#73 論文の未来を語ろう

1:55:40
 
シェア
 

Manage episode 318275649 series 2984691
著作 Ryohei & Ayaka の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

生命科学研究者Podcast の”researchat.fm”・"NeuroRadio” から tadasu さん、 tamaki さん、Hagiharaさんをお招きしたゲスト回。

「研究の成果物は論文」「研究者は論文で評価される」という科学の常識に、研究者Podcaster 4名 (+素人1名) が立ち向かう!? 研究テーマがかぶったら、論文は自然言語で書くべきか?、メタアナリシス向きの引用システム、オープンソースとオープンな研究の対比など、人類の知をどう集積するかをアツく語った2時間となりました。

  • 57. All papers are created equal | Researchat.fm:このテーマのきっかけとなったエピソード。
    tadasuさんの「1Figure1主張1論文」など、理想の論文の形について語られているのは1:41:00ごろから。
  • bioRxiv:査読前に論文を公開できるプレプリントサーバー。運営体制などはこちら
  • Intercalated amygdala clusters orchestrate a switch in fear state:萩原さんのNature誌論文。サプリ (Supplementary Figure / Table) の数が限界を突破している。
  • Benjamin Lewin - Wikipedia:Nature姉妹紙のEditorであり、Cell誌を創業した人
  • 44. Tabasheer | Researchat.fm: Researchat.fmでNature創刊の歴史と初期に投稿した日本人研究者について話した回
  • Microsoft Academic Graph - Microsoft Research:広範囲の論文がタグ付けされているサイト
  • Connected Papers:ある論文と関連の深い論文をグラフ上に表示してくれるサイト
  • Semantic Scholar:論文データベース。個別の論文ページからその論文の基礎となるような重要な形で引用されている論文をランク付けしたりすることもできる。
  • CPSYMAP:Ayakaが作成に関わった計算論的精神医学のデータベース。ある疾患に対してあるモデルを扱う研究が何件あるかを2次元マップで可視化できる。
  • Neurodata without borders:神経科学のデータを再解析可能な形でシェアしようという取り組み
  • International Brain Laboratory:意思決定課題(行動実験用のタスク)のプロトコルを統一して、virtualには1つのラボとして共同で研究しようという枠組み
  • iGEM competition:主に大学生や大学院生が参加する合成生物学の大会
  • 統合TV:バイオインフォ系のツールを動画で紹介するサイト
  • JoVE:実験手技等を動画で解説してくれる雑誌
  • 「科学者は雑誌社等にクーデターを起こさないんですか」 … カリフォルニア大学はオープンアクセス化に必要な料金の引き下げを求め、大手学術雑誌エルゼビアの購読を2019年から2年間中止していた (The Scientist)。また、マックスプランク研究所も同様に契約更新を見合わせた。
  • 科学を育む 査読の技法〜+リアルな例文765 - 羊土社

編集後記

  • 初めての3番組5人での収録で緊張してました。本エピソード中で「依存関係を解析し、否定・撤回された主張を元に書かれた論文に警告を出す」という話はep57のtamakiさんが初出でした (すみません) - Ryohei
  • 楽しかったです!論文の書き方はどう学ぶ・教えるべきかについて強化学習・教師なしと教師ありを比喩として比較していましたが、モデルフリーvsモデルベース強化学習で比較するのが適切だったなという謎の後悔があります笑(誰もそこ気にしてないと思うけど - Ayaka
  • 研エンの仲のOP音楽の後に自分の声が載っていて感動しました。およびいただきありがとうございました。出せるもんならCNSに出したい。それが私の本心です。 - Tadasu
  • 外部ゲスト出演の実績がアンロックできました。僕は賑やかし参加のつもりだったのですが、結局すごい話してしまいました。CNSは昔から憧れのジャーナルです。- Tamaki
  • CNSなんてなんぼあってもいいですからね - Hagihara

----

「研エンの仲」は、神経科学の研究者AyakaとソフトウェアエンジニアRyoheiの2人によるPodcastです。科学やエンジニアリング、日常の話題についても話しています。

🕊Twitter: @KenNaka
🔍ハッシュタグ: #研エンの仲

みなさまからの感想・質問・フィードバックがこのPodcastを続ける糧になっています。Twitterでハッシュタグ #研エンの仲 をつけて投稿していただくか、おたよりフォーム、マシュマロまでお送りください。

💬おたよりフォーム: https://forms.gle/1Anqcjk3QcDwct4v5
🍭マシュマロ: https://marshmallow-qa.com/ken_en_no_naka
📮お問い合わせ: ken.en.no.naka.podcast@gmail.com

85 つのエピソード