第二百四十九話『大切なものは手放さない』-【偉大な演劇人篇①】劇作家 森本薫-

12:18
 
シェア
 

アーカイブされたシリーズ ("無効なフィード" status)

When? This feed was archived on July 29, 2020 08:42 (6M ago). Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (7M ago)

Why? 無効なフィード status. サーバーは持続期間に有効なポッドキャストのフィードを取得することができませんでした。

What now? You might be able to find a more up-to-date version using the search function. This series will no longer be checked for updates. If you believe this to be in error, please check if the publisher's feed link below is valid and contact support to request the feed be restored or if you have any other concerns about this.

Manage episode 263822449 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
戦争の最中にあっても、精力的に戯曲を書き続け、演劇史に残る名作をこの世に残した劇作家がいます。
森本薫(もりもと・かおる)。
彼の最大のヒット作は、文学座史上最多公演数を誇る、『女の一生』。
昭和の名女優・杉村春子のために書き下ろしたこの作品は、杉村主演で実に947回上演されました。
初演は、太平洋戦争が激化した、1945年4月。
場所は、渋谷の道玄坂にあった東横映画劇場。
娯楽は認められず、どの劇場も封鎖。
たった一軒、開館を許されたのが、この劇場でした。
男性の俳優はほとんどが徴兵で戦地に赴き、残った5人は台本をそれぞれがコピーして持ち、機銃掃射が鳴り響く中、稽古場に向かいました。
「こんな非常時に、果たしてお客さんは来るんだろうか」
誰かがつぶやいたのを聞いて、森本は毅然とした表情でこう返します。
「こんなときだから、演劇が必要なんだ!」
灯火管制で、東京は真っ暗。
B29の襲来で警報が鳴り響き、芝居中に防空壕に逃げ込むこともあったといいます。
それでも、場内は満席。
この芝居見たさに、地方への疎開を延期したひとも多くいました。
5日間の東京公演は、一度たりとも満足に通しで上演することはできませんでしたが、観客からの惜しみない拍手は鳴りやみませんでした。
拍手していた中には著名人も多くいました。
三島由紀夫も、そのひとりです。
初演の翌年、1946年10月6日に、34歳の若さで森本は亡くなりますが、死の床にあってもなお、『女の一生』の改定稿に着手していました。
戦火にあっても演劇の芽を守り続けた劇作家・森本薫が、私たちに残した明日へのyes!とは?

252 つのエピソード