第二百八話『寄り添う心を持つ』−【兵庫篇】心理学者 河合隼雄−

11:49
 
シェア
 

Manage episode 240482273 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
ノーベル文学賞に最も近い作家、村上春樹が唯一、先生と呼んだひとがいます。
彼と同じ兵庫県出身の心理学者、河合隼雄(かわい・はやお)です。
日本にいち早くユング心理学を紹介した臨床心理学の権威。
京都大学名誉教授で元文化庁長官、数々のエッセイや学術書でひとびとの心の悩みに寄り添い、晩年には、自伝的小説『泣き虫ハァちゃん』を書きました。
河合はその小説の中で、自ら生まれ育った兵庫県丹波篠山への郷愁を描きました。
丹波篠山、かつての丹波国は、京都への交通の要として栄え、街並みや祭りにその名残をとどめています。
千年以上の歴史を持つ「丹波黒大豆」は有名で、朝廷にも献上し、年貢を黒大豆で納めたという記録も残っています。
河合は、この地で生まれたことを生涯誇りに思い、懐かしみました。
小学校は篠山城の城内にあり、お堀も残っていました。
不思議な洞窟を秘密基地にして遊んだり、竹藪に忍び込み、虫に刺されて泣いたり、赤い鳥居で日が暮れるまで鬼ごっこをしたり…。
そこで目にしたこと、経験した出会いと別れ、それらは幼い河合に人生についてのさまざまなことを教えてくれました。
人一倍、感受性が鋭かった河合は、泣き虫でした。
幼稚園の先生が辞めると聞いては泣き、童謡に出てくる「どんぐり」の未来を案じては泣き、捨てられた子犬の背中を見ては泣くような子どもだったと言います。
彼は幼い頃から、哀しみに寄り添うことを知っていました。
寄り添うことで、ほっとできるひとがいることを知ったとき、それを仕事にしようと思いました。
彼は、こう語っています。
「今のひとはみんな、何かしなければ、と思いすぎています。人生の主人公は、自分です。人間はひとりひとり違うのですから、それぞれが自由に物語をつくっていいんですよ」
心理学者・河合隼雄が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

223 つのエピソード