2-20 アメリカ大学MBA1年目終了!アメリカならでは学費免除システム!

24:08
 
シェア
 

Manage episode 323385840 series 3135245
著作 Sunny Haruka Avalos の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

Sunny Days in the USAへようこそ!このポッドキャストは、人生という地図上であなたを助けるコンパスになりますようにをテーマとしています。皆さん一人一人が自分らしく、あなたのOnly Oneな人生を歩む手助けができればいいなと思っています。ゲストを招いてのインタビューは、自分の道を切り進む素敵な方のロードマップについて深掘りします。それぞれのインタビューを通してリスナーの皆さんそして私が何か学びを得れれば嬉しいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回はアメリカ大学でMBA(経営学修士号)を取得する最中のホスト、サニーが1年目を終えての振り返りをしたいと思います!MBAに入るための必要科目や応募方法、そしてどんなクラスを取ったのかについて話しました。

MBAに応募する際に必要な書類等:

✏️GPA(成績表)

✏️GMAT/GREのスコア

    →参考にしたウェブサイト:https://solo-ielts-toefl.com/gre-or-gmat/

✏️パーソナルステートメント

✏️必修科目の証明

    →学士号の専攻に関わらず会計学・経済学・統計学・数学は必要

Graduate Assistantshipとは?

👓大学の学部側が院生を雇用し、週に20時間の大学での仕事をする傍院生として大学での授業を取れる制度。大学によるが、学費の免除と給料がもらえる。Sunnyの大学は学費は全額免除。

👓院に受かっていることが前提のポジションなので、まずは院に受かってから応募することをおすすめします!(院に受からないとポジションもおじゃんになります。)

大学それぞれで応募に必要な科目・書類等違いがありますので、希望の大学のAdmission内容を確認してください。もしアメリカ大学・院留学・Graduate Assistanshipについて質問があったらぜひ連絡してください〜!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ホスト、サニーは2013−14年の1年間をアメリカはミシガン州で現地高校の交換留学生として過ごし、2015年にアメリカの大学で正規留学生として再渡米。2020年の5月にアスレチックトレーニングの専攻とスペイン語の副専攻でその大学を卒業後、現在はその大学のMBA生をしながらGraduate Assistantというポジションで同大学で働く。

私の全てのSNSはここから:https://linktr.ee/sunnydaysintheusa

Email: sunnydaysintheusa@gmail.com

69 つのエピソード