第百八十九話『生きがいを求め続ける』-【宮崎篇】パイロット 後藤勇吉-

11:47
 
シェア
 

Manage episode 231248486 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
宮崎県出身の、伝説のパイロットをご存知でしょうか?
後藤勇吉。
1896年、明治29年に生まれた彼は、さまざまな日本初の記録を打ち立てました。
日本初の一等飛行機操縦士。
日本初の飛行機による国内一周旅行。
日本初の生鮮農産物の空輸、旅客輸送。
昨年、没後90年を迎えた彼は、わずか31年間の生涯を飛行機に捧げました。
夢は、太平洋横断無着陸飛行。
無念にも、訓練中に墜落死してしまいます。
生前、彼は同僚のパイロットに、こう語っていました。
「人間の一生というのを考えてみると、五十年も一生。三十年も一生だ。要は生きがいがあったかどうかが、点のつけどころだと、僕は思う。五十年生きて点が少ないより、三十年で死んでも十点のほうが、よかろう。そうは思わないか?」
後藤は、郷土愛が強く、大切な故郷のために何かできないかと、常に考えていました。
宮崎県の特産物を扱った料理の大試食大会が大阪であると聞けば、喜んで輸送を引き受けました。
彼が運んだ「日向かぼちゃ」は、新鮮なまま大阪に到着。
空輸というパフォーマンスも相まって、PRは大成功でした。
宮崎県延岡市にある後藤勇吉の銅像は、果たすことのできなかった思いをまだ諦めていないかのように、太平洋を向いています。
銅像の傍らには、詩人・野口雨情の歌碑。
そこには、こんな言葉が刻まれています。
「雄々しき名を 空に残しぬ 如月の寒き空に とこしえに名こそ残せる 果てしなき空こそ かなし」
日本最初の民間パイロット、後藤勇吉が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

223 つのエピソード