第百七十九話『現実を疑え! 自分を疑え!』-作家 フィリップ・K・ディック-

14:59
 
シェア
 

Manage episode 226493210 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
主演、ハリソン・フォード。監督、リドリー・スコット。
1982年に公開されたSF映画『ブレードランナー』は、多くのファンを魅了し、いまなお伝説の映画として愛されています。
その『ブレードランナー』が近未来として描いていたのが、今年。すなわち、2019年の世界でした。
20世紀初頭、遺伝子工学を突き進めた企業・タイレル社は、レプリカントと呼ばれる人造人間を開発。
彼らは宇宙開拓の過酷な労働を担っていました。
しかし、やがて高い知能を持つレプリカントは反乱を起こし、人間に反旗を翻します。
人間社会にまぎれこんだ、脱走したレプリカント。
彼らを始末する専任捜査官は、「ブレードランナー」と呼ばれました。
2019年11月のロサンゼルス。
地球に降り続ける酸性雨の中、レプリカントと人間の戦いが最終章を迎えます…。
『ブレードランナー』の原作は、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」。
作者の名前は、フィリップ・K・ディック。
ディックは、映画化についてはずっと懐疑的でした。
最初に映画化権を得たマーティン・スコセッシは、断念。
そのあとも、映画の脚本にディックが異論を唱え、何度も改稿を重ねるうちに、撮影にはこぎ着けず、座礁。
そんな中、リドリー・スコットは、ディックと粘り強く話し合い、脚本家も変え、映画化を実現させたのです。
2019年のロサンゼルスのVFXシーンをラッシュプリントで観たディックは、こう言いました。
「ああ、素晴らしい! これこそ、まさに私が想像していた近未来だ!」
彼は、映画会社に賛辞の手紙を書きました。
「この映画は、SFの概念そのものを変える革命的な作品になるに違いない」
しかし、映画の完成を見届ける直前、53歳の若さで彼はこの世を去りました。
ディックの作品は、いつもアイデンティティを疑うことから始まります。
そして、現実をあざ笑うかのような描写の数々。
メッセージは、おそらくこうです。
君が見ている世界をただ受け入れていいのかい?
疑う心を持とう、現実を、そして自分を。
奇才フィリップ・K・ディックが人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

222 つのエピソード