第二百十九話『子どもの心を忘れない』-【茨城篇】詩人 野口雨情-

11:49
 
シェア
 

Manage episode 245832728 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
「シャボン玉」「赤い靴」「七つの子」など今も歌い継がれる童謡を生み出した詩人、野口雨情(のぐち・うじょう)は、北茨城市磯原町に生まれました。
風光明媚な五浦海岸のほど近く。
強い風をものともせず、優雅に舞い飛ぶカモメたち。
波しぶきが砕け散る海辺に、雨情の歌碑が立っています。
彼は、磯の香りをかぐと、ふるさとに帰ってきたという心持ちになったと言いました。
「野口雨情生家・資料館」は、東日本大震災で一階が水没しましたが、その後、再建。
海を臨む味わい深い家屋に、多くのひとが訪れています。
北原白秋、西條八十(さいじょう・やそ)とともに、童謡界の三大詩人と言われる雨情の作品群の中に、学校の校歌があります。
日本各地のみならず、台湾や中国の学校にも校歌の歌詞を書きました。
小さなバッグひとつを持って全国を放浪し、ひとに会い、風景を眺める。
その場所の匂いをかぎ、その場所の食べ物を食べ、土地によりそう。
そうしてできた彼の詞には、若者を励ます温かいまなざしと、ふるさとを愛する心を持ってくださいという願いが込められています。
常に子どもの心を失わないように、何を見ても純粋な目を大切にした雨情ですが、その人生は、決して順風満帆ではありませんでした。
父の事業の失敗、死。
我が子を失い、酒におぼれる日々。
18歳で詩を書き始めましたが、世の中に認められたのは、38歳のときに記した『十五夜お月さん』でした。
およそ20年間。
陽の目をみることなく書き溜めた作品は、やがて花開き、多くのひとに感動を届けます。
現実の荒波に翻弄されながらも、彼は書くことをやめませんでした。
それは書くことが、彼にとって唯一の生きる意味だったからかもしれません。
童謡界の偉人、野口雨情が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

223 つのエピソード