生まれや自らの容姿など、さまざまなコンプレックスと格闘し、もがいてきました。
天才ゆえの絶望的な孤独感にさいなまれながらも、彼には生涯を通して守った流儀がありました。
それは、『進化をやめない』ということ。
あるインタビューで彼は答えています。
「ひとつのものに満足してしまうと、そこでもう発展はなくなるんだ。ジ・エンド。おしまいだよ」
まるで弱い自分を振り払い、過去の成功を捨て去るように、ステージで胸を張り、腕を突き立てる彼の姿が胸に迫ります。
孤高のボーカリスト、フレディ・マーキュリーが人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード