第二百四十四話『絶望を笑う』-【愛媛篇】俳人 正岡子規-

12:36
 
シェア
 

アーカイブされたシリーズ ("無効なフィード" status)

When? This feed was archived on July 29, 2020 08:42 (6M ago). Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (7M ago)

Why? 無効なフィード status. サーバーは持続期間に有効なポッドキャストのフィードを取得することができませんでした。

What now? You might be able to find a more up-to-date version using the search function. This series will no longer be checked for updates. If you believe this to be in error, please check if the publisher's feed link below is valid and contact support to request the feed be restored or if you have any other concerns about this.

Manage episode 260565124 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
愛媛県松山市が、俳句の都『俳都(はいと)』と呼ばれているのをご存知でしょうか?
市民や観光客に、少しでも俳句に親しんでもらおうと街中に設置された『俳句ポスト』。
毎年8月に開催される、高校生対象の『俳句甲子園』など、俳句にまつわるイベントも盛んです。
松山市が俳句の街であるわけ、それは、この地が偉大な俳人を生んだ場所だからです。
その俳人とは、「柿くえば 鐘が鳴るなり 法隆寺」という句の作者、正岡子規(まさおか・しき)。
彼は明治時代に、「俳句は季題を持ち、五七五音より成る定型詩」という現代俳句の原型を確立しました。
その教えを日本中に広めたのが、同じ松山市出身の高浜虚子(たかはま・きょし)です。
道後にある「子規記念博物館」では、子規の人物像や作品の数々を資料展示や映像などで紹介。
また、親交の深かった夏目漱石にも触れ、子規を通して松山市の歴史や文学ついても学ぶことができます。
正岡子規はまた、大の野球好きでした。
「バッター」を打者、「ランナー」を走者、「フォアボール」を四球と訳し、一説には、ベースボールを雅号にするため、「野球」と表記した最初のひと、と言われています。
正岡子規のわずか34年の生涯は、ほとんど病との闘いでした。
晩年は、結核に脊椎カリエスを併発し、寝たきり。
それでも、亡くなる二日前まで、自身の病状や日常を、今でいうTwitterやブログのように、新聞に連載し続けました。
『病牀六尺(びょうしょう・ろくしゃく)』と題された随筆は、絶望の淵にあっても、決して暗くならず、時にはユーモアを交え、生きるとは何かを教えてくれます。
なぜ彼は、自分をそんなふうに客観視することができたのでしょうか?
俳句の神様・正岡子規が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード