#44 オープンで構造的な知の蓄積への道!?データベース開発裏話

1:17:45
 
シェア
 

Manage episode 302772738 series 2984691
著作 Ryohei & Ayaka の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

Ayakaが開発するデータベース、CPSYMAPのメジャーアップデート記念として、オープンソース的な貢献に関する考え方、アカデミアでのデータベース開発、計算論的精神医学という新しい分野について語りました。オープンソースは科学の後輩?理想の論文、データシェアの仕組みとは?など後半は研xエンっぽい話になりました。

CPSYMAPとは、計算論的精神医学の論文を 神経科学、精神医学、数理モデルの観点で整理し 可視化できるデータベースのこと。

計算論的精神医学:数理・理論的手法を精神医学研究に応用して新しい知見をもたらそうとする研究領域

データベース:https://ncnp-cpsy-rmap.web.app/

説明スライド:

https://speakerdeck.com/cpsymap/ji-suan-lun-de-jing-shen-yi-xue-falselun-wen-detabesu-cpsymap-falsekonseputo-29dbd26a-2ac4-4e87-a90d-70bfb91181d3

2021年6月メジャーアップデート

  • 半自動的に計算論的精神医学の論文を収集するクローリング機能の実装
  • 神経科学、精神医学、数理モデルのキーワードを元に自動的にタグ付け
  • 機械的な半自動タグ付けと人手でのチェックが入った論文を分けて表示
  • 除外するタグを選ぶことができるフィルター機能の追加
  • 論文が人手で登録されると自動で呟くTwitter連携

82 つのエピソード