第百九十話『目に見える全てのものから学ぶ』-【宮崎篇】作曲家 フレデリック・ショパン-

12:18
 
シェア
 

Manage episode 231712820 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
宮崎市で、1996年から毎年開催されている音楽祭があります。『宮崎国際音楽祭』。
この春で第24回、4月28日から5月19日まで行われます。
名立たる演奏家が出演する中、ピアニスト・辻井伸行が奏でるのは、フレデリック・ショパン。
同時期に東京では、彼の師匠・横山幸雄が、ショパンの全240曲を3日間に渡って演奏する特別公演を開催します。
この春は、没後170年のショパンのムーブメントが、日本中を駆け抜けることでしょう。
わずか39年の生涯をピアノ曲の作曲に捧げた、ショパン。
彼の作曲には、彼自身の人生が色濃く映し出されています。
その一生のほとんどが、病との闘いと言っても過言ではありません。
晩年、痩せ細り、外出もままならない状態でも、曲を作ろうという情熱だけは失いませんでした。
友人の画家、ドラクロワの前での即興演奏。
先が続かず、途中でやめてしまったときのこと。
「どうした、フレデリック、続けてくれよ」
そうドラクロワが言うと、
「ダメだ、この世はこんなに色であふれているのに、僕には、光と影が同時に見えるだけなんだ。音で色を表現したいのに…」
と返します。
ドラクロワは、ショパンに言いました。
「光と影は、常に同時にあるものなんだ。それでいいんだ。その両方をいつも見つめていれば、必ず色彩はやってくる。そういうもんだ」
この言葉に励まされたショパンは、曲の続きを演奏しました。
見つめること。
この世のあらゆる出来事を、あるいは自分に起こった全てのことを、見つめて、見つめて、その中に色彩を探すこと。
それこそが、ショパンの音楽を裏打ちしているのです。
ピアノの詩人、フレデリック・ショパンが人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

222 つのエピソード