第二百十三話『ひとと違うことを怖れない』-【新潟篇】作家 坂口安吾-

11:29
 
シェア
 

Manage episode 243158808 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
新潟市に生まれた、『堕落論』で有名な文豪がいます。
坂口安吾。
彼の石碑は、新潟市中央区西船見町の、海を見下ろす砂丘に建っています。
石碑に書かれた言葉は、「ふるさとは、語ることなし」。
安吾らしい、自虐にも似た、およそ石碑にふさわしくない言葉です。
彼は、生まれたこの場所についての思い出をこんなふうに語っています。
「中学校をどうしても休んで 海の松林でひっくりかえって 空を眺めて暮さねばならなくなってから、私のふるさとの家は空と、海と、砂と、松林であった。そして吹く風であり、風の音であった。……学校を休み、松の下の茱萸(ぐみ)の藪陰にねて 空を見ている私は、虚しく、いつも切なかった」。
彼の人生は、いわば、偉大なる落伍者のそれでした。
学校も落第、同人誌に加わっても、自分だけ日の目を見ない。
酒や薬に頼り、なんとか踏みとどまりつつ、彼が目指したのは、ひとと違う人生でした。
睡眠時間をいきなり4時間に限定したり、仏教書を読みあさり、ひたすら勉学にいそしんだり、思いつくと、実行。
周囲の反対や困惑もお構いなしでした。
そんな傍若無人なふるまいで有名になる一方で、友達と認めた相手には、とことん寄り添いました。
新潟の『安吾 風の館』では、現在、檀一雄展が開催されていますが、檀一雄との交友が安吾の情の深さを物語っています。
安吾は、檀を人一倍可愛がり、彼の才能を絶賛し、文筆活動を励まし続けました。
檀は終生、「安吾さん」と慕い、砂丘に建つ石碑の発起人にもなったのです。
安吾は、日常を笑い飛ばします。
「何を恐れているんだよ! 結局、人間は死んじまうんだから、それ以上、怖いことはないんだよ!」
48年の人生を駆け抜けた作家・坂口安吾が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード