第二百四十二話『自分の足元を掘る』-【海外レジェンド篇③】画家 フィンセント・ファン・ゴッホ-

14:34
 
シェア
 

アーカイブされたシリーズ ("無効なフィード" status)

When? This feed was archived on July 29, 2020 08:42 (6M ago). Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (7M ago)

Why? 無効なフィード status. サーバーは持続期間に有効なポッドキャストのフィードを取得することができませんでした。

What now? You might be able to find a more up-to-date version using the search function. This series will no longer be checked for updates. If you believe this to be in error, please check if the publisher's feed link below is valid and contact support to request the feed be restored or if you have any other concerns about this.

Manage episode 259155624 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今年、没後130周年を迎えたポスト印象派の有名な画家がいます。
フィンセント・ファン・ゴッホ。
荒々しいタッチと、鮮烈な黄色。
名画『ひまわり』は、彼の代名詞と言っても過言ではありません。
昨年から開催されてきた、ゴッホ展。
特に今年は、世界初の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が期待を集めていますが、その中の最注目のひとつが、ゴッホが4番目に画いた、『ひまわり』です。
彼はその絵を、共同生活をしたゴーギャンの寝室に飾るために描きました。
ゴーギャンもその絵を気に入り、褒めたたえたと言います。
ひとと交わるのが不器用だったゴッホにとって、『ひまわり』は、彼自身の最高のおもてなしの象徴だったのかもしれません。
意外なことに、描いた花瓶のひまわりは、たったの7点。
それよりもっと多く画いたモチーフは、「土を掘るひと」です。
習作時代から、彼はひたすら、鍬(くわ)で土を掘るひとを描き続けました。
37歳で自ら命を絶つまで、ゴッホの創作年数は、わずか10年あまり。
その10年間で、彼は黙々と土を耕す農民や墓地を掘るひとから目をそらすことができませんでした。
彼は、こんな言葉を残しています。
「絵を描くのはね、この辛い人生に耐えるための手段なんだ。お願いだから、泣かないでくれ。僕たちにとってこれがいちばんいいことなんだ。どうしようもないんだ。僕はこの憂鬱から、逃げることはできない」
ゴッホがほんとうになりたかったのは、伝道師でした。
弱きもののために、牧師として道を照らす。
でもその願いは叶わず、画家として、ある思いを伝えようとしたのです。
「掘るひと」に全てを託して…。
彼が生涯を賭けて私たちに届けたかった、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード