Episode 160 - 辛い時でも無理して明るく振る舞うべき? | When I feel down, do I have to act positive?

14:55
 
シェア
 

Manage episode 318982648 series 3273859
著作 Helen Iwata の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

どんな状況でも常に明るくポジティブに、何でも器用にこなしている風に振る舞わなければいけない...。

そんな思い込みはありませんか?

ビジネスパーソン、特に女性はそういったプレッシャーを感じることが多いかもしれません。

前向きでいることが成功するための条件であり、特に人と関わる時は一層それが求められると。

明るく元気に振る舞うことは一見素晴らしいことのようにも思えますが、誰にだって辛いことはありますよね。終わりの見えないパンデミックが続く今日、ポジティブな気持ちを維持するのはなかなか難しいことかもしれません。

落ち込んでも仕事をしなければいけない時、一流のビジネスパーソンなんだからと、元気なふりをして気丈に振る舞いますか?

それとも、自分の弱音、辛さを素直に伝えますか?

辛い状況にいる時、ありのままの自分でいるにはどうればよいのでしょう。

その答えはSasuga! Podcast Episode 160でお話しします。

142 つのエピソード