第二百十七話『弱さを愛し、優しさを愛する』-【香川篇】映画監督 木下惠介-

11:55
 
シェア
 

Manage episode 245073615 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に、3年に一度開催されるアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」。
国内外からの多くの来訪者で賑わった2019年秋の会期が、11月4日で終わろうとしています。
瀬戸内海はかつて、近畿中央文化の源であり、豊かな資源に守られ、北前船の母港として日本列島全体を活性化しました。
そんな海の復権をも担う、芸術祭。
その中心にある島のひとつ、香川県の小豆島で欠かせない観光名所が「二十四の瞳 映画村」です。
壷井栄の不朽の名作が映画化されたのは、1954年、昭和29年でした。
昭和3年から終戦の翌年までの激動の時代を描き、大石先生と教え子たちの師弟愛、美しい小豆島の自然と、貧しさや古い家族制度と戦争によってもたらされる悲劇を、対照的に映し出した心温まる感動作です。
主演は、高峰秀子。
そして、この映画を監督したのが、木下惠介(きのした・けいすけ)。
監督デビューは黒澤明と同じ年ですが、世間的な認知度や評価は対照的です。
叙情的で女性的な語り口。
人間の強さより弱さに焦点をあてた作風は、ともすれば地味で派手さがなく、ひとびとの関心を集めるのに不向きでした。
のちにテレビに転身し、山田太一など、優れたドラマ作家を輩出する礎を作りました。
穏やかな作風とは違い、人物はいたって頑固。
好きと嫌いの中間がありませんでした。
スタッフに「先生」と呼ぶことを禁じ、それを守らず「木下先生」と呼んだが最後、烈火のごとく怒ったと言います。
彼が大切にしたのは、人間の弱さでした。
「強いから優しくなれるというけどねえ、それは違うよ。弱いから、自分の弱さを知っているから、優しくなれるんだよ」
松竹にヒューマニズムを根付かせた天才映画監督、木下惠介が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

223 つのエピソード