第二百七話『心の痛みを大切にする』−【兵庫篇】映画監督 浦山桐郎−

12:09
 
シェア
 

Manage episode 239992914 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
兵庫県相生市。
三方を山に囲まれ、南に瀬戸内の穏やかな海を抱いたこの街を終生愛した映画監督がいます。
浦山桐郎(うらやま・きりお)。
吉永小百合を育て、大竹しのぶを見出した、女優育ての名手。
生前、まわりのひとに、「オレは生きている間に、一ダースの映画を撮るのが目標なんだ」と語っていましたが、54年の生涯で撮った映画は、9本でした。
でも、その9作品全てに、文字通り心血を注ぎ、魂を込め、完全主義を貫きました。
デビュー作『キューポラのある街』は、新人監督が撮ったにも関わらず、キネマ旬報社の年間ベストテンの第二位にランクイン。
主演の吉永小百合はブルーリボン主演女優賞を受賞し、カンヌ映画祭ではフランソワ・トリュフォーが大絶賛しました。
撮影に入る前、浦山は主演の吉永小百合にこう尋ねたと言います。
「キミ、貧乏ってどういうことか、わかるかい?」
吉永は入院開けで貧血状態でしたが、荒川の土手を走らされました。
何度も、何度も。しかも、全力疾走で。
その激しすぎる演技指導は、女優を追い詰めます。
『私が棄てた女』という映画の主演を務めた小林トシ江には、自分の家の近くに住まわせ、女中をさせました。
ぶざまでプライドのない女を演じさせるために、彼女の自尊心をとことん傷つけたのです。
執拗な演技指導に、小林は女優としての自信を無くし、現場を逃げ出して自殺未遂をはかろうとしました。
それでも映画を撮り切り、『私が棄てた女』は、浦山の最高傑作と言われる作品になりました。
彼は、弟子にこんな言葉を言ったといいます。
「いいか。哀切であることは、誰でも撮れるんだ。問題は、それが痛切であるかどうかなんだよ。痛みだ、痛みをどれだけわかるか、痛みを撮れる監督になれ!」
映画監督・浦山桐郎が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード