第百八十六話『自分を見つめることをやめない』-【埼玉篇】小説家 中島敦-

11:55
 
シェア
 

Manage episode 229849381 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今年、生誕110年を迎える、埼玉県にゆかりのある作家がいます。
中島敦。
彼の代表作のひとつは、国語の教科書にも採用された『山月記』。
中国の古典を題材にしたこの小説は、ある男が山奥で虎に変わってしまった友人に出会う変身譚です。
日々、心を虎に侵食されつつある友人が、最後に残った人間の心で語った自らの心情はこうです。
「己(おれ)は、詩によって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、求めて誌友と交わって切磋琢磨に努めたりすることをしなかった。かといって、又、己は俗物の間に伍することも潔しとしなかった。共に、我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為(せい)である」
臆病な自尊心と、尊大な羞恥心。
それこそ、33歳の若さで亡くなった小説家、中島敦を常に苦しめた、内なる悪魔でした。
幼くして神童の名をほしいままにした天才は、いくら名声をつかんでも足りない渇きを抱えていました。
産みの母を知らず、二人の継母に育てられた幼少期。埼玉県久喜市で過ごした2歳から6歳までが、彼の人生を決定づけたと言っても過言ではないかもしれません。
大人を軽蔑しながらも、絶対的な愛に飢える少年。
もっと自分を大切にしてくれ!という叫びと、自分なんかどうなってもいい、ほっといてくれ!という投げやりな気持ちが混在して、彼を追い立てます。
「おまえがここにいてもいいかどうか、おまえが証明しろ!」
そうして中島が出した答えは、小説を書くことでした。
自分と向き合い、書いて書いて書きまくる。
それは、心の血を流す荒行です。
でも、彼は逃げませんでした。
孤高の小説家・中島敦が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード