【マンツーマン】日本人が苦手な“work”と“walk”の発音の区別方法について簡単解説!

7:57
 
シェア
 

Manage episode 346634916 series 1275055
著作 Arthur Zetes and Arthur Zetes (アーサー・ゼテス) の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

みなさん、こんにちは!アーサーです!

突然ですが、“work”と“walk”の発音の違いは分かりますか?ポイントは「or」と「ar」の発音の違いにあるのですが、うまく発音できないと誤解を招いてしまいます。

そこで今回は、“work”と“walk”の発音の違いや自然に発音する方法について一緒に学びましょう!

“work”と“walk”の発音の違い

“work”と“walk”を発音の違いについて、まずは音声を聞いて確認してみましょう。

Google翻訳に“work”と“walk”を入力して音声を聞いてもいいですし、私のYouTube動画でチェックしていただいても構いません!

“work”と“walk”を自然に発音する方法

“work”と“walk”を発音する方法について解説します。

その前に1点、注意してほしいことがあります。実は、ネイティブスピーカーですら発音の仕方は微妙に異なります。よって「完璧を目指す」よりは、皆が聞いて理解できる発音を目指すことの方が重要です。

まず“work”の「r」を発音する方法です。「r」を発音する際は、舌を口の上にあたらない程度に近づけます。

一方で“walk”の「ar」の発音方法は正反対です。口を大きく開いて発音します。ポイントは、口を横に広く開けることです。

“walk”では口を大きく開けますが、“work”では口をほとんど開けません。“work”の「r」は、口を閉じれば閉じるほど綺麗な発音になります。“walk”の「ar」よりも“work”の「r」の方が発音は簡単です。

“work”と“walk”を使った例文

“work”と“walk”を発音を練習する際に役立つ例文をいくつか紹介します。

  • I walk everyday.「私は毎日歩きます。」
  • I work everyday.「私は毎日働きます。」
  • I walk to work everyday.「私は毎日歩いて仕事に行きます。」
まとめ

“work”と“walk”の発音の違いや自然に発音する方法について解説しました。

発音を学ぶことも大切ですが、発音ができるようになることと英会話ができるようになることは同じではありません。

「発音だけでなく英会話についても学びたい」という方は、以下のフリーガイドをご覧ください。

https://iu-connect.com/free-guide/

171 つのエピソード